ちどり (@chidorij)

投稿一覧(最新100件)

1 1 0 0 OA 独逸史学史

坂口昂『独逸史学史』 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/TGBWtkjE20
吉江貴文「先住民社会における文書循環プロセスの成立と土地所有制度への影響 : 20世紀前半のボリビアにおけるカシーケ法廷代理人運動の事例に基づいて」民族學研究68巻1号(2003年) https://t.co/As2a6jgFmx
「福島正夫は戦前の仁井田の研究により生み出された『唐令拾遺』、『唐宋法律文書の研究』、『支那身分法史』を戦前三大著と評し、それぞれの研究を順に資料精査、法律文書の分類、比較法制史として特徴づけている」 唐宋法律文書の研究… https://t.co/Kunz8gVtl7

3 0 0 0 OA 支那身分法史

「福島正夫は戦前の仁井田の研究により生み出された『唐令拾遺』、『唐宋法律文書の研究』、『支那身分法史』を戦前三大著と評し、それぞれの研究を順に資料精査、法律文書の分類、比較法制史として特徴づけている」 唐宋法律文書の研究… https://t.co/Kunz8gVtl7
CiNii 論文 - 古橋紀宏「漢魏の経学の変化と鄭玄・王粛の礼学」香川大学教育学部研究報告(2019) https://t.co/bORzjSkRQs #CiNii
田中実「不動産の用語をめぐるロレンツォ・ヴァッラとその後」 (多田元教授退職記念号) (2012) https://t.co/Oa58nSTkuC
RT @Toyo_Gakuho: 2019年度前期東洋学講座講演要旨 『東洋学報』第101巻第2号(2019年9月) 西英昭 「中華民国北洋政府期法院訴訟記録について」 リポジトリにアップいたしました。 https://t.co/uImfPKT7Qe
RT @quiriu_pino: 少し前の論文ですが、日本中世史でソシアビリテがタイトルに入ってて「オッ」と思ったもの。PDF公開。 板東 瑞帆「戦国期京都におけるソシアビリテの一考察 : 分一徳政令引付史料に現れる貸借関係から」 都市文化研究 (16), 44-55, 20…
小川浩三「「民法」の誕生とアリストテレス」桐蔭法学(2019) https://t.co/Rh79hzBxHt
RT @livresque2: https://t.co/tqY10HsYlj「Blandine Barret-Kriegelの名著『考証学の挫折』」。考證學って原語ナニと思ったらLa défaite de l'éruditionかhttps://t.co/4iFXmubWlW…
大澤正昭「地域のボスを告訴するには : 告訴状作成ガイドを読む」東洋学報(2018) https://t.co/uP5Z8H5z6Y
水間大輔「秦漢律における不孝罪の成立要件と父母の「告」」 https://t.co/uFJanAhQT4
J-STAGE Articles - 西田友広「法諺「訴え無くば、検断無し」の再検討」史学雑誌 https://t.co/RTyxgxtmfE
瀬川昌久「連続性への希求―香港新界沙田W 氏族譜の内容分析を通してみる系譜意識」 https://t.co/QaXNhwl6hr
J-STAGE Articles - 丸山茂評:越智啓三著『家族協定の法社会学的研究』法社会学(2008年) https://t.co/Mz1PrCKTmk 学位論文要旨詳細 https://t.co/HGPdBEciAV
眞壁仁「神の憑依するところ:昌平黌釈奠改革と徳川日本の儒礼受容」 https://t.co/2uTC17n3mR
RT @nekonoizumi: 公務員の「実務の心得」についての講演。確かにラストの展開がとても良く、さすがの小野紀明先生。 小野紀明「実務の心得」(『国際文化研修2016春』vol.91) https://t.co/LzFHrNarDq 国際文化研修2016年 春 htt…
J-STAGE Articles - 書評:石井紫郎著『日本国制史研究III 日本人の法生活』(評者:新田一郎)法制史研究63巻(2013年) https://t.co/MHqmmW2zEk
前田建一郎「ニュージーランド・チャタム諸島における部族の境界生成 : 原住民土地法廷の裁判記録を手がかりに」 https://t.co/0TpM5gDGMd
RT @TAMA6SI: 京都帝国大学文科大学 編『朝鮮司訳院日満蒙語学書断簡』 https://t.co/U5QtNvHW0m かつて朝鮮で通訳官のために刊行された外国語学習書(日本語、満州語、モンゴル語)の版木の残欠を、大正7年に新刷して出版したもの。解説は新村出。日本語の…
RT @khargush1969: 尾崎貴久子(2006)「元代の日用類書 『居家必用事類』 にみえる回回食品」『東洋学報』88(3): 336-364. https://t.co/C4tQxVDNOl クリップし忘れてた。モンゴル帝国の東西文化交流の中で中国へ伝わった西アジア…
中村正人・唐律疏議講読会「『唐律疏議』闘訟律現代語訳稿(1)─ 第1条から第10条まで ─」金沢法学62巻1号 https://t.co/eHg99eSQC8
RT @chidorij: 社会保障の基礎研究として、 太田匡彦「社会保障の財源調達 : 社会保障の構造を踏まえた法的議論のために」 https://t.co/JtCmA56DZJ
RT @isocrt: 「イタリア人の科学」としての経済学。J.Robertson、経済学こそ《人間の条件を改善しようとする知的・政治的運動としての啓蒙のアイデンティティの核心》/奥田「イタリア経済思想史における啓蒙と改革―ナポリからの視点―」 https://t.co/21J…
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @a4lg: 段氏叢書 (国立公文書館 370-0002): 眞壁 (2012) [https://t.co/7b3c8yhIbq] によればこの本の入庫は文政9年であり、同治以降の補刻本の成立以前。現物確認したところ……原刻本。今年のデジタル化対象で年度末には公開される…
要約として、谷田孝之「グラネについて 小記」 https://t.co/9p6jwjaGw0
吉原達也編「宮崎道三郎博士講述『比較法制史』緒言及び第一部 羅馬法制史」日本法学84巻4号 https://t.co/tLPHEcGZwZ 日本法学はここに丸ごとある。 https://t.co/LOmbtMZSDI

1 0 0 0 OA 近世債権法

金田平一郎『近世債権法』 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/8a3tCtybf6
J-STAGE Articles - Helen Siu, 歴史人類学における重要課題, 華南研究, 2017, 3 巻 https://t.co/p9IR3Avx9z
石井紫郎先生の講演 (進歩と進化をめぐって ―概念史の観点から―) (2005年) :総合研究大学院大学学術情報リポジトリ https://t.co/e4A4dzcLya
CiNii 論文 -越智啓三, 契約による秩序の形成と法 : M・ヴェーバーの規範理論を手がかりに https://t.co/GR8WgQyQK4
CiNii 論文 -宮嶋博史, 講演 「際」を自覚した者の苦悩 : 朝鮮思想史の再検討 (パネル:中純夫・板垣竜太) https://t.co/z2kye81eMu
CiNii 論文 -船田淳一, 真言密教僧西行と熊野・伊勢 : 聖地の言説をめぐる思想史 https://t.co/RHYKbTE7v6
CiNii 論文 -矢木毅「朝鮮時代における死刑囚の再審制度 : 詳覆・三覆啓と淸朝の秋審」(2015) https://t.co/gUTWiETdvm
J-STAGE Articles -源河達史「グラーティアーヌス教令集C.15q.1c.8のルブリカに関する一考察」法制史研究(2004年) https://t.co/U5MR5WSjJq 「近代的な基準に従ってkritischである、とはどういうことか。」
J-STAGE Articles - 「群書治要」の残簡 (昭和二十六年四月十二日報告) https://t.co/UNPxYMrojW
RT @khargush1969: 柳橋博之(2011)「五十嵐大介著「財産保有形態としてのワクフ—『自己受益ワクフ』の理論と実態」」『法制史研究』60(0), 258-260. https://t.co/u7RcXdMAqq マムルーク朝の財政政策としてワクフ制度利用について…
安野眞幸. (1985).  太郎冠者論--狂言における下人 https://t.co/EiMp5eKKfl
豊島正之 (2015) キリシタン版のVulgata聖書引用に就て : ロヨラ「霊操」・バレト「フロスクリー」を例として https://t.co/n8VBk3zfmR
池田亀鑑『古典の批判的処置に関する研究. 第2部 國文學に於ける文獻批判の方法論』 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/PholWKgjiC
桑原直己, ペドロ・ゴメスによる『霊魂論』の位置 : anima論の展開とキリシタン時代における日本布教の文脈の中で(2016) https://t.co/JPi5J5ayni
上野太祐, 世阿弥と『毛詩』をつなぐもの : 『音曲口伝』第六条の「正しき」をめぐって https://t.co/QJr5JwMeAz
RT @khargush1969: 柳橋博之(2004)「最近のイスラーム法制史研究:ここ二〇年間を中心として」『法制史研究』54: 81-113. https://t.co/jxn2NECig0 シャハト以後の欧米のイスラーム法制史研究の展開を概観。後半はイスラーム法研究の工…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  『シン・ゴジラ』における狐と蛇―野村萬斎の「熱線」の演技を中心に―" https://t.co/qPd8gYxqoH ※本文リンクあり

12 0 0 0 OA 春秋左氏伝

RT @Archer12521163: 何度かツイートしているけど、博文館『左伝』訳は良い。巻ごとに扱う時代の概要が巻頭に記されていて、大部である『左伝』のあらすじを掴みやすい。昭和16年の出版なので現物は入手困難だが、国会図書館のデジタルコレクションで読める https://…
CiNii 論文 -小島憲之「梅が香 : 上代の詩と歌」 https://t.co/KMRrOgjl7i
RT @washou3956: RTした渡邉論文、PDF公開されていた。渡邉剛「資料紹介 黒板勝美『虚心文集』内容見本」(『教育と研究:早稲田大学本庄高等学院研究紀要』37、2019年3月)https://t.co/ZXbcSusyws
RT @inotti_ele: 契沖が指摘した梅花歌の序、王羲之の蘭亭記「天朗気清、恵風和暢」、張衡の帰田賦「仲春令月、時和気清」との関係性考察 大伴旅人について : 特に讃酒歌と梅花歌との関係について 山崎良幸 日本文学, 1958 https://t.co/k9zoGzEv…

25 0 0 0 OA 契沖全集

RT @inotti_ele: 契沖が指摘した梅花歌の序、王羲之の蘭亭記「天朗気清、恵風和暢」、張衡の帰田賦「仲春令月、時和気清」との関係性考察 大伴旅人について : 特に讃酒歌と梅花歌との関係について 山崎良幸 日本文学, 1958 https://t.co/k9zoGzEv…

