坪田博美(5) (@chuboht)

投稿一覧(最新100件)

@penginmura_koke @kusaiyajingoku @4hw8yvW9k5C1JC1 @myoken11 https://t.co/KSf0kSvplf
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
RT @katayama_naoki: 「住宅地で1年間にネコに捕食される鳥獣は132頭/haと推定」 神奈川県厚木市における自由行動ネコ(Felis catus)の野生鳥獣に対する捕食圧 https://t.co/JbGbMCtbm8
@sumiresama @SHIMAQ404 例えばこれ.-> 金 徳謙. 2017. 広島市お好み焼き店にみる食文化の観光利用. 香川大学経済論叢 90(1): 89-110. https://t.co/fsm7scvmAT
@sumiresama @SHIMAQ404 神野希清. 2004. 広島の味「広島お好み焼き」. 電気設備学会誌 24(8): 644. https://t.co/kwxOQFN2Md CiNiiでは25巻までしか見れませんでした.
RT @tuyamagu: 日本生態学会 野外安全管理委員会 (2019)『フィールド調査における安全管理マニュアル』https://t.co/61rjNzoP4u 研究者じゃなくてもフィールドに行く虫屋・生き物屋は目を通しておいたほうが良さそう。
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
@makoto_B @TakahikoNojima 参考になれば幸いです。CiNii 論文 -  社会実践生物学とブレインストーミング実習 : 発想力と実践力をいかにして伸ばすか https://t.co/WRzq8X5T0G #CiNii
@bunkajin_kobe このあたりの成果が論文になっていれば,放虫の影響も分かるかも知れませんね.https://t.co/BRGngSUPGB
#宮島の鹿 に関連して,ダニに関する感染症についての日本語の新しいレビューです.-> 佐藤(大久保)梢・高野 愛・高娃・安藤秀二・川端寛樹. 2019. ダニ媒介性感染症—国内に常在する感染症を主に—. 衛生動物 70(1):… https://t.co/I3V4yxCXgP
@saitobokujo アシダカグモの文献はこちら.-> 大利昌久. 1975. わが国におけるアシダカグモの地理的分布. 衛生動物 26(4): 255-256. https://t.co/9nMe0CL1N5
RT @naoyukinkhm: 昆虫研究者のための博物館資料論・資料保存論 (2) 昆虫標本の活用:データベース構築の実際(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/qSSCTnyFVc 標本のデータベースを構築する際に気をつけるべきことが詳しく紹介されています…
RT @naoyukinkhm: ニホンジカの採食により退行した丹沢山地冷温帯自然林における植生保護柵の設置年の差異が多年生草本の回復に及ぼす影響(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/9zZ6KyikBk 植生復活のためには、シカにより植生が退行から10年以…
@sugigoke いずれにしても,もう一度まじめに検討してみます.クマノザクラも長年地元では早咲きのものがあるという認識はあったものの,種として確認されていませんでしたので.https://t.co/jK8c9fBsWK
引用文献 -> 池田 敬・白川拓巳・鈴木正嗣. 2018. 5種類の誘引餌によるニホンジカとイノシシへの誘引効果の比較. 野生生物と社会 6: 13-20. https://t.co/VptpltG44T
RT @naoyukinkhm: 一斉開花後のチュウゴクザサ (Sasa veitchii var. hirsuta) 群落再生におけるニホンジカの継続的採食圧の排除がもたらす効果(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/4Lldjok0Py ササが一斉開花す…
RT @TetYahara: サンゴの移植はこれまでにも実施されていますが、それは白化などで衰退したサンゴ礁の再生のために行われているのです。埋め立てるために他の場所に移すという行為は、決して保全とは言えません。移植の現状と課題については日本サンゴ礁学会の提言をぜひご参照くださ…
RT @TetYahara: 日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全委員会(2008)「造礁サンゴ移植の現状と課題」:移植が負の効果をもつ可能性を認識するとともに,不必要な開発の免罪符にされたり,より重要な保全行動へ向かうべき努力の「すり替え」に使われることには注意しなければならない。h…
@komazawaiine こんな論文がありました.https://t.co/bWon1c79Rf
@kyDE4gQhRFRa3oX @chojyu1972 @sankakutobira_ @momoneko2221 @SakuragitsuKans 宮島には他のシバ属植物もありますが,海辺に出るものです.参考-> https://t.co/zk55qZICyz
宮島のシカが餓死していないのはシカの個体数の齢構成からもわかります.金華山のニホンジカの研究と比較しても,宮島のシカは長生きな傾向があります.https://t.co/ybXGWBUd1I

1 0 0 0 OA スンプの發展

鈴木純一. 1936. スンプの發展. 応用物理 5(6): 279-281. DOI https://t.co/DjGwLHI0RG
RT @hibagon_killer: 瀬戸内海の広域流動に黒潮の影響はあるだろうとは思っていたけど、ちゃんとそのことを扱った論文があった。流路を見ると、黒潮の蛇行次第で大きく流れが変わるみたい。 瀬戸内の島嶼部昆虫相の形成にも関係してそう。 駒井ほか(2008)土木学会論文…
RT @naoyukinkhm: 奈良県大和川水系のメダカ集団から確認されたヒメダカ由来のミトコンドリアDNA(日本語、オープンアクセス) https://t.co/5rY7dZtSs2
梶 光一. 2018. 科学的な野生動物管理を目指して:シカの爆発的増加と個体群管理. 哺乳類科学 58(1): 125-134. https://t.co/kb4uJQytvs
メダカは日本が誇るモデル生物です.https://t.co/FqdlLh5Y4Q https://t.co/XVoqNJBCPF
@Cr3jfFWmv1iAxlY @sv575GoYGuCIeTj こんなページがありました.参考まで.https://t.co/w0jdl49JFe / https://t.co/vF8vlN2fx9 / https://t.co/7cPz8L1eN8
@sv575GoYGuCIeTj @Cr3jfFWmv1iAxlY 論文もあります.参考になれば幸いです.https://t.co/kb4uJQytvs
@yourythm39 @garasuhibar とくにドングリ(ブナ科植物)についてはカシノナガキクイムシが起こすナラ枯れが現在広がりつつあります.詳細については少し古い論文ですがこちらをご覧ください.-> https://t.co/jBbfSBgNEP
宮川 剛. 2012. 科学技術研究における多様なメトリクスの重要性一研究者の視点から. 情報管理 55(3): 157-166. https://t.co/pDXhesrfkn

