言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (72 users, 176 posts, 149 favorites)

→ マルセイユ出発のメンバーは、 金栗四三、山岡慎一、蓮見三郎、茂木善作、八島健三、佐野幸之助、内田正練、加賀一郎、そして野口源三郎の9名でした。 → #アントワープオリンピック #白黎会 #金栗四三 #野口源三郎 #いだてん 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/UmvPb4dFYr https://t.co/g1B4rgnFqI
#今日は何の日 1920年:大正9年9月28日。 野口源三郎と「白黎会」が日本に帰国するべく、 フランスはマルセイユを出発しました。 #野口源三郎 #白黎会 #アントワープオリンピック #いだてん 『「オリンピア」への旅』- 国会図書館デジタル https://t.co/sHQ1zHPLeC https://t.co/Bun6Nkr5mQ https://t.co/lGNXU0XR5H
#今日は何の日 1920年:大正9年9月27日。 昨日パリを発った野口源三郎が、マルセイユに到着しました。 #野口源三郎 #アントワープオリンピック #フランス #マルセイユ #いだてん 『「オリンピア」への旅』 - 国会図書館デジタル https://t.co/sHQ1zHPLeC https://t.co/CHkfNFcbz6 https://t.co/v3Qe17q01u
#今日は何の日 1920年:大正9年9月26日。 パリ見物を終えた野口源三郎が、マルセイユへと出発しました。 アントワープ日本選手団が、いよいよ日本への帰国の途に着きます。 #野口源三郎 #アントワープオリンピック #いだてん 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/sHQ1zHPLeC https://t.co/1M9Dk7q1oX
@laurusesq そうなんですよ。 もしかしていろいろと勘違いしてらっしゃるかも?と思ったので、少しだけ補足説明をさせて頂きました。 今後の日本選手団の動向も、こちらの野口源三郎の文献を参考にして下さればと思います。 『「オリンピア」への旅』-国立国会図書館デジタル https://t.co/wskZmH3Luu
→ そして野口源三郎は、このスタディオンで初めて「オリンピックの晴れ舞台」を踏んだ二人の日本人、 金栗四三と三島弥彦に思いを馳せました。 #野口源三郎 #金栗四三 #中村勘九郎 #三島弥彦 #生田斗真 #オリンピアスタディオン #いだてん 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/D12c8Sjy4Y https://t.co/sXbXruEPFW
→ 野口源三郎は「オリンピア・スタディオン」を見学しながら、 スタジアムの素晴らしさに感激し、その歴史に感慨深くなり、 → #野口源三郎 #オリンピアスタディオン #いだてん 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/tYKSGW8SZs https://t.co/jlehEonJ9e
#今日は何の日 1920年:大正9年9月3日。 野口源三郎が、スウェーデンのストックホルムに建つ 「オリンピア・スタディオン」の見学に訪れました。 #野口源三郎 #スウェーデン #ストックホルム #オリンピアスタディオン #いだてん 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/tYKSGW8SZs https://t.co/HDEnzyPnVM
#今日は何の日 1920年:大正9年9月2日。 野口源三郎が憧れの地、スウェーデンのストックホルムに到着しました。 #野口源三郎 #スウェーデン #ストックホルム #いだてん 『「オリンピア」への旅』 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/UhpQ86lRS4 https://t.co/Vzl5By1Osz
→ そして野口源三郎は一人、スウェーデンはストックホルムへと向かったのでした。 #アントワープオリンピック #白黎会 #野口源三郎 #スウェーデン #ストックホルム #いだてん 『「オリンピア」への旅』- 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/LIGYD1bwxa https://t.co/YzkyuNS2Iw
#今日は何の日 1920年:大正9年8月31日。 アントワープオリンピック日本選手の面々が、欧州各国のスポーツ視察を行うためにベルギーを旅立ちました。 なお一枚目の画像の日付は誤記です悪しからず。 #アントワープオリンピック #白黎会 #いだてん 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/LIGYD1bwxa https://t.co/DWrRxvUelB
→ こうしてアントワープオリンピック日本選手団は夜更けまで語らって、 明日から各々の旅程で、欧州各国へのスポーツ視察の旅へと向かいます。 #アントワープオリンピック #白黎会 #野口源三郎 #いだてん 『「オリンピア」への旅』- 国会図書館デジタル https://t.co/A2H7K1Y5HK https://t.co/G1TEQaJH6G
→ そのため、この悔しさを忘れず自らの糧にして、更なる日本スポーツの発展に貢献するために、 「白黎会」を結成したのでした。 #アントワープオリンピック #白黎会 #野口源三郎 #永山絢斗 #八島健三 #國友久志 #いだてん 『「オリンピア」への旅』- 国会図書館デジタル https://t.co/A2H7K1Y5HK https://t.co/EEB6aL9Rje
→ もともと今回のオリンピックは、世界のスポーツ事情を知る為の視察が主な目的でした。 ところが実際に参戦してズタボロに敗北してみると、 激しい悔しさが残りました。 #アントワープオリンピック #白黎会 #いだてん 『「オリンピア」への旅』- 国会図書館デジタル https://t.co/wskZmH3Luu https://t.co/JfkqEpByAq
ちなみに昨日リツイートした「ハワイの英雄」カナハモク選手。 https://t.co/DhjPOOsXtQ https://t.co/nafwa8FfhY 日本人選手団の面々、ハワイにて会っておりました。 #カナハモク #デューク・カナハモク #アントワープオリンピック #いだてん 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/tcuNLvVUDY https://t.co/2mIQ2J00yA
→ ご覧の通り、野口源三郎のレポートは、実は外国人選手の記述が多めです。 外国人の活躍を記録して日本の若者たちに読んで貰うという目的がありました。 #野口源三郎 #いだてん 『第七回 オリンピック陸上競技の印象』 https://t.co/hwMKjMSEjw 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/oasx0h54GI https://t.co/e9cD2ihd47
野口源三郎による「フライング・フィン」ことヌルミ選手のレポートはこちらからになります。 #野口源三郎 #アントワープオリンピック #いだてん 『第七回 オリンピック陸上競技の印象』 https://t.co/SCd0VWYLdA 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/OkcORE3xjZ https://t.co/Xtm9ajTUoI https://t.co/PNne2LVfeW
→ ご覧の通りどちらもかなりの長文でして、その力の入りようがわかります。 #野口源三郎 #金栗四三 #アントワープオリンピック #マラソン #いだてん 『第七回 オリンピック陸上競技の印象』 https://t.co/3WCLY61tYK 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/R47h8L33zy https://t.co/E97peWvW7l https://t.co/48o6rFfz4v
→ そして野口源三郎によるマラソン競技のレポートはこちらになります。 #野口源三郎 #金栗四三 #アントワープオリンピック #マラソン #いだてん 『第七回 オリンピック陸上競技の印象』 https://t.co/Nn2Afe8VEi 『「オリンピア」への旅』 https://t.co/3bHa3Iua8r https://t.co/E97peWvW7l
野口源三郎 著『「オリンピア」への旅』での日本語選手団の奮戦ぶりはここからになります。 #アントワープオリンピック #野口源三郎 #オリンピアへの旅 #いだてん #いだてん史料噺 『「オリンピア」への旅』 - 国会図書館デジタル https://t.co/BBt7BzinI5 https://t.co/mc6YvCgACL https://t.co/qQCB7QYjwj
→ 永井道明:欧米体育視察の一環としてアントワープ日本選手団に合流。 アントワープ五輪視察の他、ほぼ「引率の先生」になっておりました。 #永井道明 #杉本哲太 #アントワープオリンピック #いだてん 「オリンピア」への旅 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/DHLnLvTJD7 https://t.co/uK0ghZOyja
→ ちなみに野口源三郎さんの文献によると、若干状況が違っていたようで。 この金栗四三の「毛唐蹴散らせ」逸話が史実かどうかは保留に致しとうございます(・ω・) #いだてん #いだてん史料噺 『「オリンピア」への旅』 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/TBYoyapFhg https://t.co/UQ9jpod2WD
→ 情報ソースはこちら。 これから3日間、当時既に観光地となりつつあったハワイで、観光を楽しみ見聞を広めつつ、競技の練習もすることになります。 #いだてん 『「オリンピア」への旅』野口源三郎 著 - 国立国会図書館デジタル https://t.co/whbEUZ7RpE https://t.co/PBYrsFZ8qy
