著者
葛飾北斎 画
出版者

葛飾北斎画、江戸名所狂歌絵本。大本3巻合1冊。鶴屋喜右衛門刊。色摺り。刊記丁を欠くが、絵師は、壺十楼成安の序中に「北斎ぬし」とあり、板元も序に「仙鶴堂のあるし」とある。高輪から筑地、柳橋、広小路、両国、新柳橋、首尾の松、榧寺、駒形、大川橋、浅草寺、向島、待乳山、今戸、橋場、真崎、山谷、吉原まで、隅田川の河口から遡り、最後は新吉原に至る。すべて西岸を基点として、東岸を向こう岸に眺めやる構図の連続。絵巻物を冊子化したような造りで、鶴岡蘆水画の板彩画巻『(隅田川)両岸一覧』に基づくとされる。図ごとに両岸の地名と景物を小見出しにする。絵の成立及び主板の刻彫は、諸説あるが、上巻最終の両国広小路図に「大坂下り女かるわ(ざ)」の赤い幟が見えることを根拠に、文化元年(1804)か翌2年とする説が有力。ただし、狂歌の陣容はそれより下ること、また極彩色の書肆板であることから、文政初年の補訂、彩色摺刷と考えるのが妥当か。狂歌は、上段の余白に1ないし3首ほど刻入するが、狂歌がなくとも構図上、遜色ないことから、当初から狂歌入りであったとは考えにくい。(鈴木淳)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 1 favorites)

好奇心に溢れたインバウンドはこんな所へ来るのですね。 個人的には『富岳百景』にダイヤモンド富士がしっかり描かれているのを発見。錦絵の『隅田川両岸一覧』1800~06年で色摺の出版は早いな江戸は。全部みたいと思ったら国立国会図書館の… https://t.co/geld6VQZcw
art 国立国会図書館デジタルコレクション隅田川両岸一覧。上・中・下巻が一冊の本になってる。但し、上巻は、市中の花新寺の新樹、三俣の白魚永代春風の部分が欠けてる。 https://t.co/ez6qth9gaj https://t.co/ncFxXEm1F0
art 東京国立博物館(TNM)彩色摺絵本 絵本隅田川両岸一覧・下巻 橋場の田家 隅田の都鳥(葛飾北斎 19c江戸時代)。青ゝ園】すめはまた都鳥とて草の戸も春秋を見る月花の門。緑龜年】夜なゝゝになれてやともにすみた河隈なき月のみや… https://t.co/IQPwS9hGLm
art東京国立博物館(TNM)絵本隅田川両岸一覧中巻 新柳橋の白雨御竹蔵の虹(北斎 19c江戸時代)私の読み。梅子】袖笠をかふる間もなく柳はしみとりの(髪?)もぬるゝ夕たち。壺山樓】高喜竹蔵の堀にも虹の影見えてはや両こくの(橋?)… https://t.co/QUvdpMn2Qi
RT>「小股の切れ上がった」、の小股、これはおそらく着物をたくし上げたところからチラ見えする言わば「江戸的絶対領域」のことではないかと思うのです。 具体的には北斎の絵本隅田川両岸一覧の一枚を見ていただくとわかりやすいかと! https://t.co/hrPZm3pK08
1 1 https://t.co/4mpkAB8Fsf https://t.co/iW8yHK7pEi
狐舞い、とな。 https://t.co/RiNbqX6kcE

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト