あすこま (@askoma)

投稿一覧(最新100件)

RT @Tatsushi_Fukaya: 後輩の太田さん(@eriko_ota)が書いた「宿題研究のレビュー論文」がJ-Stageでオープンアクセスになっていた…。功罪語られる宿題ですが,宿題の目的,先行研究の知見,効果を高める手だてが手際よくまとめられているこの論文は,宿題を…
RT @BungakuReportRS: 佐藤 文香 - 俳句実作ワークショップ 君は自分の言葉に驚くことができるか!? ※記録 樫本 由貴・小西 いずみhttps://t.co/CIoFrkNLjC
RT @Yacchaee: @askoma あすこまさん遅くなりました、時事問題の単元づくりの先行実践、あんまりピンと来ずすみません。もうご覧になってるかもですが調べて出てくるこの論文で書かれてる内容と近しい捉え方をしてます。時事問題特有の単元開発というより論争問題学習の一環、…
RT @ridemyheart: あすこま(⁦@askoma)さんのブログを読んで気になったことを検索していると色々と出てくる。 ⁩ 論文 -  小学校におけるデジタル教科書使用時のノートテイキング方法についての一考察 https://t.co/MvdlgWdWos
教えていただいた論文ですが、英語と国語の各社教科書での文法の取り扱いとそのズレについては、こちらに。→「国語教科書と英語教科書における文法用語に関する基礎的調査」https://t.co/TqCfkYTAlF
冨安先生 @tomiyasu45 のこちらの論文に漢字の学習に関する先行研究が色々あった。助かる。https://t.co/N58SCAcICn
「漢字の書き取り練習や漢字テストを繰り返し行うと漢字をよく覚えるよ」という真っ当すぎる(が希望のない)発表要旨を見つけた。そりゃそうだよなあ...。https://t.co/u76flLwpTa
RT @kimi_lab: 保田琳さん @linelinglink 作成の物語創作用TRPG『物語世界を旅しよう』、さっそく横浜国立大学リポジトリに登録していただきました。https://t.co/slmGRWUVQP https://t.co/8RAA1kLX5n
RT @tmogi_nichibun: ただ,分からないことは分からないままでも,問題の持ち寄りをして,よってたかって解決法を考える場に参加する,というのがよいのでは,とも思う。(実際にはあるのかもしれないが。) 以前に↓こんな研究をしたが,現場の先生との議論はとても刺激的だっ…
RT @tmogi_nichibun: そもそも,日本語学では学習者(母語話者)の日本語がメインの分析対象となることは少なく,子どもの困難点に触れる機会もない。 「モナリザ文」だって問題自体知らない日本語研究者が多いのでは。(教育学部と文学部でも感覚の違いを感じる。) http…
こちらは『国語科教育』84号に共著で掲載したリーディング・ワークショップの授業過程の記録の論文です。1コマのなんでもない授業の分析なので、「だからなに?」と言われてしまうものなのですが...→ https://t.co/1HFN49WT8V
RT @s_locarno: @Hamaten61 大村はまの学習の手引きの一つを分析したものの例としては以下の甲斐伊織先生のものはどうでしょう?ぴったり望み通りのものとは言えないかもしれませんが…。 https://t.co/gCiCT61rWI
この論文、よくわからないところもあったけど、面白かったです。物語形式の広告みたいに、物語を使って他者の行動に働きかけることの効果に関する研究。→ J-STAGE Articles - 物語はいかにして心を動かすのか:物語説得研究の現状と態度変化プロセス https://t.co/lc1GPhM02X
