猫の泉 (@nekonoizumi)

投稿一覧(最新100件)

早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8IG7HqzBLZ
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT

13 13 1 0 OA 論語讖について

RT @kawai_kanyu: トンデモ論語は歴史が古いよ   「論語讖について」中村璋八 https://t.co/SgHfLQHVUx
副田賢二「〈前線〉に授与される〈文学〉と大衆文化――昭和戦時下における〈文学リテラシー〉の機能拡張―― 」 PDFあり。 https://t.co/IuJpDUbpAD
大木志門「十五年戦争下の〈文学館運動〉――「文芸懇話会」と「遊就館」、そして島崎藤村―― 」 PDFあり。 https://t.co/86t2QTqaDo
構大樹「徴用された〈宮沢賢治〉――総動員体制下の「雨ニモマケズ」と文学的価値の所在―― 」 PDFあり。 https://t.co/wnnfT6K8oH
佐藤 壮広「巫者の身体の声を聴く――語りから描写へ 描写から語りへ―― 」  PDFあり。  https://t.co/HZkuLkt1AR
木村 朗子「中世社会における信仰のイマジネーション・ヴィジョナリー――「当麻曼荼羅縁起絵巻」と生身信仰――」  PDFあり。 https://t.co/CJpSoZ6DQz
中川成美「視覚性のなかの文学――江戸川乱歩「鏡地獄」の世界――」 PDFあり。 https://t.co/5bWXhQPOdc
RT @Beriya: オランダ新右翼の台頭とその特質  https://t.co/bzZIzZThB7 少し古いですが、ピム・フォルタインから現在の自由党に至るまでのオランダ新右翼についての論文です。現在の自由党は02年に旋風を巻き起こし、暗殺されて瓦解したピム・フォルタイ…
RT @kasamashoinRS: 小林 賢章・妖怪の活躍時間 同志社女子大学学術リポジトリ https://t.co/vAXlTgExXL
RT @nekonoizumi: 皓星社から、 渡辺雅哉『改革と革命と反革命のアンダルシア 「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争』が刊行予定。 https://t.co/mWA4HCMP6Q 博論もの。要旨あり→ https://t.co/qNTZt7WIUy
RT @morita11: "CiNii 論文 -  倫理としてのサブカルチャー : 大塚英志のサブカルチャー論をめぐって" https://t.co/G5mi5dk4d1
RT @morita11: "CiNii 論文 -  転位する「探偵小説家」と「読者」 : 江戸川乱歩『陰獣』とジャーナリズム" https://t.co/IeWwKe8hyu
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ログル王国の乙女たちによる3日間の断食(クレティアン・ド・トロワ『荷車の騎士』3530-37行) : インド=ヨーロッパ神話の3つ首怪物の記憶" https://t.co/1HbHjnImRB
RT @morita11: "CiNii 論文 -  「学校の怪談」に現れる数詞の役割 : 世間話と民話との比較から数詞を検証する" https://t.co/GOsguTAHmp ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  親鸞と怪異・伝承 : 鳥栖無量寿寺を事例として" https://t.co/VjYuEDhTlo ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  見鬼としての羅聘" https://t.co/RNyCJk0aJa ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  『今昔物語集』における中流貴族の武勇譚" https://t.co/u4P3JkhM6h
RT @morita11: "CiNii 論文 -  幕末期の伊勢・宇治における御師家の縁組みにみるケガレ観 : 「廉引取之引留」をめぐって" https://t.co/dlqYE5fXot
RT @morita11: "CiNii 論文 -  能の亡霊と魂魄 (特集 能の宗教的環境)" https://t.co/Fla990EFwS
RT @morita11: "CiNii 論文 -  室町中期の憑霊信仰 : 「邪気」と病の関係を中心として" https://t.co/b3az1SBKEM
RT @morita11: "CiNii 論文 -  オンライン・ゲームと法律 (創刊第七十輯記念号)" https://t.co/oEDq0xs1BJ ※本文リンクあり
皓星社から、 渡辺雅哉『改革と革命と反革命のアンダルシア 「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争』が刊行予定。 https://t.co/mWA4HCMP6Q 博論もの。要旨あり→ https://t.co/qNTZt7WIUy
元はこれか。残念ながら「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」。 国立国会図書館デジタルコレクション - 歐洲各國に於ける國家革新運動 https://t.co/hL8y6yt6uH
RT @morita11: "CiNii 論文 -  アニメ時代の「声優」の役割とそのメディア的構造の変化 : 日本における「声優」とは何か?(2)" https://t.co/ZcC0pCarlJ
RT @morita11: "CiNii 論文 -  少女マンガに引き継がれた忍者表象 : 和田慎二『スケバン刑事』の戦略 (特集 忍者と探偵が出会うとき)" https://t.co/Rds5loPLhg
RT @morita11: "CiNii 論文 -  忍者から探偵へ/過渡期のロマンを検証する : 山田風太郎『警視庁草紙』を手がかりに (特集 忍者と探偵が出会うとき)" https://t.co/ZtIYO0kCxs
RT @morita11: "CiNii 論文 -  父親は3度死ぬ,あるいは日本アニメの歴史を変えた25分 : 『機動戦士ガンダム』論のためのノート(1)" https://t.co/BPA69ZRpOQ ※本文リンクあり
RT @nekonoizumi: PDFあり。 大橋幸泰「幕末期における異端的宗教活動の摘発 -対馬藩田代領「新後生」の場合」 『学術研究 : 人文科学・社会科学編』63(2015-3) https://t.co/ppv8arLwFD
国立国会図書館『調査と情報-Issue Brief-』更新。No.943は「天皇の退位をめぐる主な議論」 https://t.co/3Js922K4he PDF https://t.co/lNVLY1IljF
PDFあり。 大橋幸泰「幕末期における異端的宗教活動の摘発 -対馬藩田代領「新後生」の場合」 『学術研究 : 人文科学・社会科学編』63(2015-3) https://t.co/ppv8arLwFD
RT @kasamashoinRS: 藤野 陽平 -  台湾の日本語キリスト教徒―何故、旧宗主国の言葉で礼拝するのか? https://t.co/StfnM1bD1e

114 0 0 0 OA 蛮カラ奇旅行

これか。 国立国会図書館デジタルコレクション - 蛮カラ奇旅行 https://t.co/cArNfyE5C7 国立国会図書館デジタルコレクション - 蛮カラ奇男児 : 武侠小説 https://t.co/plwJ6ExX2L
これか。 国立国会図書館デジタルコレクション - 蛮カラ奇旅行 https://t.co/cArNfyE5C7 国立国会図書館デジタルコレクション - 蛮カラ奇男児 : 武侠小説 https://t.co/plwJ6ExX2L
RT @kasamashoinRS: 和田 琢磨 乱世を彩る独断 ─『太平記』の天皇たち─(東洋通信53巻6号) https://t.co/KC0pQPFklN

22 0 0 0 OA 日本禁酒史

原書これか。 国立国会図書館デジタルコレクション - 日本禁酒史 https://t.co/NDq9Xrp5VB

4 0 0 0 日本外交史

RT @MValdegamas: 『外交史』(https://t.co/xUhX81828E)は高名なので昔買ったのですが、古い本で背がぐにゃぐにゃで読むのを躊躇しました。そんな調子だったので『日本外交史』(https://t.co/q1InAXF5Hx)は買わずじまいだったの…

