著者
村崎 恭子
出版者
北海道大学大学院文学研究科
雑誌
サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告書
巻号頁・発行日
pp.71-84, 2009-03-08

The Ainu language can be divided into three main dialect groups: Hokkaido Ainu (HA), Sakhalin Ainu (SA), and Kuril Ainu (KA). It is generally considered that the Ainu number system is based on a vigesimal system. However, as far as modern SA is concerned, a decimal system is used. This paper gives actual examples from the available materials and compares them with KA and HA. I hope to consider the relevant linguistic changes and historical background with everyone here.

言及状況

Twitter (5 users, 6 posts, 3 favorites)

@sumida__tokyo それは根源を考えればという事で、10進法と20進法を行ったり来たりと揺らぎはあったようですね。直接的には近隣北方圏からの影響が大かと。 https://t.co/anhUaTWPUe
樺太アイヌ語の数詞 アイヌ語は 20進法。2はtu、10はwan。ところが20はtu wanとはいえない。hotという1単語で20。樺太アイヌ語も同様だが別途10進法があり、10はkunkutu,100はtanku。 https://t.co/iszZtJgn6z
「小さなアイヌ語教室 モシリ」を拝見するとアイヌ語数詞の複雑さにつき問題提起している。 その点、樺太方言はすっきりしている。 http://t.co/xwdvNEn9 解のひとつかも。

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: 78
2021-09-03 06:02:51 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト