15 12 12 12 OA 徳川慶喜公伝

著者
渋沢栄一 著
出版者
竜門社
巻号頁・発行日
vol.巻4, 1918

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

徳川慶喜の側近だった渋沢栄一の著した「徳川慶喜公伝」には、以下のように書かれています。(297ページ、コマ番号210/329) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953149/205?tocOpened=1 「公は大坂城にありて既に恭順謹慎と決心せられたれども、秘して人に語らせ給はねば、人々は皆東帰は再挙の爲とのみ思ひ居たるが、公は帰航の艦中にて ...

Twitter (12 users, 17 posts, 19 favorites)

おおお、一橋慶喜公と平岡円四郎の「おしゃもじ逸話」に関する史料がやっぱりありましたのですね。 https://t.co/W2xRB20tWD ていうかこれ渋沢栄一が書いた史料やないすか!!w #青天を衝け 『徳川慶喜公伝 巻4』渋沢栄一 著 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/fT3EVA1z9Y https://t.co/IVrefFPxyg
青天の平岡圓四郎の描写 ・慶喜公に仕える経緯 「徳川慶喜公伝」 https://t.co/m29tMAzyp0 嘉永六年の事なりき、烈公に書を上りて「某が家中には、某が過失は勿論、行状につきても、訓戒を申しくるる者なければ、何とぞ右やうの者両三輩を附け給はりたし」と申請へる事あり。
これは大河ドラマで描写された追鳥狩ですね https://t.co/I3qR7moNgP 弘化元年三月二十二日烈公の催し給へる仙波原の追鳥狩には、公(徳川慶喜)も五郎麿も、一様に陣羽織を著し陣太刀を佩き、未明より追手の橋詰に床几を立て、先陣よりして順次に列を正し、旗鼓を整へて繰出す状を目撃し、
青天では叱っている場面に見えないので違うと思いますが、指に灸をすえる話です https://t.co/bXiVnUnlTz 公幼き程はいたく読書を嫌ひ、ややもすれば怠らせ給ふにより、侍ふ人々は之を憂ひて、さまざまに諫めまいらせても其効なかりければ、今は力及ばず、懲らし奉るの外はあるべからずとて、 https://t.co/CIRQH0EFay
https://t.co/Gjn4UpsO0E まずは寝処の刀……「徳川慶喜公伝」は剃刀の刃ですね 烈公は諸公子の誰彼を問はず、一体に厳しく教導せよと仰せられ、自らも夜中不意に公子たちの曹司に渡せられて「此昼間は何の書物を読み如何なる遊戯をなしたる歟」と、奉仕の女房どもに問はせられ、 https://t.co/APfH1FYRWA

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

収集済み URL リスト