お気に入り一覧(最新100件)

@rLSJyYPiBjFvoeQ 神奈川県でのデーターで以下の記録がありますが… https://t.co/6ZORJM5Apb…
保護地域とはどのような地域か: IUCN保護地域管理カテゴリーの概説。東 2019.(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/PV3Du5vwZm IUCNによる保護地域の定義などをはじめ、保護地域について詳しく紹介されています。
森林生態系およびその隣接生態系における生物多様性と生態系機能の保全に向けた景観生態学の役割。滝・山浦 2007(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/uifKzjxyqA 森林における生物多様性保全に向けた景観… https://t.co/F46BVyXoNQ
森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
というか調べてたら世界哺乳類標準和名目録なる超すごい文献が出てきた 去年出たばかりでフリーアクセスっぽい https://t.co/BzptVq9Rwp
J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少なそう。
移植困難植物の保全現場で野外播種試験をどのように活用していくか。庄司ほか 2019. (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/G1nFMjzlWo
京都府芦生研究林におけるニホンジカによる植生被害と森林生態系への影響。福島 ほか 2015. (日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/rJY1WJz52L ニホンジカによる植生被害は窒素動態にも影響を与えるようで… https://t.co/AWGPzfQbZK
佐々木浩(2016)日本のカワウソはなぜ絶滅したのか.人間文化研究所年報,27:95-111.ここからPDFがDLできます→ https://t.co/BoTRGciqBh 非常に興味深い記録のまとめです。
TLでイヌにおける狂犬病ワクチン副反応が話題になっていたので。下記文献(PDF文書)では、副反応による死亡は、2004年で、約25万頭に1頭の割合で起こっているようだ。 https://t.co/w6TgyWmDBs
遅ればせながら鉄腕DASHを視聴。皇居にホタルがすんでいるんだなぁと思って調べてみると、こんな論文が。「皇居に蛍を定着させて40年:ゲンジボタルの幼虫に見られる多年羽化の実態」(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/DhYFEklTxd
池田(2018)外来種はなぜ問題なのか? : 人と動物の関係からみる外来種問題 ここからPDFのリンクがありますね→ https://t.co/OTzdsflguO 講演録なのかな?とてもわかりやすく整理されていて、これは外来種問題に興味ある人は必読ですね。
@TetYahara 神奈川県でのデーターで以下の記録がありますが… https://t.co/wmUFTilN6D
「住宅地で1年間にネコに捕食される鳥獣は132頭/haと推定」 神奈川県厚木市における自由行動ネコ(Felis catus)の野生鳥獣に対する捕食圧 https://t.co/JbGbMCtbm8
@harufoot 野生動物のトキソプラズマ抗体保有は、モグラ、タヌキ、ユキウサギ、ドブネズミ、ハタネズミ、アライグマ、ゴマフアザラシ、スズメから(この論文以前に)既報告。王子動物園での飼育動物では、イノシシ、テン、トビ、チュウシ… https://t.co/xT0vO3eiJE
ベジータが言っていたハイマツとキタゴヨウの交雑の研究てこれかな。科研費の報告書だけど。面白い。 https://t.co/nXe7BVGYXS
生態系保全とニホンジカによる食害への対応からみた地域性種苗緑化の優位性(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/1ysYWliciO シカの多い地域では、シカがあまり好まない在来種ススキやチカラシバの地域性種苗による緑化が有効であるとしています。
日本生態学会 野外安全管理委員会 (2019)『フィールド調査における安全管理マニュアル』https://t.co/61rjNzoP4u 研究者じゃなくてもフィールドに行く虫屋・生き物屋は目を通しておいたほうが良さそう。
日本生態学会誌69号別冊「フィールド調査における安全管理マニュアル」 これは必携。 https://t.co/NNiE2u8Zc8
CiNii 論文 -  特集1「書評コロキアム」 日本における島嶼研究の系譜から石原俊の小笠原群島研究を考える https://t.co/bbkznueo1c #CiNii
ヒートアイランドについては、涼しい海風が内陸を冷やすのを湾岸の高層ビル群がブロックしているという研究が増えてる印象。 https://t.co/Lj82swBqpQ https://t.co/uhZRFCxNaN https://t.co/Do3bpANHoP
海浜生植物(コウボウムギ、コウボウシバ、ハマヒルガオ、ネコノシタ、イワダレソウ、ハマエンドウ)の系統地理学的研究。葉緑体DNA配列による。富田ほか(2018)緑化工学会誌, 44: 45-50. https://t.co/A6SHO4dysd #日本の野生生物の地理的遺伝構造
福島県初記録のホンゴウソウ(ホンゴウソウ科)とその訪花昆虫の報告(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/rUbMPMN5ej クロバネキノコバエ科の昆虫がホンゴウソウに訪花していたようです。
mtDNA-COI領域のシーケンス分析によるヤマトシジミの地域集団構造(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/NlbKgLDOp8 蝶ではなく貝のヤマトシジミです。明瞭な遺伝的分化が見られた一方で、過去の移植放… https://t.co/akL7Jikymn
地域の遺伝資源保全に配慮した緑化工のための埼玉県コナラ集団の遺伝的多様性評価(日本語論文、オープンアクセス)  https://t.co/01kU7s7Uea 工事に伴う伐採前に採種して育苗したして工事跡地に植栽した͡͡コナラ集団… https://t.co/azN5lA8nna
全個体遺伝子型解析データに基づく絶滅危惧水生植物シモツケコウホネNuphar submersaとナガレコウホネN.×fluminalisの市場流通株の種同定と産地特定(日本語論文、オープンアクセス)… https://t.co/hBlFm6m265
花粉のDNA分析で森林についてわかること(日本語解説、オープンアクセス) https://t.co/0kFVIUFnBW 古植生推定、樹木の繁殖生態解明、ハチミツの蜜源植物推定など、花粉DNAを用いた研究が紹介されています。
この論文、PDFがオープンになりました! 増井ほか(2018)熊本県阿蘇地域における斜面崩壊後4年目および26年目の半自然草原植生.日本緑化工学会誌 44(2):352-359. https://t.co/hKCfYkuDBA https://t.co/E6TlHp0GKS
福江島・五島市三井楽町における アメリカザリガニの駆除の現状と課題(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/CXERfh1j0k 駆除に長期間取り組まれていますが、一向に減る気配はないようです。ザリガニのいる… https://t.co/Lt4fkZBIWf
鳥取砂丘における最近60年間の海浜植生変化と人為インパクト(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/bwmqyFsylN 広大な砂丘が広がる鳥取砂丘ですが、100年前と比べると面積が10分の1程度に減少していたのですね。
海浜植物群落の保全と復元について:系統地理学と集団遺伝学からの提言(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/s0ui594Ncs より多くの海浜植物で系統地理構造の解明が望まれること、系統地理構造の不明な海浜植… https://t.co/2zpabwa2ef
たぶん「ラジ」はキテレツ大百科のコロ助のナリと同じでコピュラの性質(「です」的)を持っているから「か」が後ろに続くというので説明できるのかなあと(コロ助のナリも疑問では「ナリか」)(定延利之2007「キャラ助詞が現れる環境」… https://t.co/YPoQlF8Ebq

