60 2 0 0 OA 征虎記

著者
山本唯三郎 著
出版者
吉浦竜太郎
巻号頁・発行日
1918

言及状況

Twitter (60 users, 65 posts, 52 favorites)

@liumeiuru 第一次大戦の船舶運用で大金持ちになった山本唯三郎が虎狩りに行ったのは1917年。京城の朝鮮ホテルでの虎肉の試食会は12月5日午後5時30分から開かれた。これ以降、山本唯三郎は「虎大尽」と呼ばれる。 虎肉、食い… https://t.co/jxP9hSucDD
山本唯三郎は「どうだ明るくなったろう」の人。トラ狩りの話は「征虎記」に。https://t.co/4giQ80k1Ph / “トラ剥製返還求める韓国団体、宮内庁に照会も - 産経ニュース” https://t.co/8pjmfxMCr7
@hkazano 「どうだ明るくなったろう」の山本唯三郎は朝鮮半島に遠征して虎や豹を狩り、帰国後は帝国ホテルで盛大な試食会を開いたという。写真集「征虎記」は近代デジタルライブラリーで読める。http://t.co/4giQ80k1Ph http://t.co/eGJsT88fTN

収集済み URL リスト