著者
岡崎 重史 辻野 亮
出版者
奈良教育大学教育学部自然環境教育センター
雑誌
奈良教育大学自然環境教育センター紀要 = Bulletin of Center for Natural Environment Education, Nara University of Education (ISSN:21887187)
巻号頁・発行日
no.18, pp.45-54, 2017-03

奈良市に位置する奈良公園では1,200頭を超えるニホンジカが草地や林、裸地などの植生に生息して、観光客が給餌する鹿せんべいやシバ(Zoysiajaponica)、落葉、どんぐりなどを採食している。本研究では、奈良公園におけるニホンジカの空間分布と行動の季節変化を明らかにするために、2016年3月から2017年2月にかけて毎月ニホンジカのいた地点と性年齢クラス、行動をセンサスした。合計24回の調査(延べ1,452ha)で15,491頭を観察し、センサス面積当たりの生息密度は1,089頭/km2であった。ニホンジカの空間分布と行動は季節的に大きな変化を示した。草地利用は5月と6月で大きな割合を占めていて(43.3%;年平均31.2%)、4月~9月に草の採食行動が多く観察され(14.4%;年平均8.2%)、シバ生産量の季節変動と対応していた。林冠下利用は5月~7月に利用が減少し(24.5%;年平均27.8%)、逆に10月~12月においては林冠下での落葉とドングリを主としたリターの採食行動が多く見られた(9.3%;年平均5.2%)。観光客などから給餌されやすい非生産土地の利用は年間を通して高かったが(24.3%)、草やリターの採食行動と比べると人由来の採食行動(年平均2.1%)は年間を通して低く、季節変動も少なかった。以上から、奈良公園に生息するニホンジカの日中の空間分布と行動は、シバや落葉、どんぐりなどの食物資源の季節変動に大きく依存していることが示された。

言及状況

Twitter (4 users, 6 posts, 3 favorites)

メモ。キャッシュURL。https://t.co/LjZCCZJdAY
@hitokotoiwaset1 遅れましたが初めまして。シカのことを心配してらっしゃるのに言葉が荒すぎました。すいません。 奈良の鹿も実は数が増え、栄養不足もあって大変です。https://t.co/rKhZp503MG
#宮島の鹿  どんぐりは害があります。馴化によって大丈夫になるんじゃないかと言われてます。そのため季節の初めころはそんなに食べないとか。https://t.co/iC7W27TsRb 大量のどんぐりを毎日与えたりはしてないと思うけど。
@niger1943 @manekinneko1 @matsh_ #宮島の鹿 https://t.co/3WaP44mujr 毎日1万5千焼いて。4200万売り上げて財源不足 https://t.co/xXwVyRMCa1 餌としては一年のうち11日程度の量

収集済み URL リスト