言及状況

Twitter (28 users, 32 posts, 37 favorites)

@motorcycho81 リンクはこちらですか?https://t.co/aPhW6U4gCV 「モンタヌス日本誌」モンタヌス=オランダの宣教師、歴史学者。イエズス会… 織豊時代より徳川時代初期の約100年…
@hairmakeup_chie @shirokumaag (-_-)ウーム やっぱり見えんな(爆) コレを探してくるのが ヤバいw
@TS29647517 @RYOODON @edFC58D16uopvRW @oW5yTkUe8Eg2AF4 (-_-)ウーム さっぱり分からん(爆) https://t.co/ysD0aTTnnJ ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 誰か全文を読んで 解読してくれw マジで頼むわ #MudFLOOD
https://t.co/2e33Z01PTr 「日本誌」は無料で読めます。原本はラテン語かな?>英語>日本語と重翻訳されていますし、大正時代に出版された本なので文章にはかなり検閲が入っているかと思われます。 添付は謎のエンペラー像と小ネタ画像。 。。信長と上杉謙信公は女性だったそうですよ(ボソッ) https://t.co/1wJEh7ntnV
@dailyportalz 出展元リンクその7。 『モンタヌス日本誌』 もしくは『モンタヌス日本誌 : 一名・蘭使紀行』 アルヌルヅス・モンタヌス 編[他] 丙午出版社 刊 - 国立国会図書館デジタルコレクション その1 https://t.co/ub1r2lynt1 その2 https://t.co/NdHg675RT2 その3 https://t.co/QWPuvDlZmM
モンタヌス『日本誌』には「日本の神」としてトパン(Topan)なる偶像神についての記述がある。兜を抱き棒を振るう武人の姿で表され、雷電によって世界を滅ぼした雷神。 https://t.co/ty9qBTp6uM #神話勝手語り
「国立国会図書館デジタルコレクション―モンタヌス日本誌」 https://t.co/uwm6j82huG 問題の記述があるページ。前のページには挿絵も。
モンタヌスの『日本誌』は国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで丸々読めたりしますが、挿絵がどれもアレで楽しいです。 http://t.co/TYkG13imBW
@nekonoizumi ちなみに戦前の抄訳は近デジに 『モンタヌス日本誌』http://t.co/qWDnNfz2Py

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト