東條のと@新人歴史系VTuber (@Ayukawa_Reiji)

投稿一覧(最新100件)

『大東亜共栄圏写真大観』(https://t.co/Ysoy8hjb80)に収録された「満洲国史に就いて」というこの文章、歴史研究と(当時における)現代政治との関係性をとても分かりやすく示していてアヘ顔キメるしかない https://t.co/mqt3j57NI7
@Historian_nomad @ICQ_aisinn 読みたいんですけど入ってる図書館少ないんですよね https://t.co/D0tEEEPKpA
RT @Historian_nomad: ところで『立命館東洋史学』第43号が公開されたので、同書第42号が電子化公開されました。 増井寛也先生の『八旗創設期のグサ分領制とその基底について』 ( https://t.co/IHd3x4Kt2K )と豊嶋順揮『明朝成化・弘治年間の…
RT @Historian_nomad: ところで『立命館東洋史学』第43号が公開されたので、同書第42号が電子化公開されました。 増井寛也先生の『八旗創設期のグサ分領制とその基底について』 ( https://t.co/IHd3x4Kt2K )と豊嶋順揮『明朝成化・弘治年間の…
RT @Ayukawa_Reiji: @npodaiwa こちらは国会図書館に所蔵されている『キーナン検事と東条被告 : 極東国際軍事裁判法廷に於ける一問一答全文』ですが、この中に該当するやり取りは含まれておりますでしょうか? https://t.co/uzTQhQfgB7
@npodaiwa こちらは国会図書館に所蔵されている『キーナン検事と東条被告 : 極東国際軍事裁判法廷に於ける一問一答全文』ですが、この中に該当するやり取りは含まれておりますでしょうか? https://t.co/uzTQhQfgB7
大体こんな感じの話ですね。幕府から宮廷への政権返還は、諸外国から見ると「日本」を代表する政権が移行したことになる。 https://t.co/lCrLQkfgxU https://t.co/AvX41QvQzz
米内の声が思ったよりも低い https://t.co/1pboPfNWR7
近衛文麿の声を初めて聴いた気がするんですけど(聴いたけど覚えてないだけかもしれない)、なんかすごいアナウンサーっぽい声ですね? https://t.co/1MyVmug8E9
@KakkoSOUL こちらをご確認ください https://t.co/Qs5rZkPalE https://t.co/ciuWpscyPH
@zeong_dictator メタクソに薄いんですがこの「履歴書」の2コマ目一番右の列の下の方にうっすら「卅七八年~」という文字が見えますね https://t.co/x2PGpXFkqo
ゲルト・クルマイヒ(加藤玄・空由佳子訳)「講演 ジャンヌ・ダルクとドイツにおける研究」 https://t.co/NU95UOAmh3
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒金博男 「清末における「日曜日」の受容」 『時間学研究』10巻(2019) https://t.co/eiAgY0KxAW
個人用メモ: 滿洲國基本法大綱 https://t.co/rpnSFKDlHi 満語版満洲国基本法大綱 https://t.co/oOGU1gN3i5
個人用メモ: 滿洲國基本法大綱 https://t.co/rpnSFKDlHi 満語版満洲国基本法大綱 https://t.co/oOGU1gN3i5
@65cvn1 ダイムラー・ベンツとIGファルベンについてのみですが、こちらの論文は参考になるかと。 https://t.co/y2hLkscAHq
・東條は元帥にはなっていません ・東京裁判における東條の訴因は複数あり、真珠湾攻撃に限ったものではありません(画像参照。出典:https://t.co/OqrGuIAJHi)。 ・「大陸で作戦途中」が何を指すのか明らかではありません。真珠湾攻撃当時、東條は日本にいたことを申し添えておきます。 https://t.co/xDroEgTorO https://t.co/lZKeRBBC4x
@mikemaneki エゼキエル書第10章19節に「ケルビムすなはちその翼をあげ出でゆきてわが目の前にて地より飛びのぼれり」(https://t.co/DGh5vAmRjs)とあるので、少なくともケルビムには翼があるようです

670 3 2 0 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
RT @Historian_nomad: 逆に今これらの先生を含む先生方が切り開いて継承されてきた「ユーラシア史」の流れを、どう「中国史」と接続するのか、という点も問われてきてますね>たしか岡本先生がこれ(だったと思う、今手元にない)でもいってる https://t.co/fB…