25 0 0 0 OA 契沖全集

RT @inotti_ele: 契沖が指摘した梅花歌の序、王羲之の蘭亭記「天朗気清、恵風和暢」、張衡の帰田賦「仲春令月、時和気清」との関係性考察 大伴旅人について : 特に讃酒歌と梅花歌との関係について 山崎良幸 日本文学, 1958 https://t.co/k9zoGzEv…
KAKEN —桃崎有一郎, 流鏑馬の起源・成立過程の実証的再検討─鎌倉幕府儀礼の源流と東アジア文化 https://t.co/8nIyt34FRt 「礼」思想の先行研究は膨大だと思うけど…
江藤隆之「スペイン刑法のプロフィール」桃山法学(2019年) https://t.co/mJmPelWCb2
@internetarchive CiNii 論文 - 李英美「朝鮮総督府中枢院における韓国・朝鮮の慣習調査報告書に関する書誌学的考察 : 米国カリフォルニア大学バークレー校(UCB)・the C. V. Starr East A… https://t.co/2LytxkjyEA
社会保障の基礎研究として、 太田匡彦「社会保障の財源調達 : 社会保障の構造を踏まえた法的議論のために」 https://t.co/JtCmA56DZJ
CiNii 論文 - 小林標「能は演劇であるのか : 言語学の立場からの試論」 https://t.co/dcwRSRU7VQ
J-STAGE Articles -村井章介「明代「冊封」の古文書学的検討」史学雑誌 https://t.co/JbijaiVhhd
松沢裕作 評『埼玉県史料叢書』七(上), 入間・熊谷県史料 三, 埼玉県教育委員会, 二〇〇六・三刊(史学雑誌) https://t.co/I2v3ZqWIVU #熊谷は群馬なんだよ
「穗積法学末弘法学の分析と批判 (座談会) 」 磯田進, 平野義太郎, 戒能通孝, 仁井田陞, 川島武宜, 福島正夫(法社会学、1952年) https://t.co/DYMdxlN8vp
CiNii 論文 -山田潔「抄物のカタチヨミ」 https://t.co/XCUfSSeUgz いわゆる「文選読み」について。
CiNii 論文 - 斯波義信「資金調達方法にみるチャイニーズネス」東洋学報(2018年) https://t.co/usbKFOUwCs
CiNii 論文 - 根岸宗一郎「周作人とJ・E・ハリソン : ギリシア神話とギリシア像を巡って」 https://t.co/cmZpFmbEhN
CiNii 論文 - 「周作人における狂言の翻訳と紹介」東京外国語大学日本研究教育年報 https://t.co/fSVXtQ0sUM
CiNii 論文 -冨谷至, 漢律から唐律へ : 裁判規範と行爲規範 https://t.co/DlU48Je6y9 法文の経書化については、式目における展開も思い起こした。(礼制の点は異なるが。) 一種の("非実用的な")「… https://t.co/3X3QtXCjqQ
CiNii 論文 -高木智見,「春秋左氏伝 : 歴史と法の源流」余滴 (1992年) https://t.co/UJCKYR8DXJ
CiNii 論文 -宮宅潔, 嶽麓書院所藏簡「亡律」解題 https://t.co/u6Rsjy4ase
CiNii 論文 - 小川剛生, 南北朝期の『孟子』受容の一様相 ―二条良基とその周辺から― https://t.co/oJYmdPb8XT
CiNii 論文 - 塚原史, ツァラとART NEGRE : ダダ百年の深層 https://t.co/JFUrpFlz3d #CiNii
CiNii 論文 -  [翻訳]ベンジャミン・A・エルマン 「感情的苦悶、成功への夢、試験生活」(上) https://t.co/xml4B1HAnj
CiNii 論文 - 三浦国雄, 翻訳語と中国思想 : 『哲学字彙』を読む https://t.co/Sehe5cdbmU #CiNii
CiNii 論文 -  近世日本における裁判観の形成と変容 (〈法のクレオール〉と主体的法形成の研究へのアプローチ(1))(桑原朝子) https://t.co/hNDvY56WKU 大岡政談!
CiNii 論文 -  『事林廣記』刑法類・公理類譯注 https://t.co/Ljnql6EttC 訴状の書式集が便利!
J-STAGE Articles - 長又高夫評 : 新田一郎著「律令·式目—「法」テクスト注釈の非「法学」的展開」 https://t.co/01v959V5rk
J-STAGE Articles - 中国史の視座から (特集 越境する・社会・学 : 地域と時代を越えて「社会的なるもの」を問う) 岸本美緒 https://t.co/KzDoEG1dhz
CiNii 論文 -  コース・カウペル著『初期のオランダの中国学者たち(1854‒1900)』 https://t.co/iQQ9Ommuam 西英昭による書評。
CiNii 論文 -  日本における中国史研究 (アジア文化研究のいま)(斯波義信) https://t.co/gAzs6hBAqJ #CiNii
CiNii 論文 -  蓋然性の論理学 : ライプニッツ中国学の方法論への一視点(長綱 啓典) https://t.co/rMGLOIWX7j #CiNii
CiNii 論文 -  届かなかった清律 : ライプニッツと中国法(佐立 治人) https://t.co/uE5RSyqnzb #CiNii
CiNii 論文 -  シノロジーの解剖(一) : その批判と提言 https://t.co/CvZ92Xn1ID #CiNii
CiNii 論文 -  仁と孝のヒミツ (小島敏郎教授退任記念号) https://t.co/PK2bvMYZrt #CiNii
高橋悠介「金春禅竹の信仰圏と翁論 : 『明宿集』を中心に」 能楽研究叢書7 https://t.co/2b0QgBHdfQ
CiNii 論文 -  『封氏聞見記』訳注(一) https://t.co/h9ew31Muo1 #CiNii
CiNii 論文 -  律令国家における儒教政策の変遷 : 礼の習得と倫理の学修(山下洋平) https://t.co/hddXTLjHsg #CiNii
松原健太郎(書評)井上徹・遠藤隆俊編著「宋―明宗族の研究」 https://t.co/WqgyKJUwW0