4 0 0 0 外交史

RT @MValdegamas: 『外交史』(https://t.co/xUhX81828E)は高名なので昔買ったのですが、古い本で背がぐにゃぐにゃで読むのを躊躇しました。そんな調子だったので『日本外交史』(https://t.co/q1InAXF5Hx)は買わずじまいだったの…
RT @kasamashoinRS: 董 伊莎 -  古代日本の疫病関連信仰における外来的要素について -平安時代の御霊会を中心として- https://t.co/nfaOhpfPli
RT @nekonoizumi: 「越境する飢人と領主的対応 : 天保四・五年の秋田藩と弘前藩」 https://t.co/aPi4kxz3uG
RT @nekonoizumi: PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
RT @nekonoizumi: PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
RT @nekonoizumi: 校倉書房から、菊池勇夫『非常非命の歴史学 東北大飢饉再考』が刊行(予定)。 https://t.co/R0z6GfFVnh この論文の発展か。「非常・非命の歴史学 : 近世東北の災害・飢饉史 (特集 災害と歴史資料保全)」 https://…
「決闘は文明の花である 光妙寺三郎の『決闘条規』 今月の一冊 国立国会図書館の蔵書から」 PDF https://t.co/mq4intuEqg
こういうのもあった。PDFあり。 渋谷聡「三十年戦争における「宿営社会」 : 『ある傭兵の手記』を中心に」『社会文化論集』1(2004) https://t.co/UQF7BDwRLh
RT @nekonoizumi: 今回読んだのは学会発表のダイジェスト版http://t.co/xFJVeIGRKZ だけど、 また、論文版のほうも読んでみようかと思う。 フィクションとしての「未成年」 : 未成年者飲酒禁止法制定過程に見る子ども/大人区分の複層性 http:/…
RT @nekonoizumi: 今回読んだのは学会発表のダイジェスト版http://t.co/xFJVeIGRKZ だけど、 また、論文版のほうも読んでみようかと思う。 フィクションとしての「未成年」 : 未成年者飲酒禁止法制定過程に見る子ども/大人区分の複層性 http:/…

11 0 0 0 ミルクティ

リポジトリに登録されていない。 CiNii 論文 -  ミルクティ https://t.co/6K1X9MBUOM 福島大学リポジトリ: 検索結果 https://t.co/GQ3hM2NwLW
「…数限りない無名の人間たちの生と死が、歴史的に知られた人物たちの大きな革命の歴史に絡みつくことによって生じる世界を「黙示録」というタームを手掛かりにダイナミックに分析する試み。」 元になった博論⇒ https://t.co/qKpw17XdgN
RT @kasamashoinRS: 利岡真帆: 弔辞における霊魂への呼びかけの変遷 https://t.co/zeOcMSpLWK
「越境する飢人と領主的対応 : 天保四・五年の秋田藩と弘前藩」 https://t.co/aPi4kxz3uG
PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
校倉書房から、菊池勇夫『非常非命の歴史学 東北大飢饉再考』が刊行(予定)。 https://t.co/R0z6GfFVnh この論文の発展か。「非常・非命の歴史学 : 近世東北の災害・飢饉史 (特集 災害と歴史資料保全)」 https://t.co/fTXBmK3WLu

5 0 0 0 OA 戦争と梅干

RT @reichsneet: 「海ゆかば」成立に寄与した、日本放送協会文芸部長の小野賢一郎の著作がデジタルコレクションで見られる。収録されたエッセイ(1936年)には「声によつてつながれる力・感情・思想――斯うなると、たかゞ歌が……、などゝと謂へなくなる」とある。https:…
RT @MValdegamas: 寺山恭輔 『スターリンとモンゴル』(8,000円+税)以前東北大学から冊子形態で出ていた『1930年代ソ連の対モンゴル政策』https://t.co/H4XtcF3QaLのアップデートという感じになるんでしょうか。大学とかでしか見られないのでよ…
科学者の権利問題委員会 https://t.co/mchF0IYUDi これの転載か CiNii 論文 -  トップダウン型研究不正の手法解明 : 捏造・アカハラ研究室でいかに生き残るか?東北大学金属材料研究所の例から学ぶ https://t.co/VzUkXBq8dp
博論もの。 要旨等→ 無神論と国家―コジェーヴの政治哲学について― https://t.co/AQ6jAW13Ub
(PDFあり)牧野冬生 プノンペンの成立と他者性-都市生活の背後にある空間構築史 https://t.co/q761A7lBbo メキシコシティの水環境改善への取り組みと住宅地形成 地理的遺産としての高級住宅地と不法占拠地区の分離 https://t.co/XaaZxt68tJ
(PDFあり)牧野冬生 プノンペンの成立と他者性-都市生活の背後にある空間構築史 https://t.co/q761A7lBbo メキシコシティの水環境改善への取り組みと住宅地形成 地理的遺産としての高級住宅地と不法占拠地区の分離 https://t.co/XaaZxt68tJ
CiNii Articles 検索 - 牧野冬生 https://t.co/gnBEazjuBx (PDFあり)建築人類学試論--新しい知を生成する場の構築に向けて https://t.co/WbJpjon3m9
RT @sakagan: 北澤直宏、論文 -  "解放"後のベトナムにおける宗教政策 : カオダイ教を通して https://t.co/2Hw96Npzvt
RT @quiriu_pino: 目次見る限り、歴研大会中世史部会の報告西田 友広「中世前期の検断と国制」(歴史学研究 (937), 2015-10)の内容を膨らませたっぽい。中世国制史への新たな見解あるやいなや。 https://t.co/lXiXM1CLVa https:/…

55 0 0 0 OA 秘密の花園

RT @2SC1815J: 2017年からパブリックドメインとなり、NDLデジコレでネット公開になった高畠華宵挿絵『秘密の花園』(令女文学全集8) https://t.co/HcPrjLZz0x 。タイトルもアレだし、全集名もアレだけど、ちょっとページをめくると「豚!豚!豚娘!…
RT @MValdegamas: リポジトリ登録のリンクはこちら。https://t.co/ZVLakJULwv その後まさに欧州時代のモーゲンソーに着目した「連盟期の国際秩序構想におけるモーゲンソー政治的紛争論の意義(全4回)」も連載しています。以下リンクは1回目 https…
RT @MValdegamas: リポジトリ登録のリンクはこちら。https://t.co/ZVLakJULwv その後まさに欧州時代のモーゲンソーに着目した「連盟期の国際秩序構想におけるモーゲンソー政治的紛争論の意義(全4回)」も連載しています。以下リンクは1回目 https…
RT @kasamashoinRS: 【博論】岡本由紀子 - 現代少女マンガにおける女性労働表象の研究 -一九七〇~二〇一〇年代の作品を中心に- https://t.co/p1wfoQbMMJ
RT @kasamashoinRS: 【博論】李文鎬 - 戦後日本作家による北朝鮮表象の研究 ―1960年代から2000年代を中心に― https://t.co/wFcxmipDjw
RT @kasamashoinRS: 【博論】柳政勲 - 近代日本の怪談研究 ―明治期幽霊譚をジェンダー、戦争、植民地主義の視座から読み直す― https://t.co/drXBlF3G0Q
RT @quiriu_pino: 石上文正「ブッシュ大統領の「同時多発テロ」演説のフレーム分析」https://t.co/12JNqDMj3Z「2001年9月11日の惨事に関わるブッシュ大統領の演説のフレーム分析を行った。…このテクストの分析から見る限り、惨事の翌日には軍事行動…
RT @boumurou: せめて『神武天皇聖蹟調査報告』(文部省、1942年)(いちおう言及はある)の水準ぐらいは踏まえてほしい。1930年代の学者たちが国策で寄ってたかって神武東征のルートを調べて、結果的にそれがいかに正確に決定し難いかを示したものです。 https://t…
堀口九萬一、随筆集『游心録』は国会図書館デジタルコレクションで読めるけど、外交官ならではの随筆でもあり中々面白いのだ。 https://t.co/JN4DJBxZIo
宮本和歌子「怪人二十面相論」 『京都大学國文學論叢』36(2016.9) PDFあり。 https://t.co/wZsRT9rRmj
RT @mmktn: 山沢孝至先生といえば西脇順三郎のラテン詩の韻律を分析した論文「エレゲイアにならなかったエレゲイア : 韻律法よりみた西脇順三郎自作のラテン詩」(『近代』(神戸大学)75号、87-105、1993)のいけず風味が忘れられません。https://t.co/bV…
RT @green_komatsu: 【日本の雪上車の歩み】 国立極地研究所学術情報によれば、ネット上にて全文公開中とのこと。 この本、古書だと1万弱だし収蔵館も少ないんだが無料で全文公開されてるとは。 https://t.co/KO7QkT3Gbl https://t.…
RT @quiriu_pino: 伊藤 孝夫「日本法史のなかのことば」(2015)https://t.co/HklKqd8Mgz とても勉強になった。日本史研究者が使いまくる「支配」・「領」・「請負」の三語の語史を古代から近代まで描写する。
RT @MValdegamas: 岡本真希子「東アジア地域における早稲田大学校友会―帝国日本のなかの〈校友共同体〉」『早稲田大学史記要』(2013年)https://t.co/zY7OaJQuIm
冷戦初期のアメリカ合衆国の学術世界におけるソ連研究の「再編」 https://t.co/2IHacVeYVW 「本稿は1940 年代後半から1950 年代初頭にかけての冷戦初期の時期に、コロンビア大学とハーヴァード大学がソ連研究を開始し、アメリカ合衆国におけるソ連研究の拠点と…」
PDFあり。 CiNii 論文 -  明治期における「少女」の国民化過程の考察 : 「純潔」規範を事例として https://t.co/HOSOFH91Ce
CiNii Articles 検索 -  渡部周子 https://t.co/RoHXi9VSAu CiNii 論文 -  「かわいい」の生成 : 一九一〇年代の『少女の友』を中心として https://t.co/K8fX9A51Gd
@catalyst_yuki_k 航空史の研究家でもあるとのことで、『丸』とかにも記事書いていたり。 https://t.co/9dbhBhAlF9 共通項は……よくわからない。
『明治前期予算制度史』気になる。 こちら↓はPDFあり。 CiNii 論文 - 明治憲法制定直前の予算制度 https://t.co/uwX7bt1nEP CiNii 論文 - 明治14年の政変前後の予算制度改革 https://t.co/sRDQD35Bd0
『明治前期予算制度史』気になる。 こちら↓はPDFあり。 CiNii 論文 - 明治憲法制定直前の予算制度 https://t.co/uwX7bt1nEP CiNii 論文 - 明治14年の政変前後の予算制度改革 https://t.co/sRDQD35Bd0

4 0 0 0 OA 法普戦争誌略

渡六之助『法普戦争誌略』(明4) https://t.co/AQRCXVGjN9 https://t.co/v82ym5A3g9 https://t.co/mgIoXQ2N0O

4 0 0 0 OA 法普戦争誌略

渡六之助『法普戦争誌略』(明4) https://t.co/AQRCXVGjN9 https://t.co/v82ym5A3g9 https://t.co/mgIoXQ2N0O
原著はデジコレにもある。 渡正元『巴里籠城日誌 : 旧名・法普戦争誌略』東亜堂書房(大正3)  https://t.co/j3p9zAKLP3
RT @nekonoizumi: 年に1回は読み返す『スメラギズム入門』を思い起こした。こちらの冒頭からのあまりの破壊力の高さは反則もの。 『スメラギズム入門』スメラギズム研究所 昭和7年 http://t.co/sNbQJVaInK
吉川卓治「こども銀行の時代」 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学 62(2), 27-41, 2015  https://t.co/LZiJlJg9Od

13 0 0 0 OA 議員立法序説

RT @nekonoizumi: 茅野千江子「議員立法序説」(2015) https://t.co/UHM0fnAqHq 茅野千江子「議員立法はどのように行われてきたか」(2016) https://t.co/CvpbuywXUe
RT @nekonoizumi: 茅野千江子「議員立法序説」(2015) https://t.co/UHM0fnAqHq 茅野千江子「議員立法はどのように行われてきたか」(2016) https://t.co/CvpbuywXUe
RT @nekonoizumi: 検索していたら、国会図書館のレファレンスにも研究が。PDFあり。  古賀豪 他「帝国議会および国会の立法統計 : 法案提出件数・成立件数・新規制定の議員立法」(2010) https://t.co/PeuWTi6C0J
RT @quiriu_pino: 思うに、『もののけ姫』は、自然を圧迫するのが実は世俗権力と無縁な非農業民集団、という複雑な構造。網野史学を単純な二項対立と考えるのは浅薄な理解だとする指摘もある。著者の網野理解と『もののけ姫』読解がヘンなのでは。 https://t.co/QA…
元になったと思われる博論の要旨。 スムットニー祐美「アレッシャンドゥロ・ヴァリニャーノの意図した適応主義に基づく茶の湯 : 16世紀後期〜17世紀前期における茶の湯文化からの考察」(2015) https://t.co/VEK3yTZgqm

13 0 0 0 OA 議員立法序説

茅野千江子「議員立法序説」(2015) https://t.co/UHM0fnAqHq 茅野千江子「議員立法はどのように行われてきたか」(2016) https://t.co/CvpbuywXUe
茅野千江子「議員立法序説」(2015) https://t.co/UHM0fnAqHq 茅野千江子「議員立法はどのように行われてきたか」(2016) https://t.co/CvpbuywXUe
検索していたら、国会図書館のレファレンスにも研究が。PDFあり。  古賀豪 他「帝国議会および国会の立法統計 : 法案提出件数・成立件数・新規制定の議員立法」(2010) https://t.co/PeuWTi6C0J
あった。  今井秀和「妖怪化する仏像 : 江戸期"仏像信仰"の副産物」『蓮花寺佛教研究所紀要』第七号, 77-100, 2014 https://t.co/e02KWtcCMi 紀要PDFあり。 https://t.co/bqzfiekjaO
RT @as_capabl: 「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886
RT @nekonoizumi: これの成果かな。 KAKEN — 北日本地域における田村麻呂・義経伝説の近世的展開 https://t.co/0rjvqIEYgw CiNii 図書 - 北日本地域における田村麻呂・義経伝説の近世的展開 https://t.co/UwvGcNE…

お気に入り一覧(最新100件)

高野清弘「書評 ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳」『甲南法学』57巻1/2号(2016年)47-143頁。 https://t.co/9E6TFfA1yd結論で「ホッブズの政治学は人間の学であり、「野性の王国」の話ではない」(136頁)という、時宜にかなう一文が。
ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT

13 13 1 0 OA 論語讖について

トンデモ論語は歴史が古いよ   「論語讖について」中村璋八 https://t.co/SgHfLQHVUx
オランダ新右翼の台頭とその特質  https://t.co/bzZIzZThB7 少し古いですが、ピム・フォルタインから現在の自由党に至るまでのオランダ新右翼についての論文です。現在の自由党は02年に旋風を巻き起こし、暗殺されて瓦解したピム・フォルタイン運動のラインにある、と。

1 1 0 0 OA 国史概説

一昨日のブログで引用した「国史問答」(1910)は日本史に関する当時のひとびとの疑問や考え方が抜き出されてて、史学史的になかなかおもしろいものでした。 https://t.co/oLIXYft3jc
イタリア・ファシズムと反ユダヤ主義については、日本語だと高橋進先生の文献かな。たとえば、高橋進(2012)「イタリア・ファシズムと反ユダヤ主義・人種主義(1)」『龍谷法学』44(4)。機関リポジトリからDL可能。https://t.co/bDEv2CiNeV
前段は、英語圏の修正主義派の著書を参照して書かれたものですが、テーマど真ん中のこの論文を多少検索して読んでいれば避けられる内容だし(https://t.co/zal75PDfgP)、後段は故・岡崎久彦の前でそれを言ってみろという話になりますね。
ちょっと前の『週刊朝日』にもこの佐藤健雄さんと家族のエピソードは載っていたようです。https://t.co/ypBlYSd83R 本紙にもあるように満鉄調査部畑だったそうでその辺の回想も別にありますが(https://t.co/sDPzdH8wqY)、戦後は公調なんですね…
董 伊莎 -  古代日本の疫病関連信仰における外来的要素について -平安時代の御霊会を中心として- https://t.co/nfaOhpfPli
これはたいへん興味深い。こんな運動があったんですね。機関誌『女子道』すげえ :CiNii 論文 -  機関誌『女子道』の発行をめぐって : 山口県における近代女子教育と宗教 https://t.co/8seSAiSUbl
@bowwowolf 一部神社の言説に、自己啓発似非科学ビジネスが飛びついたのかもですね。 この手のビジネスと結びついた「子宮系(カルト)」については、橋迫さんが研究されてるようです。 https://t.co/xMBeI3uZ8m https://t.co/gujhWFjeJU

11 0 0 0 OA 訳文大日本史

一部のマスコミからものすごくバカにされている『大日本史』ですが、国デジで無料で山路愛山の書き下し訳が読めます。読むと少なくとも司馬遼太郎よりは勉強になると思うんだがな https://t.co/oCh73eAENJ
北澤直宏、論文 -  "解放"後のベトナムにおける宗教政策 : カオダイ教を通して https://t.co/2Hw96Npzvt
目次見る限り、歴研大会中世史部会の報告西田 友広「中世前期の検断と国制」(歴史学研究 (937), 2015-10)の内容を膨らませたっぽい。中世国制史への新たな見解あるやいなや。 https://t.co/lXiXM1CLVa https://t.co/QSUibSBLYv

55 0 0 0 OA 秘密の花園

2017年からパブリックドメインとなり、NDLデジコレでネット公開になった高畠華宵挿絵『秘密の花園』(令女文学全集8) https://t.co/HcPrjLZz0x 。タイトルもアレだし、全集名もアレだけど、ちょっとページをめくると「豚!豚!豚娘!」とか活字が踊っていて力強い。
リポジトリ登録のリンクはこちら。https://t.co/ZVLakJULwv その後まさに欧州時代のモーゲンソーに着目した「連盟期の国際秩序構想におけるモーゲンソー政治的紛争論の意義(全4回)」も連載しています。以下リンクは1回目 https://t.co/CnBUYBXdia
リポジトリ登録のリンクはこちら。https://t.co/ZVLakJULwv その後まさに欧州時代のモーゲンソーに着目した「連盟期の国際秩序構想におけるモーゲンソー政治的紛争論の意義(全4回)」も連載しています。以下リンクは1回目 https://t.co/CnBUYBXdia

17 0 0 0 OA 人道之偉人

④https://t.co/sef27Xlcdk https://t.co/plnPSrBmGI かくにんしる

15 0 0 0 OA ナイチンゲール

④https://t.co/sef27Xlcdk https://t.co/plnPSrBmGI かくにんしる
石上文正「ブッシュ大統領の「同時多発テロ」演説のフレーム分析」https://t.co/12JNqDMj3Z「2001年9月11日の惨事に関わるブッシュ大統領の演説のフレーム分析を行った。…このテクストの分析から見る限り、惨事の翌日には軍事行動を決意したことがうかがえる」 えっ
こちらによると『改憲vs.護憲』の前にも宮沢が集団的自衛権解釈に言及したインタビューが『月刊自由民主』に載っているそうですが、抜き書きしている内容がひどいですね。「21世紀のわが国の安全保障」『月刊自由民主』1996年5月号 https://t.co/8CDsnm48ER
せめて『神武天皇聖蹟調査報告』(文部省、1942年)(いちおう言及はある)の水準ぐらいは踏まえてほしい。1930年代の学者たちが国策で寄ってたかって神武東征のルートを調べて、結果的にそれがいかに正確に決定し難いかを示したものです。 https://t.co/7FOQ5NWRKs
ここにある『大日本兵語辞典』、持っていなかったので復刊版を買ってみたのですが、近代デジタルライブラリーにも原本がありました。https://t.co/4JtjttwYZR
あと地味におもしろいのは戦後アメリカの対アジア政策叙述について、信夫清三郎が歴研をボロクソに叩いている「マルクス主義歴史学の退廃―歴史学研究会編『太平洋戦争史』第六巻について」という1974年の書評ですね。https://t.co/nAlv2f1QmW
「(山川雄巳)先生は最初、京都大学工学部で電気工学に志されましたが、研究室の抵抗器に慶応三年製作の銘があるのを発見して失望し、法学部に転じたと先生から直接お聞きしたことがあります。」/弔辞 (山川雄巳先生追悼文集) https://t.co/q1hnZ04DYH
山沢孝至先生といえば西脇順三郎のラテン詩の韻律を分析した論文「エレゲイアにならなかったエレゲイア : 韻律法よりみた西脇順三郎自作のラテン詩」(『近代』(神戸大学)75号、87-105、1993)のいけず風味が忘れられません。https://t.co/bVHfVI1BIG
【日本の雪上車の歩み】 国立極地研究所学術情報によれば、ネット上にて全文公開中とのこと。 この本、古書だと1万弱だし収蔵館も少ないんだが無料で全文公開されてるとは。 https://t.co/KO7QkT3Gbl https://t.co/ToBnzbJOCu
伊藤 孝夫「日本法史のなかのことば」(2015)https://t.co/HklKqd8Mgz とても勉強になった。日本史研究者が使いまくる「支配」・「領」・「請負」の三語の語史を古代から近代まで描写する。
岡本真希子「東アジア地域における早稲田大学校友会―帝国日本のなかの〈校友共同体〉」『早稲田大学史記要』(2013年)https://t.co/zY7OaJQuIm
ここは欧州の「分断/力による安定」の代償に第三世界に向かったという石井修先生の解釈(https://t.co/k9NCZ5AbG8 )や、より第三世界のイデオロギー的意義を重視するウェスタッドの解釈(https://t.co/CIsussX72R )を思い出し興味深かったです。
思うに、『もののけ姫』は、自然を圧迫するのが実は世俗権力と無縁な非農業民集団、という複雑な構造。網野史学を単純な二項対立と考えるのは浅薄な理解だとする指摘もある。著者の網野理解と『もののけ姫』読解がヘンなのでは。 https://t.co/QAE9CAmVI8
「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886
日本の弩はこの論文が面白かった。 当初法規定上のみに存在した弩が、実際に配備されるが定着せず、何度も再配備されるが結局消えてしまう。 CiNii 論文 -  日本古代における弩と弩師 https://t.co/MesXOmULYV #CiNii
反論文や対談も載るのは大変ありがたいのですが、永井・岡崎論争の前章である、1981年の永井陽之助「モラトリアム国家の防衛論」(https://t.co/PYLGmlhcLO)への岡崎大使のレビュー(https://t.co/BEtiUohE34)も載るといいと思っています。
反論文や対談も載るのは大変ありがたいのですが、永井・岡崎論争の前章である、1981年の永井陽之助「モラトリアム国家の防衛論」(https://t.co/PYLGmlhcLO)への岡崎大使のレビュー(https://t.co/BEtiUohE34)も載るといいと思っています。
明治41年、北畠親房に従一位を贈位するので墓所に使節を送ることになったが、その墓所が間違ってると自称子孫の北畠治房男爵が県庁に抗議し、知事への意見をまとめた冊子。絶対めんどくせえジジイだな。 『北畠親房墓所在異見』 https://t.co/lCzbkNdDlX
2013年に出た森雅子『神女列伝 比較神話学試論2』を読んだところ、アーサー・コッテルやB・ウォーカーを典拠に「ティアマトは竜。ティアマトの子供も竜」と書いていたので、こりゃ駄目だと思ってみたら、すでに書評でボコボコにされていた。 https://t.co/n9qARcVs2T

11 0 0 0 OA 太平記

天照大神が第六天魔王から神璽を授かった話は、『太平記』 https://t.co/fLS5c6tfQm や『平家物語』剣巻 https://t.co/2ubqZMfmwK にも出て来ます。 https://t.co/Et6vPvhk0D