あー!!! 野口源三郎さんの文献に、可児徳先生の記述があったー!! 野口さんの文献では初めて見たよ、可児徳先生の記述。 #いだてん #いだてん史料噺 『「オリンピア」への旅』野口源三郎 著 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/YDny95cLiZ https://t.co/FfT88z415Z
→ インターネット上で読める情報ソースはこちら。 「アントワープオリンピック日本選手団」の旅路(野口源三郎視点)がわかる史料です。 #いだてん #いだてん史料噺 『「オリンピア」への旅』野口源三郎 著 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/HJUJ8MPrN2
あと野口源三郎たちがニューヨークから乗ったのは「フィラデルフィア」号。 https://t.co/0L6QCCG9pJ そしてアントワープに向かった時は汽船「ヴィル・デ・リエージ」号でした。 https://t.co/3dvkRdgPeL #いだてん #いだてん史料噺
あと野口源三郎たちがニューヨークから乗ったのは「フィラデルフィア」号。 https://t.co/0L6QCCG9pJ そしてアントワープに向かった時は汽船「ヴィル・デ・リエージ」号でした。 https://t.co/3dvkRdgPeL #いだてん #いだてん史料噺
ごめんなさい、突っ込み入れは野暮なの承知で。 史実では「コレア丸」なのですよう。 #いだてん #いだてん史料噺 『「オリンピア」への旅』野口源三郎 著 -国立国会図書館デジタル https://t.co/q3m71Cj0YQ https://t.co/kQdG1f2qIn
ごめんなさい、突っ込み入れは野暮なの承知で。 史実では「コレア丸」なのですよう。 #いだてん #いだてん史料噺 『「オリンピア」への旅』野口源三郎 著 -国立国会図書館デジタル https://t.co/q3m71Cj0YQ https://t.co/kQdG1f2qIn
→ 後で野口源三郎さんのアントワープ五輪旅行記文献と摺り合わせをしておこうか。 #いだてん #いだてん史料噺 「オリンピア」への旅 :野口源三郎 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/2BrzmtmCQB
時代の恩恵を受けて、 大西洋を渡る船に乗った時に、お腹壊して一晩中下痢に悩まされた野口源三郎と永井道明&その他の黒歴史を、 全世界で読めるようになっているこの現状よ。 #いだてん 「オリンピア」への旅:野口源三郎 https://t.co/aa2McvpR3V https://t.co/3a49z3VrrM
→ それにしても気になるのがアントワープ五輪での嘉納治五郎先生の動向なのです。 一応観戦はしたみたい、なんだけど、この野口源三郎さんの文献にも詳しく載ってなくてねぇ。 #いだてん 「オリンピア」への旅 - 国立国会図書館デジタル https://t.co/2Brzmt51Z3
「オリンピア」への旅 | 野口源三郎 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/2BrzmtmCQB  やっぱり「 #いだてん 」は大河ドラマであって、あくまで「史実を基にしたフィクション」であり、 噺を楽しんだ後に史料を辿って見ると新しい発見があってなかなかに面白いなってなる。
先日も書いた、野口さん著の五輪出場記。 https://t.co/L7QBDEw3mA 帰りの旅、汽車で同室の男が国を名乗らない、怪しく思ってたら実はドイツ人なので名乗れなかった…という話が、当時のドイツの立場を生々しく伝えてて。そんな状況で、くそったれ!と槍を投げる女子たちの眩しさなあ。 #いだてん
「オリンピア」への旅 野口源三郎 著 https://t.co/Um4ie7qgPe … アントワープ五輪マラソン章は #いだてん 本編の補完として読むと、胸に迫るものがあり辛い… 「眞當に金栗君の脚は脈もなく、温味もなく、無生の木片れそのものゝ様であつた」「君は大切なゲームには何時も惡い運命に纒ひつかれる」
「オリンピア」への旅 野口源三郎 著 https://t.co/GcC1E3lMDK 読了。アントワープ五輪の長い旅路。自国体育の力不足を認めつつも卑屈にはならず、他国選手とすぐ友人になるし、あの選手は凄いこの記録は立派だどの競技場は良いと素直に書く野口さん、本当にスポーツ好きなんだなあと。 #いだてん
「私は特にマンゴーが好きだ、口腔に含まれて味覺に觸るゝ時、氣品あるしかも清新な芳香と味とを感ぜしむるものは、此のマンゴーである。齒の根から胃へと送られる途中に於て淡雪の如うに音もなく溶けるにも此の果物である」 情熱的にマンゴーを語る男、野口。これは恋する。 https://t.co/Qj5SfTo3yF
ロッキー山脈を汽車で通過するとき、WW1を経験し今は米国の大学に通ってるらしいスラブ人青年と、日本シベリア出兵を巡って議論になるというエピソード。さらっと書かれているけれど、当時の人々のリアルな肉声も含めて切り取られた、近代史の一コマですね…。 https://t.co/FHECYl11vl

収集済み URL リスト