言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

女袴は紐が斜めで安定していない、という喩えに使われたのが「相模で地層が斜めの崖に洋館を建てた人が、大雨の日に館ごと海の中へ」か…。いつどこで起きた事故なのか気になる話だ

Twitter (132 users, 143 posts, 175 favorites)

女袴は紐が斜めで安定していない、という喩えに使われたのが「相模で地層が斜めの崖に洋館を建てた人が、大雨の日に館ごと海の中へ」か…。いつどこで起きた事故なのか気になる話だ https://t.co/PF7Pj50hnq https://t.co/7L0o2WVgw4
もう一度書きますが、大正昭和の女学生の袴の背中がペッタンといっても下に何もしてないわけではありません。 扱帯(兵児帯)や伊達巻(伊達締め)の利用は記録にあります。大きなふくらみが一般に無いというだけです。もう一度貼っておきます。 https://t.co/BHDsc26jEe
当時の女袴の着こなし例として紹介されている書籍を載せておきます 「下は扱きか伊達巻の上に腰は斜めに」 とあり、今日から見ると不便、不可解でもそれが一般に当然とされたいた時代もあります https://t.co/WNPIlquNu7 https://t.co/JNR8FgEwPl

収集済み URL リスト