著者
太田 恭子
出版者
首都大学東京 人文科学研究科
雑誌
人文学報. 社会学 (ISSN:03868729)
巻号頁・発行日
no.48, pp.1-26, 2013-03-25

本稿の目的は,近代日本の性教育論の分析を通して,大正期の母親による性教育モデルの形成過程を描き出すことにある.なぜなら,性別アイデンティティの確立に寄与したと思われる近代日本の性教育の推進に母親が積極的に関わっていることを明らかにすることで,近代日本のジェンダーの再生産過程を明らかにすることができると思うからである.そこで,明治から大正にかけて産出された性教育論において,性教育の担い手についての言説と大正末期に登場した母親たちの性教育実践報告を分析した.明治期の性教育論では性教育の対象は男子であり,担い手は教師か学校医が想定されていた.大正期になると家庭では母親が幼児期の生活全般に関わる性教育を行い,学校では教師がそれぞれの年齢に見合った性知識を与えるという性教育言説が形成された.そうした言説が流布する中,母親たちは子どもとの相互行為を通じて,子どもが貞操や純潔を重んじ性差に基づく行為を生み出していくような,母親にしかできない性教育を構築した.母親による性教育言説は大衆的なメディアを通じて広く流布し,多くの母親に参照されるモデルとなって性教育に取り組む母親を生み出していったと思われる.こうして,母親による性教育は,結婚するまで貞操を守り「男は仕事,女は家庭」という性別分業に適合的な次世代を世に送り出して,近代日本のジェンダーを再生産していったと考えることができると結論した.

言及状況

Twitter (8 users, 12 posts, 4 favorites)

@JZR1bGhnQIadOI2 これを読んで、貴方の主張がどれだけ危険で子供の為にならないかを勉強して下さい 大正期の「母親による性教育モデル」の形成 https://t.co/p0Bu0hBKiZ 優生学と結びつく「からゆ… https://t.co/QcGGjCZMWH
#まなざし村 を理解する為の教科書として最適 大正期の「母親による性教育モデル」の形成 https://t.co/p0Bu0hBKiZ
@amifiance 残念ながら「女に選ばれない男はクソ」の普及に日本のフェミニストは一枚噛んでます。 「外国のフェミとは違うのだよ。外国のフェミとは。」 首都大学東京機関リポジトリ「みやこ鳥」 大正期の「母親による性教育モデ… https://t.co/k714rLXH72
所が日本のフェミの主な運動目的は『貞操の保持』だった為、却って『「男か女」か「ヤるヤラない」』を強化してしまった。 大正期の「母親による性教育モデル」の形成 https://t.co/p0Bu0hBKiZ #エマワトソン… https://t.co/wenOA4fQSK

収集済み URL リスト