id:betelgeuse

投稿一覧(最新100件)

夫が毒が移行する危険を考えずナス科つながりで接木を試し、妻が成ったナスを食用にしてしまったという話
ふつう胃酸で溶ける食品中の骨が消化できない状態の人だと、魚の骨が肛門に刺さったりするらしい
子育てするミツボシツチカメムシは親同士が協力することも、預けっぱなしのタダ乗り親もいるという話
”アカイエカやシナハマダラカなどのイエカ属とハマダラカ属には誘引性を示すブラックライト紫外線が,ヒトスジシマカなどのヤブカ属に対してはそれほど効果が認められない”
保育園児が作った手作り写真フレームに貝殻型パスタが使われてタバコシバンムシの発生源になった話(2006年)
”エリサン(Samia riciniヤママユガ科)は味覚が鈍感であり、たとえ毒性や成長阻害活性を持つ植物でも与えれば良く摂食し、その植物に特有の反応を示すため、植物の毒性や成長阻害活性の検出に大変優れた昆虫である。”
「くしゃみをしたときは誰かが噂をしている」の文献
「かつて日本中に講談本が溢れていた。娯楽として講談本に親しみ,講談本をとおして歴史に馴染み,教養を身につけ,時に啓発の材とした」 付録の講談人名表を見ていると、今の型月作品あたりはやがてこういう扱いに
「花芽形成時期に関係する環境条件を明記した論文は見つからなかった」
女袴は紐が斜めで安定していない、という喩えに使われたのが「相模で地層が斜めの崖に洋館を建てた人が、大雨の日に館ごと海の中へ」か…。いつどこで起きた事故なのか気になる話だ

1233 52 2 0 OA さんたくろう

明治33年(1900年)のサンタクロース 「クリスマス万歳!」 「三太九郎万歳!」
ザリガニが駆除対象だけど美味しく食べられる扱いでもあった時代 https://t.co/uVGsg6IU60 画像はトラノコトラチャン
@magpie_sendai こんなのがありますね。今の時期なら海にいるより楽そう "オオセグロカモメの水田におけるオタマジャクシ捕食について"

2 0 0 0 OA 処世要道

”皇軍”と最初に言った人、荒木貞夫の竹槍話は1933年7月や1934年3月バーナード・ショーとの会見など。それに感激しちゃった人が、元寇の認識まで軍人に変えられたことが分かる文章。
@gryphonjapan 松永が滅びるのと並んで信長を扱ったものでは有名シーンだけに、作品も多くて読み比べがいがありそうですね。大正時代の初頭に「おとぎ話の残忍さは教育に良くない」論があるのでそこの前後がポイントにな

5 0 0 0 OA 日本文章史

@UCI_LAMNE 徳田秋成が「坪内逍遥が小説神髄で言ってた」なことを書いてるので1885年にはあるみたいですね
背中に膝を入れる柔術の人工呼吸のひとつ「誘(さそい)活法(かっぽう)」描写、1894年
「所を一つズドンと当身の秘術、脆いもの、グウの音も出さずに番兵は倒れてしまった」「武頭はこう極めて気絶している番兵をグルグルと結へて」 1916年、ひみつの打撃技ATEMIで気絶描写
@manboumuseum 画像では入れ忘れてましたがもひとつドゾー ディズニーランド. 1(3) 国立国会図書館限定 雑誌 (講談社, 1964-10) 目次:まんぼうにすくわれたしょうねん / 小山内宏 ; 岩田浩昌 ​
消費動向からの”オタク”も分析してるのかもしてないけど、まったくダイジェストには書かれてないし調査結果は12万円なので気軽に確認もできない https://t.co/DGfbuS2aW2 2011年版なら図書館にも収蔵されてるようだ
1910年のパン作り本、付録にある菓子レシピ内容 カステーラ、味淋入りポンポン、デセール、カスタドープリン、マツフン、上等ビスケツト、上等カルメラ、上等アイスクリーム、麦落雁、村雨糖、飴、栗おこし、金玉糖、

5 0 0 0 OA こゆきひめ

「ところが やさしい おばあさん、  ほんとは おばけの おにばばで、  ふたりの こどもを ふとらせて、  おいしく なったら たべようと、  こころで おもって おりました。」
昔の生物図鑑はいいぞ。
サツマイモから飴を作るときに行う糖化。麦芽を使ったり、60℃台数時間でサツマイモ自体の酵素を使う方法などがあるけど「コウジカビを生やして乾かし粉にして」からのは初めて見た気がする。1887年の節約術関係の本。
もやしを軍と日本人に普及させた丸本彰造。その著作を眺めてたら、昭和12年に小石川で日本人が食べていた献立(もちろん不健康な例)が出てた。

