猫の泉 (@nekonoizumi)

投稿一覧(最新100件)

『大衆の国民化』、『英霊』、『敵の顔』、『武器としての宣伝』、『理想郷としての第三帝国』、『丸山眞男と平泉澄』、『日本主義的教養の時代』、『「日本」への問いをめぐる闘争』、『日本主義と東京大学』等 このあたりが全部パルマケイア叢書… https://t.co/JCrt884QRd
RT @BungakuReportRS: 深沢 眞二 -  「風流の」歌仙注釈(上) https://t.co/3dEi5XIfnP
RT @BungakuReportRS: 伊藤 紫織 -  新名所の虚実 : 「松川十二景和歌色紙帖」(相馬市教育委員会)をめぐって https://t.co/Sy5FnZnxRr
RT @BungakuReportRS: 伊藤 真梨子 -  語基「特」を含む漢語の幕末・近代における拡大 https://t.co/kXlGw2jAR0
RT @quiriu_pino: 永井論文の前編にあたるのはコレかな? 知らなかった…。 永井 晋「中世都市鎌倉における密教の成立と展開」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 = Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum. 神奈川…
PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来… https://t.co/Nn0RBnzh5T
PDFあり。 ⇒村岸純 , 佐藤裕亮 「災害資料としての『軍医学会雑誌』 ― 1896年明治三陸地震を例として ―」 『大正大学研究紀要』104 (2019-03-15) https://t.co/yw02bwv7dN
RT @BungakuReportRS: 米田 恵子 -  「水魔」:昭和一三年阪神大水害を詠んだ井上白文地・平畑静塔・堀内薫の俳句 https://t.co/Tt4r6cjVrY
RT @BungakuReportRS: 戸塚 麻子 -  日本占領下北京の俳句雑誌『春聯』について : 付・『春聯』目次(一九四二年三月、一九四四年一月-一九四五年二月) https://t.co/5QExk2ihFu
RT @BungakuReportRS: 佐藤 宗子 -  家庭における読書と「教養形成」 : 一九六〇年代偕成社・ポプラ社の少年少女向近代文学叢書を中心に https://t.co/L76pvXL1ms
RT @monogragh: 私には思いつかないタイプのタイトル。 水田洋「冨国論という酒――アダム・スミス翻訳史」(『日本學士院紀要』64(2), 2010) https://t.co/Is01AKpu6K
RT @hayakawa2600: 西沢勇志智『炭素太功記』すごい。国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能:https://t.co/L4Po6Hiaa8

5 5 0 0 OA 庭園をつくる

PDFあり。レオ・シュトラウス『スピノザの宗教批判』(1930)へのゲアハルト・クリューガーによる書評(1931)の翻訳。 ⇒関口佐紀訳 「ゲアハルト・クリューガー「書評 レオ・シュトラウス『その聖書研究の基盤としてのスピノザの宗… https://t.co/Z1UWv4fpSP

5 5 0 0 OA 庭園をつくる

PDFあり。 ⇒中金聡 「庭園をつくる エピクロス主義の〈逸れ〉について」 『政治哲学』第23号(2017) https://t.co/F8m2qgYZGL
RT @BungakuReportRS: 藤實 久美子 -  河鍋洞郁(暁斎)『絵本鷹かゝみ』の史料学的考察 : 文久2年(1862)3月の校合摺の紹介を兼ねて https://t.co/XG5ucMZ09H
PDFあり。 ⇒善養寺淳一 「吉備大臣入唐譚方術考 ―『江談抄』に見える院政期文化の一断面 ―」 大正大学大学院研究論集,(43), (2019-03-15) https://t.co/8auoRRZpfK
PDFあり。 ⇒上條駿 「献帝の礼制と皇帝権 ―董卓誅滅から許昌遷都まで―」 大正大学大学院研究論集,(43), (2019-03-15) https://t.co/hzjnhwN98R
PDFあり。 ⇒星俊明 「江戸期における浄土宗と真宗の論争 ―論争の発端について―」 大正大学大学院研究論集,(43), (2019-03-15) https://t.co/IBsuksgmGa
PDFあり。 ⇒加藤聖文 「敗戦時における公文書焼却の再検討――機密文書と兵事関係文書――」 文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇,50(15), (2019-03-15) https://t.co/MlqwS6Q6Jz
RT @quiriu_pino: 西山 克「鉄輪(かなわ)の恋 : あるいは生活雑器の歴史学」関西学院史学 (46), 37-62, 2019-03 退官した著者の論文。社会史のかをり…… https://t.co/JKUGTgGpUF
PDFあり。 ⇒永村 眞 「中世根来寺の法儀と聖教」 中世文学 63巻 (2018) https://t.co/wvmRS0B1LD
PDFあり。 ⇒菊地仁 「説話と和歌とはいかに結びつくか─『十訓抄』三舟譚の周辺─」 中世文学 63巻 (2018) https://t.co/DpcciZMOjr
論文。PDFあり。 高見友幸,中根康之,原久子 「摩訶大将棋の復刻」 大阪電気通信大学学術リポジトリ https://t.co/COy7bYpm8y
RT @BungakuReportRS: 村木 桂子 -  新出《北野社頭図屏風》(個人蔵)の近世初期風俗画史における位置づけについて : かぶき者を手がかりに https://t.co/tVbQeA8Cxe
RT @BungakuReportRS: 高橋 美樹 -  田辺尚雄における沖縄・八重山諸島音楽現地調査(1922年)の成果と社会的還元 : JOAK「日本音楽史講座」、歌舞伎舞踊劇『与那国物語』をめぐって https://t.co/ScrZHqGEEK
RT @BungakuReportRS: 鈴木 正美 -  肋骨レコードのある日常 : 「雪どけ」期のジャズと大衆歌謡 (プロジェクト特集号 : 〈声〉とテクスト論) https://t.co/OtJMBFVZqe
RT @BungakuReportRS: 張 楠 -  『源氏物語』 における主要な人物の命名について : 道家文化とのかかわりを中心に https://t.co/W8O78kC7kI
RT @toyonaga_ma: 広瀬正浩「機械を通じて“自然”を感じる  一九三〇年代の日本のラジオ放送における「生態放送」」 (『言語と表現 研究論集』第16号、椙山女学園大学国際コミュニケーション学部、2019年3月) https://t.co/odchVVjAaF
RT @adamtakahashi: 紀要論文ですが、アヴェロエスの知性論の概要を示した論文が公開されました。彼の知性論の内容を簡潔にまとめた邦語の論文は、意外にこれまでなかったので、その点に限り有益かもしれません。「アヴェロエス「知性論」の基本原理」(https://t.co…
PDFあり。16世紀ブラジルにおけるイエズス会が行ったトゥピ語による宣教活動と先住民のシャーマンが先導した抵抗運動について。 ⇒植田めぐ美 「キリスト教のトゥピ語翻訳とシャーマンによる再解釈―16世紀ブラジルの事例から― 」 『総… https://t.co/FxeSJBFhUc
RT @BungakuReportRS: 彬子女王 -  女性皇族の衣装の変移について : 明治の洋装化がもたらしたもの https://t.co/NW2u7pwbIw
RT @BungakuReportRS: 小長谷 幸平・藤野 正也 -  戦前の絵葉書にみる富士山を見る視点の変遷 https://t.co/UAYnLL60EN
RT @BungakuReportRS: 北山 祥子 -  記紀による「一国一神話化」と檀君神話 https://t.co/0YhlDCJ3XQ
RT @BungakuReportRS: 唐代南詔奉聖楽について 山寺 三知【翻刻・校訂】※ 林謙三の未発表原稿 https://t.co/qscHNwkiL3
戦後の生活改善運動と犬神観念の変容の関わりの論文とか発表されていた方か!この論文も今回の本に入っている。 PDFあり。 酒井貴広「戦後高知県における「生活改善」の展開と犬神変容に関する研究 -大方町における「差別」への取り組みを交… https://t.co/718NSbmHXt