主述のねじれた文をモナリザ文というのか、知らんかった...。H21年の全国学力・学習状況調査の国語A問題にモナリザについての主述の文章が出題されたことから、の模様。https://t.co/EPV6Yb7T6V
RT @tmogi_nichibun: @askoma 国語科・英語科の文法用語の整理については,下のような例があります。(特に国語科は)何のために文法用語を学ぶか,ですね。 安部朋世・神谷昇・西垣知佳子・小山義徳(2017)「国語教科書と英語教科書における文法用語に関する基…
RT @tmogi_nichibun: @askoma 言語研究の立場からの学校文法批判は,特に目的論においてすれ違いを含んでいる場合があります。下の文献の最後の節に端的にまとめられています。 森山卓郎・矢澤真人・安部朋世(2011)「国語科の学校文法における「品詞」について…
RT @mera85326: @askoma 橋本文法が学校文法に採用されたきっかけとしては、こちらが参考になると思います。文法の「実用」性が否定され理論としての教えやすさが求められるようになったこと、形態重視の文法理論が相対的に教えやすかったこと、などかと思います。 htt…
RT @s_locarno: こんな橋本修先生の論考も個人的には面白いと思っている。 https://t.co/bfFjvHRw3d
RT @MinoruSawada: もう一つ登壇者間で重要必読文献として共有しているのが、今年度カリキュラム学会の課題研究でご登壇頂く松下さんの論考。つ 松下佳代「PISAリテラシーを飼いならす : グローバルな機能的リテラシーとナショナルな教育内容」 https://t.co…
ある英文を何度読んでもわからないので「『読書百遍、義自ずから見る』って本当? →これ統計のテーマになるんじゃね?」と思ってググったら、すでにやってる人いた。ただ素人が言うのも失礼だけど内容は微妙かも... → http://t.co/teCqbI3H67
ある英文を何度読んでもわからないので「『読書百遍、義自ずから見る』って本当? →これ統計のテーマになるんじゃね?」と思ってググったら、すでにやってる人いた。ただ素人が言うのも失礼だけど内容は微妙かも... → http://t.co/teCqbI3H67
RT @tra_inee: @askoma この論文http://t.co/kgDbK7HrQx によると、文部省の意向を反映し、授業実践へも影響したとされる雑誌『小学生の自由研究』の構想に、「今日の夏休み等における自由研究との連続性」を見出しています。ご参考まで。
RT @tomiyasu45: 「CiNii 論文 -  大学、短期大学、高等専門学校図書館等におけるライトノベルの所蔵状況」http://t.co/0e7bxso3Xp
RT @yansenmu: ああ、リンク貼り間違いです。孫引き元は http://t.co/kgopGGbWMd から全文読めます。 @askoma
RT @yansenmu: https://t.co/6MjKZGhZkk は、矢野 裕俊「「自習」の文化と学校図書館」『人文研究 』47(9), 1995, p,644 http://t.co/1CA1FyAN9V からの孫引きです。
RT @ceekz: 禁煙にしたら有意に売り上げ増えるよ論文。分煙だと有意差確認できず。 / 某ファミリーレストラングループにおける客席禁煙化前後の営業収入の相対変化 未改装店,分煙店の相対変化との比較 http://t.co/faTrpn64Oo

1 0 0 0 OA 英会話独学

おお、こんな情報も。RT @鍵: 明治五年に「英会話」を関する本が出版されている件→『英会話独学』http://t.co/0zqNQlwLQl
後で読みます。RT @negadaikon: 「真理がわれらを自由にする」文献考 / 稲村徹元[他] 参考書誌研究. (35) http://t.co/HaC0LeH5oh というのがございます。
RT @muratyan79: @askoma 条件統制と評価の困難さからか、ICTを利用した初等中等教育における文章生成研究というのは、非常に少ないですね。私が知っているのはこの研究くらいです。これはなかなか興味深い研究でした。 http://t.co/uY2rgMsIFF
「高学力校では、恋人の有無にはコミュニケーション能力が影響している傾向がある」 http://t.co/SNEqsCSt
「恋人の有無が中学生の意識に与える影響」というタイトルの論文があるのか。http://t.co/SNEqsCSt 「教室内カースト」の鈴木翔さん(達)の東大教育学部紀要論文。
関係ありそうな論文→「終助詞「かしら」における男女差の形成--近代小説における用例調査を中心に」http://t.co/Yj0sd4KM
おお、葦名さんの論文!RT @ryusukematsuo: 【pdf】葦名ふみ [2013. 1] 「「国会会議録」前史――帝国議会 議事録・委員会の会議録・速記録・決議録の成立と展開」『レファレンス』(744): 53-83. http://t.co/YvqsDzfS