1 0 0 0 OA 建国精神講話

@Historian_nomad つーか満洲国を民族自決の観点から評価するのか…1939年に満洲帝国教育会から出された本だと「今日世界に於て尚民族主義、一民族一国家を稱へるものゝ多い中に、眞の民族協和を以て建國の方法としようと云ふことになつた譯である」(61‐62頁)とか書いてあるんですけどね… https://t.co/54cKLG7KFf
1791(寛政3)年の『大和名所図会』挿絵に描かれている「春日の担茶屋」に鹿せんべいらしきものが描かれているのが文献上最初期の記録らしいです(https://t.co/KmhvjhoZ6G 当該論文には「1670年代には既 に存在していた」としてこの文献が引かれています) https://t.co/PItGFb2WIe https://t.co/U5gKpuOiNo
東京裁判における各「被告」の「訴因」はこちらの一覧の通りですが、見ればわかる通り「罪」とされているのは(侵略戦争としての)対米戦や対英戦の実行そのものです。どのようにしてその決定を下したかというのは国内的の問題ですし、「戦争犯罪」とは直接関係しません。 https://t.co/VKW56C6RHa https://t.co/6bnYRdwDCm
@zeong_dictator この本の3頁には「我々皇道派…」という表現がありますね。1936年12月の発行ですから226事件の後です。よく出版できたな… https://t.co/q0pRfxMU0q
安保克也「ニュー・メディア社会における表現の自由」 >表現の自由を規制するにあたり、個々人の常識的な判断や道徳などを持ち出して考えることは、時や場所によっては危険な判断基準を招く場合もある。 https://t.co/a1Xt8X59M3
・AERAdot.の記事には「ススキやヨシなどイネ科の植物を使う茅葺き屋根は、大嘗祭の象徴的存在とされてきた」とあるが、これを事実として確認できる文献や資料等は存在するのか。 ・事実として、大嘗祭における建築には、歴史上の変遷が見られる(参照:https://t.co/oUB2BiB0nj)。
RT @_cannedbread: https://t.co/mT50ONrqiq え、何?ワイのツイートが立教大学の社会学の論文デビュー??
@Historian_nomad 申し訳ない。これは別の論文で面白かったやつです。 https://t.co/euKEuF8dNk
RT @khargush1969: https://t.co/Jxz2t8QXP2 橋本満(1992)「「近代日本における伝統の発明」シンポジウム」『ソシオロジ』37(1): 61-66. https://t.co/mdkb3n5Ufr 「人々が日本古来の伝統と思っているもの」…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
「三呼萬歳」は満洲国皇帝の即位に際しても行われてますね(URL先7頁) https://t.co/vlngSLnYOW https://t.co/Ygt5JeN15O
即位礼に称ふる万歳の称へ方に就きて https://t.co/dzw5ueIdKp 面白いのあるじゃん
即位の時ではないですが、満洲国皇帝についてもいくつかの瑞祥の逸話が伝えられています。1935年の訪日に際して、黄海の航海中に一羽の鶴が南方から飛来して御召艦比叡の上を低く飛んでから東へと飛び去ったとか。 https://t.co/Odpzsf73kU
大谷卓史「過去からのメディア論 図書館における寄贈本の受難:学術資料としての可能性とその限界」 https://t.co/8hYK2j616Q
西島直己「東條首相を坑内に案内するの記」 https://t.co/vyHTWJFSpV 1942年の話。ときどき目にする東條首相の鉱山視察の写真も載ってる。
小泉憲和「『重光葵関係文書』「東条大将ト記者」の内容紹介」 https://t.co/vWWfoeispn 内容的にはほとんど元資料の文字起こし。重光による東條の人物評としては一読の価値あり。
秦郁彦「ロバート・ビュートー著『東条と日米戦争』」 https://t.co/aIA8gNRxjt ビュートー『東條英機』の翻訳がまだ出てなかった1961年当時の書評。秦氏が「われわれ日本人にとっては、かならずしも新しい事実ではない」と評している部分が今でもろくすっぽ理解されてない感あるの悲しいですねぇ! https://t.co/eljhXBHUyg
森山優「東条内閣と「国策再検討」-開戦決定と東郷外相-」 https://t.co/SxVDMBqMuk 東郷外相の言動と対米交渉条件「甲案」「乙案」の策定過程を分析し、ハルノートが東條内閣における対米開戦方針での一致を決定づけたとする論。
英機の若い頃について記されている、明治42年発行の貴重な文献。文中に「令息」とあるのが英機のことで、近衛三連隊の中尉とありますから明治40年12月末~明治42年までの期間の話ですね。 https://t.co/P2uk2cQq0w https://t.co/UEBw6V3p4U
@ahokusa1141 @ubootausfp 「全部悪い」ではないと。貴方のその主張は了解しました。しかし帝国憲法体制下における天皇の立場と権限は当然に憲法解釈上制約されるもの(https://t.co/1YdjBCutTx)ですし、少なくとも法的議論からすれば開戦当時の昭和天皇の振る舞いに批判されるにあたる点は存在しないと思料いたします。
戦時期日中関係の変容 : 日華基本条約から日華同 盟条約へ https://t.co/biD1woY3ot この辺の事情をよく知らない人が見たら仮想戦記にしか見えないタイトル好き
RT @Ayukawa_Reiji: 花圃 美地雄「興味アル尿道異物ノ1例ニ就テ」『日本泌尿器科学会雑誌』24巻5号、1935年 https://t.co/4tPniyvrqX 尿道オナニーは1930年代には既にそう珍しいものではなかったという知見を得た(どうでもいい)
花圃 美地雄「興味アル尿道異物ノ1例ニ就テ」『日本泌尿器科学会雑誌』24巻5号、1935年 https://t.co/4tPniyvrqX 尿道オナニーは1930年代には既にそう珍しいものではなかったという知見を得た(どうでもいい)

4 0 0 0 OA 時局向雛料理

「時局散らしずし」、散らし寿司なのにまったく賑々しさがなくてすごい https://t.co/HHijn1Q5AR https://t.co/qo6xrxmMey
『家事と衛生』誌、1942年の段階で「雑草のビタミンCに就いて」とかいう恐ろしい記事が載ってるんですが https://t.co/EHipIzuWt3
「国策餅」。餅といってもジャガイモ料理ですねこれは。 https://t.co/HXVLn5RmlM https://t.co/3WElDhIw9T
太田いそ「大東亜総力戦正月料理」。吸物は「戦捷新春の慶松竹梅」、一皿盛「勝利日本」の内容は「日の出蜜柑」「生魚必勝焼」「菊花アチャラ」「南方美」「北極なます」「野菜の共栄煮」、「皇国の栄光」は「煮まめ」「ごまめ」「数の子」。とにかく名前のインパクトが強い。 https://t.co/l5bl1s1hpM https://t.co/tSKgrMURSF
濱野 恭平「鼎沸する印度の偉人ガンジーの健康法」。ガンジーって健康の手引書とか書いてたんですね… https://t.co/OYBqVdVXch
太田いそ「甘藷の決戦料理-栄養と節米を兼ねた-」。なんかもう甘藷百珍って感じですが、ネーミング的に面白いのは「興亜煮」くらい。 https://t.co/mBhGdhvFBy https://t.co/2J812NjUyR

2 0 0 0 OA 食生活斷片

「泡雪飯(一名三倍飯)」。玄米を煎って一晩水に漬けておくという方法は『この世界の片隅に』でお馴染み「楠公飯」と同じですが、白米と混ぜるところがポイントなんでしょうか。 https://t.co/wyZUUeRQXe https://t.co/rw6GhRACW1
太田いそ先生、とにかく料理につける名前のインパクトが強い。「建設丼」は見た瞬間に笑った。 https://t.co/VZJKAgm2k6 https://t.co/3nEZG8QoWJ

3 0 0 0 OA 必勝正月料理

「富士の高峯」なんて威勢はいいですが、内容は蒸してつぶしたサツマイモに小麦粉と塩を混ぜて大根おろしかけて再度蒸した代用食ですからね。 https://t.co/TMvsrbNrF5
RT @maruni_y: CiNii 論文 -  書評 太田修著『日韓交渉請求権問題の研究』 https://t.co/8PgSxPRjIb #CiNii
原文はこちら(テキスト化されたものがなかったので自分で文字起こしをするという無駄な行為を行った) https://t.co/aljZiuLLy5 「籲」と「卽」だけは元の字だと書体がなかったのでやむなく簡体字の「吁」と「即」に改めた。
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒加藤聖文 「敗戦時における公文書焼却の再検討――機密文書と兵事関係文書――」 文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇,50(15), (2019-03-15) https://t.co/MlqwS6Q6Jz
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒上條駿 「献帝の礼制と皇帝権 ―董卓誅滅から許昌遷都まで―」 大正大学大学院研究論集,(43), (2019-03-15) https://t.co/hzjnhwN98R
図書館と現物保存―ニコルソン・ベイカー『ダブル・フォールド』をめぐって https://t.co/JRxr2s7QfB
書評:ジョセフ・L・サックス著, 都留重人監訳『「レンブラント」でダーツ遊びとは-文化的遺産と公の権利-』岩波書店, 2001年 https://t.co/veIBXk0QiV

1 0 0 0 OA 四天雲晴

私は詩歌には詳しくないですけれども、この辺は作品としてどうなんですかね… https://t.co/vKOgIpVISO https://t.co/2kUFiy0Q2R

3 0 0 0 OA 琵琶占い

RT @nekonoizumi: 岡田 充博 「琵琶占い」 横浜国立大学学術情報リポジトリ https://t.co/xWdYbdJKQ4
長谷川(1992)は明治以降昭和初期における、主に外交文書上で日本を表す語には揺れがあり、欧米諸国には「日本国」、「大清国」や「大朝鮮国」に対しては「大日本国」、対内文書や軍事に関わる外交文書では「大日本帝国」が一般に使用されていると指摘しています。 https://t.co/OH8C8pszQU
前野(2006)では、西洋との外交が活発化した幕末以来、欧米側に定着した「宗教的と世俗的の二系統の『皇帝』がいる国」という日本観が着目されたことで、従来対内的に用いられてきた「大日本」という呼称を対外的に用いるようになったのではないかとしています。 https://t.co/5vwT4IDaCJ

1053 0 0 0 OA 文選正文

RT @eoas_info: 令和の出典、より古いのは多分こちら。あらまぁ。 画像: 張衡「帰田賦」『文選』v.3, f.35b 所蔵: 国立国会図書館 特70-512 info:ndljp/pid/901414 https://t.co/KZOrdlweTG https:/…
図書館における廃棄―基本的な考え方と実際― https://t.co/GevJ2fdNrL
除架による蔵書メンテナンス https://t.co/fOINfIxjNW
朝日大学図書館 における資料除籍の経緯 https://t.co/wnSJzOPSUS
@Ryusetsu0330 日本では同一種類の勲章については併佩しないことになっておりますわ https://t.co/6WMdsl1JTf https://t.co/4sXy87LG6d
団 陽子「研究ノート:中華民国の対日賠償要求をめぐる意思決定過程―日本海軍の残存艦艇処分問題と米国の余剰艦艇供与との関連を中心に」 https://t.co/wHNwreQqlQ
@daitouayokoyama この渡辺一英『滑空日本歴史写真輯』(航空時代社、昭和18年)には「東條大将とグライダー」というページがありますね https://t.co/g3VEpuiATo

21 0 0 0 OA 古事記序文講義

51ページ。「…抜群の記憶力を持っていた役人の稗田阿礼が『古事記』を編纂したとされる」とあるが、『古事記』序文には「臣安萬侶ニ詔シテ稗田阿礼ノ誦ム所ノ勅語ノ旧辞ヲ撰録シテ…」とある。この序文によれば、『古事記』の編纂者は太安萬侶である。 #日本国紀 https://t.co/9yWbFjT5iP https://t.co/Obr1Cp1n1S
J-STAGE Articles - 近代蚕糸業地域における都市形成過程 : 本庄町における近代化に伴う富裕層の活動と空間変容 https://t.co/oYMjwK9h05
東條さんが敗戦の責任を回避した? 少なくとも東京裁判当時の宣誓供述書じゃ「敗戦の責任については当時の総理大臣たりし私の責任」「この意味に於ける責任は私は之を受諾するのみならず真心より進んで之を負荷せんことを希望するものであります」と述べとるが? https://t.co/ZBwDyHntqR https://t.co/QDzmpD3L9O
RT @Saxifragamystic: トルコの新聞読むときは東京外大の『トルコ新聞記事翻訳ハンドブック』がとても便利。トルコウォッチャー必携。https://t.co/AAo6wScHVZ
RT @nekonoizumi: おそらく、この博論が元になっている。要旨・審査結果等PDFあり。 賀茂道子「ウォー・ギルト・プログラム : 対日占領下における情報教育政策に関する考察」(2017) 検索 - 名古屋大学学術機関リポジトリ https://t.co/a0BiI9…
RT @khargush1969: 福田義昭(2008)「神戸モスク建立前史:昭和戦前・戦中期における在神ムスリム・コミュニティの形成」臼杵陽『日本・イスラーム関係のデータベース構築:戦前期回教研究から中東イスラーム地域研究への展開』: 23-62. https://t.co/…
J-STAGE Articles - クロアチア独立国における「ウスタシャ精神」とナショナリズム https://t.co/kKwqvD4VTu
CiNii 図書 - 隴海線と海州連雲港 https://t.co/D1O0e2xA6Z #CiNii
適当ぶっこいてるんじゃねーですよ。東條さんは対米英蘭開戦等に関わる国家弁護は行いましたが、敗戦の責任については「之を受諾するのみならず真心より進んで之を負荷せんことを希望する」と述べております。 https://t.co/ZBwDyHntqR https://t.co/P4cjF3rLjY
RT @wrmtw: 「オタク差別」の話題で宮崎勤の話はよく出てくるけど、じゃあ宮崎勤以前(1989年以前)はどんな感じだったのか……という研究が山中智省「「おたく」史を開拓する」で読めるので、興味ある方はどうぞ。機関リポジトリで全文pdfをダウンロードできます。 https:…
@Historian_nomad @subutano じゃあこれにある通りですね。A3版4頁の週刊新聞だったそうですから、私の手元にあるのは康徳5年4月1日発行分の完品ということになります。 https://t.co/N7OZmBxwqV
CiNii 論文 -  「満洲国」のムスリム (中国のイスラーム思想と文化) https://t.co/KycHvr1D4f #CiNii 読みたい
野口和彦の『パワー・シフト理論と日米開戦--システム要因と戦争の因果分析』にもこの頃の海軍側含む帝国指導者層の判断について述べられていますので是非ご一読を https://t.co/BEaoWDoASW https://t.co/QPTcAXfTDC https://t.co/vxjttB7RNv
野口和彦の『パワー・シフト理論と日米開戦--システム要因と戦争の因果分析』もついでに https://t.co/BEaoWDoASW https://t.co/QPTcAXfTDC
@YBSOISI 出典は青木一男『ひまらや杉』だそうです。多分NDLデジタルコレクションにあるこれかと。 https://t.co/fkWm69GYD4

