a.o.kitty (@anger_of_kitty)

投稿一覧(最新100件)

RT @Famillycollapse: @Fuji_i_san 呉座先生のほのぼのエッセイも爆笑できるのでおすすめなのだ!! https://t.co/4auIisJ6Si https://t.co/1xy7fnS0vx
RT @Kakanien_Sazae: 「高松宮同妃殿下御渡欧の際……従来同国王に対してのみ為されたる、聯隊旗を地上に低く垂れる敬礼さへ……先年同国の国会に於て『日本より皇族殿下を迎へて国王に推戴したい』との建議案が提出可決……」 ――宮田光雄『有色民族の復興と其経済的自決』(…
RT @jshiratori: @hirokim21 差し当たり、ここで念頭に置いてる書評は↓。とはいえ、一般書を読む際にその分野の学会誌に掲載されたその著者の書評までちゃんと目を通さないといけないなんてわけはないし、色々と考えてしまいます。 https://t.co/zVmg…
RT @jshiratori: @hirokim21 差し当たり、ここで念頭に置いてる書評は↓。とはいえ、一般書を読む際にその分野の学会誌に掲載されたその著者の書評までちゃんと目を通さないといけないなんてわけはないし、色々と考えてしまいます。 https://t.co/zVmg…
RT @jshiratori: @hirokim21 差し当たり、ここで念頭に置いてる書評は↓。とはいえ、一般書を読む際にその分野の学会誌に掲載されたその著者の書評までちゃんと目を通さないといけないなんてわけはないし、色々と考えてしまいます。 https://t.co/zVmg…
RT @Frintarou: 典拠とか出典とか考える際には、渡辺秀夫「谷の鶯・歌と詩と─〈典拠〉をめぐって」(『平安朝文学と漢文世界』勉誠社、一九九一年)は読んでおくべきでしょう。もととなった論文はこちら https://t.co/cRVywH0CwU
司馬懿の研究紀要。偶然目にする。三国志には司馬懿伝が無く、まとまった話しは唐代の物しか無かったけど、2012年に中国で伝記が出版されて色々判って来たとの事。 司馬懿とその歴史的背景 https://t.co/7pGdzCQvG4 #CiNii
RT @Paul_Painleve: 日本でMOOC元年と言われた2013年にすでに海外では下り坂だった https://t.co/plUq1uzrc6 実際,数学の場合にe-learning的なものだけで勉強を進められるかというと,よほどの超技術でもないと難しいように思う。た…
不図思い出し、読んでる最中。 抜粋。 ・パックマンは女性をターゲット ・パワークッキー,ポパイから着想 ・パックマンとゴースト,仲良くけんかしているトムとジェリーのイメージ ゲームAI の原点『パックマン』はいかにして生み出されたのか?:岩谷 徹インタビュー https://t.co/2wdTsqHa8B
↓ ネットで話題になったから記事を公開したのかも、と思ったり。 人工知能学会 AI書庫(アイショコ) [旧:未来メディア実験館] アーティクル ゲームAI の原点『パックマン』はいかにして生み出されたのか?:岩谷 徹インタビュー https://t.co/2wdTsqHa8B
RT @dbs_curry: 人工知能学会誌の岩谷徹氏へのインタビューで、パックマンの当時の仕様書が全文公開。このページのリンクからPDFで読めます。 https://t.co/eiesTQZQMi
RT @Aki_Okazawa: 論文これ https://t.co/nf0hYt3E49 鉄器が本格的に使われだすまでの時間が空きすぎてるのと、使われてる技術が違うのとから、ヒッタイトから鉄の鍛錬技術が広まったというのは「…と言われていたが」と注釈つけないと言えなくなってきて…
↓ 抜粋。 ・脆弱性の窓:ある国家が相対的パワー低下を経験し、安全を確保することが困難になっていく状況 野口和彦 パワー・シフトと戦争 : 東アジアにおける事例を用いた因果分析 第2章 パワー・シフト理論 第3節 予防戦争と脆弱性の窓 https://t.co/SWktiOwnjp
↓ 抜粋。 ・残留日本兵、約800人、ベトミンに参加する際名前を日本名から「新ベトナム人」としてベトナム名に改名 ベトナムの日本兵が残していった日本語 ―ベトミンに加わったあるベトナム人の語りから― 中川 康弘 https://t.co/MVTKwwnfXq
↓ 抜粋。 ・知的財産権。Intellectual Property。IP *IP支持派 ・財産権と同じように正当 ・著作権は独占ではない ・富を奪うのではなく、新たな価値を生み出す 森村進 知的財産権に関するリバタリアンの議論 https://t.co/ufr99jllHN
RT @bj_kawai: JASRACと著作権で賑わっているので、著作権という権利自体の再訪:知的財産権に関するリバタリアンの議論 https://t.co/qF449NraFm
RT @tsukasafumio: 『西洋古典学研究』37号中井義明「クセルクセスの遠征軍の規模」 https://t.co/eWtULpThrC 兵站学と交通工学からペルシャ軍の総兵力を推算した論文。中井先生は同志社の古代ギリシャ史の教授ですが、ギリシャ古典文学の学会誌に載っ…

95 0 0 0 OA 官職要解 : 修訂

RT @quiriu_pino: 国史・国文必携の和田英松『官職要解』は講談社学術文庫版がてごろだから古本で見つけたら買いなさいと指導されたけど、おしいことに文庫版は索引が一部落ちている。NDLのデジコレなら、詳細な「官職唐名索引」まで見れるのでとても便利。 https://t…
RT @jshiratori: WEB上でも読めるCIA文書を使った信頼できる外交史研究としては、井上正也さんの「吉田茂の中国「逆浸透」構想-対中国インテリジェンスをめぐって、一九五二-一九五四年」『国際政治』(第151号、2008年3月)がある→http://t.co/c5j…
RT @jshiratori: 「「戦後処理」からの脱却を目指して:高度経済成長期の外務省機構改革」『北大法学論集』65巻5号(2015年1月)を執筆した際に実は人事行政に関する文書も大量に読んでいました。なお、この拙稿はリポジトリ公開中(宣伝)→http://t.co/d92…
RT @nekonoizumi: あ、これ読んでみたいなと思ったら、PDFでてきた。 ⇒一瀬敏弘「警察官僚の昇進構造 : 警察庁のキャリアデータに基づく実証分析」『日本労働研究雑誌』55(8), 2013-08 http://t.co/eyzJvyMWcW PDF http:/…
抜粋2。 *歴史学私論 ・歴史学は尺度の学問。ナラティヴに相応するタイムスケールの選択が非常に重要→異なるタイムスケールの歴史に序列や客観性の優劣は無い→歴史学は多元的 西暦一千年紀のユーラシア・インド洋貿易 佐藤彰一 https://t.co/MlgzwO9Zks
↓ 抜粋。 ・紀元前数千年前から市場や資本主義的調整システムが存在。金融操作、国際取引ネットワーク、度量衡や決済の統一 ・需給で決まる物価 西暦一千年紀のユーラシア・インド洋貿易 佐藤彰一 https://t.co/MlgzwO9Zks
RT @nekonoizumi: 既に立教のリポジトリにPDFあるの気づいていなかった。 佐藤彰一・深沢克己『ヨーロッパ、海域、そしてユーラシア 近代以前の世界』立教大学アジア地域研究所、2015 https://t.co/0BO2eIklhr 『史苑』75巻2号 https:…
↓ 抜粋。 ・WW2後日本。現実主義者v理想的平和主義者&進歩的文化人 ・が、日本の現実主義者、欧米のリアリストとは違い、軍事力を軽視 ・ナショナリズムにリベラルもリアリズムも無い 神谷万丈『日本的現実主義者のナショナリズム観』https://t.co/slYBuzncM3
RT @usui1965: 昨今の安保法制改正案論議をみるに、下記論攷が勉強になるようにおもう。神谷万丈『日本的現実主義者のナショナリズム観』https://t.co/YGCNEUMhAl 安倍政権は、ここに描かれたリベラリズム的なリアリストから逸脱していくのかどうか。考えてみ…
RT @jshiratori: 南京事件云々というツイートが流れてきたが、そんなにみんな関心があるならWEBに出ている虚実ないまぜの情報では無く原剛「いわゆる「南京事件」の不法殺害:その規模と要因」『軍事史学』第43巻第3・4号 http://t.co/hqxyTYirpO 辺…
(続き)境界世界~では、ヒヤリングによると、第一天使は試練のため悪魔に堕とされたが、最後は天使長に復活して神の一番ちかくに立ち、悪魔に敵対せずなだめる、とあり少し違う。二元論からは距離を置いている模様で良い感じ。(了) http://t.co/HJDyExzV7v
ヤジディ教徒。唯一伸を信仰するが、世界創造後、七天使の長の第一大使が世界を管理。この大使長を孔雀像で表現。(続く) JAIRO 境界世界の一事例―悪魔教徒・悪魔崇拝者と呼ばれるヤズィーディ (ヤズィード教徒) 紹介 川又正智 http://t.co/HJDyExzV7v
書評 アレクサンドル・#ドゥーギン 「地政学の基礎 ロシアの地政学的未来/空間をもって思考する」 #黒岩幸子 p93~101 Aleksandr Dugin (続く) http://t.co/nbANZu4q9C #新ユーラシア主義 #プーチン
RT @realism_studies: 【書評】アレクサンドル・ドゥーギン, 『地政学の基礎 ロシアの地政学的未来/空間をもって思考する』, モスクワ, 1999年, 928ページ 黒岩幸子 http://t.co/cDNKVS0GDu

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(118ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(271ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)