3 3 0 0 OA 琵琶占い

岡田 充博 「琵琶占い」 横浜国立大学学術情報リポジトリ https://t.co/xWdYbdJKQ4
堀新 「戦国合戦図屏風の基礎史料」 共立女子大学リポジトリ https://t.co/0ZTkUofmJ2
PDFあり。 ⇒後藤正人 「享保5年、上総国市原、武蔵国都筑、常陸国多珂各郡下の入会紛争 幕府評定所の入会裁判(2)」 入会林野研究 39巻 (2019) https://t.co/Dp1VxtaF7T
RT @BungakuReportRS: 森田 喜久男 -  日本古代の王権と鷹狩 https://t.co/F7s1zusSI4
RT @BungakuReportRS: 松本 高明 - 20世紀初頭の「世界無銭旅行」考 ―矢島保治郎の第1 次入藏と押川春浪の武侠世界 - 神田外語大学学術情報リポジトリ asKUIS https://t.co/4AQNDdjMJ1
RT @BungakuReportRS: 松田 清 青地林宗訳ナポレオン伝「別勒阿利安設戦記」の典拠に関する 書誌的考察 - 神田外語大学学術情報リポジトリ asKUIS https://t.co/TQhtLcRQWA
RT @sussusu_wenah: 声優さんの音声を使わせていただいて行った実験に関する論文が、前所属の大学リポジトリで公開されました。論文タイトルは「声優のキャラクター演技音声を用いた音声知覚に関する実験研究」です。色々な方に読んでいただけると嬉しいです。 https://…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  『鈴鹿の物語』の悪路王退治譚 : その素材と構成方法" https://t.co/czUHjOaJhV
RT @morita11: "CiNii 論文 -  近世の人身御供伝説 : 「法妙童子」と「佐用姫」" https://t.co/E61DQYtMiA
RT @morita11: "CiNii 論文 -  米沢藩における上杉憲政の祭祀 : 怨霊から御家擁護神への転換 (松田澄子教授 退職記念号)" https://t.co/ULkxmEXSvX
RT @morita11: "CiNii 論文 -  「白旗降下」伝承と赤松氏 : 瑞兆の政治学" https://t.co/UGlsr5EOvS
RT @morita11: "CiNii 論文 -  青森県八戸地方の中世の修験者たち : 怪奇な伝承と山伏の密集の謎と占と葬 : 中世起原の寺院誕生の秘密" https://t.co/OPUAgry8e9
RT @morita11: "CiNii 論文 -  バレエ『まりも』(1962年)と社会主義リアリズム : アイヌにまつわる創作伝説のソヴィエト・バレエ化 (民族藝術学の諸相)" https://t.co/5IOX6wNwLf
RT @morita11: "CiNii 論文 -  泥の呪力(チカラ) : 埼玉県内の民俗行事から" https://t.co/zGUe1LAmv2
RT @morita11: "CiNii 論文 -  北陸の「釣瓶落しの怪」の位相" https://t.co/Nz3n6tWl71
RT @morita11: "CiNii 論文 -  日本の「邪鬼」観の形成と四天王信仰" https://t.co/5nI7ixdEqq
RT @BungakuReportRS: 田中 千晶 -  韓国における『古事記』研究(七) : 二〇一六〜二〇一七年の学術論文を中心に https://t.co/11CUo5hz7g
RT @BungakuReportRS: 藤井 哲 - 月報を読む : 序論 福岡大学機関リポジトリ https://t.co/rzcHSquZDW
RT @BungakuReportRS: 曹 悦 -  江戸時代における日本の篆書書法の受容状況について : 江戸・大坂出版書目を中心に https://t.co/5O6svHkN7z
RT @BungakuReportRS: 崔 鵬偉 -  『今昔物語集』卷二十七第五「冷泉院水精成人形被捕語」考 -怪異の正體を中心に- https://t.co/HreuYkHuu1
PDFあり。 ⇒劉罡 「満洲引揚者をめぐる被害者言説の形成」 名古屋大学人文学フォーラム2 (2019-03-31) https://t.co/Z0WRivy6z5
PDFあり。 ⇒中田稔彬 「中世末期ブルターニュの他者認識 : 『ブルターニュ大年代記』におけるfrançoysをめぐって」 名古屋大学人文学フォーラム2 (2019-03-31) https://t.co/QNV2PwCAb0
RT @BungakuReportRS: 岡島奈音 -  衣裳文様から見る河鍋暁斎筆「地獄太夫図」 https://t.co/akqW75B0uy
RT @BungakuReportRS: 高見寛孝 -  日本民俗学と古典文学 『枕草子』の中の仏教 https://t.co/qclIHBMtcw
実際、とても面白いエッセイ。 井村恒郎「敗戦国の妄想狂」『現代心理』1巻7号1947 https://t.co/MfcbXn12qZ 鈴木晃仁先生の紹介記事:井村恒郎「敗戦国の妄想狂」 - akihitosuzuki's dia… https://t.co/h4YcGCJxED
RT @sourd: 深井先生の著作についての指摘、2010年には別の著作で注釈の不備が指摘されていたのか。『十九世紀のドイツ・プロテスタンティズム』(2009)に関する指摘。根っこは同じなのかな。https://t.co/dCdal2wjRd
PDFあり。 ⇒橋迫瑞穂 「「子宮系」とそのゆくえ : 現代日本社会における女性のスピリチュアリティ」 『応用社会学研究』61 (2019.3) https://t.co/LVdpg0H3Ie
RT @_keroko: 「「子宮系」とそのゆくえ : 現代日本社会における女性のスピリチュアリティ」がオンラインで公開されました。:https://t.co/bEjWp7d1iT
RT @BungakuReportRS: 矢野 正隆 小島 浩之 -  漢字・字喃経典料紙調査概要 : 東南アジア地域文献の史料論的研究序説 https://t.co/1EX2tDvt2A
RT @BungakuReportRS: 天野 真志 冨善 一敏 小島 浩之 -  近世商家文書の料紙分析試論:武蔵国江戸日本橋白木屋大村家文書を例として https://t.co/MXvvIIxdVD
RT @BungakuReportRS: 小林一彦 -  後桜町天皇の明和四年和歌三神御法楽五十首宸翰短冊 : 玉津嶋社・柿本社奉納短冊をめぐって https://t.co/GkUtD43Z7K
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 藤田拓海 - 陸法言『切韻』研究 https://t.co/AoHDf4F9b4
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 ツェデウ, ヒシゲジャルガル - 日本とモンゴルに伝承された説話の比較対照研究 : 動物説話・仏教説話・継母説話を中心に https://t.co/N1D3wGpcIb
PDFあり。 ⇒中堀正洋 「中世ロシアの異教神ヴォロスの機能に関する一考察――天体との関係を中心に」 『ロシア語ロシア文学研究』45巻 (2013) https://t.co/qcIeDgQTro
「ハリーポッターと敗戦国の妄想狂」 CiNii 論文 -  敗戦国の妄想狂 https://t.co/MfcbXn12qZ
RT @BungakuReportRS: 島本 多敬 -  19世紀初頭の災害図出版における書肆の役割―1802年淀川水害の事例から― https://t.co/S7NOJZJH6W
RT @BungakuReportRS: 山崎 真克 -  『平家物語』における物語の変容と和歌の多義性 - 「日本文学概論」での実践報告 - https://t.co/3zTGmO9Jjw
PDFあり。 ⇒夏休みの宿題に取り組む計画・実際の一致と取り組み方がストレスに与える影響 https://t.co/15qffrV7ln 時間学研究 2018年9巻
PDFあり。講演録。 本会議では硬い共通語を使うが、委員会では「少し丁寧な方言」を使うという福岡県議会での老年層議員の意図的な使い分けについての話。 ⇒二階堂整「福岡県議会における老年層議員のスピーチスタイル」 https://t.co/5vgAAfW7aZ
PDFあり。講演録。 ・国会では、本会議よりも委員会のほうが方言が出やすい。 ・集団語としての国会方言や議会方言についても触れられている。国会の例は「テレビ入り」と「お経読み」。議会方言は「いたさせます」。 ⇒松田謙次郎「「方言」… https://t.co/9TlC9D4prS
PDFあり。  松田謙次郎「「方言」の飛び交う国会審議」 https://t.co/c3wl1Zq3yj 二階堂整「福岡県議会における老年層議員のスピーチスタイル」 https://t.co/5vgAAfW7aZ 『みんなの知らない方言の世界』(2019)
PDFあり。  松田謙次郎「「方言」の飛び交う国会審議」 https://t.co/c3wl1Zq3yj 二階堂整「福岡県議会における老年層議員のスピーチスタイル」 https://t.co/5vgAAfW7aZ 『みんなの知らない方言の世界』(2019)
PDFあり。 ⇒村上祥子 「韓国の法師の呪術」 『拓殖大学語学研究』140 (2019.3) https://t.co/i2VMN2WZTu
PDFあり。木戸孝允表象の変遷についての論考。 ⇒髙橋小百合 「元勲から色男へ : 木戸孝允表象と視覚メディア」 『層 : 映像と表現』11 (2019.3) https://t.co/SzWxjOuVKo
RT @morita11: "CiNii 論文 -  インド、中国、日本における憑霊信仰をめぐって ー雑密文献の世界への入り口として袂袒ー" https://t.co/ZojwVgy4m0 ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  韓国の法師の呪術 共同研究〈諸文化圏・諸言語圏における呪い・穢れ・占い・迷信〉" https://t.co/SauQ6LAWzV ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  「憑依」(Possession)の報道 : キリスト教国フィリピンの教会の視点から" https://t.co/a9mA83dYGx ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  戦後の少女雑誌における「スポーツする少女」の描かれ方と─少女の恋愛と運動(練習)との葛藤を中心に─" https://t.co/bhzg0u0Mbw ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ナガ族におけるインパール作戦時の日本兵との接触の記憶と伝承" https://t.co/UvVMs96FjS ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  「わたくしは自分自身をシンドラーのリストに書き入れた」-ヒルデ・ベルガーとロゼ・ベルガーの物語り-(Ⅰ)" https://t.co/c5vGBiR43h ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  島民になれなかった「植民者」―フィリス・オーフリー 「正確なドミニカ理解」の果て" https://t.co/hsH1twzNH7 ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  アメリカにおける「女性向け自己啓発本」の変遷" https://t.co/KRsX8wgtij ※本文リンクあり