11 0 0 0 OA 平家物語

天照大神が第六天魔王から神璽を授かった話は、『太平記』 https://t.co/fLS5c6tfQm や『平家物語』剣巻 https://t.co/2ubqZMfmwK にも出て来ます。 https://t.co/Et6vPvhk0D
「オリエント」をふりかえって: 三笠宮 崇仁, 杉 勇, 板倉 勝正, 川村 喜一https://t.co/MQIVfOE6vn すげー面白い
「京都産業大学創立50 周年記念シンポジウム『若泉敬先生の再発見 : 沖縄返還交渉と日本の未来』」『京都産業大学世界問題研究所紀要』31号(2016年)を読んでおりました。https://t.co/7bbcJuEMDO
奥美穂子(2010)「オスマン帝国の「王の祝祭」にみる政治文化:1530年と1582年の割礼祭の比較」『比較都市史研究』29(1), 13-30. https://t.co/4CHK9oXpDc オスマン帝国王子の華々しい割礼祭について(現在もトルコの男の子の割礼祭は華やからしい
『官僚たちの夏』のクライマックスといえば、風越らが一心取り組む「産業振興法案」ですが、高橋和宏「池田政権期における貿易自由化とナショナリズム」『国際政治』170号(2012年)https://t.co/9jzjwYyE8U は、いわば「実録・官僚たちの夏」と言うべき論文です。
昨日今日と改めてこの本「あじめ : アジメドジョウの総合的研究 https://t.co/cRwSbnS0Df」を読んでいたけど、アジメ愛半端ない。涙でそう。絶版なのが惜しい。昭和天皇にアジメドジョウを食べてもらうために奔走する章も最高。アジメドジョウ好き必読の書。
【読んだ】佐藤大輔「ゴールドハーゲン論争再考―アメリカにおける議論との比較から」『早稲田大学大学院教育学研究科紀要』https://t.co/SZB12gxj9f ゴールドハーゲンのその後の言説がまとまっているのが興味深い。それを論争自体に読み込むのは、やや危険な気もするが。
最近は同大学(の前進校)に戦前設置された研究所を復活した東亜経済研究所(https://t.co/vrDg6Ltf9X)の雑誌『東亜経済研究』ベンジャミン・フルフォード『中国が目論む世界支配の正体』 https://t.co/cEPUhYRxOZ の書評が載ったようです。

46 5 5 4 OA 南北朝正閏論争

ちなみに「南北朝正閏論争」については、宇野派の経済学者である故・武井邦夫氏が、論争を整理したこんなレジュメを残していた。これが意外と便利。PDF:https://t.co/Qjijk7u56m
で、次に例に挙げられてる2タイトルだけど、どちらもあまり貴重には見えない。「日本民俗学会の会員しか購入できない会報」そりゃ、会報ってそういうもんだしな。で、まあたぶんこれ https://t.co/oqZ5x2mk4k さらに復刻版 https://t.co/iSkuEMW83Z
で、次に例に挙げられてる2タイトルだけど、どちらもあまり貴重には見えない。「日本民俗学会の会員しか購入できない会報」そりゃ、会報ってそういうもんだしな。で、まあたぶんこれ https://t.co/oqZ5x2mk4k さらに復刻版 https://t.co/iSkuEMW83Z
というレポートも紹介されている。こちらは『家庭教育指導叢書』第四輯(文部省社会教育局、昭和17年)に収録されている戸田貞三(東京帝大教授)の「我が国の家族と家族制度」。国会図書館デジタルでタダで読めます。https://t.co/FZkePSymPf
西川先生がノルテの"Faschismus in seiner Epoche"を「正直の話、途中でほうり出したくなる程に難解」と評していた。「ファシズム研究の問題点:国際ファシズム研究の紹介を中心に」『史論』 18集(1967年)9頁。https://t.co/z6XS6m2AJL

17 0 0 0 OA 心霊治療秘書

ちなみに渡辺藤交の著書『心霊治療秘書』(大正13年)は国立国会図書館デジタルコレクションで公開されています。https://t.co/8tvTJCbSO6
最近の憲法をめぐるあれこれというと、若干変化球ですが森田吉彦「高坂正堯の憲法観―積極的な改憲論への転回はいかになされたのか」『Voice』2016年7月号 https://t.co/Bkk2cllSxl がおもしろうございました。
二年程前(もう二年前…)にツイートしたのですが(https://t.co/7ytVrhphgl)、この鼎談は結構おもしろいです。https://t.co/rqqSRON4Yu アップされた動画と合わせて読むとなおいいですね。https://t.co/PKxwqMTIC9
@nekonoizumi 博物館紀要がWeb上の灰色文献化する現状は、以下の論文など興味深いです。https://t.co/091sXcKnc8
小高良友「ゲイ・カミングアウトの社会学をめざして―自分の事例をてがかりに」(東海女子大学紀要24号)を読んで殆ど流涕せんばかりに感動している。小高先生は1954年生まれの社会学博士で、既婚で子息がいるゲイ、そして創価学会員である。https://t.co/xlEHWZDQcN

2 0 0 0 OA 大日本古文書

あとはここらへんも? 『大日本古文書 家わけ第6 (観心寺文書)』1917 https://t.co/XguKoIwS6C 『大日本古文書. 家わけ第7 (金剛寺文書)』1920 https://t.co/ekMSTrK2AO #デジコレで南朝研究

2 0 0 0 OA 大日本古文書

あとはここらへんも? 『大日本古文書 家わけ第6 (観心寺文書)』1917 https://t.co/XguKoIwS6C 『大日本古文書. 家わけ第7 (金剛寺文書)』1920 https://t.co/ekMSTrK2AO #デジコレで南朝研究
『長慶天皇側近者事蹟研究資料』(臨時陵墓調査委員会, 1938) https://t.co/2hgLVLJvW7 #デジコレで南朝研究
藤田明著『征西将軍宮』(東京宝文館, 1915) https://t.co/nISc75KTPi あとは引かれてなかったけど 八代国治『長慶天皇御即位の研究』(明治書院, 1920) https://t.co/CgGvuNzu4O #デジコレで南朝研究

5 0 0 0 OA 征西将軍宮

藤田明著『征西将軍宮』(東京宝文館, 1915) https://t.co/nISc75KTPi あとは引かれてなかったけど 八代国治『長慶天皇御即位の研究』(明治書院, 1920) https://t.co/CgGvuNzu4O #デジコレで南朝研究

4 0 0 0 OA 楠氏研究

『新田義貞公根本史料』(群馬県教育会, 1942) https://t.co/HPiWRnFBha 藤田精一 著『楠氏研究』 (積善館, 1938) https://t.co/7v2KqilE6V #デジコレで南朝研究
『新田義貞公根本史料』(群馬県教育会, 1942) https://t.co/HPiWRnFBha 藤田精一 著『楠氏研究』 (積善館, 1938) https://t.co/7v2KqilE6V #デジコレで南朝研究

1 0 0 0 OA 国史の研究

久米邦武著『大日本時代史. 南北朝時代史』(早稲田大学出版部, 1908) https://t.co/s1taFsXBIN   黒板勝美 著『国史の研究. 各説 下巻』(岩波書店, 1936) https://t.co/343SPUXkib #デジコレで南朝研究

1 0 0 0 OA 大日本時代史

久米邦武著『大日本時代史. 南北朝時代史』(早稲田大学出版部, 1908) https://t.co/s1taFsXBIN   黒板勝美 著『国史の研究. 各説 下巻』(岩波書店, 1936) https://t.co/343SPUXkib #デジコレで南朝研究

5 0 0 0 OA 日本史の研究

『南朝研究の最前線』で引かれてたものとして 田中義成『南北朝時代史』 (明治書院, 1922) https://t.co/lpeGxq8cCQ 三浦周行『日本史の研究 第〔1〕輯』(岩波書店, 1930) https://t.co/7Qp8nJPOJa #デジコレで南朝研究

6 0 0 0 OA 南北朝時代史

『南朝研究の最前線』で引かれてたものとして 田中義成『南北朝時代史』 (明治書院, 1922) https://t.co/lpeGxq8cCQ 三浦周行『日本史の研究 第〔1〕輯』(岩波書店, 1930) https://t.co/7Qp8nJPOJa #デジコレで南朝研究
栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として」『レファレンス』770号(2015年3月)https://t.co/mfv6wZSjBsを読みました。一年前わかりやすさで評判を呼んだ論文ですが、国際政治理論の知見を活かした同盟の効用と逆機能の説明で素敵にわかりやすかったです。

2 0 0 0 OA 大日本博士録

小川剣三郎 号・清節。明治四年静岡生まれ。帝大卒・医学博士、専門は眼科。趣味は旅行と読書。 なるほどの蔵書印!ちなみに、国文研蔵の清節旧蔵書は十返舎一九『馬士の歌囊』 参考:大日本博士録https://t.co/CT85Spyp5o (国会デジコレ)は人名に各人の筆跡掲載で便利
長谷川亮一博士論文「十五年戦争期における文部省の修史事業と思想統制政策 : いわゆる「皇国史観」の問題を中心として」(2006年度)https://t.co/ZDOFi7hvaW 全文公開されてた興味深い博論。読まなきゃなあ。
東洋大学西山茂ゼミの共同研究「東北地方の創価学会における寺院の創建と教化活動の実態調査」https://t.co/VRMd0Os6e4 は、所謂第二次宗門問題で創価学会についた僧侶ら(憂宗護法同盟・改革同盟)の聴き取り調査で非常に興味深く、興味ある方は東洋で閲覧するとよいと思う。
これだ。古通でまちがっていなかった。 牧村健一郎「血盟団事件連座の京大生星子毅と満洲」(日本古書通信・2010-03) https://t.co/WhfJKUJ4O9
なんと去年は中世貨幣史の博論が2本も。しかも本文公開中! 稲吉昭彦「中世後期日本における貨幣使用に関する研究」https://t.co/AZylO29pd2 小早川裕悟「中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から―」https://t.co/DCwrKOHvMS
なんと去年は中世貨幣史の博論が2本も。しかも本文公開中! 稲吉昭彦「中世後期日本における貨幣使用に関する研究」https://t.co/AZylO29pd2 小早川裕悟「中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から―」https://t.co/DCwrKOHvMS
多くの朝鮮人初等学校で「御真影」は下賜されなかったが、下賜された場合も鉄条網を張り巡らすなどして「奉護」が図られた。これは、現地日本人教員の「不信と恐怖心」を現れだと。 /樋浦 郷子「植民地朝鮮の「御真影」 : 初等教育機関の場合」 https://t.co/88g6ylM6Mu
この連載の以前の回である「1960年代前半の日本人候補」によると、アメリカの連邦上院議員が岸が総理として一度核軍縮を提唱したことに胸を打たれて勝手に推薦した、という随分と変なエピソードもあったようで、中々おもしろいです。https://t.co/NWr8RZsz6O
吉武信彦「ノーベル賞の国際政治学―ノーベル平和賞と日本 吉田茂元首相の推薦をめぐる1965年の秘密工作とその帰結」『地域政策研究(高碕経済大学)』18:4(2016年3月)https://t.co/L2Aju5EFFA を読み終えました。半ば史料紹介という趣ですが面白かったです。
栗原浩英先生が鬼丸武士『上海「ヌーラン事件」の闇―戦間期アジアにおける地下活動のネットワークとイギリス政治情報警察』の書評を最近出されたことを知りました。まさに適任の書評者という印象です。https://t.co/3Ua6MyX5Zl
やはり出口氏の学生時代ドンピシャに同じ京大法学部の勝田吉太郎先生がまさにこのお題で論文を書いているのですよね。https://t.co/O15HGLQb3l バークとトクヴィルで保守主義、というのは別に珍しくないことかもしれませんが、勝田発高坂経由出口着という感じで面白いです。
高坂先生がマッキンダーで論文を書いたりしていた(https://t.co/ni2vZ6oQxt)時期だものな、とそれ自体は自然に受け止めたのですが、その後でバークとトクヴィルを題材に保守主義のことを教えられたとあったのが気にかかりました。
今日思わずフフッと笑ってしまったCiNiiの誤植です。https://t.co/M4eNwhcmQ0
"CiNii 論文 -  現代イランの呪文" https://t.co/djpoE74q1f
奥野武志「兵式体操成立史研究―近代日本の学校教育と教練」https://t.co/xL1elsYPXZ 本文あり

54 0 0 0 OA 精神病者の書態

「精神病者の書態」は近代デジタルライブラリーで公開されてるけど、例が少なく、このレベルのものが普遍性を獲得するのは難しい感じも。 https://t.co/FHULcWKuNr https://t.co/Rk9sUMRiPL
吉田路線と吉田ドクトリンを区別し、後者を「軽武装、経済中心、日米安保」であり、ある種の政策的含意を持って用いられた用語として捉え、前者を「吉田路線」=「九条=安保体制」とする添谷先生の理解はこの論文(PDF:https://t.co/7f8CWT2QHC)でも示されています。
(承前) ・夜半の手枕ついそのままに泊めて書き出す申告書 ・妾と書くのをいやがる人は国勢調査ぢや雇人 ・主も斜線か私も斜線早く添いたい好いた同志 ・捨てた女に未練はないが離別と書いたで思い出す https://t.co/ef2Cgcyu1N
その後だと辻陽さんのもの(僕の論文のデータも辻さんのをもとにしてる)。あと『「政治主導」の教訓』にも民主党への政権交代との関係でちょっと書いた。/ CiNii 論文 -  政界再編と地方議会会派--「系列」は生きているのか https://t.co/jVOv7UvrpU
都道府県議会での自民党の分裂については以前の拙著も。これは93年まで。/ CiNii 論文 -  地方における政党政治と二元代表制--地方政治レベルの自民党「分裂」の分析から (特集 選挙サイクルと政権交代) https://t.co/gk0ruyjnyl #CiNii
たまたま見つけたこの論文、P&Gがぼろくそに言われていて面白い。全温度チアーは、水や湯を使いわけて洗濯するアメリカの習慣に合わせて開発されたが、日本人は水しか使わないので意味がなかった、とか。あー、確かになんで全温度だか謎だったよ。https://t.co/NUaAsntXYd

14 0 0 0 OA 瑞派仏教学

Googleでちょっと検索しただけでも19世紀の和書に「吸血鬼」という訳語があるのはわかるぞ……。 1893年https://t.co/iyoReaxalf 1897年https://t.co/0GmFfkyFss 前者のはちらっと見た限り結構面白そう(個人的興味)

14 0 0 0 OA 国民銀行論

Googleでちょっと検索しただけでも19世紀の和書に「吸血鬼」という訳語があるのはわかるぞ……。 1893年https://t.co/iyoReaxalf 1897年https://t.co/0GmFfkyFss 前者のはちらっと見た限り結構面白そう(個人的興味)
大川勇「人文主義者のヒトラー像 : 序 ヒトラー像の変遷」(PDF) https://t.co/h43mITpxRf
これですね。公開されてる。https://t.co/2hgLVLrUxx RT 鍵: 『長慶天皇側近者事蹟研究資料』は戦前の編纂とは思えないくらい、質が高い。
八代国治 著『長慶天皇御即位の研究』明治書院、大正9 https://t.co/CgGvuNzu4O
小宮京「第五次吉田茂内閣期の政治過程ー緒方竹虎と左派社会党を中心に」『桃山法学』18号(2011年)https://t.co/5OWz4PrBuLを再読しておりました。政局の機微を感じさせる、豊かな論文です。
CiNii 論文 -  アニメ動画の音声とキャスト情報を用いた声優認識 (情報ネットワーク) https://t.co/EqrHBaCL4U アニメに音声が流れたら自動的にその声優を判別して画面に表示するシステムらしい。
信夫が神谷を擁護した、ということについては、信夫門下だった藤村道生が神谷編の資料集を書評した時にも書いているようです。 https://t.co/UioD0eT35g

フォロー(208ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @_keroko: ちなみにあたい、こういう論文書いてるんだ。:CiNii 論文 -  「聖」なるものへの「橋」--ホイジンガとカイヨワによる「遊び」概念の再検討 https://t.co/1xzNvDgneg #CiNii
p進Hodge理論と多様体のL関数の特殊値のp進的性質については,加藤和也氏による数学的にも文学的にも価値の高い論説があるので興味のある方は是非それ等を参照されたい. https://t.co/vv4KJ8caUH https://t.co/K3euqhLrh0
CiNii 論文 -  小林多喜二--その初期について https://t.co/XqLoDrcaPp #CiNii
CiNii 論文 -  小林多喜二の初期作品の意味--「老いた体操教師」を中心に https://t.co/nIrkGJZjLS #CiNii
CiNii 論文 -  小林多喜二の初期小説--有島武郎からの影響を受けて https://t.co/rtbQRu1hwU #CiNii
岩澤理論は,岩澤健吉さんの「代数体と,有限体上の一変数関数体は,どこまでも似ていると信じてよい」というロマンから生じたという色彩の強さで際立っている.このロマンは,論説として述べられており,数学界に大きな影響に与えた. https://t.co/CgWDof15UQ
高野清弘「書評 ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳」『甲南法学』57巻1/2号(2016年)47-143頁。 https://t.co/9E6TFfA1yd結論で「ホッブズの政治学は人間の学であり、「野性の王国」の話ではない」(136頁)という、時宜にかなう一文が。
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…

