著者
福田 正治
出版者
[富山大学杉谷キャンパス一般教育]
雑誌
研究紀要 : 富山大学杉谷キャンパス一般教育 (ISSN:1882045X)
巻号頁・発行日
no.38, pp.39-54, 2010-12-25

近年、癒しという言葉が世の中をにぎわしている。癒しグッズ、癒しの音楽、癒しの空間、癒しの旅、癒しの宿など数えきれない程、さまざまなところで癒しという言葉が使われている。そして多くの人びとがそれを求めてうごめいている。この癒しとは何なのか、これを感情との関係で考えてみたいと思ったのがこの論文である。癒しという言葉が、本格的に市場に現れてきたのは1990年代に入ってきてからである。おりしも日本では、経済的バブルがはじけ、長期の不景気に突入し、人びとの不安が高まってきた時期に相当する。将来への不安、リストラへの不安、就職できない不安とさまざまな不安が社会を取り巻いていった。そのような人びとの不安に便乗して、この癒しという言葉が人びとを引きつけ、それを追い求めるというブームが起ったと考えられる。それ以前では、ストレスに対してリラクゼーションという言葉が学問的にも商業的にも多く使われていた。また新精神世界というスピリチュアルな心の糧を求めるという若者の動きもあったが(2)、世代を超えた動きにはなっていなかった。そのような時代背景の中に、癒しという言葉が突然現れ、多くの人びとの心を捉えた。人びとはこの癒しという言葉の意味をどのように理解し使用しているかを考えたとき、そこに大きな曖昧さがあるように思える。この癒しという言葉が、近年、医療の中にも浸透し、心身医療や全人的医療、代替医療の中でよく使われるようになってきている。そもそも癒しという言葉の英語であるhealingは病気を治すという意味を含んでいるために、古代から医学の中で使われていた。しかしデカルトの心身二元論以来、身体の機械論的見方が医学の中を席巻し、今日の西洋医学といわれる巨大な自然科学的知識の空間が形成されている。その中でhealingは伝統医学の中に閉じ込められ、曖昧さを伴った科学的でない概念であると考えられてきた。しかし人間に対する近代科学の限界と危険性が指摘され、生態系の限界も見え隠れしてきている状況の中で、癒しとは何か、生理学的に、また心理学的に再考しようとしたのがこの論文である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 13 favorites)

「あるべき自己」ではなく「ありのままの自己」を受け入れてもらおうという中に、癒しという言葉の流行と一致した動きがあると考えられる。 感情と癒し https://t.co/rLQ3EiAYjf https://t.co/CkxnWMmozA
”感情と癒し” 「脳の利用の限界と適応の限界を考慮し、どのような補助手段と緩和手段が今後求められるかを明らかにしなければならない。それが人工的な薬物や脳操作であるならば人間の存在は大きく変容していくだろう」 いっぱいいっぱいだよ… https://t.co/4v583avS4o
【リポジトリToRepo】2018年1月の閲覧回数1位は福田 正治「感情と癒し : 脳のストレスとの関連で」研究紀要 : 富山大学杉谷キャンパス一般教育,第38号,2010.12.25,pp.39-54 https://t.co/2YfGzBuC8zです。
【リポジトリToRepo】2017年12月の閲覧回数1位は福田 正治「感情と癒し : 脳のストレスとの関連で」研究紀要 : 富山大学杉谷キャンパス一般教育,第38号,2010.12.25,pp.39-54 https://t.co/2YfGzBuC8zです。

収集済み URL リスト