2 0 0 0 IR 英米の俗信(7)

RT @morita11: "CiNii 論文 -  英米の俗信(7)" https://t.co/Xb4AIuJmGa ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  アーサー王伝説を扱ったフェロー語バラッドの物語に見られるハーバート版『聖ケンティゲルン伝』の内容との類似をめぐって" https://t.co/Sot6ibb3oW ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  夢を生きるコウルリッジ(2)夢想をめぐる自己と時間の意識" https://t.co/JYwRdbygEQ ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  13世紀半ばにおける奇跡の記録の形態 : 聖エドマンドの奇跡関連史料をめぐって" https://t.co/ZZ1P7PEdcR ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ヴァンパイアはなぜ腐らないのか --ヴァンパイアをめぐる1730年代ドイツ語圏の学説--" https://t.co/I2Leqv2nsF ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  『七十人訳聖書』、アウグスティヌス、ダンテと「巨人ニムロド伝説」 : 《バベルの塔》研究補遺 (浅井和春教授退任記念号)" https://t.co/J8PBaw2zyV ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  「クラシック・ロック」考 (浅井和春教授退任記念号)" https://t.co/APR5leATG6 ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  韓国ボードゲーム文化の形成と変遷" https://t.co/lYwc7NT7as ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ジャーナリズムの視点から見たゲーム機の流行 『週刊ファミ通』における作品評価についての考察" https://t.co/A2LedXgJJh ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  団地ノスタルジアのゆくえ : 安部公房と柴崎友香の作品を手がかりとして" https://t.co/AKZ5FLDAuT ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  近代日本における農業試験場体制の確立 : 育種事業をめぐって" https://t.co/RohaLBezKL ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  元勲から色男へ : 木戸孝允表象と視覚メディア" https://t.co/kjoiyLo2d0 ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  アンチ・聖地巡礼アニメ : 『天体(そら)のメソッド』論" https://t.co/a8RajZZPkU ※本文リンクあり

お気に入り一覧(最新100件)

数原孝憲オーラル・ヒストリー、こちらで公開が開始されており、なかなか面白いです。締結した条約を批准する、というプロセスの面白さですね。https://t.co/GTAt2Tyevr
伊藤 紫織 -  新名所の虚実 : 「松川十二景和歌色紙帖」(相馬市教育委員会)をめぐって https://t.co/Sy5FnZnxRr
永井論文の前編にあたるのはコレかな? 知らなかった…。 永井 晋「中世都市鎌倉における密教の成立と展開」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 = Bulletin of the Kanagawa Prefectural Muse… https://t.co/LJur9rkKYO
https://t.co/bSLhuEybKd これがベースといえるのですが、内部文書を使ってよくリサーチされているんですよね。公安もそうでしょうが、左翼も昔の人の方がよくできましたね。
CiNii 論文 -  "経済学の制度化"視角の提起するもの--経済学史学会関西部会の討論から https://t.co/ftZLdDmmrZ #CiNii
私には思いつかないタイプのタイトル。 水田洋「冨国論という酒――アダム・スミス翻訳史」(『日本學士院紀要』64(2), 2010) https://t.co/Is01AKpu6K
西沢勇志智『炭素太功記』すごい。国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能:https://t.co/L4Po6Hiaa8
長坂和茂「大正期日本図書館協会に対する総裁徳川頼倫の貢献」(「図書館界」68巻5)が面白かった。頼倫は南葵文庫の開設者だが、日本図書館協会総裁としての活動が論じられる。協会に5万円を寄付し、利子も継続寄付することで「図書館雑誌」の… https://t.co/MHCPw93egP

8 0 0 0 OA 能楽源流考

能勢朝次『能楽源流考』(1938)、この大きくない活字で全1553ページですか……。 https://t.co/h5KUqGhull https://t.co/qFcFQdIOiV

15 0 0 0 OA 機械破壊者

レファレンスは例えば名誉教授の「バイロン卿の出て来る芝居の日本語訳を学生の頃読んだ」に学生時代=昭和初期、バイロンで当時の芝居ならロマン系よりプロレタリア、ならロシアかドイツかってエルンスト・トラー『Die Maschinenst… https://t.co/yuwIieUcLg
承RT。日本文化人類学会での「現代ドイツにおける種を超えた恋愛とセックス」という発表要旨があったけど、すごい研究だなこれ。ドイツには世界で唯一の動物性愛者団体があって、著者がそのメンバー宅に泊まって参与観察している…  https://t.co/VqPNkhkn9O
井上先生も負けじと応戦しています。今の穏やかな井上先生を知っている者にとっては意外に思えるほど。 https://t.co/FIThq0wHPp
渡辺金一先生の井上浩一先生の『ビザンツ帝国』への書評ははっきり言ってボロクソです https://t.co/IQiGaHVGaj
CiNii 論文 -  吉田豊「ソグド文字の縦書きは何時始まったか」in森部豊編『ソグド人と東ユーラシアの文化交渉』(アジア遊学175)2014 https://t.co/X0heokppdA これはハハーマニシュ朝以来の「文書の書き方」(というか用紙の使い方)に言及している。
戦前・戦後に活躍した衆議院議員の安藤正純(真宗大谷派僧侶から還俗して代議士)についての論文が昨年2本も出ていたことに気付き読んだ。菅谷幸浩「政党政治家・安藤正純の戦前と戦後」は安藤が大政翼賛会に抵抗し、官僚政治を否定し議会政治を重… https://t.co/5URcU5dXkj

