猫の泉 (@nekonoizumi)

投稿一覧(最新100件)

RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @BungakuReportRS: マクマレイ デビッド - 英語俳句の分析を通した「省略記号」の理解 https://t.co/wbqFnFVO3d
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
RT @BungakuReportRS: 遠藤 真治 - 「風呂」・「湯屋」に関する一考察 : 絵巻物に描かれた「風呂」などを通して https://t.co/woCm40D0JX
RT @BungakuReportRS: 山本 聡美 - 善知識としての病:古代日本における仏教美術と疫病 https://t.co/QuZUCjwL0S
RT @BungakuReportRS: 福田 智子 - 同志社大学文化情報学部蔵『源氏物語色紙画帖』の紹介 : 影印、翻字と考察 https://t.co/OHCYq2cWBz
RT @BungakuReportRS: 武藤 那賀子・富澤 萌未 - 玉里文庫本『古筆源氏物語』「若菜下」巻・第一~四〇丁の翻刻と考察 https://t.co/qiwAkxC77Y
RT @BungakuReportRS: 古作 登 - 江戸時代後期から幕末にかけての文芸・美術における囲碁の影響 ― 川柳や狂歌などの文芸作品や浮世絵・伝統芸能における囲碁の役割についての一考察 ― https://t.co/3KQDWoakWn
RT @nekonoizumi: しかも、このシリーズの花澤香菜朗読の太宰治「女生徒」にいたっては論文化までされている。声優朗読コンテンツ研究である。 ⇒広瀬正浩 「声優が朗読する「女生徒」を聴く : 声と実在性の捉え方」 『昭和文学研究』71, 15-27, 2015-09…
RT @MValdegamas: 十河和貴「元老西園寺公望と『憲政の常道』ー中川小十郎の活動を主軸として」『立命館史資料センター紀要』3(2020)https://t.co/dpTWQusZWo
RT @MValdegamas: 冨田幸祐「1964年東京オリンピックにおけるインドネシア不参加問題ー日本政府関係者の関与に焦点をあてて」『オリンピックスポーツ文化研究』6(2021)https://t.co/BXLYHnxc6t
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『ドラキュラ』と『ノスフェラトゥ』における伝染病と人種 : 細菌学的ディスコースの隠喩性と政治性 (特集 「病」「人種」)” https://t.co/4ebyGUsWDd
RT @morita11: “CiNii 論文 - ぴくぴくする蛙 : 18世紀における感じやすい身体と感受性のファイバー医文化” https://t.co/YzMZBViTSq
RT @morita11: “CiNii 論文 - 柔術と柔道 : 小泉八雲と嘉納治五郎 (シンポジウム 英米文学とスポーツ)” https://t.co/HkWOYRwbOs
RT @morita11: “CiNii 論文 - 夏目漱石『夢十夜』とラフカディオ・ハーン” https://t.co/oMARWsBiza
RT @morita11: “CiNii 論文 - 19世紀後半の狂女たち : アフメト・ミドハトの『夢と現実』と島崎藤村の『老嬢』の比較を巡って” https://t.co/9IuQUXOsa7
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『剣の巻』源家相伝二刀譚の主題を読み解く : 実在する名刀が背負う武家盛衰のメタファー (村岡幹生教授御退職 記念)” https://t.co/CUehlxKQ69 ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 婚姻・産育儀礼における祝い魚 : 東浦町前日高家文書を中心に (村岡幹生教授御退職 記念)” https://t.co/hD0JF2QIQH ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 最初期の「自分らしさ本」は何を物語るか : 1970年代の日本社会と人々の自己意識をめぐる試論” https://t.co/eTxOu6lQlm
RT @morita11: “CiNii 論文 - 「自分らしさ本」の社会学的研究に向けて : 刊行数の推移とタイトル/サブタイトルの分析にもとづく論点整理” https://t.co/MZ6nITNynR ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 訪問診療を行うクリニックの看護師における置き菓子の効果 (永田裕司教授 退任記念号)” https://t.co/rw7hMPVOf1 ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 現代美術館の展示室における自然光利用に関する研究 : 採光手法の類型化および開口部の透過特性を考慮した光環境シミュレーション” https://t.co/oKx9aiPEHT ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - レジ袋有料化に伴うコンビニエンスストアにおけるレジ袋辞退率の変化:――札幌市における店頭観察調査――” https://t.co/bf0iLt2Tgs ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - オンライン小説の人気度推定に向けた検討” https://t.co/WVtuPLpihf ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - オンライン小説の傾向分析のための創作の連鎖関係の分析” https://t.co/KHky0qCifN ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 「シティ・ポップ」はなぜ発掘されてしまったのか?──レトロトピアとしての未来” https://t.co/pFIkRjl4bL ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - スピリチュアル・ツーリズムと地域開発──イギリス、グラストンベリーの行政の対応の変化” https://t.co/tixo9fi7zb ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - アファンタジア(aphantasia)に関する研究の動向” https://t.co/q7oipvwXoX
RT @morita11: “CiNii 論文 - なつかしさの認知-感情的基盤と機能 : 個人差と年齢変化 (特集 なつかしさの認知・神経基盤と機能)” https://t.co/k8LBPnJeK4 ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 懐かしさの喚起:喚起法,測定,個人差 (特集 なつかしさの認知・神経基盤と機能)” https://t.co/0f3bfA00mV ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - フィリピン・ブラカン州のスイギュウ乳ビジネス -ニューカマーの事例に着目して-“ https://t.co/F709CbseJL ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - フィリピン・カヴィテ州におけるスイギュウ乳チーズ(kasilyo)の製造と行商に関する生態人類学的研究” https://t.co/g9ssHBs2WW
RT @morita11: “CiNii 論文 - 大英博物館Manga展に見る日本の視覚文化への眼差し(1)” https://t.co/nDmXzA2JBF ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 渋沢敬三の民俗学におけるマテリアルカルチャー論の再考 : 映像人類学の社会的意義と役割” https://t.co/mdt0iazGOg
RT @morita11: “CiNii 論文 - 「女性の経験」と知識の社会的組織化 : ドロシー・スミスのIEに依拠した『82年生まれ、キム・ジヨン』の読解(1)” https://t.co/fAMzDBjyIb
これは読んでみたい。 小林真美 「大学と俗信 : 合格祈願をめぐって」 『東京理科大学紀要. 教養篇』(53), 1-20, 2021 https://t.co/74TPkqv80N
RT @morita11: “CiNii 論文 - 大学と俗信 : 合格祈願をめぐって” https://t.co/hheO4u1NwO
RT @morita11: “CiNii 論文 - 山東京伝『化物和本草』考 : 陳列される化物” https://t.co/iUNWwVacTJ
RT @BungakuReportRS: Witkam Frank - 明治時代の浮世絵に見る過去の英雄像 : 『教導立志基』と十九世期歴史画 https://t.co/d15r7tmDzo
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 藤崎祐二 - 上代における憑依表現の研究 : 「カムガカリ」を中心に https://t.co/arDZMDtrpY
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 權恩熙 - ディアスポラ方言としての在日コリアンの朝鮮語に関する社会言語学的研究 : 朝鮮学校コミュニティを中心に https://t.co/NOOMCf0Hq6
RT @kimi_aya_: 正月料理を重箱に詰めて「おせち」と呼ぶようになるのは、戦後になってから。郷土の民俗とは切り離された新しい正月のスタイルとして、婦人雑誌を通してその購買層である都市部の主婦を中心に広がったそう。 https://t.co/VVk6Aq7Zj5 現在…
RT @BungakuReportRS: 齋藤 陽一 - 小劇場運動と新劇 : 小劇場が否定したのはスタニスラフスキー・システムだったのか (プロジェクト特集号 : 〈声〉とテクスト論) https://t.co/LiddgzNYCL
RT @BungakuReportRS: 伊坂 青司 - 日本神話の多元的構造 -『古事記』解読への視座-(上) https://t.co/hmZbakZb2S
RT @BungakuReportRS: 矢田 俊文 - 俳人岡西惟中と一七○七年宝永地震における大坂の被害数 https://t.co/y0RDBRfesa
RT @morita11: “CiNii 論文 - 木村鷹太郎『東洋西洋倫理学史』の蔡元培『中国倫理学史』への影響” https://t.co/RVvOUgAkV4
RT @morita11: “CiNii 論文 - 戦後初期における新宗教の台頭と大衆運動の教育・学習実践” https://t.co/1AhihE1gN8
RT @morita11: “CiNii 論文 - ホワイトヘッドの命題論と多元的宇宙―「一」にして「多」なる世界の現実態と可能性―” https://t.co/y293lOEFL0 ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 図鑑の解説に表される「動物」概念の属性” https://t.co/2UxVe7DylN ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 子供向け百科事典に描かれる食と農 : 平凡社「えほん百科」と小学館「こども大百科」にみる半世紀の異同” https://t.co/ikkEU5pH18 ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 現代韓国における高麗人蔘と優越的プラシーボ効果 : ナショナリズム化した「身土不二」の観点から” https://t.co/njpGO51tqX ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 四条の七辻 : 幕末に描かれた或る京の名所” https://t.co/Gcw1IZeVzI ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 青海チベットの腸詰め料理” https://t.co/K6I4BgkaEw ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 地理学に於ける正名 : 空間関係と地域(前)シェーファー対ハーツホーン論争に関する解釈の系譜 (長部悦弘教授・池田榮史教授退職記念号)” https://t.co/ojbpuNaAmE ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - άφαίρεσις考 : 前4世紀アテネにおける離婚と市民団” https://t.co/J0nuFFbK5O ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 18世紀北米植民地における農業改良と自然知識 : ペンシルヴァニア植民地の改良者を中心に” https://t.co/XZyDeDcDdu ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 日常がSFになってしまった時に「科学作家」がすること” https://t.co/Zgo7nSXRmg ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 中国と日本における『西遊記』の再創作について:漫画とアニメの分野を中心に” https://t.co/2KrSStdt6M ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 近代日本の私鉄と都市文化の形成” https://t.co/yHqf8X4sIl ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 城一本平家物語における「髑髏尼物語」の形成” https://t.co/3andcfSCMy ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『古新奇談』貮篇第六・第八・第拾壱 : 『宝暦雑録』改題本” https://t.co/0fxvru8uwm ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 通俗小説が架橋する探偵小説と〈文学〉 : 探偵小説文壇における芸術規範の最盛期” https://t.co/DVXuDRqLLD
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『御伽百物語』の旅世界 (近世小特集 旅する近世)” https://t.co/AYE5pVYORw
RT @morita11: “CiNii 論文 - 河出書房の戦後 : 肉体文学・『仮面の告白』・風俗小説論争” https://t.co/XlDPvMwLv7
RT @morita11: “CiNii 論文 - 「化物屋敷」譚の化物と話型 : 仮名草子・浮世草子を中心に” https://t.co/XYB87EHeYA
RT @morita11: “CiNii 論文 - 「昼寝」の民俗 : 群馬県の事例から” https://t.co/oDXFnSY3dm
RT @morita11: “CiNii 論文 - 疫病除けの呪符「[キ][シ]乙」考(その1)中国怪異文学を典拠とした習俗の広まり” https://t.co/s1cWqEVBI8
PDFあり。 ⇒崔碩鎭 「戦後日本の地方議員の政党化に関する研究(3・完) : 都道府県議会の無所属議員を中心として」 北大法学論集 第72巻 第4号 2021/11 https://t.co/MHVstOsTn4
RT @morita11: “CiNii 論文 - レイモン・アロンの民主主義思想(1) : 全体主義批判と歴史哲学の交錯 1930-40年” https://t.co/fz3E8BhLAq ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - バーチャル財産の刑法的保護に関する日中比較法的考察(2・完) : オンラインゲームのデータを対象に” https://t.co/LmdunczToh ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - バーチャル財産の刑法的保護に関する日中比較法的考察(1) : オンラインゲームのデータを対象に” https://t.co/ntuDAuyyua ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 「宇宙を冠る」: シャナ冠の造形原理を読み解く試み” https://t.co/eqqdLdcuyp ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 採話資料にみる幼児向け昔話の特徴:幼児教育における昔話の可能性” https://t.co/TPrgKSaAnQ ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『捜神記』「死友」から「菊花の約」に至る主題の変遷について : 徳目主義からの逸脱を手がかりに” https://t.co/0gCI7AA60k ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 初期近代イングランドにおける海獣表象” https://t.co/v79u9vUcvT
RT @morita11: “CiNii 論文 - モンゴル・元朝の対日遣使と日本の対元遣使” https://t.co/LtE5QUU77c ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 中世中期フランス王国の「市場権」形成史 : 造幣権との比較を通して” https://t.co/H9yG34KYdF ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 〈マラズ〉からロシア帝国の〈梅毒〉へ : 一九世紀後半の中央アジアの風土性梅毒への医療実践と統計学・地誌学・民族誌学” https://t.co/WqmiSHqDWL
RT @morita11: “CiNii 論文 - 森林とロシア革命” https://t.co/LZfGnOioX2
RT @morita11: “CiNii 論文 - 接遇マニュアルにみる「温泉旅館のサービス」について : 1940年代から1960年代を対象に” https://t.co/dGxUMVs2mr
RT @morita11: “CiNii 論文 - 平将門伝説による観光展開 : 千葉県我孫子市の観光まちづくりへの一考察” https://t.co/d6j0SrNpm6
RT @morita11: “CiNii 論文 - ファンツーリズムとバーチャルツーリズムの相乗的展開に関する予備的考察 : 「ラブライブ!サンシャイン!!」のファンを事例として” https://t.co/5JOnWp2ORy
RT @morita11: “CiNii 論文 - 近代日本の「むら社会」 : 滋賀県各町村の相互扶助とつきあい関係” https://t.co/YcluDwovVf ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 明治期滋賀県における就学督励策の展開” https://t.co/0zef3Sdt8W ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 書籍・雑誌流通の構造変化 (高橋美貴教授、初谷勇教授、松尾俊彦教授、桑島伸二教授 退職記念号)” https://t.co/AXUjEeTOsb ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 「ミルザ」におけるアフリカのプランテーション : スタール夫人による黒人主人公の造形” https://t.co/F4mv52kRFc ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - キキはなぜ黒いワンピースを着るのか : スタジオジブリとファッション” https://t.co/MtQjj5eQbZ ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 職人的技能の越境的継承における現場主義の柔軟性 -上海の寿司店を事例に-“ https://t.co/JYPmb2UPYK ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 戦前日本の百貨店業史研究の整理と課題 -1990年代~2010年代を中心に-“ https://t.co/X5jxi8HfM7 ※本文リンクあり
下畠知志 「筧克彦と南原繁 : 「日本的民主主義」の位相」 日本史学集録 (42), 25-38, 2021-07 https://t.co/hufYlQp8Vx
RT @morita11: “CiNii 論文 - 中世における神の調伏・疫神の調伏” https://t.co/xfGxhx1VPq
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『日本書紀』に見る古代祭祀 : 神武天皇紀・崇神天皇紀を中心に (特集 『日本書紀』研究の現在と未来)” https://t.co/TX2wT1LtBb ※本文リンクあり
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『日本書紀』の素戔嗚尊 (特集 『日本書紀』研究の現在と未来)” https://t.co/xhSb91j7kj ※本文リンクあり
CiNii 論文 -  室町期東国の公家領 (國學院中世史研究の現在) https://t.co/8aeb9OS7rL CiNii 論文 -  主君と城を交換するということ : 小泉・沼尻合戦における由良・長尾家中の動向 (國學院中世史研究の現在) https://t.co/V2apJh1HvA
CiNii 論文 -  室町期東国の公家領 (國學院中世史研究の現在) https://t.co/8aeb9OS7rL CiNii 論文 -  主君と城を交換するということ : 小泉・沼尻合戦における由良・長尾家中の動向 (國學院中世史研究の現在) https://t.co/V2apJh1HvA
RT @morita11: “CiNii 論文 - 起請文の罰 : 神文の罰から牛玉の罰へ (國學院中世史研究の現在)” https://t.co/8Un14hDBgl
RT @morita11: “CiNii 論文 - 鎌倉幕府権力者の死去と触穢 (國學院中世史研究の現在)” https://t.co/YLxZSoouoq
RT @morita11: “CiNii 論文 - 国語動詞の抽象語義化現象略史 : 何がこのような語義を派生させるのか” https://t.co/r5BYdmKckk

