著者
鳥居 春己 高野 彩子
出版者
奈良教育大学自然環境教育センター
雑誌
奈良教育大学自然環境教育センター紀要
巻号頁・発行日
vol.16, pp.37-43, 2015-03-20

ニホンジカが高密度に棲息する奈良公園において、移動式シカ柵を用いてシバ地の生産量を推定した。5 基の柵を2007年4月から翌年4月まで設置し、1ヶ月間隔で移動し、柵内の10 cm四方の区画それぞれ3カ所から伸張した植物を採取し、乾燥重量を計量した。冬期間の生産量はなく、春には急激に増加し、秋まで安定して生産され、年間に2,895 kg/haとなり、この量は奈良公園と同様に高密度に棲息する宮城県金華山島の結果と類似したものであった。その生産量から公園平坦部で養うことのできるシカ個体数はほぼ730 頭と推定された。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

奈良公園の芝地生産量 #鹿資料館 https://t.co/QntLyaLxWn
@Cho880717 鳥居春己・高野彩子. 2015. 高密度にニホンジカ(Cervus nippon)が棲息する奈良公園におけるシバ地植生の生産量. 奈良教育大学自然環境教育センター紀要 16: 37-43. https://t.co/BmETMPEN2q

収集済み URL リスト