5 0 0 0 OA 日本村落史考

次世代デジタルライブラリーの画像検索で、もう一つ珍しい受入印に出会った https://t.co/HR4HqnVhkv 。帝国図書館の二重丸印内「帝図」がこの書体になっているのは見たことがない。(この資料、次デジでは書誌情報等が表… https://t.co/eybZu7dP5J
国立国会図書館デジタルコレクションのIIIF公開、白黒2値の資料だと黒点周囲のJPEGノイズで見ていられないことになるのに気付いた(1枚目 https://t.co/WfnrDF93Dv )。NDLデジコレのビューワで見れば、そう… https://t.co/yNbNzcwHJA
NDLラボ「次世代デジタルライブラリー」https://t.co/ln38PMe5SV じんもんこん2018「資料画像中の挿絵領域の自動抽出及び画像検索システムの実装」https://t.co/iqgh5sHFGA で「平成30… https://t.co/yisbaoUvm5
訳者の田口先生からいただいた。これ、とても重要なのではないか。 フランク・レックスロート「学問の身体と精神 1070年ごろ以降の初期スコラ学の学校についての観察」田口正樹訳『北大法学論集』69巻5号、2019年。 https://t.co/7OTRamhD4X
萩原淳平著『明代蒙古史研究』(東洋史研究叢刊之三十二) 岡田 英弘 https://t.co/k9D5kuvr8B 冒頭から京大名誉教授に誤字指摘の嵐である。コワイ。 https://t.co/6SrAjJJrP5
うわー、史学雑誌で岡田先生これを書いていたのか。なお、ボコボコにされた相手は京都大学名誉教授の萩野淳平であるが、岡田先生の若い頃(外大の教授だった)は呉座先生が優しく見えるほどで、マジで怖い。ここで読めるけど恐ろしいわ…… https://t.co/2jbNpqfgQA
そういえば自分が平成の天皇の政治性というか、象徴の持つ政治性みたいなものを意識させられたのって、十数年前の『論座』に載った御厨貴「なぜ天皇はサイパンに行ったのか」だった気がします。これは戦後50年連動の性格が強かったのですが、そう… https://t.co/3IvbNLaQpW
加藤 修弘「遼朝北面の支配機構について : 著帳官と節度使を中心に」 九州大学東洋史論集 (40), 7-84, 2012-03 https://t.co/lFrlTmwUem
森安 孝夫「加藤修弘卒業論文の公刊にあたって」(2012) 1966年度に東大に提出された伝説の卒論を刊行するの辞。著者は東大紛争でアカデミズムから去ったけど、「今後の中央ユーラシア研究にとって必須の先行研究」らしい。 https://t.co/gQGqb9BYlc
石原慎太郎著『スパルタ教育』がスパルタの教育イメージを変えた。 「石原のこの著作は,「スパルタ教育」という題名を冠していながら,石原自身の教育観を披瀝したに過ぎず,古代スパルタの教育については全く触れていない。」鈴木円「日本にお… https://t.co/BuyxATYvhI
柴山太「大日本帝国陸軍はアメリカ軍の本土上陸作戦を阻止し得た!―1945年5~8月の両軍軍事算定によれば」『総合政策研究(関西学院大学)』57号(2018年)https://t.co/l0gdZapa9S タイトルだけ見て『軍事研… https://t.co/D82ZPN00tC
@nekonoizumi @satoshin257 おそらく、姚琼(2015)「現代社会における祭祀儀礼の変化と伝承 -スサノオ神話に由来する疫病退散儀礼を中心として-」神奈川大学博士論文が元です。 https://t.co/2ifjsQMEtx
宇野亮一「机の上の戦争:近代日本の「ウォーゲーム」」国立国会図書館月報,694号,2019/02,p12. https://t.co/Fn5mKesqol 所蔵資料の『兵棊教範』から始まる黎明期のウォーゲーム話。

142 0 0 0 財界

昭和32年の信用組合取り付け騒ぎを、同年の雑誌「財界」が報じています。 国会図書館デジタルコレクションに収録されていますので、日付を確認してください。 https://t.co/drfrmEHKW2 1957年11月=昭和3… https://t.co/lnCrQtu78q
戦時改描された地形図の場合、図郭外の定価欄が()でくくられている。改描は昭和12年から実施されたが、改描図の発行日は改描以前の地図と同一のままなので、それ以前の発行日でも注意が必要。「5万分1地形図作成史周辺の諸般新事実」地図 3… https://t.co/5TfJfERYzH

142 0 0 0 財界

昭和32年の雑誌「財界」11月号にも「取りつけ騒ぎの大阪華銀」という記事が載っています。 https://t.co/uazWwFVgsB 次に国会図書館に行く機会がありましたらこの記事をコピーしたいと思います。
納富本は永村眞が「必読の文献」とかなり褒めてます。今でも東国仏教の一般書はないから、価値あるんじゃないだろうか。 https://t.co/Xg5WKmrgDe
樋口敬祐「インテリジェンスの組織論的研究 ―米インテリジェンスに見る課題と展望」https://t.co/66ho9rzvMb こちらはよくわかりませんが警察系統のような。
こちらは防衛省の文官派遣。久保田泉「冷戦後中国の軍事外交」 https://t.co/XPTlD88kXh
こちらは元海自かしらという塩梅。久保正敏「ソ連海軍の外洋進出とその運用思想に関する一考察 ―ソ連海軍戦略の形成過程とその特質」https://t.co/aacpFPstQK
実務家系の学位取得らしいGRIPS、拓殖大学のあたりの博士論文は結構オンラインにそのまま出てますよね。こちらも海上自衛隊。後瀉桂太郎 「海洋領域における軍事戦略の変遷に関する比較研究 1980~2017年―領域拒否、SLOC 防… https://t.co/mqNKYuhplZ

2 0 0 0 OA 大蔵会図録

日下無倫編並解説『第八回大蔵会図録』(仏教芸術院出版部、大正11)というマニアックなブツを入手した。陳列品の奥書の写真や書誌があり、何かに使えるかも。デジコレで公開されたけど、「贈呈 牧野信之助殿」とあったのでまあいいや。 https://t.co/fBUovXQ3hX
成人式「名古屋起源説」の拙稿は、以下で読めます。 https://t.co/3FR1mLfSJ5
#一日一論 高畠純夫「坂口安吾の仕事とその背景」読了。古代ギリシア史を研究されている大学院の先輩から勧められて拝読したが、面白い論考。古代ギリシア史研究者が日本の文学者である坂口安吾の思想背景を古代ギリシアの精神文化と比較したもの。 https://t.co/BeDFR0wlqG
pdfで見れます。 古澤 直人「シンポジウム 二〇世紀の法史学――日独比較:日本近代法史学史における「中世」」 法制史研究 1996(46), 127-146, 1996 https://t.co/No1ymAOEzs
作家であり食物史研究家でもある本山荻舟は、昭和4年の「惣菜真髄」において、家庭の牛鍋は上方のすき焼きを参考にすべきと説き、上方のすき焼きを以下のように説明します。 https://t.co/yRPI9joFLI

12 0 0 0 OA 三都喰べある記

同じ松崎天民の昭和7年の著作「三都喰べある記」では、その菊水が閉店しています。数少ない関西風すき焼き店の寿命は5年以下でした https://t.co/HlM5jqLFb1 菊水が閉店する一方で浪花という関西風すき焼きの店がオー… https://t.co/4sLvZ8unsK