23 0 0 0 警視庁史

@YBSOISI 月並みですが警視庁史とか? https://t.co/CghBa3bDU1
@zeong_dictator @saikamagoiti もしかしてこれですか https://t.co/uB9uFIXxYL
@jicapistheearth 山田豪一『満洲国の阿片専売』に関連の記述があるようです https://t.co/jLRX9EbQbA
厚生省の優良多子家庭表彰竝附帯調査(1940年6月) https://t.co/lQxbs8z9bn
広中一成「冀東防共自治政府の対日満「外交」―冀東政府解消問題の対応をめぐって―」 https://t.co/7momNvkpOU
@calpistime 東京商科大学東亜経済研究所の嘱託研究員となったと書いてあり、実際その時期に書かれた「アメリカ国民性の思想的脆弱性」という論文がNDLのデジタルコレクションに入ってますが、この研究所はどうも文部省の管轄ではないかと。 https://t.co/8oTg15jYYw
@Historian_nomad 図書館送信参加館なら… https://t.co/0P8FzHzH1i
@ijatype99 なお、ツイートおよび画像の引用は朝日新聞法廷記者団著『東條尋問録』(ニュース社、1948年)に拠ります。出版社は異なりますが、同口供書の内容は以下の国会図書館デジタルコレクションでも確認することができます。 https://t.co/ZBwDyHntqR
ユダヤ仏教とかいうよく分からないものについての論文 https://t.co/3OfeUOeLfA

お気に入り一覧(最新100件)

逆に今これらの先生を含む先生方が切り開いて継承されてきた「ユーラシア史」の流れを、どう「中国史」と接続するのか、という点も問われてきてますね>たしか岡本先生がこれ(だったと思う、今手元にない)でもいってる https://t.co/fBbfwBatrm あと中国の新清史批判もこの文脈といえるかなと

フォロー(764ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

明治三十七八年戦役陸軍衛生史 第五巻 第三冊 伝染病及主要疾患 第七編 脚気 https://t.co/7auT9TOe5L
RT @BungakuReportRS: 岩本 陽児 - 'Bonin Islands' の誕生 : この名称はいつ、どのようにして生まれたのか https://t.co/f76Iuxww9F
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 - 米沢本『沙石集』の副助詞ダニ・サヘ・スラ : 中世説話集における〈相対的軽少性〉〈周縁波及性〉〈把同的極限性〉の意義の一確認 (人文・社会科学編 第53号) https://t.co/k7j0z8hK18
PDFあり。 ⇒永岡崇 「宗教文化は誰のものか : 『大本七十年史』編纂事業をめぐって」 『日本研究』47(2013) https://t.co/VpDFcCr0MI
RT @demauyo_tadaimo: 家永裁判知ってる?南京大虐殺の語を用いた教科書「新日本史」の検定不合格を争った裁判で、最高裁は大虐殺と日本軍婦女暴行、731部隊の記述の検定不合格を裁量権の逸脱とし、教科書にそれらを記述し、学校で教えてもよいという司法判断を下したの h…
RT @simoyo1206: https://t.co/Z4PSfGelD5 他のも面白そう https://t.co/s38AXzL4EE
RT @sumi_hatsu: 日清・日露戦争と脚気 https://t.co/Fct3wb1ZaF この論文が詳細かつ解りやすい(海軍と陸軍の対策対比や当時の陸軍人事や主な論調からくる、白米主義の経緯が述べられているので読んでみて欲しい)
日清・日露戦争と脚気 https://t.co/Fct3wb1ZaF この論文が詳細かつ解りやすい(海軍と陸軍の対策対比や当時の陸軍人事や主な論調からくる、白米主義の経緯が述べられているので読んでみて欲しい)
RT @quiriu_pino: 『バーフバリ』の暴れ象を“尊み”で止める最高のシーン、同型の話が『仏所行讃』にあり、しかもそれは古将棋の「酔象」駒の元ネタらしい 古作 登「平安時代の「酔象」駒発見から日本将棋の進化過程を推察する」 大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要…
「トランプをめぐるアメリカ保守主義の現在 : 旗幟を鮮明にする西海岸シュトラウス学派」 https://t.co/tctD90ghH4 「アンドルー・カーネギーとアングロ・アメリカン統合の構想」 https://t.co/ClqMMXCd1o などの井上弘貴氏のアメリカ保守主義思想史本。これは要チェック。
「トランプをめぐるアメリカ保守主義の現在 : 旗幟を鮮明にする西海岸シュトラウス学派」 https://t.co/tctD90ghH4 「アンドルー・カーネギーとアングロ・アメリカン統合の構想」 https://t.co/ClqMMXCd1o などの井上弘貴氏のアメリカ保守主義思想史本。これは要チェック。
RT @sumomodane: この情報処理学会の研究報告、ダークすぎるでしょ…。 男性は、男性からも女性からも援助が得にくいが、女性は、男性から援助を得やすいというもの。学生を被験者としたゲーム実験の結果だそうです。 https://t.co/c6Eo7CIp9Z
PDFあり。 ⇒近藤 和彦 「註釈『イギリス史10講』(下の2)―または柴田史学との対話―」 『立正大学大学院紀要』第36号 (2020) https://t.co/Ow4VI9j02D
RT @BungakuReportRS: 宮﨑 甲・三枝 一将・松本 隆 - 平安時代後期・鎌倉時代の多臂金銅仏の構造と鋳造法 https://t.co/sZM3k9ikeN
RT @tomoshibi6o6o: 出典:幅健志「ハプスブルグ家異聞-2-トルコ襲来--第一次・第二次ヴィ-ン攻防戦」同志社外国文学研究 (39) https://t.co/w3Gb4ZBraG
RT @tomoshibi6o6o: 出典:幅健志「十字架と新月旗(三) : 第一次ヴィーン攻防戦」『言語文化』1 https://t.co/56vC4x6xyx
RT @tomoshibi6o6o: 出典:幅健志「ハプスブルグ家異聞-2-トルコ襲来--第一次・第二次ヴィ-ン攻防戦」同志社外国文学研究 (39) https://t.co/w3Gb4ZBraG
RT @tomoshibi6o6o: 出典:幅健志「十字架と新月旗(三) : 第一次ヴィーン攻防戦」『言語文化』1 https://t.co/56vC4x6xyx
出典:幅健志「ハプスブルグ家異聞-2-トルコ襲来--第一次・第二次ヴィ-ン攻防戦」同志社外国文学研究 (39) https://t.co/w3Gb4ZBraG
出典:幅健志「十字架と新月旗(三) : 第一次ヴィーン攻防戦」『言語文化』1 https://t.co/56vC4x6xyx

フォロワー(6229ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Daishi_hundred: @onoderamasaru この論文にも少し「農地改革」のことに触れています。 アイヌ教育制度 - HUSCAP - 北海道大学 「アイヌ教育制度」の廃止 : 「旧土人児童教育規程」廃止と1937年「北海道旧土人保護法」改正 http…
RT @miyopee: @suama13 色の視覚認知系実験としてはポラロイドカメラの発明者エドウィン・ランドの実験が有名で、モノクロ写真に赤と緑のフィルタを重ねる事で繊細な色彩を錯覚させる事ができるとのことです。 人間の脳は、そこにない色を勝手に再構築して見ることが出来ます…
タトゥー無罪判決は、辰井先生(控訴審で意見書を書いた人)のこの論文の考えに強く影響を受けているので、この論文の記載からすると、この判決は、タトゥーはもちろんのことピアスの穴開けの医行為該当性にも影響を与えそう。 医行為概念の検討 : タトゥーを彫る行為は医行為か https://t.co/yVEv0OC8sV
RT @KoichiYoshizuka: 同日,皇太子裕仁親王には秋の陸軍特別大演習(11月)の予定が入った。「この日(大正)天皇より,皇太子を今秋第12師管下において挙行の陸軍特別大演習に差し遣わせる旨の御沙汰が下される。20日,東宮大夫浜尾新より,御沙汰の伝達を受けられる。…
タトゥー無罪判決は、この辰井先生(控訴審で意見書を書いた人)の論文の考えに強く影響を受けているものなので、ピアスの穴開けの医行為該当性に影響がありそう。 CiNii 論文 -  医行為概念の検討 : タトゥーを彫る行為は医行為か (林美月子教授退職記念) https://t.co/yVEv0OC8sV
RT @toritori_gt: ホントこれが今の課題。 『 現在の日本における捕獲の担い手増加策では,ハンターとカラーのどちらの育成を目指すのかあいまいな面があるが,ハンターとカラーとでは,必要とされる知識や技能などが異なる...』 https://t.co/wjjfsl…
明治三十七八年戦役陸軍衛生史 第五巻 第三冊 伝染病及主要疾患 第七編 脚気 https://t.co/7auT9TOe5L
RT @demauyo_tadaimo: 家永裁判知ってる?南京大虐殺の語を用いた教科書「新日本史」の検定不合格を争った裁判で、最高裁は大虐殺と日本軍婦女暴行、731部隊の記述の検定不合格を裁量権の逸脱とし、教科書にそれらを記述し、学校で教えてもよいという司法判断を下したの h…
RT @simoyo1206: https://t.co/Z4PSfGelD5 他のも面白そう https://t.co/s38AXzL4EE
RT @Daiji_Zen: ちなみによくあるコレは30年前の時代遅れの説です。 詳しくはコチラ↓ https://t.co/N4JQPoDjwG https://t.co/5iUnWQ8Hnu
RT @sumi_hatsu: 日清・日露戦争と脚気 https://t.co/Fct3wb1ZaF この論文が詳細かつ解りやすい(海軍と陸軍の対策対比や当時の陸軍人事や主な論調からくる、白米主義の経緯が述べられているので読んでみて欲しい)
日清・日露戦争と脚気 https://t.co/Fct3wb1ZaF この論文が詳細かつ解りやすい(海軍と陸軍の対策対比や当時の陸軍人事や主な論調からくる、白米主義の経緯が述べられているので読んでみて欲しい)

239 4 4 0 OA 伊勢物語

RT @2SC1815J: 別の例でこれまでの流れをご紹介します。IIIF Curation Viewerを用いて嵯峨本『伊勢物語』https://t.co/HQifIjEq7z の印字を活字ごとに切り出してみます(添付1枚目)。同v1.7からは、添付2枚目のように表示すること…
RT @ent_univ_: 耳鼻科医として知っていてほしい リモートワークでのイヤホンの長時間使用→外耳炎は結構見かけます スピーカー、首掛け型スピーカー、せめてヘッドホンを使う、さまざまな選択がありますので、長時間使う方はご注意を ひどい場合は真菌症といってカビによる…
RT @ent_univ_: 耳鼻科医として知っていてほしい リモートワークでのイヤホンの長時間使用→外耳炎は結構見かけます スピーカー、首掛け型スピーカー、せめてヘッドホンを使う、さまざまな選択がありますので、長時間使う方はご注意を ひどい場合は真菌症といってカビによる…
RT @quiriu_pino: 『バーフバリ』の暴れ象を“尊み”で止める最高のシーン、同型の話が『仏所行讃』にあり、しかもそれは古将棋の「酔象」駒の元ネタらしい 古作 登「平安時代の「酔象」駒発見から日本将棋の進化過程を推察する」 大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要…
RT @ent_univ_: 耳鼻科医として知っていてほしい リモートワークでのイヤホンの長時間使用→外耳炎は結構見かけます スピーカー、首掛け型スピーカー、せめてヘッドホンを使う、さまざまな選択がありますので、長時間使う方はご注意を ひどい場合は真菌症といってカビによる…
RT @ent_univ_: 耳鼻科医として知っていてほしい リモートワークでのイヤホンの長時間使用→外耳炎は結構見かけます スピーカー、首掛け型スピーカー、せめてヘッドホンを使う、さまざまな選択がありますので、長時間使う方はご注意を ひどい場合は真菌症といってカビによる…
RT @netlorechase: 例えば以下の研究では確かに紙のほうが良い結果になるのですが、反射光と透過光では差がなく、理由ははっきりしないものの、媒体への慣れの可能性を示唆しています 表示媒体の違いが誤りを探す読みに与える影響 https://t.co/CovYCWBH…
RT @inuchochin: はるばる土佐から大石進に入門して、土佐に大石神影流を伝えた樋口真吉も、元々修行していた無外流に突きが無いことを不満に思っていたので、実際に突きを使う流派は多くなかったのではないかと思います。(どうも小野派一刀流は突いていたようですが) https…
RT @ent_univ_: 耳鼻科医として知っていてほしい リモートワークでのイヤホンの長時間使用→外耳炎は結構見かけます スピーカー、首掛け型スピーカー、せめてヘッドホンを使う、さまざまな選択がありますので、長時間使う方はご注意を ひどい場合は真菌症といってカビによる…

5 4 4 0 OA 運歩色葉集

RT @okjma: 国語辞典・古語辞典の類が、「菅」をクヮンにしているのは、十分な検討を経てのことではないように思います。 例えば運歩色葉集の「菅家 カンケ」と https://t.co/IIF3sL7iYp 「管領 クワンレイ」など。 https://t.co/qWlnzc…