お気に入り一覧(最新100件)

映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 https://t.co/eBknfmMrYx

18 10 1 0 OA 国史大系

『水鏡』(前田家本)にも第六天魔王神話が有るんだ。 魔王は火神(カグツチ)に生まれ変わって、イザナミを焼き殺した上に、日本国も焼き尽くして大海に戻してしまうという! https://t.co/0eqOs3fXeo
十河和貴「元老西園寺公望と『憲政の常道』ー中川小十郎の活動を主軸として」『立命館史資料センター紀要』3(2020)https://t.co/dpTWQusZWo
冨田幸祐「1964年東京オリンピックにおけるインドネシア不参加問題ー日本政府関係者の関与に焦点をあてて」『オリンピックスポーツ文化研究』6(2021)https://t.co/BXLYHnxc6t
J-STAGE Articles - 一九〇一年のドイツへの清朝「謝罪使」の派遣 : 「謝罪使」観と謁見儀礼問題を中心に https://t.co/KqvCc53WRy 興味深い話だった…
CiNii 博士論文 藤崎祐二 - 上代における憑依表現の研究 : 「カムガカリ」を中心に https://t.co/arDZMDtrpY
正月料理を重箱に詰めて「おせち」と呼ぶようになるのは、戦後になってから。郷土の民俗とは切り離された新しい正月のスタイルとして、婦人雑誌を通してその購買層である都市部の主婦を中心に広がったそう。 https://t.co/VVk6Aq7Zj5 現在の正月イメージは、メディアによって作られた部分が大きいな。
"急増するネパール人経営の「インド料理」は、日本人から見れば「インド料理」であるが、「伝統的インド料理」の枠組みを超え、日本人の味覚にあわせて現地化。インド人経営者が「これは全くインド料理ではない」と批判するなど、アイデンティティに関する対立となっている。" https://t.co/58GoRO7SP1
「後藤新平の少年団教育思想」はこちらから読めますね。https://t.co/FeRkqoSTMQ
ここで不二家の社史『不二家 五十年の歩み』を見てみましょう。国会図書館館内で閲覧できます。 https://t.co/zFWragv3gm

3 0 0 0 OA 神人論

桜井静の著作に『神人論』『続神人論』がある。《神は全智にして唯一の尊霊なり》とし、超越者たる神が万物を創造し、人間は神から特別に《精霊すなわち心智》を与えられたと説き、それ故に「神理神法」に基いた政治をしなければならないとする。一見するとキリスト教色が濃厚https://t.co/bqELwG3VZr
CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠ってる気がするんですよね(池上さんの論文ではこれが一番好きです)
岩田正美「書評と紹介 平山洋介著『マイホームの彼方に : 住宅政策の戦後史をどう読むか』『「仮住まい」と戦後日本 : 実家住まい・賃貸住まい・仮設住まい』『大原社会問題研究所雑誌』754(2021年)https://t.co/SjWrpVMEnP
長島修「日本鉄鋼業とインド銑鉄の輸入―岸本商店・日印通商の事業を中心に」『社会システム研究』43(2021年)https://t.co/TXRFUFSJub
富塚あや子「ベトナム統一直後の日越関係(1976-1980)―南越債務継承問題に着目して」『アジア太平洋研究科論集』42(2021年)https://t.co/G6iU4KYek1
岩本誠吾「自衛隊と国際法の関係性の変遷―自己抑制と法的ズレを超えて」『産大法学』55:2(2021年)https://t.co/a3PAEyX0wM
金東明「田中角栄政権期における対韓国外交―「韓国条項」の修正への試み」『學苑 昭和女子大学紀要』967号(2021年)https://t.co/arc2b4D9Av
小松香織「トルコにおける親日観の源流」『学術研究 : 人文科学・社会科学編(早稲田大学)』69(2021年3月)https://t.co/3V8MB1m41Z 「非西洋で近代化に成功した日本」というステレオタイプが、日露戦争後の日本紹介本によって定着・拡大し、今日の日本への好感に繋がっているという概論です。
岡田努「鉄道オタク青年の対人行動と自己に関する探索的検討」『金沢大学人間科学系研究紀要』13(2021) https://t.co/lEdrAK9Nrh 【要旨:本研究は鉄道オタクと呼ばれる青年の対人行動や自己のあり方について,鉄道を趣味としない者との比較を通して探索的な検討を行ったものである。…
“CiNii 博士論文 - バウムクーヘンの比較文化史的考察 : 15世紀のドイツから現代までのレシピの解読を中心に” https://t.co/9O3Y8S7bFr 三浦裕子 九州大学, 博士(比較社会文化), 甲第15354号, 2021-01-31
“CiNii 博士論文 - ドイツ語圏を中心とした初期ヴァンパイア文学史 : セルビアの事件からルスヴン卿の後継者まで” https://t.co/ONngONMWFS 森口大地 京都大学 , 博士(文学) , 甲第22917号 , 2021-03-23 ※要旨・要約のみ
“CiNii 博士論文 - 古代・中世日本文学に於ける神仙・異界思想の研究” https://t.co/SlTqZxsVkY 善養寺淳一 大正大学 , 博士(文学) , 甲第131号 , 2021-03-15
“CiNii 博士論文 - 妖怪の存在論的歴史人類学 : 日本における妖怪研究の概念および学史の批判的再構築” https://t.co/NadpFObJhK 廣田龍平 筑波大学, 博士(文学), 乙第2987号, 2021-03-25

