著者
曲亭馬琴 作
出版者
山崎平八[ほか]
巻号頁・発行日
1814

安房里見家を舞台に八犬士の活躍を綴った読本。文化10年(1813)から天保12年(1841)にいたる、足掛け29年を費やして完成した。表紙と各帙第1冊目の見返しは、おおむね犬にまつわるデザインで、趣向を変えてそれぞれ20種類に及ぶ。本書は馬琴旧蔵の初刷り本。誤字を訂正する馬琴の書き入れも残されている。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

これですね。全巻のデータはここから→https://t.co/qfXjyutro7 伏姫と八房の口絵 https://t.co/UdHwmAUa06
「南総里見八犬伝」滝沢の判子が押してある。手沢本っていうのかな? わんこかわゆす。 http://t.co/341hy3iS

収集済み URL リスト