107 0 0 0 IR IBMとただの虫

「ただの虫」の概念重要ですよね。「「ただの虫」はたんに害虫でも益虫でもないというだけで無意味な存在ではない。」「生態系において彼らが果たしている役割を我々がよく知らないだけなのだ。」という文章が印象的。 桐谷圭治 2012. IB… https://t.co/J9eZRqrXX5
昆虫研究者のための博物館資料論・資料保存論 (2) 昆虫標本の活用:データベース構築の実際(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/qSSCTnyFVc 標本のデータベースを構築する際に気をつけるべきことが詳しく紹… https://t.co/lns2cXYjA5
クロツヤヒラタゴミムシの生態―成虫の季節消長,繁殖様式,飛翔能力(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/LsAprhk2V7 いわゆる普通種でも、生態の情報が蓄積されている種は多くありません。そうした普通種の生態… https://t.co/E9x3aCaZVA
マムシに噛まれたら 日臨救医誌(JJSEM)2014:17:753-60 1:走ってでも30分以内に受診! 2:応急処置は吸引や駆血を行い、切らない、刺さない この時期マムシに噛まれる人が多いから気をつけて マムシに噛まれて… https://t.co/xUGQ1Mdb4q
ため池が持つ防災上のプラスの効果を評価した研究には、たとえば次のようなものがある。(いずれも水工学論文集) 大八木ほか 2006 ため池を用いた御笠川流域の治水強化策. https://t.co/obHUSQqB0Z 大槻ほか 2… https://t.co/MS4WKz6OLs
ため池が持つ防災上のプラスの効果を評価した研究には、たとえば次のようなものがある。(いずれも水工学論文集) 大八木ほか 2006 ため池を用いた御笠川流域の治水強化策. https://t.co/obHUSQqB0Z 大槻ほか 2… https://t.co/MS4WKz6OLs
ランドスケープの変化が種多様性に及ぼす影響に関する研究 : 東京都立石神井公園周辺を事例として(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/vTGjITRjaW 1930-1940年代と1980-1990年代の生物相… https://t.co/3Ahs0hBAax
都市近郊に位置する孤立草地の埋土種子相に隠されたリスク: 草原性植物の残存個体群の保全に向けた課題(日本語論文。オープンアクセス) https://t.co/cuF9CFwcf2 植生回復のためにしばしば用いられる埋土種子(地中の未発芽種子)ですが、(続く)
尼崎の森中央緑地における地域性苗による森づくりの現状 https://t.co/G8ugUXbjZr 遺伝的な地域性を乱さないよう地域性苗を用いた取り組みです。論文執筆時点で、木本では目標となる植生にかなり近付いたものの、草本やつ… https://t.co/6juHliiY42
広葉樹の植栽における遺伝子撹乱問題 (日本語論文, オープンアクセス) https://t.co/UvxsgIYEGx  遺伝的撹乱とは何か、遺伝的撹乱を防ぐためにはどういった研究が今後必要かが詳しく紹介されています。
ワレモコウの系統地理学的研究。葉緑体DNA配列による。佐伯ほか (2012) 日本緑化工学会誌, 38:115-120. https://t.co/XQiLV6Op2V #日本の野生生物の地理的遺伝構造
ニホンジカの採食により退行した丹沢山地冷温帯自然林における植生保護柵の設置年の差異が多年生草本の回復に及ぼす影響(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/9zZ6KyikBk 植生復活のためには、シカにより植生が退… https://t.co/7jTF2TUWhB
ニホンジカの高密度下における防鹿柵の設置がマルハナバチ群集の回復に寄与する効果(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/IioFrVSTjk 調査がされた奥日光地域では、防鹿柵を設置して14年が経過しても、シカが好む植物とマルハナバチが回復していないようです。
(論文出版)京都大学芦生研究林における2008年以降の甲虫相を報告した論文が大阪市立自然史博物館研究報告から出版されました。こちらのURLから無料でダウンロードできます。https://t.co/kxMPy3Ewuk
この研究も興味深い。ハス田のように年中湿潤な水田環境はダルマガエルの数も多いようだ。 天白牧夫, 大澤啓志, 勝野武彦. 2012. 濃尾平野における水田タイプ別のカエル類の種組成. ランドスケープ研究 75 415-418. https://t.co/EcNz1eeFtU
カエル類、検索すると日本語論文結構あるな。今後の参考のため、メモっとこ。畦畔での餌量はさほど重要ではないらしい。 大澤啓志, 島田正文, 勝野武彦. 2005. 平地水田地帯の畦畔利用におけるトウキョウダルマガエルの個体数密度を規… https://t.co/fxncbWGznW
ニホンウナギは日本のどこに分布しているのか?この問題に対して、全国から採集した個体を天然遡上個体と放流個体に判別し、天然個体の分布を調べることで明らかにした論文が日本水産学会誌より公開されました!… https://t.co/svkYAcB66D
また地人書館『野生動物の餌付け問題』からで恐縮だけど「第10章 餌付けがもたらす感染症伝播 ―スズメの集団死の事例から」は2005年から2006年にかけて起きたスズメのサルモネラ感染の話。 CiNii 論文 - 人と野生動物の… https://t.co/EmiCEl4iql
食パンでハクチョウが死んだ例についてはこれ。地人書館『野生動物の餌付け問題』の「第11章 観光地における水鳥の窒息事故」もこの話。 CiNii Articles - 食パンが咽喉部を栓塞させたオオハクチョウ (Cygnus c… https://t.co/W3CZPOAZu4
私が関わった中国のサイエンス関連の記事でネットからみれるものをまとめました 中国でラボをはじめるということ https://t.co/yOCBbB3Kfa “科学技術強国”中国の躍進と日本の厳しい現実 |NHK NEWS… https://t.co/gRfmcTiUmB
CiNii 論文 -  統計を深く知る 平均値versus中央値 : 代表値を巡って https://t.co/Fa5ZeILZcG #CiNii
日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全委員会(2008)「造礁サンゴ移植の現状と課題」:移植が負の効果をもつ可能性を認識するとともに,不必要な開発の免罪符にされたり,より重要な保全行動へ向かうべき努力の「すり替え」に使われることには注意しな… https://t.co/2RIfxZuMjU
サンゴの移植はこれまでにも実施されていますが、それは白化などで衰退したサンゴ礁の再生のために行われているのです。埋め立てるために他の場所に移すという行為は、決して保全とは言えません。移植の現状と課題については日本サンゴ礁学会の提言… https://t.co/N2mlhrm0jI
遺伝的地域性に配慮した種苗供給の必要性とトレーサビリティの 確保(日本語論文、オープンアクセス)。https://t.co/34CJuspFKn こうした取り組みを推進していくためにも、様々な生物の集団遺伝的研究や系統地理学的研究が不可欠だと痛感します。
哺乳類学会誌にて報告された「奄美大島におけるアマミノクロウサギのロードキル」。 ロードキルにバイアスがかかること、死因不明の死体は交通量の少ない林道や市道に多いこと、マングースが問題になった時も捕殺死体が見つからなかったこと等が… https://t.co/Fj8jO9wMYc
木材生産と生物多様性保全に配慮した保残伐施業による森林管理―保残伐施業の概要と日本への適用―(日本語論文。オープンアクセス) https://t.co/JvJkNR5yDr 保残伐に関する研究動向についての総説論文です。
全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
豆南諸島の鳥島から、ゴマウミヘビ属の1新種が出ました。この属はもう新種は出ないというくらいやり尽くしたのですが、まだいました。しかも、日本に。蒼鷹丸の名前をいただきsoyoae、和名をソウヨウゴマウミヘビとしました。https://t.co/JquuDWjmRz
有意に炭素安定同位体比の値が低かったため,より恒常的に希少在来種を餌としていたと考えられた. 捕獲ネコは集落に依存する個体の多いことが明らかになった https://t.co/8mMNT8Lvia
かいぼりの効果・影響については、林紀男さんが「用水と廃水」という雑誌に書かれた解説がわかりやすいです。 https://t.co/ZrkY2lAlRg
要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用… https://t.co/jx44PJUNCv
瀬戸内海の広域流動に黒潮の影響はあるだろうとは思っていたけど、ちゃんとそのことを扱った論文があった。流路を見ると、黒潮の蛇行次第で大きく流れが変わるみたい。 瀬戸内の島嶼部昆虫相の形成にも関係してそう。 駒井ほか(2008)土木… https://t.co/vzy36vWTqz

31 0 0 0 OA 植物図鑑

1908年(明治41年)10月22日、日本で初めて「図鑑」という言葉を用いた本が出版されたことを記念して、昨日10月22日は図鑑の日だったらしい。 その初めての図鑑というのが、東京博物學研究會編纂『植物圖鑑』。 国立国会図書館デジ… https://t.co/GwkWek3VK4
秩父山地におけるニホンジカの採食が林床植生に与える影響。 https://t.co/Rxxm3SWjMM やはりシカの増加とともに、林床の植物の被度・個体数は有毒植物を除いて減少傾向にあるようです。
福島第一原子力発電所事故後に逸出したブタはニホンイノシシへの遺伝子汚染をもたらしたのか(日本語論文)  https://t.co/05x3jqQEVC 75頭のニホンイノシシについてミトコンドリアDNA配列を分析したところ、4頭でブタに該当する配列が得られたようです。
ちなみにアキアカネ(幼虫)もシナハマダラカ幼虫の有効な天敵として知られている。 浦辺 ほか. 1990.. 水田におけるアキアカネ幼虫のシナハマダラカ幼虫に対する天敵としての役割に関する研究: 4 水田地帯における捕食関係. 衛生… https://t.co/hbsXWh02zh
ナラ枯れ跡ギャップに設置された防鹿柵内外での更新状況の比較。https://t.co/DacTIarHqj … シカの採食圧下にあるナラ枯れ跡地で更新できるのは、少数の不嗜好性樹種のみであることが示唆されています。
エゾサンショウウオとトウホクサンショウウオの孵化率及び幼生の生存率に融雪剤(CaCl2)が及ぼす影響(日本語) https://t.co/kh8QIkhbo2 融雪剤として使われる塩化カルシウムの散布は、自然条件下の繁殖水域にお… https://t.co/dwuYzIG4bf
論文が出版されました。「送粉系撹乱が小笠原固有植物シマザクラの繁殖成功と遺伝的多様性に与える影響」 https://t.co/9uB9cjP4mu 小笠原植物固有の木本植物シマザクラについて、送粉系撹乱の起こっている父島と送粉系撹… https://t.co/GM3yIjfmEG
稚魚の量が海流の変化でゆらぐ程度のことをもって我々うなぎ絶滅キャンペーンの成果を否定されては困りますな。 なお、ウナギの成魚の漁獲量は着実な成果をあげておりますよ https://t.co/KqPp1z2Rur 「日本におけるニ… https://t.co/BCzDYN9KXP
総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/0ZszXpZxYi
1980年代以前のニホンヤマビルの分布。 https://t.co/PGVZmKQhKv 文献記録より抽出された、江戸時代中期から1980年代までのヤマビルの分布がまとめられています。
きょうは休耕田の再湿地化作業。地主の農家さんに「田んぼはいじってないとダメになるから・・」と歓迎していただけたのがありがたかった。休耕田を放っておくことでの復田コストの増加は、新潟大の有田先生が見積もっている。 https://t.co/XXxGpOwzIZ
大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/Yk4wuz8g6M
ミトコンドリアDNAのCOI領域に基づく、シワクシケアリ高地系統の集団遺伝学的研究 https://t.co/h9FKytuqoF 中部山岳6山域で、遺伝的多様性(ハプロタイプ多様度と塩基多様度)の比較をされています。中央・南アル… https://t.co/TgNCvBk6Zt
既に出ています。例えばこれです。 https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について… https://t.co/ECgmULdMM4
国立国会図書館デジタルコレクションで感心した新機能。書誌情報が削除された場合、旧URLにアクセスすると、例えば https://t.co/6tXz1YKXAk であれば「ご指定の資料に変更が生じました。新永続的識別子:~のデジタル… https://t.co/d9pasoLRqr
外来種コウガイセキショウモの全国的な分布状況についてはこれが新しいのでは→ 「藤井ほか(2017)分類,17:43-47.PDF https://t.co/CcogZOnLHC 」ちなみにアクアリウム用水草の逸出が原因なんで、そうした趣味の方は要注意ですよ。
自然史研究の最新号が出版されました。 1967年から2010年にかけての東海地方の水草の分布記録:浜島繁隆氏寄贈水草標本目録 以下のURLからPDFをダウンロードできます。 #OSA業績 https://t.co/jDSzG4mRdU
16年も前にF先生がベントス学会誌で書かれたのを今更読んでるけど『全採集家必読!』って感じだから読むべき https://t.co/IBoOMcQitn https://t.co/ZGRwyTXMZB

フォロー(4391ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

そうそう、この前みつけて紹介しようと思ってて忘れていたやつ。古典語作文をしようと。これはメロス。 CiNii 論文 -  須永哲矢「研究余滴 需要ゼロの研究領域 : 古典語作文」 https://t.co/oCeIJ9TIDn… https://t.co/jsMepcGv57
〈承前〉マルーンについての日本語文献は少ないようですが、アメリカ史の西出敬一先生の論文「ジャマイカ・マルーンの遺産とアイデンティティ」が手がかりになります。〈了〉https://t.co/MMSPhGuLJp
RT @BeerBear_Jiro: 遺伝子からみたイリオモテヤマネコとツシマヤマネコの渡来と進化起源 https://t.co/VW76oVFrlW
RT @BeerBear_Jiro: 遺伝子からみたイリオモテヤマネコとツシマヤマネコの渡来と進化起源 https://t.co/VW76oVFrlW
遺伝子からみたイリオモテヤマネコとツシマヤマネコの渡来と進化起源 https://t.co/VW76oVFrlW
RT @Fon3n1: @kubo3025 @hiyo_unnatural @minesoh @0317_hiroya https://t.co/VfMln1EtX2 https://t.co/1QT3y7dorO
学生のレポートに見られる「引用」の問題点 : スキル教育を考える教育へ (特集 大正大学の基礎学力の向上) https://t.co/Q1oednMNxQ
アカデミック・ライティングにおける間接引用で求められる要約とは https://t.co/y3opfFsxwG
自然科学系分野における分野間引用関係経年変化の分析 https://t.co/LpmJ9e5kvS
雑談のポイントとしての「リアクション」 https://t.co/ohwI2nLL1u
LINEと口頭会話における終助詞「ね」の使用の特徴 ―台湾人中級日本語学習者を対象に― https://t.co/GUESmnBeRL
専門分野に即した引用方法の理解を促す活動の試み https://t.co/lYXdAIeAqD
学習者はどのように引用のしかたを判断しているか https://t.co/lFM43XzQTd
RT @tera_sawa: 拙論文が『関西学院大学社会学部紀要』に掲載されました。寺沢拓敬 2019「小学校英語の政策過程(1) : 外国語活動必修化をめぐる中教審関係部会の議論の分析」/関西学院大学リポジトリ https://t.co/LVLHqOxWe3
RT @tera_sawa: 拙論文が『関西学院大学社会学部紀要』に掲載されました。寺沢拓敬 2019「小学校英語の政策過程(1) : 外国語活動必修化をめぐる中教審関係部会の議論の分析」/関西学院大学リポジトリ https://t.co/LVLHqOxWe3
拙論文が『関西学院大学社会学部紀要』に掲載されました。寺沢拓敬 2019「小学校英語の政策過程(1) : 外国語活動必修化をめぐる中教審関係部会の議論の分析」/関西学院大学リポジトリ https://t.co/LVLHqOxWe3
場面緘黙の症状がある自閉症スペクトラムの成人男性(25)において、SSRIのフルボキサミンを服用しても症状に改善は認められなかったが、抗精神病薬のアリピプラゾールに切り替えてから徐々に他者に対して話し始めた事例。Mutism in… https://t.co/XMP5PjUnaJ
@88888000000 昭和大学からのレポートです。スクショの結果と結論だけでも見てください。 https://t.co/fPPPz1a7OV https://t.co/S8sx6qyyYJ
RT @koro485: 反事実モデルを日本語で学ぶ、となるとまずアクセスしやすいのがこちら。岡大えつーじ先生による解説。 https://t.co/3cIdd4XorU
@nishidak0705 多分この論文ですかね.西田先生撮影の写真が表紙に使われていた頃です.著者の後輩でしたので,研究室が大騒ぎでした.廣田先生を「見た」のがその時が初めてで,なんと芝居がかったお話ぶりだろうかと感心しました. https://t.co/93VteQc4ea
RT @tzIttzii_ywr: ヒシクイの亜種識別は呉地ら(1983)に詳しいです。昨日はひと群れに亜種ヒシクイと亜種オオヒシクイが混在することが多かったけど、渡来初期だからだったりする? https://t.co/pCh6d32aWW
ハチ毒 PLA2 の機能と免疫応答への影響 https://t.co/M6OFtQLcCA
@katsugatsu 元にした論文をいくつか。 ・蘇州の日本租界と近代都市の形成 https://t.co/YATZGd8Nz5 近代上海の租界地形成と日本人居留地の空間構成に関する史的研究… https://t.co/AZhjIgCbxY
@katsugatsu 元にした論文をいくつか。 ・蘇州の日本租界と近代都市の形成 https://t.co/YATZGd8Nz5 近代上海の租界地形成と日本人居留地の空間構成に関する史的研究… https://t.co/AZhjIgCbxY
RT @hiraokaryuji: 散逸する長崎の歴史資料 ~公文書館設立への提言~ 四條 知恵 https://t.co/Rtdh1MNSsE
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  葬式仏教の誕生(第五十七回智山教学大会講演) https://t.co/nXcmUeISwe #CiNii
@rLSJyYPiBjFvoeQ 神奈川県でのデーターで以下の記録がありますが… https://t.co/6ZORJM5Apb…
反事実モデルを日本語で学ぶ、となるとまずアクセスしやすいのがこちら。岡大えつーじ先生による解説。 https://t.co/3cIdd4XorU
RT @mansaqu: #シェーグレン症候群 の #疾患感受性遺伝子 に関する研究 堀田 哲也先生 STAT-4 IRF-5 等、#SLE で関連が認められた #遺伝子多型 はSSでも関連があることがわかり #自己免疫疾患 共通の遺伝的背景の存在が示唆された 引用元 http…
RT @hhayakawa: 学会誌に柳瀬神父の話が出ていたが、本人による https://t.co/lDIoe7WeBy の方が参考になるだろう。父は観測論は形而上学だと思っていたが、同時に先達が居る分野をやる人を評価していなかった。柳瀬神父には後者のバイアスでアドバイスをし…
@nozma 文献によっていろいろっすね https://t.co/g3Q30prq4I
RT @y_mizuno: 私も、人文・社会系の方々と、共同研究や共著の著作や論文が最近は増えているんで、他人事ではない。。。 谷村先生、すごいなぁ。一度、お会いしたいわ。。。 https://t.co/i8557doFhH
CiNii 論文 -  北アナトリア断層のローマ時代以降の活動史 : トルコの大地震を発掘する https://t.co/45nd0t4J8I
RT @ursus21627082: こんな論文を発見。 「コロッセオの地震動特性」 https://t.co/yt2uwPbDtY
CiNii 論文 -  イタリア・ヴェスヴィオ火山北麓のローマ遺跡を埋没した火山性堆積物の層序と特徴 https://t.co/DwjnxCG2yp
CiNii 論文 -  イタリア・ヴェスヴィオ火山北麓のローマ遺跡を埋没した火山性堆積物の層序と特徴 https://t.co/OaagBPph6V
CiNii 論文 -  ヴェスヴィオ火山北麓で発見されたローマ時代の遺跡の埋没過程--2006〜2008年に新たに発見された472年噴火による土石流堆積物にもとづく再構築 https://t.co/11lV7qKiG6
CiNii 論文 -  "ガダラ"は本当に749年パレスティナ大地震で壊滅したか? https://t.co/lspzXfjr2H
こんな論文を発見。 「コロッセオの地震動特性」 https://t.co/yt2uwPbDtY
CiNii 論文 -  ラジオ相談番組における司会者の役割と言語行動 https://t.co/vtYV4h1euO #CiNii
RT @y_mizuno: 私も、人文・社会系の方々と、共同研究や共著の著作や論文が最近は増えているんで、他人事ではない。。。 谷村先生、すごいなぁ。一度、お会いしたいわ。。。 https://t.co/i8557doFhH
RT @y_mizuno: 私も、人文・社会系の方々と、共同研究や共著の著作や論文が最近は増えているんで、他人事ではない。。。 谷村先生、すごいなぁ。一度、お会いしたいわ。。。 https://t.co/i8557doFhH
巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究に… https://t.co/bajzUXHo2n
RT @naoyukinkhm: 長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにし…
RT @kaisekiriu: @TaromaedaMaedat こちらの論文では、江戸時代後期に生食が広まった結果「ナマコ」が定着したと述べられていますね。 https://t.co/0HBieyj8TF
RT @kaihiraishi: 稲増さんのあの論文は面白かった。稲増 一憲, 清水 裕士, 三浦 麻子. 評定尺度法の反応ラベルによる影響の補正:公的組織への信頼に関する社会調査を題材として. https://t.co/802TU88lHD
PDFで読めるようになりました。購読権の無い場合でも2000円で読めるようです(高い!けど)。 麻酔科の医者向けですが麻酔の専門用語などはないのでどなたにでもお読み頂けると思います。 / 祝!2019年ノーベル生理学・医学賞— (… https://t.co/j0dAjxfXAc
RT @chutoislam: 例えばこれが元ネタ。実質的には講演録ですが。池内恵「何が宗教過激主義をもたらすのか : イスラーム法学の権威的解釈主体にメディアの変化が及ぼす影響」(第35回 宗教法制研究会・第74回 宗教法学会(2017年6月10日(土)青山学院大学)) ht…
RT @kaihiraishi: 稲増さんのあの論文は面白かった。稲増 一憲, 清水 裕士, 三浦 麻子. 評定尺度法の反応ラベルによる影響の補正:公的組織への信頼に関する社会調査を題材として. https://t.co/802TU88lHD
『戦前のわが国における外国人の処遇』宮崎 繁樹 https://t.co/KogGOVZ4N7 幕末から戦前の昭和に至るまでの(今でいう)入国管理政策が非常によくまとまってる。
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
このあたりの点は、例えば水元正晴「ゾンビの可能性」https://t.co/f5RQ7uVU6H 永井均『なぜ意識は実在しないのか』などで議論されている(ちなみにどちらも哲学者)。
【E-journal GEO掲載論文】岡 暁子・高橋日出男・中島 虹・鈴木博人 2019.降水域の広がりに着目した東京とその周辺域における夏季強雨発現の地域特性,E-journal GEO 14(1),233-245. https://t.co/H5901tJr2R
【E-journal GEO掲載論文】瀬戸芳一・福嶋アダム・高橋日出男 2019.夏季の南関東における局地風系の交替時刻の地域分布,E-journal GEO 14(1),223-232. https://t.co/zjnwLPA0MQ
@osakanabanashi @japanfossil 藻類を食べます。三洋テクノマリン時代の中山さんがペーパーにしていた記憶が。 https://t.co/ZgazBEDydZ
RT @naoyukinkhm: 森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
RT @naoyukinkhm: 森林生態系およびその隣接生態系における生物多様性と生態系機能の保全に向けた景観生態学の役割。滝・山浦 2007(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/uifKzjxyqA 森林における生物多様性保全に向けた景観生態学について…
RT @jssp_pr: 【第60回大会】優秀論文賞 秋保・縄田・池田・山口(2018) チームの振り返りで促進される暗黙の協調:協調課題による実験的検討(第34巻2号所収) https://t.co/JqaRi18xo7 #jssp2019
RT @jssp_pr: 【第60回大会】奨励論文賞 荒川・菅原(2019) 裁判員裁判を想定したフォーカスグループの効果の検証(第34巻3号所収) https://t.co/c9hxZqzXUi #jssp2019
RT @naoyukinkhm: 森林生態系およびその隣接生態系における生物多様性と生態系機能の保全に向けた景観生態学の役割。滝・山浦 2007(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/uifKzjxyqA 森林における生物多様性保全に向けた景観生態学について…
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
RT @naoyukinkhm: 長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにし…
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
RT @naoyukinkhm: 長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにし…
長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにしています。