5 4 4 0 OA 運歩色葉集

RT @okjma: 国語辞典・古語辞典の類が、「菅」をクヮンにしているのは、十分な検討を経てのことではないように思います。 例えば運歩色葉集の「菅家 カンケ」と https://t.co/IIF3sL7iYp 「管領 クワンレイ」など。 https://t.co/qWlnzc…
RT @sumomodane: この情報処理学会の研究報告、ダークすぎるでしょ…。 男性は、男性からも女性からも援助が得にくいが、女性は、男性から援助を得やすいというもの。学生を被験者としたゲーム実験の結果だそうです。 https://t.co/c6Eo7CIp9Z
RT @khargush1969: 小林雅夫(2008)「古典古代の奴隷医師(シンポジウム 古代地中海世界における病・癒し・祈り)」『地中海研究所紀要』6: 45-54. https://t.co/FuGSgARrzr (たまたま見ての興味本位のクリップだが)ローマでは医学が自…
RT @sumomodane: この情報処理学会の研究報告、ダークすぎるでしょ…。 男性は、男性からも女性からも援助が得にくいが、女性は、男性から援助を得やすいというもの。学生を被験者としたゲーム実験の結果だそうです。 https://t.co/c6Eo7CIp9Z
RT @sumomodane: この情報処理学会の研究報告、ダークすぎるでしょ…。 男性は、男性からも女性からも援助が得にくいが、女性は、男性から援助を得やすいというもの。学生を被験者としたゲーム実験の結果だそうです。 https://t.co/c6Eo7CIp9Z
RT @sumomodane: この情報処理学会の研究報告、ダークすぎるでしょ…。 男性は、男性からも女性からも援助が得にくいが、女性は、男性から援助を得やすいというもの。学生を被験者としたゲーム実験の結果だそうです。 https://t.co/c6Eo7CIp9Z
RT @sumomodane: この情報処理学会の研究報告、ダークすぎるでしょ…。 男性は、男性からも女性からも援助が得にくいが、女性は、男性から援助を得やすいというもの。学生を被験者としたゲーム実験の結果だそうです。 https://t.co/c6Eo7CIp9Z
RT @Rusjpa: なお、無可動の拳銃絡みで警察および税関に事前に加工方法などについて相談していたにも関わらず立件された例もある。 さすがにこれは高裁で問題なしとされたが、今回の件は業者による拳銃部品の密輸、所持、販売の疑いだからやばそう。 https://t.co/NN…
RT @Rusjpa: なお、無可動の拳銃絡みで警察および税関に事前に加工方法などについて相談していたにも関わらず立件された例もある。 さすがにこれは高裁で問題なしとされたが、今回の件は業者による拳銃部品の密輸、所持、販売の疑いだからやばそう。 https://t.co/NN…
RT @ume_retire: 戦後の砂糖不足の時代に出回り、安全性の問題から廃れた「チクロ」「サッカリン」などの人工甘味料。その中ではマイナー(?)な印象の「ズルチン」が、グラム単位の摂取で致死に至る恐ろしい代物だと知りました。 ズルチンによる食中毒事件(昭41.7 島根県…
RT @fushunia: 小畑弘己さん(熊本大学教授)の研究成果報告(2012年) 縄文土器の圧痕に大豆や小豆があると説明されるとき、必ず先行研究として出てくるみたいなので、Google検索でPDFを検索したら出てきました。 https://t.co/7Z4KWRZ3e4
RT @change_academia: 経済的支援の有無で博士課程院生を分けて中退率を調べると、「学費の免除」の有無で大きく変わっているという。今年5月に出されたNISTEPの調査結果。 https://t.co/Ln8kKQgusK https://t.co/nz1xthn…
RT @hotaka_tsukada: 【論文刊行】塚田穂高「戦後日本における 「宗教右派」「宗教右翼」 概念の形成と展開」が、『上越教育大学研究紀要』40-1に掲載されました。こちらからダウンロードできます。本論文は「概念」についてです。実態研究は並行して進めています。御高覧…
アーサー・クラークが三島由紀夫に影響を与えたと知って「アイエエ!?」している J-STAGE Articles - (想像できない)ユートピアへ向けて https://t.co/VxHTFGZavU
RT @hotaka_tsukada: 【論文刊行】塚田穂高「戦後日本における 「宗教右派」「宗教右翼」 概念の形成と展開」が、『上越教育大学研究紀要』40-1に掲載されました。こちらからダウンロードできます。本論文は「概念」についてです。実態研究は並行して進めています。御高覧…
RT @jupiterthunder_: @Q0BuL8pJ8yfBbK6 @togatogaunion @kusoyaroh333 @wildcat_x @tim123456789021 @noharra @takej9S9YPrCit8 @Number_2019 @idog…
名古屋経営短期大学の先生が「一節切」という室町人の吹いていた笛の再現法を教えてくださっています https://t.co/QAyVeOaYdL
RT @Pegasoferae: https://t.co/5qwRPv4VyC 魯迅も茅盾も郭沫若もみんな「ラリってたバカ」なんですか。もう近代中国全否定ですね。 https://t.co/jtNUcv2aHw https://t.co/INfP9WajEV
RT @tomoshibi6o6o: 出典:幅健志「ハプスブルグ家異聞-2-トルコ襲来--第一次・第二次ヴィ-ン攻防戦」同志社外国文学研究 (39) https://t.co/w3Gb4ZBraG
RT @tomoshibi6o6o: 出典:幅健志「十字架と新月旗(三) : 第一次ヴィーン攻防戦」『言語文化』1 https://t.co/56vC4x6xyx
あと、犬も猫もてんかんの有病率は少なくないですし、おそらく哺乳類には普遍的に見られる病気でしょうね。 https://t.co/cij9uqSkVo https://t.co/pGsFoJFAyT
RT @tomoshibi6o6o: 出典:幅健志「ハプスブルグ家異聞-2-トルコ襲来--第一次・第二次ヴィ-ン攻防戦」同志社外国文学研究 (39) https://t.co/w3Gb4ZBraG
RT @tomoshibi6o6o: 出典:幅健志「十字架と新月旗(三) : 第一次ヴィーン攻防戦」『言語文化』1 https://t.co/56vC4x6xyx
出典:幅健志「ハプスブルグ家異聞-2-トルコ襲来--第一次・第二次ヴィ-ン攻防戦」同志社外国文学研究 (39) https://t.co/w3Gb4ZBraG
出典:幅健志「十字架と新月旗(三) : 第一次ヴィーン攻防戦」『言語文化』1 https://t.co/56vC4x6xyx
RT @HYGSSN: @HFASDragon そのイメージでは自民党の政治家と大差がなく、差別化が難しいため、選挙での勝利は厳しいでしょう。ちなみに政治家のイメージがどう重要だったのかについて下記二つの歴史学の論文が検討しています。よろしければお読みください。 https:/…