2 0 0 0 OA 日本新詩史

福井久蔵『日本新詩史』(1924)を近デジでチェック→ http://t.co/0CadvJPv

2 0 0 0 OA 日本新詩史

福井久蔵『日本新詩史』(1924)を近デジでチェック→ http://t.co/0CadvJPv
西村酔夢『美文韻文創作要訣』(1900)を近デジでチェック。「美文」をPoetic Prose(散文詩)と位置づける。http://t.co/l7C9owjt
西村酔夢『美文韻文創作要訣』(1900)を近デジでチェック。「美文」をPoetic Prose(散文詩)と位置づける。http://t.co/l7C9owjt
明治時代の国語教育。及川平治『如何に国語を教ふ可き乎』(1906)を近デジでチェック。http://t.co/MP2A848D
明治時代の国語教育。及川平治『如何に国語を教ふ可き乎』(1906)を近デジでチェック。http://t.co/MP2A848D
学校における新体詩の教本。福澤悦三郎『韻文教授法』(1907)、近デジをチェック。http://t.co/rP40ZJUB
学校における新体詩の教本。福澤悦三郎『韻文教授法』(1907)、近デジをチェック。http://t.co/rP40ZJUB
「詩は教えられない」という言説はどう生まれたか。児童詩も生活綴方だけでなく、詩を読む枠組みの変化の中で捉えられるかも。→ 竹本寛秋「詩の作り方を教へることは出来ません:大正期「詩の作り方」が生成する「詩」概念についての一考察」http://t.co/2xpL1OcD
佐渡島沙織「自立した書き手を育てる」(『国語科教育』66,2009) http://t.co/56CXgu4H
ほほー、1948年の時点でこんなものが。RT @librarius_I: 1948年発行の『学校図書館の手引』がNDLのサイトからフルテキストを見られる//http://t.co/RlVuoQRQ
地歴科の同僚に紹介しよう!RT @i_mediator: 面白い。コーパス研究に基づいた「イデオロギー」研究。@levancy 【論文】『新しい歴史教科書』の言語使用 ―中学校歴史教科書8 種の比較調査から― http://t.co/G7ui1Hbw //
さきほどのブログ記事で引用されてた論文(PDF)→森玲奈「学習を目的としたワークショップのデザイン過程に関する研究」http://t.co/OK1K1lwD
さきほどのブログ記事で引用されてた論文(PDF)→森玲奈「学習を目的としたワークショップのデザイン過程に関する研究」http://t.co/OK1K1lwD
国立国会図書館のデジタル化資料のコーナーで、石巻日日新聞が震災後6日間発行していた手書きの壁新聞が閲覧できます。http://t.co/rCUCCgJ9

お気に入り一覧(最新100件)

隠れる行為に関するこの論文面白いよ。http://t.co/w8vBDD8u RT @micca16849 {秘密基地}の話が印象的...[子どもの隠れる行為]を思い出す RT @YukiAnzai: ワークショップの空間デザイン http://t.co/VCPJWSUp

フォロー(449ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

PDFあり。 ⇒藤井弘章 「線香・蚊取り線香原料としてのタブ粉の歴史」 『文学・芸術・文化 : 近畿大学文芸学部論集』33(1) (2021/8) https://t.co/vrEKeB2BFa
こんなのもあった。PDFあり。 ⇒松本浩延 「浅沼稲次郎「列国議会同盟派遣団 訪米・訪欧日記--1939年6月30日~10月2日--」翻刻と解題」 『同志社法學』73(1) (2021/5) https://t.co/Bl2QnXmpuu
RT @MValdegamas: 横田章陸軍主計正講述(森靖夫解題・翻刻)「軍需工業動員概説」『同志社法學』73:2(2021年7月)https://t.co/KviVBFjdNp【本史料は、横田主計少将の遺族が手放し、競売にかけられていたものを横田の写真数点と共に翻刻者が落札…
RT @BungakuReportRS: 松本 郁代・鹿野 しのぶ - 『新千載和歌集』神祇歌の配列考(3)附『新千載和歌集』神祇歌九八九~一〇〇九番歌註釈 https://t.co/Yiw5AgUxHW
RT @BungakuReportRS: 尾崎 勇 - 『平家物語』初期生成の一側面 : 『栄花物語』から定家へ https://t.co/z2iguCik9J
RT @BungakuReportRS: 笠井 純一・笠井 津加佐 - 【史料紹介】大阪北の新地舞踊関係史料―佐藤家所蔵 佐藤駒次郎宛書信(下)― 【築地小劇 場、花柳舞踊研究会、新舞踊運動など全国規模で展開された文化・芸 術活動と花街の関りを伝えるものとしても貴重】 ht…
RT @BungakuReportRS: 小西 洋子・木越 隆三・黒田 智・室山 孝・吉田 航志 【資料紹介】小松市称名寺所蔵『烏兎記』(明和六年十一月十七日~十二月) 金沢大学学術情報リポジトリKURA https://t.co/1SF1mZvQwf
RT @BungakuReportRS: 江 玉 - 川劇「塵埃落定」からみる少数民族テーマの戯曲化 https://t.co/8a0CdcmZWj
RT @naka___35: ちなみに人工知能学会の件は学会側は改善のために専門家の意見を聞いて特集を組んでるし、それをネット上に公開してる。国の表現ガイドを参考にしたガイドも作成とのこと。 人工知能学会誌の表紙がなぜ批判されたのか分からないという人は全文読むことをオススメしま…
RT @BungakuReportRS: 中村 征樹 - 科学技術基本法改正と人文・社会科学 【科学技術基本法の改正では、「人文科学のみに係るものを除く」という規定が削除され、人文・社会科学が科学技術・ イノベーション政策のなかに明確に位置づけられることになった。】https…
RT @DN_networks: 「ビデオ受容空間の経験史「趣味の地理学」と1980年代のアニメファンの経験の関係から」『マス・コミュニケーション研究99号』 https://t.co/GxgEPXefSZ こちら電子公開になっておりましたのでご関心のある方はご照覧ください。D…
当該特集内の松尾先生の記事「英語論文の採択確率を上げるためにできること」 https://t.co/Ys4RJ1bVNo
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ニホンザル社会におけるオスの空間的位置(花村 俊吉),2005 https://t.co/70QUKV21IR ニホンザルの群れにいるオスは、群れを構成する多くの個体…
RT @yabooarat_grn: 木村大治 亀井伸孝 森田真生「数学における身体性」 https://t.co/9cfHfU0AKC
RT @hosakanorihisa: 「宇宙人は理解できるか」という問題である。そこには「理解できる」という立場と、「理解できない」 という立場があるわけだが <中略> 前者は反相対主義(普遍主義)、後者は相対主義に対応すると言える 。 「ファースト・コンタクトの人類学:木村…
RT @Cristoforou: 第一波から第四波までのフェミニズムの流れについては去年『現代思想』2020年3月臨時増刊号に「波を読む : 第四波フェミニズムと大衆文化」っていう、大学の初年次の授業とかで使えるようにごく基本だけ説明したものを書いてますので、見てくだされ… h…
CiNii 論文 -  <書評>ゲルガナ・イワノワ『ある日本古典文学作品の再構築 : 『枕草子』の複数の生』 https://t.co/Row0TGKhPD #CiNii
島田泰子「単行本『笑いの文化人講座』全25巻の資料価値 : 教材としての応用と活用について」『香川大学教育研究 』(3), 1-20, 2006-03-01 https://t.co/JZWvd12PiF #CiNii https://t.co/pevMlFwLXd
島田泰子「単行本『笑いの文化人講座』全25巻の資料価値 : 教材としての応用と活用について」『香川大学教育研究 』(3), 1-20, 2006-03-01 https://t.co/JZWvd12PiF #CiNii https://t.co/pevMlFwLXd
RT @okano012345: なお当該テクストの私の読みはネットで検索した中では山本一氏(2005)の読みに近いです(特に16ページ以降)。教材研究の際に影響を受けたと思います。 https://t.co/t5Ondyl1FL
へえ。CiNIIで七五三で検索して見つかった文献読むと七歳、五歳、三歳をまとめて祝う行事「七五三」は江戸時代に成立っぽい。 → 小池 淳一: 民俗儀礼の文芸資源化 : 七五三と岡見 https://t.co/GVc3VGcj9O https://t.co/BLv0dafVKq
へえ、おもしろい。/七五三の全国的な広がりとスーパーの役割 https://t.co/8AOyRkhIsF
RT @chico_barbon: DPZが引用している論文を雑にまとめちゃったのが良くなかったよね。七五三が産業化されたのが平成以降で、地域に偏りはありつつも風習はそれ以前からあったわけで。https://t.co/uysV6QlUNy
RT @nkjmu: カイメンの本読んでて、ふと「淡水種ってどれくらいおるんやろ?」と思ったら、(資料は古いけど)国内25種、世界でも150種くらいと、非常に限られてるみたい。 https://t.co/OfNqVMJswl 琵琶湖にもおるみたいやし、(1度しか採取記録はな…
RT @shinshinsato: こちら、PDF公開されておりました。 どうぞ。 https://t.co/jA45FVZyUI