14 0 0 0 IR 「百物語」研究

“CiNii 博士論文 - 「百物語」研究” https://t.co/fS1kdju7VD 岡島由佳 青山学院大学 , 博士(文学) , 甲第339号 , 2021-03-27
“CiNii 博士論文 - 日中文学における異類 : 「蛇性」の表象をめぐって” https://t.co/l7JhC9OUvD 陳婉瑜 筑波大学, 博士(国際日本研究), 甲第9664号 , 2020-09-25
RT。ファストフード店の都市伝説の話、最近何かで同じ話をしてるの見たようなと思ったら、これだった。 蛸島直「現代日本の都市伝説におけるカニバリズムの浮揚」『人間文化 : 愛知学院大学人間文化研究所紀要』第36号、愛知学院大学人間文化研究所、2021年9月 https://t.co/gn7QbOhOCd
元ネタ?の、山田かな子『せんせい わたくし山崎拓自民党幹事長の愛人でございました』(飛鳥新社、2003年)を所蔵する大学図書館は、1館だけ増えた。https://t.co/GUnNF0gX4e
まあ御厨ゼミとは全然別系統で、私がその革新官僚・大和田悌二の日記のコピーが研究機関にあることを知って、論文を書いたのですが、内容は実に豊富で、なぜ御厨ゼミの方がたが活用しなかったのかと不思議に思います。最近は外大の院生の方が精力的に活用されています。 https://t.co/10E02pNUCk
かつて都立大の御厨ゼミでは、第一次電力国家管理を直接担当した革新官僚の日記を読んで、一年分だけですが活字化して雑誌に載せています。これも『興亡』に刺激されてのことだったのでしょうが、その後活用された気配がないのは残念です。 https://t.co/ED2PvMroCR
張志雲・姜水謡「日中戦争期における中国海関総税務司岸本広吉」『東洋学報』103:1(2021年)https://t.co/ibFdpAwfvs
澤田次郎「福島安正のユーラシア大陸旅行―一八八〇年代から九〇年代を中心として」『拓殖大学国際日本文化研究』4(2021)https://t.co/HtjnyjCYTf【本稿は一八八六年から一八九六年にかけて、陸軍参謀本部の情報将校・福島安正がユーラシア大陸で行った四つの視察旅行を検証した。…
石橋星志「「東京空襲を記録する会」の成り立ちと活動 ―『東京大空襲・戦災誌』編集を中心に」『大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター年報』18(2021年) https://t.co/a3pan2jnHy
菅原光「<自著紹介に代えて>現代語訳の功罪 : 菅原光・相原耕作・島田英明訳『西周 現代語訳セレクション』(慶応義塾大学出版会,2019年)」『専修大学法学研究所所報』62(2021年)https://t.co/tyz7aZJ3Nj ほほう。
“CiNii 論文 - チンパンジーが食べるアリを食べてみる:野生チンパンジー研究者のオートエスノグラフィ” https://t.co/f2hme0FiMD ※本文リンクあり
こちらの論文、 「日本再軍備の起源 : 米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」https://t.co/y3gnSikJHe 日本再軍備の停滞 : 米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月 https://t.co/YgVGNHZfON に続く三部作の最後なのですが、いずれもおもしろかったです。
こちらの論文、 「日本再軍備の起源 : 米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」https://t.co/y3gnSikJHe 日本再軍備の停滞 : 米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月 https://t.co/YgVGNHZfON に続く三部作の最後なのですが、いずれもおもしろかったです。
吉田真吾「日本再軍備の決定―米国政府による決断の過程と要因、一九五〇年七月~九月」『法学研究(慶應大学)』94:2(2021年2月)https://t.co/bmQdd9afsZ 読みました。朝鮮戦争と対日講和交渉の中で、米国側の様々なアクターが日本再軍備の方向性の合意をどのように行ったかを再整理した論文です。
この問題についてはとりあえず牧原憲夫先生の「万歳の誕生」を読みましょう。 https://t.co/LhW93g5IGs
山路愛山、もちろん坂本多加雄先生の人物叢書も良いですが、岡利郎『山路愛山 史論家と政論家のあいだ』(研文出版)も名著です。岡先生のご論文は年報政治学にも落ちてますね。https://t.co/g8SKtEjOvk
これです。面白いですよ。 CiNii 論文 -  「それいけ! アンパンマン」の社会学 https://t.co/B5JVtolW0g
“CiNii 論文 - 月は無邪気な代理表象 『ラブライブ! サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』の「第三の意味」、観光社会学、精神分析” https://t.co/SbekhJnBxO
松山洋平(2018)「書評 飯山陽著『イスラム教の論理』新潮社」『オリエント』61(1): 74-78. https://t.co/4hLKAzhezK ああとても重要な書評がようやくオープンアクセスに。「イスラーム」をどう論じ表象するのかという現在の困難な問題に「研究の論理」がどう向かうかということも考えさせる書評。
この科研費(https://t.co/xGoGCplull)の成果の一部として出版されます。私も今回、メンバーに入れていただいて準備しています。昭和天皇の生の声が聞けて興味深い史料ですのでぜひお手元に。 昭和天皇『拝謁記』12月から公刊へ 初代宮内庁長官が書き残す | NHKニュース https://t.co/Y2oD7g2XdW
横田章陸軍主計正講述(森靖夫解題・翻刻)「軍需工業動員概説」『同志社法學』73:2(2021年7月)https://t.co/KviVBFjdNp【本史料は、横田主計少将の遺族が手放し、競売にかけられていたものを横田の写真数点と共に翻刻者が落札したものである。】ほほー。
→というか日本語で読めるパシュトゥン・ワリ(パシュトゥーンワーライ)についての報告を書いておられるのも勝藤先生であった: 勝藤猛(1964)『パシュトゥン族の道徳と慣習』アジア・アフリカ文献調査委員会 https://t.co/cUGy40qaer
こちら、PDF公開されておりました。 どうぞ。 https://t.co/jA45FVZyUI https://t.co/HVh2mBsyuz
国会図書館のこれhttps://t.co/3np12akW8N とは違うんだろうか https://t.co/i5IQLIg7yg
篠原新「一九六〇年代前半における楢崎弥之助の国会質問(1)─第三八回国会を対象として」『修道法学』43:2(2021/2)https://t.co/OCYGS5U7Hz
欧州におけるフェモナショナリズムの動向と日本への適用可能性、以前TLで紹介されていたこの書評論文がおもしろく、気になるところです。早川敦「書評 Sara R. Farris, In the Name of Women's Rights」『東北宗教学』13(2017) https://t.co/7Uel3G6JUr
川上洋平「リベラリズムの現代的展開―権利と道徳の間で」『専修大学法学研究所所報』63巻(2021年7月)https://t.co/WuEWTUm0Rt オッ
三牧聖子「アメリカは「例外国家」であり続けるか?―米大統領選後の展望」『専修大学法学研究所所報』63巻(2021年7月)https://t.co/D5q5PvDbjw
→デーオバンド派が主流のパキスタンでジハード思想が発展しーのムジャーヒディーンの拠点になりーのタリバンが出ーのTTPが出ーのの複雑な歴史の概説はやはりこちらを: 山根聡(2015)「対テロ戦争期パキスタンの政治・社会における内的変化」『アジア研究』61(3) : 1-17. https://t.co/mlYuu8zzL7
宮原辰夫(2003)「デーオバンド派とターリバーン:南アジアにおけるデーオバンド派の流れ」『北陸法学』10(3・4): 85-109. https://t.co/gvBgT9SxjT タリバンのイスラームのバックグラウンド、前政権時の評価だけど。デーオバンド派との関係はよく聞くがそれでどんな特徴が出るのか素人でわからん。
この記事(https://t.co/C3CxoP4pHo)の再掲みたいですが、正直オーサー:花谷正でこのフォーマットで掲載されてるだけでおもしろいしずるいなと思ってしまいました。 https://t.co/AoKGhhmaFU
城南尊人『軍部出身政治家の擡頭』(有恒社、1936年)https://t.co/lJKsl8JTNN 菅原節雄『陸軍の智脳九人男 : 次代陸軍を背負ふ人々』(今日の問題社、1935年) https://t.co/GnD0DZXF7A 小林住男『軍部の系派・動向』(今日の問題社、1935年)https://t.co/ygrHVz53Vz こういうのですね。
城南尊人『軍部出身政治家の擡頭』(有恒社、1936年)https://t.co/lJKsl8JTNN 菅原節雄『陸軍の智脳九人男 : 次代陸軍を背負ふ人々』(今日の問題社、1935年) https://t.co/GnD0DZXF7A 小林住男『軍部の系派・動向』(今日の問題社、1935年)https://t.co/ygrHVz53Vz こういうのですね。
城南尊人『軍部出身政治家の擡頭』(有恒社、1936年)https://t.co/lJKsl8JTNN 菅原節雄『陸軍の智脳九人男 : 次代陸軍を背負ふ人々』(今日の問題社、1935年) https://t.co/GnD0DZXF7A 小林住男『軍部の系派・動向』(今日の問題社、1935年)https://t.co/ygrHVz53Vz こういうのですね。
ググったらまさにその逸話を出典付きで載せてる論文見つかったわ 金博男「清末における「日曜日」の受容」 https://t.co/E5qdOcgt2H 江庸『趨庭随筆』ですって https://t.co/MeIrSQAsWa