8 0 0 0 OA 将棊の秘訣

[shogi][将棋] ”「横歩三年の患ひ」などと申す諺がありましてややもすると横歩をとつた為めに飛車が立ち往生するやうな場合ができますので軽卒の考へでは横歩は取れません。” 大正9年
セーラー服の歴史 1920年代から https://t.co/STqFSQ6TVu 1926年には2種類が「誰にでも手縫で出来る男女小供洋服図解」で紹介
学校指定のセーラー服、歴史 https://t.co/STqFSQ6TVu https://t.co/EFAxGgTDPA 1926年の本。「普通女学生服」と「セーラー服」の過渡期
鳩山由紀夫のコラム。大相撲で横綱の人数が増えると被害を受けるのは小結~前頭4まで、1979年に35人いた7勝7敗力士は28人勝った、など。プロ野球は7回終了でも勝敗はほぼ変わらず、9回までやるのは観客の満足感のためと
日本でのアラブ馬。ヴァリニャーノが聚楽第で秀吉と会見(1591)したときの贈り物だった一頭は、日本の馬が仔馬に見えるほど大きく人々は驚いた。秀吉も気に入った(ルイス・フロイスが報告)。p.34, p.42
日本でのアラブ馬。ヴァリニャーノが聚楽第で秀吉と会見(1591)したときの贈り物だった一頭は、日本の馬が仔馬に見えるほど大きく人々は驚いた。秀吉も気に入った(ルイス・フロイスが報告)。p.34, p.42
「夏目漱石の『I love you=月が青い/きれい』説」、1955年と1956年の『世界史こぼれ話』2冊には存在せず。 (2004, 大塚明子)が出典:佐藤健志『未来喪失』とありますが、該当ページ不明で書中に発見できませんでした
「月が青いから」https://t.co/zeF2yKQgpt 「今夜は月が青いから」https://t.co/aLFvMOpAxD 「月がとっても青いから」 夏目漱石はともかく、1955年頃までに歌のタイトルとして定着している

2 0 0 0 OA 東京案内

明治時代の帝國ホテル。電話番号(交換手に告げる番号)は新橋、222
オリンピック東京大会 : 三億円の金が落ちる、何をして諸けるか(1936年) もくじ見てるだけでも面白い
”世に定評がある「味の素」” ”家庭の調味料として最も宜しいのと同時に進物に之を用ふるのは最も当世風で気の利いたものである” 三府及近郊名所名物案内、大正10年(1921)
騎乗位は事故りやすい https://t.co/RQLy0jPqD4 論文。 日本の折れる例を見たら、3例が朝勃ち時に曲げてしまう、2例が朝勃ち中に子供のダイブ、1例が柔道で打撲。 性交時や自慰時も表にあるのに事例がこれとは…。

2 0 0 0 OA 浜口梧陵小伝

「稲むらの火」元ネタ。 流れ着いた梧陵は前日も避難所に使った神社に行き、自分の無事を全員に伝えながら家族に会いに行く。ここで日が暮れて暗くなる。明かりを携えた10数人を率いて救助活動し、道端の稲むらに点火

2 0 0 0 OA 浜口梧陵小伝

「稲むらの火」元ネタ。 梧陵は隣村と交渉して避難所建設。津波が再来するという噂話や火事場泥棒や余震のたびに逃げてしまう自警団などに困りながら、役人との交渉などもやった。 権力財力あるだけじゃなく、とてつ

2 0 0 0 OA 浜口梧陵小伝

「稲むらの火」元ネタ。 前日の午前10時にも安政東海地震があって、濱口梧陵は津波を警戒し神社に人を避難させ、自警団を海面の監視と空き巣の防止のため巡回させ、避難民に粥を配った。翌日午前中は帰宅した村人たち

2 0 0 0 OA 浜口梧陵小伝

ヤマサ醤油の当主で、若いころはビンボーな友人の勝海舟を実質養ってて、開国論唱えたけど失敗して地元で若い連中を鍛える。「稲むらの火」伝説になる津波対応があって、そのあとに大堤防を私財で作る。 濱口梧陵、
【鉄道】明治天皇の遺体を京都まで運んだ霊柩車

2 0 0 0 OA 少年海国物語

少年海国物語(昭和17年)、「プリンス・オブ・ウエールズはなぜ沈んだ」部分がとても面白い。数字上は防御力・攻撃力充分だった、ではなぜ?→結論:精神力は掛け算 という。ウォーズマン理論だ……。
@0524Isataifu 昭和19年の南方に行く人向けガイドブックで、北国と南国では絶対油分をとらなきゃだめ、暑いからと冷奴や酢のものではあっというまに衰弱する、夏にウナギは役立ってるかも的なことが。意義を感じる人はい
「一寸の虫にも五分の魂」僧侶の殺生禁止スローガン。 「鵜や鷹を狩猟に使ったり鳥の卵を食べたりすると地獄落ち」「クモや蚯蚓だって怯える」「犬を捌いて鷹の餌にしてた唐時代の趣味人が祟られた」
「軍艦旗の下にて」山崎米三郎 著 初代の「金剛」艦内で現金がネズミに巣材として運び去られた話
ちかん。バカの表現のひとつからやがて性犯罪行為を指すものへ、そして鉄道の車内安全についての歴史。読みごたえあり。