18 0 0 0 OA 人間見物

昭和2年の松崎天民「人間見物」に「近頃」関西風すき焼き「菊水」が銀座に登場したとあります。 https://t.co/n9Icled95K 一方で、松喜、幸楽、ちんや、米久、今半、ときわ、三河屋、河合といった震災前からの牛鍋の老… https://t.co/tccgIy27qR

27 0 0 0 OA 浅草経済学

昭和5年の「浅草経済学」からは、今半、平川、あづまに加え、米久、ちんや、多津巳、金子、松喜といった震災前からある老舗が復活していることがわかります。 https://t.co/HKWcXlcHqs
昭和3年から時事新報に連載された記事を昭和5年にまとめて出版した「東京名物食べある記」では、復活した浅草の今半、平川、あづまが登場。 https://t.co/V4CCDfPtRy https://t.co/ISJsbVfUWk

39 0 0 0 OA 食行脚

まず、関東大震災の2年後に出版された食べ歩きの本、「食行脚東京の巻」をみてみましょう。 https://t.co/PeHrSryrce 震災から2年経った大正14年には、三大老舗の米久、三河屋、河合が復活を果たしています。他には… https://t.co/4rxbzDQkj2
白川 琢磨『顕密のハビトゥス : 神仏習合の宗教人類学的研究』 九州大学 , 博士(人間環境学) , 乙第08705号 , 2018-03-20 https://t.co/ZInXAcsXTY 九大リポジトリで全文公開。序文に自分の詠歌がある博論は初めてみたな…
明治大正大阪市史第1巻によると、嘉永5、6年(1852,53年)頃には2軒の肉屋があり、煮売りもやっていたそうなので、大坂では横浜より10年ほど前に牛肉食がおおっぴらに行われていたようです。… https://t.co/jPKv9xJqDT

62 0 0 0 OA 福翁自伝

福沢諭吉の福翁自伝にはこうあります。 https://t.co/weiFvs0QRc ”モツト便利なのは牛肉屋だ” ”其時大阪中で牛鍋(うしなべ)を喰はせるところは唯二軒ある一軒は難波橋の南詰一軒は新町の廓の側にあつて最下等の… https://t.co/aHeDAA2FVI
マジかよ.子どもたちによる「ロボットいじめ行動」に関する研究ってのがあったよ・・ https://t.co/W0t5Jsh8na (PDF) https://t.co/TlCv8Iv8RV
「空海に限らず,サンスクリットを学習した日本人は19世紀末以前にいなかった。(……)元の言語を知っていた人は,明治維新以前の日本史に一人もいなかったのである。これは宗教伝播の例として特異である。」https://t.co/wuSZxdRw9j
鷲尾順敬編『日本仏家人名辞書』(1903)、明治時代の骨董品かと思いきや、各種僧伝や次第のよせあつめとして結構使えるのでは。NDLデジコレで全ページpdfでDLできるので、だれか全文検索できるようにして… https://t.co/YthgnZaY7f
本間, 俊文「初期日興門流史の研究」 立正大学 , 博士(文学) , 文博甲第66号 , 2014-03-20 https://t.co/Ot3HErLQLV 博論本文が大学リポジトリで公開されてるもよう。
日蓮の弟子の書状って何をみればいいんだ?と聞いたら、まずはこれだとご教示いただきました。 『日興上人全集』、興風談所, 1996.3 https://t.co/VDfjWT78mt
補足:日本心霊学会の詳細は、一柳廣孝「霊術を売る--日本心霊学会の言説戦略をめぐって」(『比較日本文化研究』 (10), 9-26, 2006-10、再録『奇なるものへの挑戦 : 明治大正/異端の科学』 一柳廣孝, 吉永進一 監修… https://t.co/NsoLVkB7Dk
以上のツイートから時期が下って、口直し?に。まだ日本心霊学会は存続しているものの「人文書院」が日本文学関係出版物を柱の一つとしていく時期の本に、前田夕暮『顕花植物』(昭和11)があります。… https://t.co/pP15CzRryw

22 0 0 0 OA 心霊治療秘書

日本心霊学会創設者にして人文書院初代社長渡邊藤交の著書(日本心霊学会のバイブル)『心霊治療秘書』(大正13年版)は、NDLデジタルコレクションで見られます。https://t.co/xjImKNFrrm このほかにも戦前期の日本心… https://t.co/PwSMhGMOsj
中川 晃成「近江国野洲郡の条里と荘園」 2017年度 年次報告書, 225, 2018-03 https://t.co/SLn3GWlPqM 報告書の論文。ちょっとわかりにくいが、龍谷大OPACの画面の「本文・要約」ボタンから本文… https://t.co/xcbXKgptPS
呉座先生が紹介されてる「一九五〇年代の網野善彦にとっての政治と歴史 : 国際共産主義運動からの出発」 網野善彦、伊藤律の母衣衆みたいな事やってたんか。研究、足場の喪失、再検証と。なるほどなるほど歴史オタクは読むべき。といった感じ。… https://t.co/fBx2ptO5gZ
こんな論文どうですか? 健常者睡眠の第2夜,第3夜に及ぼすplaceboの影響(末次 正知ほか),1995 https://t.co/PeIfA9f4YL
茨木瞬・河村和徳「なぜ自治体は投票所を減らすのか?: 投票所統廃合に関する計量分析」(2016)https://t.co/Pu8uemVmHD
科学クラスタが興味を示しているので、該当論文をリンクしとく。 主に粉(龍角散)の分析を密にやって、その流動性を確認、後は薬匙の材質や匙底部に設けた開孔部の付着抑制の効果を分析した模様です<(`・ω・´) https://t.co/EFulraHmul

25 0 0 0 OA 太平記

『太平記』の「神泉苑の事」のヴァージョンだと、守敏が軍荼利明王、空海が大威徳明王の法を修し、両明王の射た流鏑矢が空中で当って落下するところが好きです。 https://t.co/GZev6kQlxZ https://t.co/ih1SUqI6xK
参考 小川剛生「即位灌頂と摂関家 : 二条家の 「天子御灌頂」 の歴史」 https://t.co/zFrNgwf4VO
米騒動期の日本人のコメ喫食事情についての論文。とにかく日本人が白米を食べたがることが書いてある。面白い。 https://t.co/sqcfUySx1G
田代 博志「室町時代の紛争解決 : 山城国伏見荘を中心に」 熊本史学 (99), 1-16, 2018-04 https://t.co/AKN2nEcVNR むむ、こんな論文出てたんだ。
そのからくりは、同書の書評がすでに指摘しています。経済関係の歴史学会でも大手どころ・経営史学会の『経営史学』47巻2号(2012年)に掲載された、北海道大学の満薗勇先生の書評を、抜粋してみましょう。 https://t.co/hW4w7nEU3s
「コンスタンティヌスの寄進状」翻訳 https://t.co/WQX20QR1tS #SendaiHisCafe
"CiNii 論文 -  児童文学史における小泉八雲の再話作品の位置" https://t.co/KSKp16a3Dy ※本文リンクあり

90 0 0 0 OA 犯罪捜査技術論

ちなみに、「犯罪捜査技術論」は国会図書館のデジタルコレクションで読めるみたい。 犯罪捜査技術論 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/V5L3i5lXTn