1 0 0 0 IR 両部典礼論

CiNii 論文 -  両部典礼論 (秋山学) https://t.co/m0giULUdT4 #CiNii
RT @Archer12521163: 注釈や版本がTLを賑わしているので、これを貼っておこう https://t.co/69fYAr3elo
CiNii 論文 -  モーリス・フリードマン著『グラネーの研究生活』 https://t.co/iyMpKFovyt #CiNii
J-STAGE Articles - 大蔵虎明『語間之抄』について https://t.co/xTUolBStlb
J-STAGE Articles - 神と人間の関係から見た農村祭祀構造の日中比較論(田仲一成) https://t.co/0ithqvM4vB
CiNii 論文 -  狂言に現れたる中世後期の法律生活 https://t.co/n8jtio0IPg #CiNii
RT @Toyo_Gakuho: 『皇明條法事類纂』については、東洋文庫リポジトリの下記の論文もぜひご参考ください。清末の収蔵家の手から、日本に渡った後は関東大震災の際、奇跡的に難を逃れたことなど、興味深いです。 仁井田陞「旧鈔本「皇明条法事類纂」私見」『東洋学報』第27巻第…
RT @quiriu_pino: 村井 章介, リーブズ クリストファー Kikaigashima is Not So Far Away After All: Japan's Southwestern Borderland Studies in Japanese Literat…
CiNii 論文 -  徳川儒学思想における明清交替 : 江戸儒学界における正統の転位とその変遷 https://t.co/YJ7cXnU81S #CiNii
松原健太郎 書評 - 中島楽章著『明代郷村の紛争と秩序-徽州文書を史料として-』 https://t.co/MtIUxmGBf9 Momiglianoの方法論について勉強になった。
RT @quiriu_pino: 桑原朝子「近松門左衛門『大経師昔暦』をめぐって」(2013)読了。西鶴、近松、貞享改暦やら京都の町共同体やらの迂路を行くと思ったら、最後は「水平的な連帯関係」と「不透明で複雑に絡み合った大きな権力」の話に着地する手品的論文。 https://t…
RT @quiriu_pino: なお同じシンポで木庭顕は、法学と歴史学の双生児性について論じている。これもちゃんと読まねば。 木庭顕「シンポジウム 法学における歴史的思考の意味:歴史学の認識手続と法学的思考」 https://t.co/0GhNQJAypI
CiNii 論文 -  明治以後における歌舞伎囃子への能楽囃子の導入について https://t.co/xQit19nmUK #CiNii

2 0 0 0 OA 船弁慶 (一)

歴史的音源 - 船弁慶 (一) http://t.co/Vyteujznqb
牧健二『日本封建制度成立史』 http://t.co/i4ICXt7f1k

お気に入り一覧(最新100件)

立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1087「OECD諸国の憲法―憲法典の比較による概観―」(PDF:777KB)を掲載しました https://t.co/rO8tEXJLSC
久保田 昌子 -  『常陸国風土記』における土蜘蛛伝承の検討 https://t.co/SmHBTI55OK
坂口太郎『大正・昭和戦前期における徳富蘇峰と平泉澄』(第19回松本清張研究奨励事業研究報告書、北九州市立松本清張記念館、2019年)読了。官学アカデミズムと民間史学が交錯した近代史学史の一断面を、平泉と徳富に注目して描き出す。圧巻… https://t.co/l3tDgPUb6G
関連する論文として日本語で読めるものを見つけたので貼っておく。 マリアン・フュッセル「法律家は悪しきキリスト教徒?」前田星・田口正樹訳 近世の専門家批判について。面白そう https://t.co/UpPrRPMUfc
明治29年2月2日、川田甕江が死去。古賀謹堂、藤森弘庵、大橋訥庵、安井息軒らとの交流で学問を深めた漢学者。山田方谷の推薦で、備中松山藩主・板倉勝静に仕えた。古賀勝次郎「安井息軒の門生たち(2)」(『早稲田社会科学総合研究』10-3… https://t.co/SAUWz9Oc2H
三倉康博(2013)「二大帝国の対立から融和へ:セルバンテスの『偉大なるスルタン妃』に関する一考察」『広島修大論集』53-2:17-30. https://t.co/1awVEsyzSu セルバンテスがオスマン朝をテーマに戯曲を書… https://t.co/Fy6Y1CiBUF
②【参考文献と目次】 <参考文献> 井ノ口哲也「中国思想は高校生にどのように教えられているのか」、中央大学文学部紀要、2017 https://t.co/Lo4i0y2vRD 浅野裕一ほか「郭店楚簡各篇解題」、『中国研究集刊』(3… https://t.co/eIzyMjiU6r
昔、勝村先生が「カルピスというのは、ありがたい会社なんや」と言っていて、若かった私は、何だろうと不審に思っていました。 https://t.co/aKMvsgTs8K
これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
森安 孝夫「加藤修弘卒業論文の公刊にあたって」(2012) 1966年度に東大に提出された伝説の卒論を刊行するの辞。著者は東大紛争でアカデミズムから去ったけど、「今後の中央ユーラシア研究にとって必須の先行研究」らしい。 https://t.co/gQGqb9BYlc

