著者
野口 和彦
出版者
[出版者不明]
巻号頁・発行日
2009

制度:新 ; 報告番号:甲2897号 ; 学位の種類:博士(学術) ; 授与年月日:2009/9/15 ; 早大学位記番号:新5124

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (6 users, 6 posts, 1 favorites)

↓ 抜粋。 ・脆弱性の窓:ある国家が相対的パワー低下を経験し、安全を確保することが困難になっていく状況 野口和彦 パワー・シフトと戦争 : 東アジアにおける事例を用いた因果分析 第2章 パワー・シフト理論 第3節 予防戦争と脆弱… https://t.co/HAeT0wGRN3
開戦直後の配置図です 韓国国防軍史研究所「韓国戦争<第一巻>人民軍の南侵と国連軍の遅滞作戦」(日本での刊行時には監修に防衛省防衛研究所の米山2等陸佐や防衛大学校の田中助教授が参加)より(下記論文から引用)… https://t.co/CbYtVoVfFf
@popopongakuen まずは野口氏の論文を読んでみよー! https://t.co/Y29wLu9Bm7
※第3章 太平洋戦争 - Honbun-5124_04.pdf / “DSpace at Waseda University: パワー・シフトと戦争 : 東アジアにおける事例を用いた因果分析 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士…” http://t.co/qdq1aMCmCQ
第1章 戦争研究におけるパワー・シフトの重要性  →https://t.co/SaurO70HUp

Wikipedia (3 pages, 3 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト