7 1 0 0 OA 天女舞の研究

著者
竹本 幹夫
雑誌
能楽研究 : 能楽研究所紀要 (ISSN:03899616)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.93-158, 1978-07-31

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 9 favorites)

竹本幹夫『天女舞の研究』 まだ読みきれてないよ! https://t.co/l5tTxdDNSm
「犬王は女神や菩薩が天から下ってきて舞う「天女の舞」を得意にしたんですが、世阿弥はこれに憧れて、自分の能に取り込みました」 この点について研究している論文があって凄く面白かった。桜の下、“さらりさらりと、飛鳥の風に従うが如くに舞いし”異風の天女。https://t.co/knoD2aUsy6 https://t.co/RJtTFgmWoO
@ym_vil これやね。二人の交流というよりも、世阿弥の天女舞における身体とか技法に関する犬王の影響についての研究みたい 竹本幹夫「天女舞の研究」 https://t.co/T7WBxJjx7F
『犬王』観る前に読んでおくべき? 竹本幹夫「天女舞の研究」(1978) https://t.co/gVB1j9GxRi
現在は太鼓入リ中ノ舞とされることが多い天女舞についてかつての姿を明らかにしようとした論文(竹本 幹夫・1978年)。この辺りの研究が箱崎や鵜羽、吉野琴の復曲に活かされたのかな。 https://t.co/OzXTE6S3cz

収集済み URL リスト