フォロワー(6189ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @machino_y: 「東京市中央卸売市場築地本場・建築図集」(東京市編、1934年) https://t.co/68FmOpZecp 写真集。当たり前と言えば当たり前だけど、竣工なったばかりの築地市場は今日の豊洲市場なみに(あるいはそれ以上に?)最先端のハコモノで、光…
ようやく最後までたどりつきました。「アプロディシアスのアレクサンドロス『運命について』日本語訳・注(III・完)」。正直に言うと(I)から(II)、(II)から(III)へと精度が落ちてきてしまっている気がしていて、ちょっと心残り。 https://t.co/U2KyhvxYjm
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  ヤン・フスの『教会論』とそこから見えてくる彼の神学思想の特徴--神との終末論的関係に生きる https://t.co/h9VhQAixcC #CiNii
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  ヤン・フスの『教会論』とそこから見えてくる彼の神学思想の特徴--神との終末論的関係に生きる https://t.co/h9VhQAixcC #CiNii
CiNii 論文 -  ヤン・フスの『教会論』とそこから見えてくる彼の神学思想の特徴--神との終末論的関係に生きる https://t.co/h9VhQAixcC #CiNii
家族規範パラダイムの再考 https://t.co/Jpy5h0FI3L
RT @_keroko: ちなみにあたい、こういう論文書いてるんだ。:CiNii 論文 -  「聖」なるものへの「橋」--ホイジンガとカイヨワによる「遊び」概念の再検討 https://t.co/1xzNvDgneg #CiNii

46 5 5 4 OA 南北朝正閏論争

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  南北朝正閏論争 https://t.co/nPlOd4lyh7 #CiNii
“早稲田大学リポジトリ” https://t.co/Ofk01RJxg8 #_あとで読む
“早稲田大学リポジトリ” https://t.co/THiy2ZOHDD #_あとで読む

46 5 5 4 OA 南北朝正閏論争

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  南北朝正閏論争 https://t.co/nPlOd4lyh7 #CiNii
RT @_keroko: ちなみにあたい、こういう論文書いてるんだ。:CiNii 論文 -  「聖」なるものへの「橋」--ホイジンガとカイヨワによる「遊び」概念の再検討 https://t.co/1xzNvDgneg #CiNii
家族の個人化(特集;「個人化」と社会の変容) https://t.co/5t6ro6H3Fg
RT @Basilio_II: “早稲田大学リポジトリ: ラヴェンナの皇帝モザイク -造形原理的・発展史的考察-” https://t.co/f4emZI9uCO
“早稲田大学リポジトリ: ラヴェンナの皇帝モザイク -造形原理的・発展史的考察-” https://t.co/f4emZI9uCO
“早稲田大学リポジトリ: カッパドキアの絵画と銘文 -鑑賞者に関する情報源として-” https://t.co/7nz1THOuPz
@kingbiscuitSIU 目撃でひいたら1919年でこんなのが出て来ましたよ。中野正剛とは。もっと文中の用例は遡るんでしょうねえ CiNii 図書 - 講和會議を目撃して https://t.co/APVfK0OwYN #CiNii
【法史学の散歩道】刑法新律草稿は、高鹽先生は忘れられた法典として紹介して居られますが、忘れられたことについては有力な反対意見があります。神崎直美『「刑法新律草稿」に関する一考察』(https://t.co/jdKTvcW7X1で本文が読めます)がそれです。
家族の近現代:生と性のポリティクスとジェンダー(特集;歴史社会学) https://t.co/lJbDE4b9Cz
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
家族の関係性についての一考察:児童福祉施設の実践分析をとおして https://t.co/DwlEcJh0WK
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  歌の姿楽の姿 : 院政期の楽書と歌論書 https://t.co/6ZBYx1BTPv #CiNii
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
※天皇は在位中は烏帽子、狩衣(またそれより下の装束)の着用はないので、退位後初めて狩衣(別称布衣ほい、ほうい)をお召しになる時布衣始の儀が行われました(鎌倉時代以降) →CiNii 論文 -  布衣始について https://t.co/leW942iZXJ #CiNii
シネフィリアとモダニズム――ある映画の愛し方にかんする歴史的かつ理論的な考察 https://t.co/0gkvQNU7By
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
家族および地域共同体の機能と政府の役割:日本型福祉社会の経済学的分析 https://t.co/0UqymBRDYf
育児期家族の生活と心理 https://t.co/h9HSojYS6k
#大学コンソーシアム岡山 単位互換制度の平成29年度シラバスが公開されました https://t.co/M4rMj9fsJQ #GameStudyJP 当ラボのおすすめは岡山大学「テレビゲームからみる情報科学概論」です… https://t.co/nt5g8J5T0B

4 1 1 1 OA 悪魔の系譜

悪魔の系譜 https://t.co/amHIRIn0TM
RT @Lewisik: ペロッ・・これは著作権切れのビンテージレタリング素材!!! 19コマ以降おすすめ。「サムネイル一覧」が便利。> 国立国会図書館デジタルコレクション - 新しき図案文字の描き方 : 初心者の為に https://t.co/u1YCQqBeyB https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
愛は義務になり得るのか:キェルケゴールのキリスト教倫理 https://t.co/dc93nz1RaE
RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…

3 2 2 0 OA 史料大成

https://t.co/gskewciEdj ここの66コマが兵範記における保元の乱当日の記述。(活字本です) #銀河盛 #平清盛
備忘メモ。∥CiNii 論文 -  「わいせつ」概念と嫌悪感・羞恥心 (武田紀夫教授・石井彦壽教授 退職記念号) https://t.co/0Z4UbAFyeY
CiNii 論文 -  イレーネ・シュナイダー著『子供の売却と債務奴隷制度――イスラーム法の初期段階についての研究――』 https://t.co/Iay5gSRumm #CiNii
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @hyperwizard: https://t.co/DzXm5WqQPz ⇒はやりのmaritime domain awareness についての言及が明確に薄い。宇宙空間同士の監視重視で、T大大気海洋研究所の道田教授あたりのご意見を取り入れておくべきだった。

2 2 2 0 OA 1 国際宇宙法

RT @hyperwizard: https://t.co/B3tlkdUDGY→国際宇宙法って基本国際公法で、宇宙資産議定書や新種保険など金融応用の話を網羅できれば、ビジネスベースで、もっと興味をひき、よいものになったと思います。とくに国家責任集中原則と打上げ主体の民間移行化…
CiNii 論文 -  点字使用者の同音異義の"漢字"想起について https://t.co/rnGO5tt9qq #CiNii めも
わが国の年金制度の概要(特集;年金のオペレーションズ・リサーチ) https://t.co/8LFvb1IMDi
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  「満済准后日記 紙背文書」をめぐって : 足利義教の世阿弥父子仙洞出演阻止と観世申状 https://t.co/bmKDsq6nqe #CiNii
p進Hodge理論と多様体のL関数の特殊値のp進的性質については,加藤和也氏による数学的にも文学的にも価値の高い論説があるので興味のある方は是非それ等を参照されたい. https://t.co/vv4KJ8caUH https://t.co/K3euqhLrh0
リベラルフォビアと共和主義:M・サンデルのDemocracy'sDiscontent,1996を契機として https://t.co/XWQME3Vx0p