16 0 0 0 文芸春秋

なんかそこそこ伸びたから櫻井よしこさんについてもう一言言っておくと、櫻井さんは盧泰愚と親しくて文藝春秋で対談もしてます。しかもこの中で日本の朝鮮半島統治は植民地支配だとはっきり言ってますからね。なおさら国情院と繋がりがあっても当然ではとしか https://t.co/keLk97ZTLy
『江戸時代の料理名にみる“なんばん”,“おらんだ”について』(橋爪伸子 江後迪子)を読んでいただくと、 https://t.co/pt8HckeSTO 南蛮、オランダといった明確に西洋を指し示す名をもつ料理ですら、その中身はでたらめでいい加減なことがわかります。
河野忠先生のこれもとてもおもしろそう…。 「四国八十八ヶ所霊場遍路道における名水の分布と空間的最適化配置に関する研究」 https://t.co/EsrxISkewt
木田勇輔「都市レジームはいかに再編されつつあるか」https://t.co/2fr6eXvA8o 河村たかし市長登場の背景を探った論文。名古屋では開発主義レジームのもと、ボス的な市議がオール与党で行政出身の支持基盤の弱い市長を担いで自分の選挙区に利益誘導を行ういうスタイルが続いていた。
この研究は面白かった。吉原遊廓の成立を自然地理学、考古学などの見地から論じたもの (小柳美樹「吉原遊廓地業についての基礎的研究」淑徳大学人文学部研究論集6) https://t.co/P7FDkLCFbH
岩下明裕「ロシア外交・試論:地政治・アイデンティティ・パワー」『ロシア・東欧研究』第49号(2020年)https://t.co/vVHViIulFV 岩下先生がこんな論文を書いているのを今知って読みました。
高尾千津子「シベリア出兵と『シオン議定書』の伝播 1919-1922」『ユダヤ・イスラエル研究』27号(2013年)26頁。 https://t.co/xl1JJtgQDE 反ユダヤ主義の悪名高い偽書『シオン長老の議定書』が日本に伝播する過程では、このメルクーロフと樋口艶之助(1870‒1931)が大きな役割を果たしたとされる。
城下賢一「薬事法改正と行政・団体関係1956-1960―自民党政権初期の政策決定過程の事例分析」『立命館大学人文科学研究所紀要』第124巻(2021年)https://t.co/HMvLzekQJI
横山百合子「東京の明治維新―錦絵にみる町方住民の意識と維新政府の統治」『経済史研究(大阪経済大学日本経済史研究所)』 第24巻(2021年)https://t.co/x6NPk5CNjt
『長谷川泰翁奇人の奇言』なる本が国会図書館デジタルコレクションにあったのでざっと眺めたら、易と仏教を融合させて帝国主義的植民侵略政策を論ずるという一種の珍本であった。海外布教に出ない坊さんは穀潰しだから生き埋めにした方がいいとか危険思想を語り出す始末。 https://t.co/or2eeiRKrr https://t.co/QC9Oyw4kgP
セクハラに関する初期の論文に「客観的行為主義か ら主観 的関係主義へ」セク シュアル ・ハ ラスメ ント/ド メステ ィ ック ・バ イオ レンスにお ける感情 の権利 化/権 利 の主観化 沼 崎 一 郎 https://t.co/czpe1m3sPy という論文がある。
仇子揚「近代日中軍事用語の変容と交流の研究」関西大学博士論文、2019年 https://t.co/oRdzHEQbAh こういう研究もあるんですね。がっちりした要旨とかあればありがたかったのですが。
李国輝「非伝統的安全保障分野における中国の危機管理政策決定プロセス -自然災害後の国際緊急援助受け入れ決定を中心に-」早稲田大学博士論文、2020年 https://t.co/WGePVm1UOU こちらも
川口徹「地方自治体の反核兵器政策の展開 -安全保障政策を巡る中央政府との対峙-」(早稲田大学博士論文、2020年) https://t.co/8VPc5ciTlG なかなか珍しいテーマでおもしろいです。全文あり。
秦美香子「マンガ作品と舞台作品の比較-『銀牙--流れ星 銀』を事例として」(花園大学文学部研究紀要第53号、2021)という論文があると教えて貰い読む。銀牙の原作とミュージカル版を比較しどのように表現が変化したかを論じたもの。銀牙が科研費の対象になるとは驚きであるhttps://t.co/E2IK9pZCye
なぜ手を触れてはいけないかというと 「此農民甚しき惡漢にして各士の金嚢及ひ大小刀上着等を掠奪し而して屍を棄てゝ埋めす」 と、こういうことをするヤツがいるからだ。 https://t.co/VQtnzgoAT4
保科英人「明治百五拾年。近代日本ホタル売買・放虫史」 https://t.co/7nopNXsW8f 近代東京におけるホタルの大量放虫は、これを参考にしてください。
メモ 飛田遊廓の経営も行った大阪土地建物会社についての論考https://t.co/YQVpCG3PqP
三須拓也「コンゴ動乱を巡る米英関係―コンゴ国連軍と帝国秩序の動揺」『東北学院法学』81(2021年3月)https://t.co/lgs4sTZqne
角田安正訳「全訳『フルシチョフ秘密報告』―ソ連共産党公表のテキスト(1989年)にもとづいて」『防衛大学校紀要 社会科学分冊』119・120号(2020年3月)https://t.co/PvDfwWPBS0
市川浩「ソ連邦科学アカデミー・科学史=技術史研究所(1932~1938年)―技術史分野を中心に」『社会文化論集』第16号(2020年3月)https://t.co/JP5PRBpBF4
吉田則昭「出版人・ソ連文化プロモーターとしての大竹博吉の戦後―占領期・50年代におけるナウカ社の活動」『Intelligence』第21号(2021年3月)https://t.co/AcuNh7N0nl 渋い!
石井裕「第一次大戦期の河上清の活動 : 外務省の対米世論工作」『史学雑誌』114:6(2005年) https://t.co/ooX5siuP98 カール・カワカミの研究論文なんてあるんですね。渋い。
寿司の歴史研究家日比野光敏によると、この絵(『家庭 鮓のつけかた』の口絵)は川端玉章が描いた明治時代の輿兵衛のすし(『すしの事典』)。 https://t.co/LHI2QhQWtt https://t.co/Z6vWCJocRc
こちら拝読。関係性からの疎外(すなわち「孤独」)を生きづらさと考えがちだけど、共同性が抑圧してくることもあるでしょという指摘に納得… CiNii 論文 -  日本近代形成期の集団と個人 : 家・村・窮民 (2020年度歴史学研究会大会報告 「生きづらさ」の歴史を問う)https://t.co/uMF44w0AFW #CiNii
丹羽文生「自民党青年局と台湾 ―その歴史的諸相」『拓殖大学台湾研究』第5号(2021年)https://t.co/ILKyjSTSwD 論文タイトル見て「こんなもの書くのは丹羽文生さんくらいでしょう」と思ったら丹羽文生さんの論文でした。
伊藤愛莉・青木栄一「はせ浩オフィシャルブログ『はせ日記』を用いた馳浩文部科学大臣の行動分析―2015年10月7日から2016年8月3日の対官僚接触853事例を中心に」『東北大学大学院教育学研究科研究年報』68:1(2019)https://t.co/9bkecR9WVO まさにタイトルのとおりですが素朴なおもしろさがあります。

18 0 0 0 OA 三才圖會 106卷

昨日ご紹介した神塚先生の著作には「六朝道教と『荘子』――『真誥』・霊宝経・陸修静――」が収録されています。 副題にある通り『真誥』・霊宝経等を題材に、『荘子』が道教に取り込まれていく過程を論じたものです。 ※画像は国会図書館デジタルコレクション『三才図絵』 https://t.co/9rKRFgWt6i https://t.co/FNfoO4RjqJ https://t.co/izxWZSYwPh
これ良い論文だなあ。近世以来の人の移動そのものを統制する原理から、移動する人の「行為」の取締へと移行明治前期の遍路統制のあり方に着目して、恤救規則に連なる貧困救済と行旅病人対応の問題群を一段上のステージに押し上げたと思う。 https://t.co/jsByTjA0Se
李晋寧「文化大革命期の中国におけるサッカーと政治思想に関する研究―『球迷日記(サッカーファンの日記)』を手がかりに』『スポーツ史研究』第33巻(2020年)https://t.co/mjteOPnUbL 文革でスポーツが制限される中、市井のスポーツ好きがどんな生活を送っていたかの研究。単におもしろかったです。
特にバズってもないですが、先輩たちがその後日本中のカントリーロードを走り回って研究した出会いの成果の一部を宣伝します。 CiNii 論文 - 戦後ラジオ・テレビ放送における「農村」表象の構築プロセス:——媒介者としてのNHK農林水産通信員に注目して—— https://t.co/DgPtwAuHoN #CiNii
授業準備中に見つけて読んだ最近の論文。カント研究者による力学関係のものは過去にいくつか読んだことがあるけれども、この論文は私見では、大きく前進していると思う。かなり啓発されるところがあった。|CiNii 論文 -  批判哲学の成立におけるカント力学論の意義 https://t.co/GS48LcR6xN
森田吉彦「戦後日本の知識人とマスメディア──高坂正堯とNHKの場合」(2021) https://t.co/i5P5JYAgMM これはおもしろい。高坂正堯のNHK出演をとりあげたもの。画像多数。
面白かった。三越の出張販売が地元の呉服店を刺激して、ヒートアップして双方が「テロ団」を雇って小競り合いを始めて警官が出動したりとか。 関口寛「昭和初期・徳島における百貨店問題と小売イノベーション」 https://t.co/0pb9sCz3um
この論争にはさらに、ヌエ神父というのが参戦してくるのだけど、ヌエ神父についての論文が、日本で1967年に書かれていて、びっくりしてしまった。 Morikawa, "La pensée théologique exprimée par le Père Nouet" https://t.co/W4AU0lyLXd(PDF)
荘園を「私的大土地所有」として理解するのは間違い!という記事。歴史学ではとっくに覆された見解が今も生き残っている理由に関する考察もされている。大変勉強になりました。 岡野 友彦「日本の荘園はなぜ教えにくいか」 https://t.co/ZoB0NQwCbK https://t.co/jp5DgF5tfR
横山俊一郎「男爵本多政以の思想と事業―泊園学と禅宗」(「東アジア文化交渉研究」第9号)読む。加賀本多家の当主であり、貴族院男爵議員や葵織物工場社長など政界・実業界で活躍した本多政以の儒教と禅への接近を論ずる。政以は父の政均が暗殺されたために6歳で家督を継ぐ。https://t.co/s7iUqLAPVn
CiNii 論文 -  間接的な要求は直接的な要求と同様に服従を引き起こすのか : Stanley Milgramの実験パラダイムを用いた「忖度」の心理学実験 https://t.co/cZb1ypNnD7 #CiNii https://t.co/7Pq2etx8of

フォロー(214ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFFoC1
カタカナではチョードリーとかチョウドリーとかチョドリとか揺れるベンガルの姓をチャウドゥリと表記して「名前の発音はご本人に確かめました」と注記した現静岡県知事のことを思い出しました。質問と回答の熱意がすれ違ってた様子を想像してちょっと気恥ずかしくなる。 https://t.co/IGm3dr2GEH
RT @BARSERGA: だれだよ、こんな国に戦争吹っ掛けたの。と思いたくなる資料。 39/9段階で38造船所 130船台 44/1段階で80造船所 567船台 「第2次大戦期におけるアメリカ戦時生産の実態について(2)」 https://t.co/5YK2Ctlinu h…
昔読んだ根津先生のこの論文、今ザッと読み返したらボタネイアテス帝やアレクシオス帝だけでなく、パレオロゴス家の始祖たちにも触れられていたからまたきちんと読もう… https://t.co/2vieMWMwC0
@Legionarius_ ビザンツ版アタナトイにも近いものがありますね… https://t.co/2vieMWMwC0
RT @kobo_umuki: トンガの噴火や津波や鳴動については自然の脅威について痛感するけど自分の国も無縁でないことは認識していた方がいいと思うよ。理科年表の噴火の項目を一読するだけで空恐ろしく感じる。ちなみに過去2000年に日本と世界で起きた最大級の噴火についてはこんな論…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  南部仏印進駐とフランス https://t.co/NwTGfBYsfl #CiNii
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
RT @ursus21627082: 映画『紅の豚』の舞台はファシズムに呑み込まれつつあるイタリア。 ポルコや仲間たちがトマトのパスタらしきものを食べるシーンも印象的ですが、この時期のイタリア社会を料理から読み解いた論文に、山手昌樹「イタリア料理の全体主義」があります。 htt…
p進Hodge理論と多様体のL関数の特殊値のp進的性質については,加藤和也氏による数学的にも文学的にも価値の高い論説があるので興味のある方は是非それ等を参照されたい.(斎藤秀司) https://t.co/vv4KJ7V7SH https://t.co/K3euqhuof0

フォロワー(14830ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

ゾンビ映画研究序論 : アダプテーション・オブ・ザ・デッド https://t.co/LcQ58LQYQe

22 5 5 5 OA 訓讀日本書紀

RT @HisadomeK: 例えば、みんなが大好きな「鶺鴒も一度教へて呆れ果て」の元ネタは『日本書紀』の一書にあるエピソード。 https://t.co/ivs2s2U0eB
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
大川謙作先生 「チベット問題における経済言説の再検討」 https://t.co/L5AzI2Bcxl

100 28 9 2 OA 民主政治読本

RT @OzakiYukioBot: マサムネの名刀は,名人が使えば活人剣となり狂人が使えば殺人剣となる.…明治憲法をさえ満足に使いこなせなかった日本国民に,果してそれ以上の新憲法を正しく使って,日本更生の活人剣たらしめる能力があるだろうかを疑い,ぜひその能力をもってほしいと祈…
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @Kangen_Coup1246: 新田英治「中世の相続制」(『法社会学』1956巻7-8 号、1956年) PDF公開されていた。主に鎌倉期について。 https://t.co/xrfSR06uGd
RT @dandonban: @levinassien それはないんじゃないでしょうか? 2020年1月に日本から送られた支援物資に書かれた「山川異域 風月同天」に対し、王昌齢(おう しょうれい、698年 - 755年)の唐詩を返歌が返された事があったけど、どうしてそんな事が可…
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFFoC1
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
@miurano_suke ここからDLできますよ。葦名氏についても少しふれています。 https://t.co/G8GWZmA0MN
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @Gohshi77: 『吾妻鏡』も、仮名交じりで名前載せるときは、 普通に家名のあとに”の”が入ってますね。 https://t.co/lABs8etzyv https://t.co/75u4nivWiF
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
@Otowa_Simu この解説記事おもしろいですよ。 CiNii 論文 - 地理学におけるジェンダー研究-空間に潜むジェンダー関係への着目- https://t.co/oUjEHQqM74 #CiNii
RT @dr_shinpaku: @S96405539 加湿器肺についての呼吸不全を呈した3症例の報告です。 当方も一例経験したことがありますが、病院に加湿器を持ってきてもらい使用してもらって悪化することで確定診断を行いました。 https://t.co/Xdp1iHFVVl
RT @Kangen_Coup1246: 新田英治「中世の相続制」(『法社会学』1956巻7-8 号、1956年) PDF公開されていた。主に鎌倉期について。 https://t.co/xrfSR06uGd
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
こんな論文があるということは、衝撃波とソリトン(非線形波動)とはまた違うってことですか。なかなか奥がありそうだ。 「気泡流中を伝播する圧力波は衝撃波とソリトンのどちらに発展するのか (特集 非線形超音波技術の最新動向(2))」https://t.co/a7Mles6lO5
RT @HisadomeK: 立川文庫版『宮本武蔵』(明治44年9月5日発行)でも「たけぞう」という振り仮名が確認できます。 https://t.co/SPZDHqVuGf
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
新田英治「中世の相続制」(『法社会学』1956巻7-8 号、1956年) PDF公開されていた。主に鎌倉期について。 https://t.co/xrfSR06uGd
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
現代表象文化論(7)不死者達の明けない夜 : モダン・ゾンビのカニバリズムと欲動の普遍性 https://t.co/OX1KP9k80a
J-STAGE Articles - 水の腐食性と金属の耐食性 https://t.co/f17q0XVwXb
RT @izumoken: 董科「奈良時代前後における疫病流行の研究」『東アジア文化交渉研究』3、2010年3月、505ページ、脚注36 https://t.co/U3AJWsjRf8
RT @BARSERGA: だれだよ、こんな国に戦争吹っ掛けたの。と思いたくなる資料。 39/9段階で38造船所 130船台 44/1段階で80造船所 567船台 「第2次大戦期におけるアメリカ戦時生産の実態について(2)」 https://t.co/5YK2Ctlinu h…
RT @ny1971: アレクサンドロヴィッチ『グローバルヒストリーと国際法』の書評(紹介)が『アジア経済』に載りました。オープンアクセスです。https://t.co/6Cf7Wc50NV

31 1 1 1 OA 長靴の三銃士

牧野大誓・井元水明『長靴の三銃士』 https://t.co/ry7bvIRLYp
吉本三平『こぐまのコロスケ なかよしクラブ』 https://t.co/U7xWIJVZLg
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。

229 2 2 2 OA 蛸の八ちゃん

RT @netahougaii: 国会図書館デジタルコレクションで読める絶版マンガもあるよ、田河水泡の『蛸の八ちゃん』とかな https://t.co/0Nhj6Ic2va
RT @AnatomyGiraffe: 図は、遠藤智比古(1990)「キリンの訳語考」からです→https://t.co/6IpQOq7CtK
RT @AnatomyGiraffe: 上記の内容は、湯城吉信先生の「ジラフがキリンと呼ばれた理由」という論文の中で詳しく説明されています。(多分)誰でもPDFにアクセスできますし、なにより内容がめちゃくちゃ面白いので、興味があれば、ぜひ読んでみてください!https://t.…
RT @deinotaton: グッドマンと医療人類学! 制作論を使って「肥満」という医療のカテゴリと「ファット」という新しいカテゴリーがどう異なり、後者がいかに制作されるのかを論じている。 「対抗的な〈世界〉の制作:アメリカにおけるファット・アクセプタンス運動の実践を事例に…
RT @ny1971: アレクサンドロヴィッチ『グローバルヒストリーと国際法』の書評(紹介)が『アジア経済』に載りました。オープンアクセスです。https://t.co/6Cf7Wc50NV
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
カンボジアにおける呪術のリアリティ形成:呪術的実践の場における参加者同士のやり取りに注目して https://t.co/2BwrfGr8jE
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。

7 5 5 5 OA 灸研究の現在

RT @Poison0fPancake: @iinakobe2 IFN出せばとお聞きして調べてたのですが、 下記リンク先PDFに、艾の灸刺激によりIFN-γ mRNA発現し免疫機能が向上すると書かれてるようなのですが、 これなら艾のお灸って、新型コロナ予防出来そうな気が。 こ…
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
KAKEN — 研究課題をさがす | 2019 年度 研究成果報告書 (KAKENHI-PROJECT-16K04619) 高等教育新興プロフェッションの養成メカニズムに関する実証的研究 https://t.co/gRf8WgVemk
RT @msmsaito: こちらで富永京子@nomikaishiyouzeさんが、メディアは女性(フェミニズム)運動をどう報道しているかについて、私の研究に言及してくださり、ありがとうございました。 古いものでどうかなと思うのですが、ネットで読めるものリンクしておきます。…
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @nanbubot2: 永禄六年の『補略』について : 戦国期の所謂「公家大名(在国公家領主)」に関する記載を中心に(2011) https://t.co/L9UAjw5gBi
神話としてのCLAMP作品 : レヴィ=ストロースの『神話論理』を手がかりに https://t.co/VF1esLDbZN
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
松島隆真『爵制の淵源―戦国期以前からの検討―』 面白そう。 https://t.co/V4w7vLjhT4
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @dandonban: @ShinHori1 内田先生は昔の認識で止まっているのだと思います。現在では小学校低学年から古典教育が始まり高等学校ではかなり高度な事をやっていますので、2020年2月の武漢への支援物資に添えられた長屋王の「山川異域 風月同天」に唐詩の返歌で答え…
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。

2 1 1 1 OA 萬法精理

@Iwanamishoten 底本は「凡例」によればフランス語原書からの英訳で題名は「ディ、スピリット、オフ、ラウス (The Spirit of Laws)」。1768年、蘇格蘭 (Sūgélán つまり Scotland スコットランド) の都府(首都)伊丁堡 (Yīdīngbǎo つまり Edinburgh エディンバラ) で刊行された第4版の古本。 https://t.co/1WTIwI6pia https://t.co/nzBTEmX94c
戦前の科目「地理」への男女の認識の差。明治31年の調査ではあまり性差が見られない。大正9年は男のほうがやや地理好きな傾向。(地理は好かれも嫌われもしない地味な科目と言えるかもしれない…) #地理と性差 田中耕三「現場から見た地理教育の現状への疑問と課題」 https://t.co/8My8aWDoJI https://t.co/SkoJdzWroq

2 1 1 1 OA 萬法精理

@Iwanamishoten 萬法精理. 卷一(万法精理. 巻一) 原著者:孟徳斯鳩  Mèngdésījiū(あえてピンインで表記すると)  Montesquieu(原語表記)  モンテスキュー 重訳者・出版者:何禮之(カ・レイシ) 1875-1876(明治8-明治9) -- 萬法精理. 卷一 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/IlPyXSeQBm https://t.co/xRIhGCPpYl
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
罪の叫び、救いの叫び : 西洋中世の異界探訪譚をめぐって https://t.co/Opah9pC8wR
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。

57 1 1 1 OA はゝその落葉

RT @rekishi_info: 穂積(渋沢)歌子の『はゝその落葉』に嫁いだ時の話が書いてあります。 https://t.co/dcwRIAWoxw #青天を衝け https://t.co/KNoDHQKCAD

57 1 1 1 OA はゝその落葉

RT @genmaysan: ていうか尾高長七郎について めいっぱい書き綴ってありまっせこの史料。 :渋沢栄一の長女・穂積歌子が綴った母・千代への追悼文献 参考資料は「渋沢栄一の史料」だけじゃなかったのね。 #青天を衝け 『はゝその落葉』 - 国立国会図書館デジタルコレクシ…

57 1 1 1 OA はゝその落葉

RT @rekishi_info: 穂積(渋沢)歌子の『はゝその落葉』には、その時の話が書いてあります……。 https://t.co/dcwRIAWoxw #青天を衝け https://t.co/AJq32tgo2O
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @Sphinxthan: 23. 哲学のテクストを創造する : ウィトゲンシュタインとヘーゲル https://t.co/PEXxzEB6fH