著者
竹本 寛秋
出版者
kader0d
雑誌
kader0d
巻号頁・発行日
vol.6, pp.64-76, 2011-09

大正期に刊行される「詩の作り方」と明治期に刊行される「新体詩の作法書」を比較し、大正期に現れる「詩の作り方を教えることはできない」という言説の特徴を分析した。「詩は教授不可能」という言説により、「詩」は「心のままに書けばよい」もの、誰にでも作ることのできるものとされる一方で、詩人の特殊な「個性」なければ生み出すことができないとものとして定位される。その結果、「詩」が卓越化される様相を明らかにした。

言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 4 favorites)

竹本寛秋 「詩の作り方を教へることは出来ません」 : 大正期「詩の作り方」が生成する「詩」概念についての一考察 https://t.co/hCrBMGlgnY
「詩は教えられない」という言説はどう生まれたか。児童詩も生活綴方だけでなく、詩を読む枠組みの変化の中で捉えられるかも。→ 竹本寛秋「詩の作り方を教へることは出来ません:大正期「詩の作り方」が生成する「詩」概念についての一考察」http://t.co/2xpL1OcD
掲載誌から公開の許可が出たので、文學関係論文をWebで公開しました。「 「詩の作り方を教へることは出来ません」 : 大正期「詩の作り方」が生成する「詩」概念についての一考察」 http://t.co/HUKvZqye #fb

収集済み URL リスト