20 0 0 0 OA 洋式適用規矩術

雑誌『建築史学』に掲載した小生の博士論文の中核をなす論文が無料公開されました。西洋建築に応用された大工の奥義である規矩術の事例を挙げ、実はそれが近代的な知的所産であったことを示唆したものです。J-STAGE Articles -… https://t.co/GvCEA4K09H
大使館の広報宣伝活動と言うと、当事者が日本外務省の大使館・領事館の「歴史戦」の初期対応を扱った貴重な記録があります(題名ほどには過激ではない)https://t.co/yh7h6nofDo
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
イルマ・サウィンドラ・ヤンティ 「和魂漢才と『心柱』―東京スカイツリーと古代天皇制国家の形成」『国士舘大学政治研究』8号(2017年)https://t.co/GclbOGdjcg ううむ…これは…
海津 一朗「秘仏・高野山南院「浪切不動明王」考 : 弘安の蒙古襲来と志賀島」 和歌山大学教育学部紀要. 人文科学 68(1), 81-86, 2018-01-31 pdf公開論文。「…っぽさ」が詰まってます。いくつ突っ込めるかな?… https://t.co/QlDPO0PIl2
大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていな… https://t.co/DSIR9aAnbX

39 0 0 0 OA 食行脚

2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https://t.co/TVwJxjkSPN
震災時の逸話を集めた「大震災の哀話と美譚」には、気前が良すぎて利益をあげられなかった素人の牛めし屋の話が出てきます。 https://t.co/896DISYIlA ”日比谷公園の牛飯屋でひどく甘く安いのがあつた。聞くと實はけふ… https://t.co/tBrGFIE1gL
大震災を記録した大正13年の「大震災印象記 大正むさしあぶみ」には、震災後の食べもの商売についての描写があります。 https://t.co/m7QYNdUpZJ 挿絵には「牛丼」「スイトン」「ゆであずき」「ライスカレー」とい… https://t.co/NqfTsTC77E

40 0 0 0 OA 震災ロマンス

大正12年の「震災ロマンス 哀話と佳話の巻」は震災時の逸話を集めた本。 https://t.co/bOqn4yiwj9 「震災ロマンス」による震災後の食べもの商売の推移によると、まずはすいとんとゆであずきが売られ、次に梨と西瓜が… https://t.co/4H8v1FquXV
関東大震災後に発行された本物の”被災者に向けたガイドブック”が存在します。 大正12年11月、大震災から3ヶ月も経たずにスピード発行された「大震後に於ける金儲の東京」です。国会図書館デジタルコレクションで読めます。… https://t.co/dKqEVxIi15
なので、ラーメン(支那そば)ワンタン屋台経営の手引きの部分には、早稲田の政治科を卒業して翌日からワンタン屋台をはじめた男の成功例が書かれているのです。 https://t.co/gqH8plwPl4 https://t.co/CI5jGR41SO

217 0 0 0 OA 現代職業案内

「現代職業案内」には、震災の復興需要で肉体労働者の職が増える見込みである一方で、知的階級の職つまりホワイトカラー志望者は、不況で職がないとあります。 https://t.co/LpsOISzjhA https://t.co/4rTYGd6uFj
「裸一貫生活法」は、被災者ではなく、月給取りつまりホワイトカラーのサラリーマンを目指す失業者を対象とした本です。 https://t.co/KZxOliyIDG ”震災ですべてを失った人”向けの本ではありません。 歴史秘話ヒ… https://t.co/HA8lcdmgAp
「裸一貫生活法」は関東大震災前に書かれ、震災後に中国の新聞(上海日々新聞)に連載した記事を書籍化したものです。本の成り立ちからして震災被災者は関係ありません。 https://t.co/rkn1YVl67k https://t.co/w9x3bNhh0Z
「裸一貫生活法」は、国会図書館デジタルコレクションで読むことができます。 https://t.co/WMZH63dOZq 実際に読んでみてください。「裸一貫生活法」は”被災者に向けたガイドブック”ではありません。 なぜこんなに… https://t.co/9N1KUTAdkn
「吉田正廣(1895-1972)は,朝鮮総督府の殖産局農務課や農林局農政課などに勤務していた農林官吏である。(略) かつ吉田正廣が著名なミュージシャンで「若者のカリスマ」と呼ばれた吉田拓郎氏の父親である」 坂根嘉弘「朝鮮総督府官… https://t.co/Dv4QBHEmKi
同氏は小林和幸編『明治史講義 【テーマ篇】』(https://t.co/6GplmOc3Hf)でも「日清戦争」の項を担当しているし、最近も陸奥にフォーカスした「陸奥宗光の思想形成―明治初期政治思想の一例として」『法学会雑誌』59巻… https://t.co/7lUemj3PXP
思えば同人のこの論文も、なんで宿紙(蔵人が使う薄墨の紙)は「宿紙」というの?という疑問にかなり合理的な説明を与えるものであった。 平安時代における宿紙と紙屋紙 高田 義人 古文書研究 (52), 1-21, 2000-11 https://t.co/noHV0RO3B6
飛ばし読みだけど、こんなのが博論なのか…。 つくる会や、その反対勢力に対する評価が酷い。事実誤認(故意?)もあるし。 著者は西岡・高橋らの「歴史認識問題研究会」事務局次長… 《「戦後歴史学」から見る戦後日本における歴史学の変遷… https://t.co/Ju7Fpg5xve
この論文を読むかぎり、パキスタンの国民史やナショナル・アイデンティティにおいてイスラーム到来以前のガンダーラ王国がそれほど重要視されてるとは思えないんですよね。もちろんモエンジョ・ダーロと同じく世界遺産なのでそれなりのプライドはあ… https://t.co/5f5GFTW62n
「レニングラードの福者クセーニヤ 社会主義体制下の聖人崇敬」たいへん面白かった。スターリン時代でも行われていた巡礼。党と正教会。宗教について知識を得る機会が失われ、聖人に手紙を書くようになったというのも興味深い。先に知っていれば靴… https://t.co/yAefe4cPgl
宮澤喜一が「資産倍増論(計画)」一本槍の積極財政で次が見えてきた1986年の時点でも戦おうとしていた様子は、藤井信幸「宮澤喜一の政権構想と財政政策」(https://t.co/vWVSjDuftJ)などに明らかですが、1984年の… https://t.co/nXdswaK59A
@gogaben_com https://t.co/OOVAB3Ae5l 詳解文法は間違いだらけ~。(タイトルのアラビア語訳が間違っているレベル。) 表現実践は思想誘導が激しいので要注意。

フォロー(211ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

数原孝憲オーラル・ヒストリー、こちらで公開が開始されており、なかなか面白いです。締結した条約を批准する、というプロセスの面白さですね。https://t.co/GTAt2Tyevr
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教… https://t.co/DmHotVInEE
ふむふむ https://t.co/dbWRcO3BEU https://t.co/YHmlTxvsSE
これもあれも・・・未だ解けていません (伊原康隆) https://t.co/WfBqj1Z5cl

363 1 1 0 OA おほかみ

RT @guano_island: http://t.co/nbjCsNGXNZ ふだん読み慣れているはずのグリム童話も明治時代にはじめて日本語訳されたときはこんな感じだったんですよという話。和服姿の狼さんが妙に渋くてカッコイイじゃありませんか。
RT @quiriu_pino: 永井論文の前編にあたるのはコレかな? 知らなかった…。 永井 晋「中世都市鎌倉における密教の成立と展開」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 = Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum. 神奈川…
RT @quiriu_pino: 永井論文の前編にあたるのはコレかな? 知らなかった…。 永井 晋「中世都市鎌倉における密教の成立と展開」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 = Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum. 神奈川…
永井論文の前編にあたるのはコレかな? 知らなかった…。 永井 晋「中世都市鎌倉における密教の成立と展開」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 = Bulletin of the Kanagawa Prefectural Muse… https://t.co/LJur9rkKYO
RT @shunsukekosaka: キケロの弁論術理解を共和政ローマの政治史的背景に絡めて理解しようとする論考。続編ではサッルスティウスらラテン語歴史叙述が扱われる。CiNii 論文 -  レトリックと共和政(1) https://t.co/9ylPLYsipy #CiNii

フォロワー(9031ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「秩序の希少性」再論 https://t.co/X1VrrFTToW
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @KogachiRyuichi: @Toyoshi_Toyoshi こんな本もありましたね。 https://t.co/lSAFJsogZA
こんな出鱈目がスポーツ「社会学」の世界では査読通るんですか…? 「ダミー変数は説明変数であって被説明変数にはなりにくい」 J-STAGE Articles - 計量的アプローチからみたスポーツ社会学の質的研究の未来 https://t.co/6W5RHx3Vv1
RT @ursus21627082: 学生同士の恋愛関係については極力立ち入らない方針をとっている。理由は様々あるし人それぞれの倫理観があろうが、例えばこの論文の基礎データでは調査対象大学生の平均交際期間は15ヶ月。在学中に分かれるカップルが大半なのだ先生は何も知らん顔してない…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @ursus21627082: 学生同士の恋愛関係については極力立ち入らない方針をとっている。理由は様々あるし人それぞれの倫理観があろうが、例えばこの論文の基礎データでは調査対象大学生の平均交際期間は15ヶ月。在学中に分かれるカップルが大半なのだ先生は何も知らん顔してない…
RT @ursus21627082: 学生同士の恋愛関係については極力立ち入らない方針をとっている。理由は様々あるし人それぞれの倫理観があろうが、例えばこの論文の基礎データでは調査対象大学生の平均交際期間は15ヶ月。在学中に分かれるカップルが大半なのだ先生は何も知らん顔してない…
「竹取物語」の潜勢力:始まりの様式 https://t.co/B5232xvxFl #文学
【律令のお勉強(展開編)】法史学の概説書は中々ありませんが、数少ない一つが水林・大津・新田・大藤『法社会史』(山川出版社・2001年)です。私が紹介するより、書評を一つ挙げておきます。https://t.co/3Tw1Wo0udx
「第三の消費文化」の概念とその意義 https://t.co/9hjkvTvzH6
RT @ursus21627082: 学生同士の恋愛関係については極力立ち入らない方針をとっている。理由は様々あるし人それぞれの倫理観があろうが、例えばこの論文の基礎データでは調査対象大学生の平均交際期間は15ヶ月。在学中に分かれるカップルが大半なのだ先生は何も知らん顔してない…
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 -  『万葉集』の副助詞サヘ ―上代における〈周縁波及性〉の意義の確認 ― https://t.co/p4GaNiQV3V
「尊師」は,われらが同時代人:麻原彰晃と70年代の青春:面白い https://t.co/O60uGGuCZm #社会学
@Ko41KNXU7c3Cl0e 山形大学の新宮学先生(中国近世社会史)も、中国を研究で訪れた際、おしんと山形県が中国で有名だったことに驚いた経験があるそうです(下記論文の注釈3)。 https://t.co/sWcsISLAux
RT @macron_: @schooljyuken 正確な推移はこちらにありました。ご参考までに。 https://t.co/I5gG8xnctp
RT @oikawamaru: エツの正常な卵発生には微妙な低塩分が必要であることが示されている→ https://t.co/J7nAC7UwcR。本来は遡上すれば必ずどこかに適した低塩分域があるけど、今は河口堰より上流へはのぼれない。つまり流量が減り河口堰直下が発生に不適切な…
RT @MValdegamas: 数原孝憲オーラル・ヒストリー、こちらで公開が開始されており、なかなか面白いです。締結した条約を批准する、というプロセスの面白さですね。https://t.co/GTAt2Tyevr
賀来飛霞写生図一覧 https://t.co/9cxSGPb2pC 小石川植物園草木図説. 巻1(国立国会図書館デジタルコレクション)https://t.co/SzL8o6IEq6 https://t.co/dyQIpnn1SS
なお、村岡素一郎「史疑徳川家康事跡」はこちら。 https://t.co/EbF8MVgAqX 国デジで普通に読めるんだよ。いい時代ですね
これは読んでみたくなるな。 https://t.co/KSfRhn8IMU
RT @MValdegamas: 数原孝憲オーラル・ヒストリー、こちらで公開が開始されており、なかなか面白いです。締結した条約を批准する、というプロセスの面白さですね。https://t.co/GTAt2Tyevr
RT @BungakuReportRS: 鉄心斎文庫総目録稿 - 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/PYBx7hH0Ij
「千と千尋の神隠し」論:「千の顔をもつ英雄」とニュータウンの幻影 https://t.co/eB4X70k2rC #アニメ
学生同士の恋愛関係については極力立ち入らない方針をとっている。理由は様々あるし人それぞれの倫理観があろうが、例えばこの論文の基礎データでは調査対象大学生の平均交際期間は15ヶ月。在学中に分かれるカップルが大半なのだ先生は何も知らん… https://t.co/Pb19VmKyvD
池谷先生の「ブタの遊牧」論文(pdf)。  https://t.co/glWwhdB81n
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
RT @animemitarou: 専任の職が得られたのも、元をたどると、このリポジトリによる発信が大きかったと思います。 大学教員になりたいと思っておられる大学院生の皆さん、何かの参考になれば幸いです。 以下、私の大学院生時代にやっていたことをまとめた文章です。よろしけれ…
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB

1 1 1 1 ものさし

計量史研究者小泉袈裟勝氏の博士論文のタイトルは『ものさし』https://t.co/0Fy7kFqA0o 恐らくもっともシンプルな博論タイトルでは。
RT @animemitarou: 専任の職が得られたのも、元をたどると、このリポジトリによる発信が大きかったと思います。 大学教員になりたいと思っておられる大学院生の皆さん、何かの参考になれば幸いです。 以下、私の大学院生時代にやっていたことをまとめた文章です。よろしけれ…
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
「声優おたく」はアンドロジニー https://t.co/tgYC5qclaZ #オタク
「生きがい」はいかにしてつくられるか:共同体の内と外との関係の再編 https://t.co/883LTVkebY
RT @SciCom_hayashi: https://t.co/KEMHFTKXdA 7年くらい前に流行ったRNA大陸のなかに? @miakiza20100906 【理研】「ジャンクDNA」の意外な役割 http://t.co/RMvw9lJXje 「ジャンクDNA」に、幹…
CiNii 論文 -  TAO/ELISのUNIXへの移植 https://t.co/JXUnchMm07 #CiNii
「人狼伝説の痕跡(アジアに於ける動物変身譚四例)」 https://t.co/caseh6gcLT
「人魚」の実像考--民間伝承の中の「妖精」の正体について https://t.co/v0k79UgHIO
RT @lgbtqa_bib: 【LGB/歴史/史料】古川 誠ほか『戦前期同性愛関連文献集成』〔編集復刻版〕不二出版 (2006-09) https://t.co/P0t5ZsMzO8
「新優生学」と教育の類縁性と背反:「他者への欲望」という視座 https://t.co/WqUTADYGHl
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
RT @shinjiyamane: 大学がカジノ推進のシンポジウム?「#立教はカジノに魂を売るな」と学内外から批判の声 https://t.co/hWZ63rh6KU 私がゲームを大学で教える際に専門家倫理は一番研究する必要があった(https://t.co/bVcYpgZ5j…
大学がカジノ推進のシンポジウム?「#立教はカジノに魂を売るな」と学内外から批判の声 https://t.co/hWZ63rh6KU 私がゲームを大学で教える際に専門家倫理は一番研究する必要があった(… https://t.co/z2fJAdwPu4
シューマンとホフマンの「相似」と「相違」 https://t.co/B5Mn6tc3xv
「昭和ブーム」を解剖する https://t.co/3eNi5XFKG0
RT @inaphenomeneuro: 先日の学会懇親会で、阿部里加さんに日哲論文「この世界にいながら、この世界に依存しないということーアーレント『アウグスティヌスの愛の概念』における独立の概念ー」をいただいた。孤独理解の手がかりになりそう。こちらでも読めます。 https:…
RT @animemitarou: 『コンテンツツーリズム研究[増補改訂版] ーアニメ・マンガ・ゲームと 観光・文化・社会』(福村出版) 編者を務めた書籍です。 2019年4月発売! こちらは現在48館の 大学付属図書館に 配架されています(^^) コンテンツツーリズムの…
RT @lgbtqa_bib: 【セクシュアリティ/キンゼイ報告/スポーツ】井上 俊ほか編『身体・セクシュアリティ・スポーツ』(社会学ベーシックス, 8)世界思想社 (2010-03) ISBN-978-4-7907-1456-9 https://t.co/iXGfStt07Y
RT @lgbtqa_bib: 【ジェンダー】田中雅一ほか『ジェンダーで学ぶ文化人類学』世界思想社 (2005-01) ISBN-978-4-7907-1096-7 https://t.co/714mkaXUMQ
「少年ジャンプ」研究 : 黄金期の鳥山明を中心に https://t.co/B31O85ki8G #サブカル
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
RT @wackunnpapa: KAKEN — 研究課題をさがす | 公共図書館の多様な活動を評価する統合的指標の開発 (KAKENHI-PROJECT-19H04428) https://t.co/bKln4DNBDs
今年4月に紀要に出た論文がもうDLできるようになってました。 https://t.co/3Yq7uH8yF4
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 「不在の色」 : 14-16世紀イタリア服飾にみる青の諸相(伊藤 亜紀),2000 https://t.co/nKaP7cKdCv
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
J-STAGE Articles - 爆発火災事例についての災害規模曲線を用いた分析 https://t.co/RVmg7EEzpn
@syakekan https://t.co/Zza7ShBmdj
RT @oikawamaru: エツの正常な卵発生には微妙な低塩分が必要であることが示されている→ https://t.co/J7nAC7UwcR。本来は遡上すれば必ずどこかに適した低塩分域があるけど、今は河口堰より上流へはのぼれない。つまり流量が減り河口堰直下が発生に不適切な…
RT @ShinHori1: @0PhS0i8HbCVrKV7 一例ですが、下記の最初のところで引用されている会田雄二の言葉とか・・ https://t.co/jkkKQz8N4d
「集古会」と「百鬼夜行絵巻」との関連についての覚書 https://t.co/46SDBzvyCW
RT @oikawamaru: エツの正常な卵発生には微妙な低塩分が必要であることが示されている→ https://t.co/J7nAC7UwcR。本来は遡上すれば必ずどこかに適した低塩分域があるけど、今は河口堰より上流へはのぼれない。つまり流量が減り河口堰直下が発生に不適切な…
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】ワーキングメモリトレーニングと流動性知能――展開と制約―― 本文:https://t.co/23MjoLvgzA 日本語アブストラクト:https://t.co/zwFNTOLOlW
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
「呪われた企て」:コーマック・マッカーシー『越境』における「剥き出しの生」と証人の責務 https://t.co/i6sxASJOH0
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
【律令のお勉強(展開編)】法史学の概説書は中々ありませんが、数少ない一つが水林・大津・新田・大藤『法社会史』(山川出版社・2001年)です。私が紹介するより、書評を一つ挙げておきます。https://t.co/3Tw1Wo0udx
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
CiNii 論文 -  有時管見 : 道元の時間論とB系列の時間論 https://t.co/Gr2pEG6Siv
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ディジタルPWMの分解能改善方法(回路、制御技術関連、一般),2005 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004018362 近年, スイッチング電源の分野で制御部のインテリジェンス化・ハードウェア共…
「執事喫茶」における「BL的妄想」とセクシュアリティ:台湾人腐女子の「妄想実践」事例から https://t.co/TzAdpX5w5X
「荒れる成人式」考 https://t.co/iIhfmrCSKN
旧制高校や帝国大学の「精神」について考えて、ゆとり教育の音頭を取った三浦夫妻の本音話を考え合わせると、なるほどやっぱり…と思ってしまう。あの夫妻の夫の方は旧制高校出身だし。 https://t.co/IcDIIQvzCY
RT @ShinHori1: @0PhS0i8HbCVrKV7 一例ですが、下記の最初のところで引用されている会田雄二の言葉とか・・ https://t.co/jkkKQz8N4d
「古典で考えよう」の実践報告「竹取物語」より蓬莱の玉の枝 : 平成23年度の指導から平成24年度の指導へ https://t.co/Jw00o5KHGI
J-STAGE Articles - 保守主義者は反学問的なのか: https://t.co/njXtcxwc0Q
「経験の伝承」における生涯発達的視点からの先行研究の検討:generativity研究に焦点を当てて https://t.co/DOOpCgtbby
専任の職が得られたのも、元をたどると、このリポジトリによる発信が大きかったと思います。 大学教員になりたいと思っておられる大学院生の皆さん、何かの参考になれば幸いです。 以下、私の大学院生時代にやっていたことをまとめた文章です… https://t.co/kf0v5MCNjd
@kotobamichiura どういう文脈での話題かは存じませんが、西国立志編におけるザビエルの記事は、こちらですね。 https://t.co/H9eTkJAuNg
RT @livresque2: @shomotsubugyo 南柯亭夢筆「書生風俗 いろは屋貸本店」『風俗畫報』228~243號連載は竹林熊彦もカードに採録https://t.co/KEbLFzLtBH、前田愛『近代読者の成立』所收「明治初期戯作出版の動向――近世出版機構の解体…
RT @livresque2: @shomotsubugyo いま石井研堂『獨立自營 營業開始案内 第二編』を見直すに、「共益貸本社」の名は出ずp.220に「綾井武夫氏が銀座に開きました貸本社」「間もなく倒れました」とあるのみhttps://t.co/acC4eRgYNl。石井…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 保證金が關はるうち汚損毀損のチェックは研堂著p.209參看https://t.co/tZ4DXRTg1z、紛失=盜難の方は萬引防止に今日で謂ふアーキテクチャーでも對策したことは仝p.221。貸本では見料と保證金も別だ…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 類概念内の貸本業との種差によって、戰後圖書館界の貸出中心主義がいかに常識を覆す方針轉換だったか解る訣で。 なほ汚損本につきhttps://t.co/9J2D62Ko8x前掲石井研堂著p.211「借覽者の罪惡」http…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 「新式貸本屋」の稱の典據とされる石井研堂『獨立自營 營業開始案内 第二編』「六、貸本屋」https://t.co/1LRJb83f1rでは「高等貸本」の方が使はれ、圖書館に比定(p.191・198)。にも拘らず圖書館…
RT @livresque2: @shomotsubugyo っ 伊東達也『近代日本公共図書館利用史の研究 : 自立のための勉強空間の成立』第3章第2節「3 もうひとつの読書施設-貸本屋」https://t.co/8amgseK4gD(初出https://t.co/X6qKf5…
「刑事ドラマ」に表れる義務(dharma)の遂行の一考察:ドラマ『相棒』と『踊る大捜査線』を事例として https://t.co/oOAqcN33RC
「軍神」(いくさがみ)考 (中近世における武士と武家の資料論的研究) https://t.co/DfpyoVIC2J
RT @tmaita77: https://t.co/3PbTXDlVn4 発想は,私の師匠,松本良夫先生(東京学芸大学名誉教授)によるものです。
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
KAKEN — 研究課題をさがす | 公共図書館の多様な活動を評価する統合的指標の開発 (KAKENHI-PROJECT-19H04428) https://t.co/bKln4DNBDs
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
“CiNii 論文 -  フェアトレードの分水嶺:——「認証ラベル論争」をめぐる分析——” https://t.co/7A4dARms0O
RT @nekonoizumi: 『大衆の国民化』、『英霊』、『敵の顔』、『武器としての宣伝』、『理想郷としての第三帝国』、『丸山眞男と平泉澄』、『日本主義的教養の時代』、『「日本」への問いをめぐる闘争』、『日本主義と東京大学』等 このあたりが全部パルマケイア叢書というのがヤバ…
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…