フォロワー(8285ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

困ったな。どんどん面白い話と出会ってしまう。軸を忘れないでね。 https://t.co/sLu8ueKhev https://t.co/u2DDMZbmJy
J-STAGE Articles - 細菌-宿主間相互作用におけるD-アミノ酸の新規機能 https://t.co/uEXqJoWXij

4 4 4 1 OA 俳諧歳時記

RT @pu9po: 古事類苑を見ると古い時代の武家の髪置の儀式も出てくるみたいですが、 本膳料理の正式膳・七五三の名前が 髪置・袴着・帯解の儀式の名前へなったのは、いつなんでしょうね。 https://t.co/NxWeZwCtdc
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
@nabeorafu @world_history_k 横から失礼します。 ペリー提督日本遠征記と、墨夷応接録ですかね。 https://t.co/YHKRR6Co5r
RT @sanseido_dict: 日本人のオンライン・コミュニケーション上での平均使用語彙数は8,000語である https://t.co/futqKGF2oy という論文がありまして…… Twitterなら8,000語あればやりとりできるのに、国語辞典は小学生向けで3万…
これおもろい。 CiNii 論文 -  子ども時代のネグレクト体験の報告は大学生の痛み体験と関連している https://t.co/eHmfcDrV4c #CiNii
当該特集内の松尾先生の記事「英語論文の採択確率を上げるためにできること」 https://t.co/Ys4RJ1bVNo
RT @DN_networks: 「ビデオ受容空間の経験史「趣味の地理学」と1980年代のアニメファンの経験の関係から」『マス・コミュニケーション研究99号』 https://t.co/GxgEPXefSZ こちら電子公開になっておりましたのでご関心のある方はご照覧ください。D…
RT @ikejiriryohei: 日本教育工学会論文誌に採録された「経験学習の測定時における因子構造の考察 -若年労働者を対象にした調査をもとに-」が公開されました!株式会社マイナビとの産学連携プロジェクトの成果の1つです。 ご関心のある方はぜひご笑覧ください。 http…
RT @ikejiriryohei: 同じく日本教育工学会論文誌に採録された共著論文「プロアクティブ行動がリフレクションを媒介して職場における能力向上に及ぼす影響 20代の若年労働者に着目して」も公開されました!第一著者の田中さん(@satoshi_0630 )をはじめ、共著者…
RT @archivearticles: 書評と紹介 工藤浩編『先代旧事本紀論 : 史書・神道書の成立と受容』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/JY2DcgppHv
CiNii 論文 -  <書評>ゲルガナ・イワノワ『ある日本古典文学作品の再構築 : 『枕草子』の複数の生』 https://t.co/Row0TGKhPD #CiNii
島田泰子「単行本『笑いの文化人講座』全25巻の資料価値 : 教材としての応用と活用について」『香川大学教育研究 』(3), 1-20, 2006-03-01 https://t.co/JZWvd12PiF #CiNii https://t.co/pevMlFwLXd
島田泰子「単行本『笑いの文化人講座』全25巻の資料価値 : 教材としての応用と活用について」『香川大学教育研究 』(3), 1-20, 2006-03-01 https://t.co/JZWvd12PiF #CiNii https://t.co/pevMlFwLXd
RT @tsysoba: 七五三の全国展開について、何か良い論文ないかなあ、と思って探してたら、べらぼうに面白い論文が。民俗学の論文だけど歴史学的でもあり。/ 岩本通弥 「可視化される習俗 : 民力涵養運動期における「国民儀礼」の創出」国立歴史民俗博物館研究報告 141(200…
RT @KONITASeiji: 在った無かった話で盛り上がる人は、最低でも 問題の記事 https://t.co/qh9obhFA8H 紹介されてる田口論文 https://t.co/9qvSpQR60c 取材された室井論文 https://t.co/Sn7orPTUhd を…
RT @okano012345: なお当該テクストの私の読みはネットで検索した中では山本一氏(2005)の読みに近いです(特に16ページ以降)。教材研究の際に影響を受けたと思います。 https://t.co/t5Ondyl1FL
RT @tsysoba: 七五三の全国展開について、何か良い論文ないかなあ、と思って探してたら、べらぼうに面白い論文が。民俗学の論文だけど歴史学的でもあり。/ 岩本通弥 「可視化される習俗 : 民力涵養運動期における「国民儀礼」の創出」国立歴史民俗博物館研究報告 141(200…
RT @uofnebraska: @akamujina3 @SayakaChatani 1982年の業績は口頭発表の「報告」です。論文ではありません。https://t.co/sAiaLYqDfK こういうものを業績にカウントするとは。研究者の誠実性を問われます。
補足。この提案は予算も政策も可能だと強調したい。 1)1996年の中教審答申で2001年からの、あの愚かな「ゆとり教育」。これも2001年に、当事者だった有馬朗人元文部大臣は「あれは減らしすぎた」との論文を公開。https://t.co/0SAjEuqU1g 実際に、2009年の指導要領から一部の揺り戻しが進行中だ。
RT @mkrnitk: @touchey 外から失礼します。地域差的なことはあまり述べてませんが、スーパーの催事の数や雑誌広告からの分析の論文はありました。まず、着物レンタルが一般化するまで着物購入ができる層に限られた、の意味では平成でブームをこし一般的に定着したは言えそうで…
RT @tws_hedgehog: もちろん「文化財」に対して「自然史財」というような考え方もあり、これらがどう浸透していくのかなぁとも思ってます。 https://t.co/AwNaH1dUKM https://t.co/VctAHu18Ih
RT @tsysoba: 七五三の全国展開について、何か良い論文ないかなあ、と思って探してたら、べらぼうに面白い論文が。民俗学の論文だけど歴史学的でもあり。/ 岩本通弥 「可視化される習俗 : 民力涵養運動期における「国民儀礼」の創出」国立歴史民俗博物館研究報告 141(200…
RT @genkuroki: @OokuboTact #統計 https://t.co/e59TAKtwNy 引用【箱ひげ図の箱の部分を母集団の中央値の50%信頼区間ととらえるような見方~(青山和裕)】
RT @genkuroki: @OokuboTact #統計 大久保さん、怖い文献を見つけ過ぎ。 https://t.co/e59TAKtwNy 引用【箱ひげ図の箱の部分を母集団の中央値の50%信頼区間ととらえるような見方~(青山和裕)】
@OokuboTact #統計 https://t.co/e59TAKtwNy 引用【箱ひげ図の箱の部分を母集団の中央値の50%信頼区間ととらえるような見方~(青山和裕)】
@OokuboTact #統計 大久保さん、怖い文献を見つけ過ぎ。 https://t.co/e59TAKtwNy 引用【箱ひげ図の箱の部分を母集団の中央値の50%信頼区間ととらえるような見方~(青山和裕)】
RT @genkuroki: @OokuboTact #統計 https://t.co/e59TAKtwNy 学習指導要領算数・数学科改訂に向けての検討課題 日本数学教育学会教育課程委員会検討WG, 金本 良道, 大久保 和義, 池田 敏和, 青山 和裕, 松嵜 昭雄 20…
@OokuboTact #統計 https://t.co/e59TAKtwNy 学習指導要領算数・数学科改訂に向けての検討課題 日本数学教育学会教育課程委員会検討WG, 金本 良道, 大久保 和義, 池田 敏和, 青山 和裕, 松嵜 昭雄 2014 引用【箱ひげ図の箱の部分を母集団の中央値の50%信頼区間ととらえるような見方~(青山和裕)】
へえ。CiNIIで七五三で検索して見つかった文献読むと七歳、五歳、三歳をまとめて祝う行事「七五三」は江戸時代に成立っぽい。 → 小池 淳一: 民俗儀礼の文芸資源化 : 七五三と岡見 https://t.co/GVc3VGcj9O https://t.co/BLv0dafVKq
へえ、おもしろい。/七五三の全国的な広がりとスーパーの役割 https://t.co/8AOyRkhIsF
RT @KONITASeiji: ↓RT https://t.co/qh9obhFA8H この記事は何か違和感あるなあ。 七五三に関する参考文献わざわざリンクしてるけど趣旨違わないか? https://t.co/9qvSpQR60c 民俗学の人の解説まつか。
RT @feminist_tokyo: @senokiyo いちおう出典を。 「19世紀末から20世紀初頭アメリカの女子体育とジェ ンダー~熊安貴美江氏」 https://t.co/5m7uyRqhpI https://t.co/x0UtCx2VlK
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 子どもを歌う歌謡史 : 中世日本における子どもの年齢範囲(<特集>中世における子ども)(小野 恭靖),2002 https://t.co/uIP5C5xJBn 本稿は中世を中心とする歌謡の世界に歌われた子どもの年齢範囲の規…
なお当該テクストの私の読みはネットで検索した中では山本一氏(2005)の読みに近いです(特に16ページ以降)。教材研究の際に影響を受けたと思います。 https://t.co/t5Ondyl1FL
意匠法間接侵害について、横山久芳先生の論文があるのか。簡単には読めないのが残念。 https://t.co/tEPQjeBSqs
RT @kishimoto_yoshi: 『大日本帝国優良青年男女銘鑑』という文献がある。皇訓協会という団体が全国の市町村長に依頼して優良な青年(女性を含む)約10万人を推薦してもらい編集したものだが、要は全国の青年団や女子青年会で活動していた人々の名簿である。一道三府四十三県…
これは素晴らしい論文だと思います。 堀尾姫那 (2021). 「内藤とうがらし」を軸とした総合的な学習の時間における児童の成長と共進化過程 教育工学会論文誌, 45(2), 195-211. https://t.co/schfUJEsbK
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…
@motcho_tw @nonchan_pdx ヨーロッパ系の言語では日常では小数より分数を好むので、初等教育としては帯分数から導入するカリキュラムが設計されて、そのまま残っているだけなのではないかなと思います。 日本語ネイティブにとっては意義が薄い気はしますね。 https://t.co/erKHOAb7vy
RT @ykamit: カプランの文化モデルというらしいが、こういうのもある。渦巻よりは、逆茂木型のほうが合ってる気がする。 https://t.co/E7gpkXJdPC https://t.co/A8knhj8kSX
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…