3 0 0 0 OA 利根治水論考

利根治水論考 第七章 衣川
人肉も含めた生肉食だったがアイヲイナ神から狩猟具や調理器具や漁労を教わり料理をするようになって人肉食は禁止されたというアイヌ神話。アイヲイナラッグルの略でアイヌとなったとも。 『アイヌ人及其説話. 上編』
トコジラミについて「そこで各中隊は南京蟲狩りを挙行する、浴室に、ドンドン湯を沸かしてこれに寝台を入れ、寝台丸煮の湯攻めをやるのだ」「かくして煮沸された寝台は、ただちに日光に乾燥」 藤川肥水『入営から除
「南京虫ほど住宅の経済的価値を低下せしめるものはない。立派な邸宅、旅館といえども、一度この虫の侵害するところとなれば家賃は低下し、住民の質また低下するものである」 進士織平『昆虫の生活と環境』1943年

2 0 0 0 OA 旅路

飯豊山の草履塚、 1920年「その草履、数、幾万とも知るべからぞ。堆く土手をなして小さき祠を包めり」 http://t.co/L13SOBOOLf 1931年は特に触れられてない この間に「祠」や「草履の山」は見えなくなったのかな?
明治39年の耶馬渓ガイドブック、青の洞門を掘った禅海の略歴(羅漢寺)。 菊池寛は案外忠実に小説化してた。 口碑「盗賊やってた禅海は奪った服に妻が大喜びして髪飾りもあったんでしょ?と言い出したため悪を自覚し

5 0 0 0 OA 山水随縁記

小説「恩讐の彼方に」http://t.co/OVkbZEg8ks の元ネタ、青の洞門。 1914年に「進んて耶馬渓の入口たる靑の洞門に至れは、今尚ほ有名なる樋田の隧道を見む」とある。 トンネル(隧道)と洞門は別の概念だったようだ

6 0 0 0 OA ざつくばらん

「最近のラノベアニメは~」と同じ種類の文章、1917年。 いつの時代もこういう人がいるんだね
https://t.co/W2GtiofUdw の写真は

5 0 0 0 OA 征露海戦史

日露戦争での駆逐艦。停泊中でも揺れて食卓は枠付き、風が強いとお湯も沸かせずビスケットしか食べられない、苦労は多いが大きい船に乗っている人たちも駆逐艦のほうに乗りたがった、など。
@kuro_oolong96 東海大HPの元資料だと思いますが、1919年の図説に相州三崎で「キタマクラ」「キンチャクフグ」と呼ばれている、となってますね。
「手のない兵士 : 愛国物語集」という本。 表題作の超短編は町で敬礼してこない兵士を咎めたイタリアの将軍が、兵は両手を失っていることに気づいて将軍のほうが敬礼する話。 …いろいろと愛国話が続いたラストが芸能
スカウトを本気にしてはいけないと、疲れたバイオリン弾きの女が、田舎で笛を吹く少女と語るシーン。 「夢は結局夢でした」「『町に行って修行したら大したものになれる』というようなことを言う人があっても決して
1976年7月の日本鱗翅学会「やどりが」誌 "飼育するときは、最初チャタテムシを与え、大きくなってからは、ショウジョウバエ"

9 0 0 0 OA 海軍の科学

「犬を散歩中の海軍中将のおじさん」が語るという設定。 飛行艇とはどんなものか 「日本でも、今度新らしく出来た綾波號がありますが、この飛行艇のことは、君たちのほうが、わたしなどよりよく知つてゐることでしょ
伊達政宗(仙台)と酒井忠勝(小浜)の相撲についての逸話はここで読める http://t.co/V8exAFQtT7 http://t.co/PWJvEztT16 それにしても明良洪範は目次のまとめサイト感がすごいな
仙台の昔話、どれも面白いな。 ・広瀬川、米ケ袋近くの源兵衛淵 ・源兵衛の家に、ウナギの精と名乗る美女が夜に来た ・ウナギと大蜘蛛の戦争があるので加勢するふりをしてほしいと頼む ・結局恐ろしくて声が出ず、ウ
仙台には猫の魔物が多いな…… 「大昔は今の仙台市の土橋通りから西方一帯は大竹藪であった」 「寛永明暦の頃までさうした淋しさを続けてゐた、天和年中岩石を切崩して細道を附けたが魔物を恐れて通行する人は極めて
仙台、栽松院の猫塚について「滅び行く伝説口碑を索ねて. 第1輯」 ・猫像の「清女」はたぶんこの猫の名前 ・文久3年に記された好事家の本にある ・文久3年時点ではまだ首輪の塗料が赤かった ・追廻川前九軒丁の御馬

5 0 0 0 OA 通俗三国志

夏侯惇、戦前までは かこうじゅん 1883 http://t.co/MoW9rkxsn9 1893 http://t.co/f1q6pNvEzI 1929 http://t.co/PLOyqxJOpL 1940

2 0 0 0 OA 模範童話選集

忠僕ヨーハンネス(1914、ドイツ語付き) http://t.co/IJg2KfmBJe 忠臣ヨハネス(1925) 若い王様のために女を拉致したり、王の危機回避のため黙って奇行したり、自分が石化から回復するのに王子の命を要求する忠臣。
2012年 『ホトケノザおよびスベリヒユ炭疽病』『コマツナ炭疽病菌がアブラナ科以外の植物に病原性を有すること,同科以外の植物に寄生する炭疽病菌がコマツナに感染すること』
@zatazata でかい魚を丸呑みするための器官ですね
1964年当時の化け猫イメージ 『(マタタ ビ踊りといっても化け猫のように二本肢で踊るのではなく,マタタビに頭,首,肩,脊中をすりつけながら,くるりくるりと体をくねらせて転げまわるのをいう』
推参(すいざん)。 頼みもしないのに他人のところに押しかけること。 「大石内蔵之助頭取大勢徒党致し吉良上野介宅へ推参狼籍不届の事 ​」 ここから、 「俺は人の家に押しかけるどうしようもないバカです」 という意

68 0 0 0 OA 世界遊戯法大全

7は12の半分だと証明しなさい。 XIIに横線を引くとVIIが2つできる。

68 0 0 0 OA 世界遊戯法大全

牛の列が歩いています。 2匹の前には1匹います。 2匹の後ろにも1匹います。 2匹の間にも1匹います。 全部で何匹いるでしょうか。 3匹。

68 0 0 0 OA 世界遊戯法大全

3を3つ使って24にするには? 3の3乗引く3は24。

3 0 0 0 OA 日本玩具集

『鳩に豆鉄砲』の豆鉄砲。 日本玩具集(1917年) ・筒中に入れたる豆又は小石を弾力に依りて発射するものにて鉄砲に擬せしものなり ・徳川時代の中世には既に存ぜしこととて其由来は尚ほ其以前にありしと思はる 竹のバネ

4 0 0 0 OA 恋ごころ

@10cube ちょっと近代デジタルライブラリーで検索してみたら1914年の詩にもありました 「死魚の眼のごとく色褪めた心に くろい魔の音はおもく落ち来る。」 人見東明/死魚の眼
別に内容は分からなくてもいいけど、数式を何と読めばいいかは付け加えてほしい

21 0 0 0 OA 千蟲譜 3巻

水生昆虫のガムシは醤油で煮て、焙って食べるものだったのか。「醤油ニテ煮ツケ焙リ食フ 味 美ナリト云」 千蟲譜
昭和9年(1934)「日の丸と君が代-その由來と意義」の30ページ、 『いまこそわが同胞として実に平和な国民の一人となっているが、かの明治十七年に起こった朝鮮事変当時は乱暴残虐を極めていたものだった』という新聞社の
『芽殖孤虫が淡水域を起源とする裂頭条虫に由来するものであり、またマンソン裂頭条虫とはおそらく異なる種に含まれることを示唆』

3 0 0 0 OA 自然科学の話

『四七 死火山』 『休火山がいよいよ死火山になつて全く煙も吐かず、安全なただの山になる事もある。其の火山口に出来た湖水を火山湖と云つてゐる』に続いて『千五百三十八年の九月の事だつた』からモンテヌーボー

3 0 0 0 OA 自然科学の話

死火山という言葉。 『自然科学の話』昆虫記で有名なファーブルの本。1923年翻訳。 『死火山と云ふのは噴火口こそあれ単に飾りばかりで、煙も何も噴き出さないものだ』
ふだん虫を捕まえている猫はハリガネムシを吐くことがあるが、特に健康に問題はないらしい
戦争で負傷した傷痍軍人「白衣の勇士」への視点。国立病院での衣食住の保障、敬意を持たれる。1945年の敗戦後、困窮、街頭や車中アピール。日本独立・法整備で恩給復活したが台湾・半島出身者が排除。新聞などでは乞

3 0 0 0 OA 砂防工大意

明治24年(1891)に「砂防の父」ヨハニス・デ・レーケが、官有林であろうが近所の農民が肥料用に土地の表層を根こそぎ持って行ってしまうと書いている