3 3 3 1 OA 南予史概説

@Fransisco1530 色々紹介しようと思って漁ったらなんか楽しそうな本を発見。 よろしければどうぞ。 『南予史概説』 https://t.co/290yb6M9nf
メタファーを通しての理解と知識--コトバという形式知としての暗黙知 https://t.co/btlQrztTj2
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0t10aZ
ポップ文学と〈私〉のリアリティ:保坂和志試論 https://t.co/kzzzW5TiDu
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUxmbg ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMUi5K
RT @miharu_office: 【HUSCAP 北海道大学学術成果コレクション公開】『北海道大学文学研究科紀要』第151号/堀田善衞における作家・芸術家の肖像(2) : 鴨長明・藤原定家/水溜, 真由美 https://t.co/E1GNeidTXc
ポスト政治批判と生政治的生産:シャンタル・ムフの《帝国論》批判に寄せて https://t.co/h0LDzxxv6J
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOsB7A
【HUSCAP 北海道大学学術成果コレクション公開】『北海道大学文学研究科紀要』第151号/堀田善衞における作家・芸術家の肖像(2) : 鴨長明・藤原定家/水溜, 真由美 https://t.co/E1GNeidTXc
【法史学の散歩道】刑法新律草稿は、高鹽先生は忘れられた法典として紹介して居られますが、忘れられたことについては有力な反対意見があります。神崎直美『「刑法新律草稿」に関する一考察』(https://t.co/jdKTvcEx5tで本文が読めます)がそれです。
RT @Lewisik: 「脳病を全治」やべぇ・・ >国立国会図書館デジタルコレクション - 『太陽』第8巻第3号 2コマ目 https://t.co/PGQiSJ7hex https://t.co/5p9qlaMi3H
RT @MxIxTxBx: 「戦後憲法は日本の権力者、抑圧者、搾取者、差別者に押しつけられた」ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS) https://t.co/DUgNq5LqrO PAPSの母体、APP研の元代表の角田由紀子氏も皇室廃止の為に改憲を主張。 https://…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  マレー人農村の伝承医の薬と医師の薬 : 137人の聞き取りと伝承医の治療の観察から" https://t.co/VdK052p0z1
RT @morita11: "CiNii 論文 -  現代日本における科学文化論の展望 : 科学思想史から鎌池和馬『とある魔術の禁書目録』の作品論へ" https://t.co/1YBTgbGM6L
ポスト産業社会における社会福祉の対象理解 https://t.co/pPV9MQX2Ap
RT @tackerx: CiNii 論文 -  「絵画の終焉」論以後の身体 https://t.co/cKPVL3JuGd
RT @numagasa: さっきの「々」に関して『日本語における畳語複数形の生成可能性について』(https://t.co/TN3RzdD9ZC)という言語学の論文があった。私も「使用範囲が非常に限定されている」のが面白いと思う。たしかに「魚魚(うおうお)」とか「鳥鳥(とりど…
ポスト高度経済成長期の都市空間とサブカルチャー:中野ブロードウェイの「サブカルチャー化」を事例として https://t.co/w2s0ce7RZp
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? オマール・ハサン・アフマド・アル・バシール(Mr.Omar Hassan Ahmad Al-Bashir)に対する検察官の逮捕状請求に関する決定(竹村 仁美),2010 https://t.co/p15uYKey2L
ポスト近代家族における性別分業規範の変容とその類型化(2) https://t.co/IYoANZFeem
RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  アニメ「進撃の巨人」における澤野弘之の劇伴" https://t.co/s0nRO4v2fi
RT @niina_noriko: これ、正岡子規が写した黄葉夕陽村舎詩の写本っていうことになってるけど、25丁からは遠思楼詩巻、28丁からは春草堂詩鈔って書いてる。子規の研究者は知ってるのかな? http://t.co/IV0Ch2w3HL
RT @palmofcordoba: CiNii 論文 -  フェルガナにおけるバスマチ運動 一九一六〜一九二四年 : シル・ムハンメド・ベクを中心とした「コルバシュ」たちの反乱 https://t.co/w3NfPgoBLa つーかcinii検索してたらこんなの出てきたけど読…
CiNii 論文 -  フェルガナにおけるバスマチ運動 一九一六〜一九二四年 : シル・ムハンメド・ベクを中心とした「コルバシュ」たちの反乱 https://t.co/w3NfPgoBLa つーかcinii検索してたらこんなの出てきたけど読まんといかんやつでは……(吐血
石井公成(2003):見仏から恋歌へ : 『古今和歌集』の仏教的背景、駒澤大學佛教文學研究6、p.61-94. https://t.co/j6j6u7SxLq https://t.co/nzXuOchvWv
森田吉彦「書評 後藤敦史著『開国期徳川幕府の政治と外交』(有志舎)」(『大阪観光大学紀要』16)は、海防掛を軸に論じた後藤敦史氏の著書を紹介し、「過激な攘夷論」とされる吉田松陰などの議論も、海防掛の議論とかけ離れてはいないと指摘。 https://t.co/v34flUDgBU
ポスト近代家族における性別分業規範の変容とその類型化(1) https://t.co/VJ1agjTtv2
PDF 片岡樹「中国廟からみたタイ仏教論 ―南タイ, プーケットの事例を中心に― 」 https://t.co/7DNlIsa0fL
RT @KoichiAkasaka: 国立国会図書館のレファレンス誌の最新号に、「ドイツにおける連邦政府内部の憲法適合性審査―ベルリン調査報告―」と題する論稿を掲載して頂きました。ちょうど1年前のベルリン訪問調査の結果を紹介したものです。https://t.co/yXRswiL…

3 3 1 0 OA 蝦夷風俗彙纂

アイヌの土食文化については肥塚貴正『蝦夷風俗彙纂』前編 巻8(明治15年/西暦1882年)にそこそこ具体的な記述がある。 https://t.co/4S83J4ajnc(国立国会図書館デジタルコレクション 51〜52コマ)… https://t.co/O1XjfGohzl
ポストモダン教育社会学の展開と隘路,そして生政治論的転換 https://t.co/1WnWLCH1WQ
ポスドクからポストポスドクへ("ポスドク"問題その12) https://t.co/i0QUII6twY
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
バイオサイエンスにおける科学コミュニケーションとリスク概念についての一考察:新自由主義か、フーコー的な生政治か? https://t.co/8NpDtAtkpD
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
中山徹「性的差異の二律背反 : カント、フロイト、ラカン派精神分析」CiNii 図書 - ジェンダーと「自由」 : 理論、リベラリズム、クィア https://t.co/OTKpB5xZDn #CiNii
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
読了 CiNii 図書 - 瀬戸一夫『カントからヘルダーリンへ : ドイツ近代思想の輝きと翳り https://t.co/d895KF86Zg #CiNii
バーンアウト傾向の職種比較──仕事への情熱に着目して── https://t.co/uIFVb2svZP
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  中世日本の謀叛について : 大逆罪・内乱罪研究の前提として https://t.co/Rvl1KSJAsI #CiNii

46 46 3 0 OA 鶯宿雑記

RT @2SC1815J: 国立国会図書館デジタルコレクション、古典籍資料、憲政資料等約32,000点を新規追加 https://t.co/1hh47YVuBI 。江戸時代のUFOかと言われたりもする「うつろ舟」の記録なども。画像は『鶯宿雑記』巻14 https://t.co/…
テーブル表現に基づくカードゲーム戦略の推定について https://t.co/ilK5x0dxv9
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ… --- 高野清弘 ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明 訳 (岩波文庫、二○一六年) 甲南大学紀要『甲南法学』 第57巻(2016) 第1・2号 47-142ページ 2016-11-30 https://t.co/NE0U2zjAi6
RT @bokassa_1er: CiNii 論文 -  小林多喜二の初期小説--有島武郎からの影響を受けて https://t.co/rtbQRu1hwU #CiNii
RT @bokassa_1er: CiNii 論文 -  小林多喜二の初期作品の意味--「老いた体操教師」を中心に https://t.co/nIrkGJZjLS #CiNii
RT @bokassa_1er: CiNii 論文 -  小林多喜二--その初期について https://t.co/XqLoDrcaPp #CiNii
シンポジウム「現代社会における結婚の意味とはなにか」 https://t.co/bkf91owYxg
RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…