28 28 28 0 OA VOL. 48 長谷川 万純

RT @chome0509: 微生態の和文誌に、恐れ多くもイケジョとして寄稿しました。自分に自信がなく「なんとなく」過ごしていた高校時代から、博士課程に進もうと思った経緯を書きました。私のように博士進学を考えていなかった学生さんが、1人でも多く博士課程に興味を持ってもらえたら嬉…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @Cristoforou: 第一波から第四波までのフェミニズムの流れについては去年『現代思想』2020年3月臨時増刊号に「波を読む : 第四波フェミニズムと大衆文化」っていう、大学の初年次の授業とかで使えるようにごく基本だけ説明したものを書いてますので、見てくだされ… h…
RT @beberobe: #13世紀の推し ①ジョチ・ウルスの名称問題について かなり上級者向けの紹介です https://t.co/uTXbeL1pr8 なぜキプチャク・ハン国、金帳汗国、と様々な名称があるのか知りたい方や、スペースで出てきた白帳、青帳がよくわからなかっ…
@IichiroJingu 花岡康隆「南北朝期における信濃国管轄権の推移についての再検討」(法政史学70号)によれば、信濃国の管轄権について初めて指摘したのは、佐藤進一「守護制度史上の信濃」だそうです。 https://t.co/IAKP2A8ubc
RT @Cristoforou: 第一波から第四波までのフェミニズムの流れについては去年『現代思想』2020年3月臨時増刊号に「波を読む : 第四波フェミニズムと大衆文化」っていう、大学の初年次の授業とかで使えるようにごく基本だけ説明したものを書いてますので、見てくだされ… h…
RT @temmusu_n: 志水廣「小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究」『愛知教育大学教育創造開発機構紀要』第5号 (2015年3月)、77-83ページ。https://t.co/wFq0vWgOIc によると、「はした」という語の正答率は予備調査(3年時実施)で29.7…
RT @arusindo: この本、Gilles Fumeyの本がはじめて日本語訳されたものになるのかな CiNii 図書 - 食物の世界地図 : 起源・歴史・交易・文化 https://t.co/0GGyRTLpyh #CiNii
RT @helloshiomaneki: Rでも、Pythonでもなく、Juliaか。。。 とりあえず、どれか使ってみたい。 J-STAGE Articles - 動的プログラミング言語Juliaの紹介 https://t.co/xRzpwAAmoO

371 365 94 2 OA 麻疹ワクチン

RT @Derive_ip: Q. 麻疹(はしか)はワクチンで終生免疫が得られるのに、新型コロナは免疫が終わっちゃうのなんで? A. 実は麻疹の終生免疫が嘘で、不顕性感染をして気が付かないうちにブースター効果を得ていただけ。だから麻疹非流行地域では接種後6-7年で抗体陰転化す…
RT @genkuroki: #超算数 添付画像①②は https://t.co/mmeQ91Opgf 小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究 志水廣 2015 より。③は東京書籍小2算数教科書より。 「4この2つ分」の意味の正解率が突出して低いのに、教科書ではその言い回…
#超算数 添付画像①②は https://t.co/mmeQ91Opgf 小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究 志水廣 2015 より。③は東京書籍小2算数教科書より。 「4この2つ分」の意味の正解率が突出して低いのに、教科書ではその言い回しが平気で使われている。 我々は社会全体でこういう行為を非難するべき。 https://t.co/eYvilMHLZM
J-STAGE Articles - 読むという出来事を誘う力 : &lt;誤読&gt;の豊かさについて(&lt;特集&gt;誤読) https://t.co/f8FWGGNHIT 「誤読」でググったら結構頭の方に出てきた。あとで読もう。
千田洋幸「文学教育のリストラクチャー・序説」 https://t.co/Fc8wrkpWDP (論文だけど)
RT @genkuroki: #統計 約40年前の赤池弘次さんの考え方は以下の1980年の論説を読むと分かります。 https://t.co/rVEPngIsM6 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/yn24y7eh08 エントロピーとモデルの尤…
RT @setagayasleeper: フランス文学研究者であり仏語作家でもある水林章氏は、大学時代、NHKのラジオフランス語講座を録音して繰り返し聴き、ネイティブの発音を反復して真似ることで、そのフランス語力の基礎を身に付けたという。(水林氏の自伝”Une langue v…
RT @tesshou: @i_tetsuya137 まとめられた論文も発掘してみました。 稲が持ちこまれる過程で当然人の移動もあったかと思いますが、案外実際に列島へ移動して現代まで子孫を残した人数は少なかったのかもしれないとか、色々この辺調べたら面白くってたまりません。 h…
RT @nyuushibou: 本当だ、宮城の郷土料理として農林水産省のページに載ってたわ… https://t.co/0M8mASYI5h 品種は「ブルンスウィック」 https://t.co/kuD7QZF14i 「いちじくの甘露煮」じゃなくて「国産フィグのプリザーブ★」と…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…