3 2 2 0 OA 用語解説2

RT @yuiao: 神経発火(ニューロンの発火) 「シナプス伝達の結果,シナプス後膜(神経伝達物 質を受け取った側)に生じた脱分極性の電位変化 が閾値を超えるとシナプス後細胞に活動電位が発 生する。これをニューロンの発火とよぶ.」 っていう定義見つけたけどこれ良いな。出典…
RT @naoyukinkhm: 保護地域とはどのような地域か: IUCN保護地域管理カテゴリーの概説。東 2019.(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/PV3Du5vwZm IUCNによる保護地域の定義などをはじめ、保護地域について詳しく紹介されていま…
保護地域とはどのような地域か: IUCN保護地域管理カテゴリーの概説。東 2019.(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/PV3Du5vwZm IUCNによる保護地域の定義などをはじめ、保護地域について詳しく紹介されています。
森林生態系およびその隣接生態系における生物多様性と生態系機能の保全に向けた景観生態学の役割。滝・山浦 2007(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/uifKzjxyqA 森林における生物多様性保全に向けた景観… https://t.co/F46BVyXoNQ
RT @naoyukinkhm: 緑地の存在と住宅の隙間の数がスズメの営巣密度に与える影響。須藤ほか2017(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/IWJjfze4tr スズメの営巣数は、緑地が近くにあること、建物の営巣できそうな換気口の数が多いことの2点に正…
RT @naoyukinkhm: 森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
緑地の存在と住宅の隙間の数がスズメの営巣密度に与える影響。須藤ほか2017(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/IWJjfze4tr スズメの営巣数は、緑地が近くにあること、建物の営巣できそうな換気口の数が多いことの2点に正の影響を受けているとのことです。
@komata83 @AndoToshiya 原文を読んだら雲南省昆明産ですね。日本のカラスアゲハは種に昇格してbianorでなくなったので、日本だとヤエヤマカラスに相当するっていうことでしょうか(by Wikipedia)。中国… https://t.co/2Bj7reIKCC
RT @skrnmr: KAKEN — 研究課題をさがす | 教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-17H02661) そこで、橋本アウトソーシング科研ですよ。涙なしには研究成果を読めない。 https…
@misopurinchan ドイツは殺処分はないようですが、狩猟による駆除が行われてるようですよ。 一部の人たちはその事実を知らないのか、知っていて言わないのかわかりませんが「ドイツは殺処分ないのに!」とだけツイートしてますね。… https://t.co/f1eRIJKXP8
木村武二 (1995) わが国における脊椎動物行動学研究の歴史と展望 https://t.co/0UIb0h5LbC
RT @oshio_at: そういえば,今号のパーソナリティ研究に自閉症スペクトラムと心理変数の関連の論文が載っていました。 J-STAGE Articles - 自閉スペクトラム症傾向の高い大学生の対人不安の特徴――自尊感情および公的自意識との関連から https://t.…
RT @skrnmr: KAKEN — 研究課題をさがす | 教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-17H02661) そこで、橋本アウトソーシング科研ですよ。涙なしには研究成果を読めない。 https…
KAKEN — 研究課題をさがす | 教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-17H02661) そこで、橋本アウトソーシング科研ですよ。涙なしには研究成果… https://t.co/nDG5hTZ6ZD
RT @akiraigarashi: 家族社会学研究会から出した論文「誰が不倫をするのか」がweb公開されました。 https://t.co/BRVPRxsEam
@http5ch @RyuichiYoneyama また、ご紹介記事の福島清彦先生は、ご自身の論文で、この国連指標以外にもOECDの
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi

2 1 1 0 OA 農業全書 11巻

#農業 全書|国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/WSmaiKOqpu #農学 #醫学
RT @naoyukinkhm: 植栽したスギ大苗に対するシカ食害痕の高さ分布は斜面傾斜に影響される。野宮ほか 2019.(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/z3DfaDsqJI 樹高が1mより低い場合には主軸先端が食害を受けやすく、回避のためには、緩傾斜…
植栽したスギ大苗に対するシカ食害痕の高さ分布は斜面傾斜に影響される。野宮ほか 2019.(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/z3DfaDsqJI 樹高が1mより低い場合には主軸先端が食害を受けやすく、回避のた… https://t.co/QXTB8Keqwc
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi
RT @yutoma1205: @inconvenient_an @amiga2500 日本の犬猫の殺処分関連の本や動画を一通り見ましたが、このことについて触れたものを見たことないですね。 ドイツすげー、日本ダメ!の一方的なものだけな気がする。 他の方に教えてもらった資料を添付…
大統領政策執行ツールである覚書の歴史的制度論研究で科研出てたんですね。 KAKEN — 研究課題をさがす | アメリカ大統領による法に依拠しない法執行能力の獲得:覚書という大統領令を中心に (KAKENHI-PROJECT-19… https://t.co/jzeJxj7k1j
RT @parasite2006: 磁気により配管の赤錆を防止するにはどれだけの磁場が必要かは神戸製鋼が検証済。この論文の実験https://t.co/8ZSXmd8Dxq で使われた超伝導電磁石の磁場の強さは7T(テスラ)。医療用MRI装置の超伝導電磁石の磁場の強さは1T h…
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi
博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi

フォロワー(1047ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

遺伝子からみたイリオモテヤマネコとツシマヤマネコの渡来と進化起源 https://t.co/VW76oVFrlW
RT @Fon3n1: @kubo3025 @hiyo_unnatural @minesoh @0317_hiroya https://t.co/VfMln1EtX2 https://t.co/1QT3y7dorO
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  葬式仏教の誕生(第五十七回智山教学大会講演) https://t.co/nXcmUeISwe #CiNii
RT @mansaqu: #シェーグレン症候群 の #疾患感受性遺伝子 に関する研究 堀田 哲也先生 STAT-4 IRF-5 等、#SLE で関連が認められた #遺伝子多型 はSSでも関連があることがわかり #自己免疫疾患 共通の遺伝的背景の存在が示唆された 引用元 http…
巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究に… https://t.co/bajzUXHo2n
【E-journal GEO掲載論文】岡 暁子・高橋日出男・中島 虹・鈴木博人 2019.降水域の広がりに着目した東京とその周辺域における夏季強雨発現の地域特性,E-journal GEO 14(1),233-245. https://t.co/H5901tJr2R
【E-journal GEO掲載論文】瀬戸芳一・福嶋アダム・高橋日出男 2019.夏季の南関東における局地風系の交替時刻の地域分布,E-journal GEO 14(1),223-232. https://t.co/zjnwLPA0MQ
@osakanabanashi @japanfossil 藻類を食べます。三洋テクノマリン時代の中山さんがペーパーにしていた記憶が。 https://t.co/ZgazBEDydZ
RT @naoyukinkhm: 森林生態系およびその隣接生態系における生物多様性と生態系機能の保全に向けた景観生態学の役割。滝・山浦 2007(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/uifKzjxyqA 森林における生物多様性保全に向けた景観生態学について…
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにしています。
保護地域とはどのような地域か: IUCN保護地域管理カテゴリーの概説。東 2019.(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/PV3Du5vwZm IUCNによる保護地域の定義などをはじめ、保護地域について詳しく紹介されています。
森林生態系およびその隣接生態系における生物多様性と生態系機能の保全に向けた景観生態学の役割。滝・山浦 2007(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/uifKzjxyqA 森林における生物多様性保全に向けた景観… https://t.co/F46BVyXoNQ
森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
緑地の存在と住宅の隙間の数がスズメの営巣密度に与える影響。須藤ほか2017(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/IWJjfze4tr スズメの営巣数は、緑地が近くにあること、建物の営巣できそうな換気口の数が多いことの2点に正の影響を受けているとのことです。
RT @akiraigarashi: 家族社会学研究会から出した論文「誰が不倫をするのか」がweb公開されました。 https://t.co/BRVPRxsEam

2 1 1 0 OA 農業全書 11巻

#農業 全書|国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/WSmaiKOqpu #農学 #醫学
植栽したスギ大苗に対するシカ食害痕の高さ分布は斜面傾斜に影響される。野宮ほか 2019.(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/z3DfaDsqJI 樹高が1mより低い場合には主軸先端が食害を受けやすく、回避のた… https://t.co/QXTB8Keqwc
RT @yutoma1205: @inconvenient_an @amiga2500 日本の犬猫の殺処分関連の本や動画を一通り見ましたが、このことについて触れたものを見たことないですね。 ドイツすげー、日本ダメ!の一方的なものだけな気がする。 他の方に教えてもらった資料を添付…
RT @parasite2006: 磁気により配管の赤錆を防止するにはどれだけの磁場が必要かは神戸製鋼が検証済。この論文の実験https://t.co/8ZSXmd8Dxq で使われた超伝導電磁石の磁場の強さは7T(テスラ)。医療用MRI装置の超伝導電磁石の磁場の強さは1T h…
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi
RT @akiraigarashi: 家族社会学研究会から出した論文「誰が不倫をするのか」がweb公開されました。 https://t.co/BRVPRxsEam
RT @oikawamaru: 日本の第四紀淡水魚類化石について素晴らしい総説が出ているのに気付いた。素晴らしい・・。しかも13MもあるPDFが無料公開。素晴らしい・・ 宮田(2019)日本の第四紀淡水魚類化石研究の現状  https://t.co/YQNfPrYqDM
RT @rei_nari: ということで宣伝☆ 生物物理に執筆した総説 https://t.co/sGsw50PbYD 光合成研究に執筆した総説 (122p-137p) https://t.co/YQLhbEvz3Z 英語の総説はこちら https://t.co/iAc0…