33 0 0 0 OA 後漢書 120卷

後漢書 120卷. 21 - 国立国会図書館デジタルコレクション【高木浩明氏が発見した痕跡本「この本の上を土足で歩いたと思しき幼児の足跡が二箇所付いていた。足のサイズは12センチ」】 https://t.co/aheXwtZ3Au
古代史の友人に「最近スゴい論文ないの??」と聞いて教えてもらった論文です。 小塩 慶「国風文化期における中国文化受容 : 異国描写を手掛かりとして」 史林 100(6), 641-677, 2017-11 https://t.co/8So5Bm5Zjn
論文を書きました。 「『風姿花伝』神儀篇の成立経緯と著述の意図 : 「申楽」命名説を軸として」、『日本研究』58号 https://t.co/HV7Jg2YMpM
戸田聡先生によるマニ教超重要史料の翻訳。北海道大学のリポジトリからダウンロード可。CiNii 論文 -  マニ教資料翻訳集成(2) : ケルン・マニ・コーデックス https://t.co/gES7dcA5xr #CiNii
『清国行政法』は近代デジタルライブラリーで全部見れるで https://t.co/7L8aH85n77 https://t.co/tbwNXRhmCt
Hofer, Rainer, Die Goseibai Shikimoku Tsuika : Kommentar und Übersetzung https://t.co/bA6H7blyem なんと、御成敗式目追加のドイツ語訳が… https://t.co/BelloTe0HF
カール・シュミットにおける民主主義論の成立過程 : 第二帝政末期からヴァイマル共和政中期まで https://t.co/jBREvo2Vbg
末岡精一の憲法・国法学の講義ノートを含む浜口雄幸関係文書、また、井上毅書簡を含む渡辺国武関係文書が興味を惹くところ。https://t.co/QDXbxDqOsu
CiNiiで出てこないのに、太田晶二郎「漢籍の「施行」」(『日本學士院紀要』7、1949)がJ-Stageが公開。よきかな。 https://t.co/Tjl1XOL3Wl 朝廷で典拠として使える漢籍を公定する「施行」の存在を証明した論文。よく引用されるが、こんな小品だったとは。
水林彪「マグナ・カルタと六角氏式目 : 日本国憲法の歴史的起源を訪ねて」(早稲田法学92(3), 2017) https://t.co/RTRqD2tvEQ pdfで本文公開中。家臣が当主に突きつけた六角氏式目なら確かに共通点はあるが…

32 0 0 0 OA 図書寮典籍解題

宮内庁書陵部編『図書寮典籍解題 歴史篇』(養徳社、1950) https://t.co/6PozwzZikP こんな解題があったとは&ウェブで公開されてたとは。「書陵部所蔵資料目録・画像公開システム」とあわせて使いたい。
家永遵嗣「室町幕府と「武家伝奏」・禁裏小番」、『近世の天皇・朝廷研究』(5) 、 2013年 https://t.co/NuKu153MrZ pdfでウェブ公開されたようだ。数年前の近世史のシンポジウムで発表されたもの。霊元天皇が引き合いに出される感じは新鮮。
山口道弘「制度としての傍輩 : 『吾妻鏡』頼朝挙兵記事に於ける佐々木氏伝承を中心に」 『千葉大学法学論集』 31(3-4), 2017-03-17 https://t.co/a7g7mb52cB pdfで本文公開中。去年法制史研例会で報告されてたヤツかな?もう活字化されてたとは…
早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8IG7HqzBLZ
今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治史研究をめぐる群像劇。面白い。

26 0 0 0 OA 蒼海全集

副島種臣『蒼海全集』のtxt化 材料はhttps://t.co/afszU92pe6から。グーグルドライブのocr機能を使い、オンラインocrのhttps://t.co/Ox2k4O1FRxで補う。1週間で全20万字ほど。多少荒い… https://t.co/joxjPHkIDA
電話に出られません.日本語ではとりあえずこれを読んでね. https://t.co/WdKh987EbA
【PDF】F.W.J.シェリング翻訳|浅沼光樹=訳(京都大学リポジトリ『西洋近世哲学史研究室紀要』) 2016:神話の哲学への序論―第22講義 https://t.co/AxoTc7U8Mn 2015:永遠真理の源泉について https://t.co/j2y3RSnF0g
【PDF】F.W.J.シェリング翻訳|浅沼光樹=訳(京都大学リポジトリ『西洋近世哲学史研究室紀要』) 2016:神話の哲学への序論―第22講義 https://t.co/AxoTc7U8Mn 2015:永遠真理の源泉について https://t.co/j2y3RSnF0g
和田廣(2004)「宦官—資格不要の職業:「闇の去勢」禁止令をめぐって」『地中海研究所紀要』2: 77-91. https://t.co/g5yPjzliHE 禁止令が出されるほど身分(自由人/奴隷、庶民/貴族)を問わない去勢の広がりを生んだビザンツ帝国の宦官職の重要性。
【新刊】ここ数年,京大レポジトリに数次にわたってローマ法に関する巨大な書き下ろし作品を公開されている柴田光蔵先生が,今回,日本法に関する作品を公開されました。「ローマ法の語り部」から,今後は「日本法の語り部」を志されるとのこと。http://t.co/YjVyjkoU70 #fb
#memo 小野紀明「公共政策大学院生に薦める三冊の本」京都大学公共政策大学院『公共空間』(2010 Autumn) http://t.co/hFB65e5E7s

7 0 0 0 OA 口傳書

近代デジタルライブラリーの「full=1」オプションですね。これは日ごろ近デジのJavaScriptを読んでいる人でないと気付かない気が(笑)。例 http://t.co/SIVFTUIl0Z QT @knagasaki 隠しパラメータで最初からフルスクリーン表示もできるという…
梅澤礼「1830-40年代の監獄論争はバルザックにどのような影響を与えたのか?」、日本フランス語フランス文学会関東支部論集17号、2008年 http://t.co/4rfz7GAhZq
何とドイツの公共性 Öffentlichkeit について考えるためには、何より先ず読まねばならない超重要論考が邦訳されていた。「歴史の基礎概念・公共性について[翻訳と解題・その1]」http://t.co/R7285TiSXT #rekisinews

105 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

ローマ法のあの柴田光蔵先生畢生の大作(300万字とのこと)「ROMAHOPEDIA」が,京大レポジトリ「紅」で無料公開されました! http://t.co/nzjUBKukGa #fb

20 0 0 0 OA 韻書と等韻図 1

『韻書と等韻図I』という中国音韻学に関する教科書的書籍がネット上で公開。無料でPDFをダウンロード可能。なんと258ページ。 http://t.co/iMrufOZdY9 後半は結構難しい内容。
CiNii 論文 -  文体の速度と感覚論哲学 : 18世紀のフランス語修辞学教科書における記述を中心に http://t.co/BOhf5Xj4dB あこがれの修辞学といえば玉田さんの論文
日本刀の衝撃工学的考察 / なぜ直径数ミリの目釘竹1本のみで刀身と柄を固定できるのか → 目釘位置が刀全体の固有振動の節だから と言う結論で驚き / “Consideration of the Japanese Sword from …” http://t.co/2z7MTnlY
早稲田の付属から早大に上がった学生さんは、佐々木宏夫先生の『マッチング問題とその応用 』を読んで、今回ノーベル賞を受賞した研究にみんなが関わっていた(?)ことを知っておきましょう。そうでない学生も是非読みましょう。 http://t.co/0RNOR1Zl
というわけで前も紹介したけど,水崎博明先生主宰の福岡西洋古典愛好会によって翻訳された「古典ギリシア語文法」( http://t.co/sdUu7wX3 ) 
国会図書館、博士論文1万4000点以上をインターネットで公開 -INTERNET Watch 【リンク】→http://t.co/fVZ061Eh デカルト『省察』(ちくま学芸文庫)の訳者である山田弘明氏の博士論文、かな【URL】→ http://t.co/ILZK8bAi 

フォロー(779ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdfで本文公開。土豪による軍記物創造、系図作成について。 青山 幹哉「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と「浪合記」・「大橋記」」 アカデミア. 文学・語学編(105), 236-262, 2019-01-31…

1 1 1 1 OA 会議法

◆鳩山和夫『会議法』小笠原書房 https://t.co/mI5SVjGQz4
#こんな論文がありました pdfで本文公開。土豪による軍記物創造、系図作成について。 青山 幹哉「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と「浪合記」・「大橋記」」 アカデミア. 文学・語学編(105), 236-262, 2019… https://t.co/XiPAPhvD5O
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @shim3kanbun: 訓詁の発生と、経・伝・箋・疏の関係を具体的に解説。 CiNii 論文 -  詩書訓詁の一類型 https://t.co/Y1PWAfEn42 #CiNii

1 1 1 1 OA 音韻啓蒙 : 2巻

見返しには敷田年治とあるものの、刊記にも内題の下に「敷田耕造」 国会本も https://t.co/PmFoEWXpa9 早稲田本も https://t.co/5UlV5PsfQO 「敷田年治」になっています。 https://t.co/K2jN62KLsK
RT @BungakuReportRS: 三浦 誉史加 -  少女雑誌におけるシェイクスピアと宝塚少女歌劇―坪内士行を中心に― https://t.co/gyDo6GegGs
RT @BungakuReportRS: 横田 隆志 -  藁しべ長者と大柑子 : 『今昔物語集』巻十六第28話を読む(2) https://t.co/8mrrbeT8ma
RT @BungakuReportRS: 張 宇飛 -  魯迅の「摩羅詩力説」材源の新発見 : ロシア作家コロレンコについて https://t.co/4mHYn4d2jP
RT @quiriu_pino: この科研費事業(2011~15年度)で書誌情報・翻刻・写真を掲載した「金沢文庫文書データベース」は完成させたが、今は文庫内での利用のみなのだという。ユネスコ「世界の記憶」登録も視野に入れて、DBのウェブ公開を目指しているとか。 https://…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @nknatane: RT https://t.co/0vd5HC0qG7 至文堂歴史新書は名著が多く、再刊が望まれる。永島福太郎『応仁の乱』、玉村竹二『五山文学』あたり。ちなみに田中健夫『倭寇と勘合貿易』はちくま学芸文庫。 CiNii 図書 - 日本歴史新書
森下 翔(2014)「不可視の世界を畳み込む:固体地球物理学の実践における「観測」と「モデリング」」 文化人類学 78(4), 449-469, 日本文化人類学会 / “CiNii 論文 -  不可視の世界を畳み込む : 固体地球… https://t.co/QgWIE9JISX
平 英美(1994)「Reflexion on Woolger─SSK(科学的知識の社会学)のアリーナにて」大阪教育大学紀要 43(1), p1-12, 1994-09 https://t.co/1yQdRa7kbB / “CiN… https://t.co/UXJ5orNvaz
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
RT @nknatane: RT https://t.co/0vd5HC0qG7 至文堂歴史新書は名著が多く、再刊が望まれる。永島福太郎『応仁の乱』、玉村竹二『五山文学』あたり。ちなみに田中健夫『倭寇と勘合貿易』はちくま学芸文庫。 CiNii 図書 - 日本歴史新書
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1094「町村議会議員のなり手不足」(PDF:463KB)を掲載しました https://t.co/rUQp7uVvTA
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @1031kentakai: おお、ようやく年2回の連載がアップされた。 タダ読みできるお。 日本微生物生態学会和文誌 「M&E編集委員長たより」 https://t.co/ogiLaLQyJI
「掛詞の外国語訳の方法について : 複数の掛詞・縁語を使用した二重文脈歌を中心に』」 https://t.co/ts16FxXQ8M
RT @makoto0218ne56: これ読んで長岡フェロー勉強した。https://t.co/AeD2vXtjpE
RT @BungakuReportRS: 大島 明秀 -  志筑忠雄の所用印ともう一つの字(あざな) https://t.co/PtVKRwcnXO
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 -  半井本『保元物語』の副助詞ダニ(附・サヘ)―中世軍記物語における〈相対的軽少性〉の意義の一確認― https://t.co/8fMH2QCHwi
CiNii 論文 -  八代集四季の歌における感覚表現 https://t.co/DQgpwrBPbn #CiNii
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1094「町村議会議員のなり手不足」(PDF:463KB)を掲載しました https://t.co/rUQp7uVvTA
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」)… https://t.co/1BoLCUu057
読んだけどこの人の頭の中では飛行機で本が運ばれてんのかというスケール感に思えてもう少し何か欲しい Going West to Reach the East : A New World Source for an Episode… https://t.co/usN0F2ovAi
RT @ai202015: Tidy Data(整然データ)の非常に分かりやすい日本語解説をみつけました! https://t.co/BRgJ1ioZPc #機械学習 #データサイエンス
杉尾邦江(1994)「ベンサム及び功利主義者がイギリスの公園成立に及ぼした影響とその貢献に関する考察」 https://t.co/7ts1P6qH3W
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1095「高等学校における情報科教育の現状」(PDF:422KB)を掲載しました https://t.co/Yal6j57bjD
@tmogi_nichibun 『日本語大事典』『日本語学大辞典』でも載ってないですね。 文献は、1995年には、 https://t.co/1devZbmzKm これもありましたが、私も入手に手間取りましたし、日本語学界では、あ… https://t.co/0O57KJtq4m
RT @schrift_sprache: See here in the Nichibunken's repository: https://t.co/Q5msd7udtU From the 2019 volume: Marceau, Lawrence (2019) "Go…
See here in the Nichibunken's repository: https://t.co/Q5msd7udtU From the 2019 volume: Marceau, Lawrence (2019)… https://t.co/3mOOw1rLHJ
谷村先生の「量子論と代数:思考と表現の進化」、数学が進化の産物であるのはいいとして(誰も否定しない)、それだけでは私たちが数学について知りたいことの多く(ある数学理論が別の理論より「良い」理論であるとはどういうことか」とか)につい… https://t.co/9hFqmyilzh
RT @BungakuReport: 「蘭書」発見記補遺pdf PDF(1584KB) - 参考書誌研究vol79 https://t.co/I5WmhAWX7C
RT @takanoriida: 「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果: フィールド実験によるエビデンス」 健康に関する行動変容と、行動変容を促進するための介入の効果についてまとめた概説的な論文です。RCTフィールド実験に限られるのでエビデンスの質は高いものばか…
悉曇三密抄 https://t.co/L0W8WDV2rI 「さんみつ」で変換すると、「身密・口密・意密」「身口意」が出ることに気づいた。昔、なにかの辞書を一括登録した時に付いてきたものかな。「身語心」は出ないみたい。
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
RT @BungakuReport: 旧満洲国における国語教育営為 ―郷土教育の視点から― 池田 匡史, 黒川 麻実 https://t.co/e168CrKn3I
スペイン性刑法に関する拙稿とがリポジトリに上がったようです。 ご関心のある方はお時間のあるときにどうぞ。 https://t.co/eoS3Uag0rt
スペインの危険運転に関する拙稿と https://t.co/KkGJxHy3sD
RT @askoma: 教えていただいた論文ですが、英語と国語の各社教科書での文法の取り扱いとそのズレについては、こちらに。→「国語教科書と英語教科書における文法用語に関する基礎的調査」https://t.co/TqCfkYTAlF
RT @saisenreiha: 小杉 泰・林 佳世子 編『イスラーム 書物の歴史』2014年 https://t.co/i6SnijoV0y 戸田聡による書評が大変参考になる。https://t.co/N7qjC2niXm
奥健太郎「イギリスにおける政府・平議員間の政策調整――第二次大戦後から1970年代までを対象として」『比較政治研究』6号,1-22頁,2020年 https://t.co/vpLnMLjGTP
@rasiel9713 猪木先生が以下の本で友情について深い考察を展開されています。 第7章 公智と友情 : 福澤と西郷の場合 / 猪木 武徳 https://t.co/kNKVMdbs5x
RT @BungakuReport: 蔵書印と練り朱肉の手入れについて (馬渕 敬子 特別資料室) 早稲田大学リポジトリ https://t.co/Y8JmyGrspr
佐藤温「藤森弘庵『春雨楼詩鈔』と幕末の出版検閲」 藤森弘庵の幕府批判の詩を大槻磐渓が林復斎にチクったのがおもしろい。「葵心」(主君を思慕する心)の用例あり。陽の方向を向くから葵なのだろう。#覚え書き https://t.co/hEw6JwoIpL
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF
#こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF

3 2 2 0 OA 詩評類纂

RT @niina_noriko: @Masinissa2016 詩の批評というと、以前Twitterで山口旬さんが詩評類纂という本を紹介しておられて興味深かったです。添削が収入の一部だったのでこういう本の需要があったんですね。#覚え書き https://t.co/i8fy4Z…

3 2 2 0 OA 詩評類纂

@Masinissa2016 詩の批評というと、以前Twitterで山口旬さんが詩評類纂という本を紹介しておられて興味深かったです。添削が収入の一部だったのでこういう本の需要があったんですね。#覚え書き https://t.co/i8fy4Z5Ymw
CiNii 論文 -  藤原広兼進納『菅家文草』と院政期北野天神信仰 https://t.co/MsitsoWQ1h #CiNii
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
The manuscript of the Crónica appears to be at the Archivo Franciscano Ibero-Oriental, no. B-401~403. Cf. Kawaguchi… https://t.co/ik6ZPqeZOe
RT @arimotoy: 日本社会経済史のサブジャンルの「屎尿処理・下水史」は,厚いし熱い.都市化に伴う屎尿処理問題にどう対応したのか,主要都市ごとに研究蓄積がある.最近では,星野高徳(2018)「1930年代名古屋市における下水処理化の推進と農村還元処分の存続」『社会経済史…

2 1 1 0 OA 謡注甲集

題簽も内題も無いけれど、「謡抄」の中本刊本であるようだ。 「蟻通」の「清少納言枕草子」に「マクラザウシ」の振り仮名がある。ノが入らぬのが古形と聞くが濁点つき。 古活字本に振り仮名はないけど、その書き込みとか写本とかで、振り仮名があ… https://t.co/r6TvRo9uf2
Cf.加太宏邦「アンチパスカリアンとしてのヴォルテール」『études françaises』9號https://t.co/udnNHXv6YX=p.76・81。『哲學書簡』25「崇高な人間嫌い」對「人間性の味方」、引き籠もり對社… https://t.co/XdKBRjTwq3
同じ著者の研究で、大正期東京の伝統的システムを利用した屎尿処理が一定の成果をもたらしたことを示し、イギリス型の大規模インフラ整備だけが公衆衛生状況改善成功の「唯一の」モデルではないことを示したのが永島(2011)だったかと思います。 https://t.co/SXIi6U7Gte
むしろこうした研究こそが、貧困・差別と疾病を過度に関連付けてきたのではないのかという反省があります。それを認識させた研究の一例が大正期東京の上下水道問題と腸チフス流行を論じた永島剛(2005)ではないかと。 https://t.co/jhXXQz9axK
蒔田純「教科書で教えられている政治と教えられるべき政治」『弘前大学大学院教育学研究科教職実践専攻(教職大学院)年報』1号,9-21頁,2019年3月 https://t.co/xKtMRBqNML
蒔田純「「自治体「住民総会」の持続可能性」『弘前大学教育学部紀要』122号,47-57頁,2019年10月 https://t.co/bnVXCyhpWM
RT @tomokihirano: 教育工学会に採録いただいたショートレターがJ-STAGEにて公開されました。横浜市での共同研究の成果です。ICT活用とアクティブ・ラーニング推進に取り組む小学校の類型化の試み https://t.co/Dkyks5UeFk
教卓と和解せよ 『吾輩は教卓である』 @ https://t.co/iwInagEd9H

11 10 10 0 OA 古事類苑

RT @kurubushi_rm: 古事類苑 古代(国初)から慶応3年(1867)までの様々な文献から引用した例証を分野別に編纂した、明治政府主導で編纂された類書であり、日本唯一の官撰の百科全書でもある。 https://t.co/t9n2ELL1OD #国会図書館デジタ…
京都大学人文科学研究所所蔵『天地瑞祥志』第十六翻刻・校注──「月令」(四) https://t.co/cK5uni4LqV
『風葉和歌集』所収現存物語歌 対照表 https://t.co/Emlqpu5fNe
PDFあり。 ⇒岡部隆志 「環境を巡る祭祀・神話・伝承 : うしろめたさのアニミズム」 『紀要』(共立女子短期大学文科) 第63号(2020) https://t.co/rdwoE64l7n
RT @mircea_morning: 転スラの論文、オープンアクセスになってました。 玉井建也「ウェブ小説に見る物語構造と虚構性:『転生したらスライムだった件』を事例として」『東北芸術工科大学』27号2020年 https://t.co/AlZqeOoJuc
RT @quiriu_pino: pdfで公開されてました。#こんな論文がありました https://t.co/T4mQXeKXnM
平安鎌倉時代の文学作品の文体類型 https://t.co/SHA7sWBcJG
Twitter データを利用した言語地理学的研究の可能性 https://t.co/FbzcnoULYR
この話題に関連する(かもしれない)雑文を、佐藤方哉先生の追悼特集@行動分析学研究(2011年)に書いたのを思い出しました。タイトルは、以下のようなもの(無料でDL可です)。 日本的な、あまりに日本的な : 「日本文化に関する行動分… https://t.co/Gpb1XZUFNy

フォロワー(605ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

三輪誠一 小説における語りの技法 https://t.co/LmlPloxK8k
RT @1031kentakai: おお、ようやく年2回の連載がアップされた。 タダ読みできるお。 日本微生物生態学会和文誌 「M&E編集委員長たより」 https://t.co/ogiLaLQyJI
西岡 千文, 亀田 尭宙, 佐藤 翔 - 日本の学術出版物におけるオープン・サイテーションの分析【引用データに関しては,機械可読なアクセスのオープン化が遅れている】 https://t.co/lqRzNY7Sak
高等学校における情報科教育の現状●立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1095 https://t.co/8lgPC6TMtA
RT @ai202015: Tidy Data(整然データ)の非常に分かりやすい日本語解説をみつけました! https://t.co/BRgJ1ioZPc #機械学習 #データサイエンス
「蘭書」発見記補遺pdf PDF(1584KB) - 参考書誌研究vol79 https://t.co/I5WmhAWX7C
RT @BungakuReport: 蔵書印と練り朱肉の手入れについて (馬渕 敬子 特別資料室) 早稲田大学リポジトリ https://t.co/Y8JmyGrspr
旧満洲国における国語教育営為 ―郷土教育の視点から― 池田 匡史, 黒川 麻実 https://t.co/e168CrKn3I
蔵書印と練り朱肉の手入れについて (馬渕 敬子 特別資料室) 早稲田大学リポジトリ https://t.co/Y8JmyGrspr
RT @mircea_morning: 転スラの論文、オープンアクセスになってました。 玉井建也「ウェブ小説に見る物語構造と虚構性:『転生したらスライムだった件』を事例として」『東北芸術工科大学』27号2020年 https://t.co/AlZqeOoJuc