著者
池田 文人
出版者
国立大学入学者選抜研究連絡協議会
雑誌
大学入試研究ジャーナル
巻号頁・発行日
vol.19, pp.95-99, 2009

AO入学者の学力不足を理由に,AO入試の撤廃を含む見直しが各大学ではじまった。本研究では,北海道大学が2005年度から導入したGrade Point Average(GPA) を用いて,2005年度入学者を対象に,AO入学者の学業成績が,一般選抜による入学者に比べて劣るかどうかを検証した。この結果,AO入学者の学業成績は他の入学者に比べて劣っているという確証は得られなかった。今後は,2005年度より前の学業成績を含め,より多くのデータを対象に分析を行って統計的な精度を高める必要がある。また,AO入学者が本来その入試によって求められている資質や適性を評価できる指標を開発する一方で,GPAに基づく学力の分析を継続し,資質や適性が発揮されるまでの学業の支援体制を検討していく必要がある。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

AO入試でも一般入試と成績差は見られない 池田 文人 (2009)「入試区分による入学後の学業成績の優劣の検証」『大学入試研究ジャーナル』19, pp.95-99. https://t.co/Lc2nFpFnRI
@kz_kiyoshi そちらも、選抜制の高い大学に関しては(指定校とかでバンバン取る私大はもちろん除く)僕の知る限り相関を肯定する調査はなかったと思う。例えば北大の調査。 https://t.co/iGbA7zAwyO 一次資料は見当たらなかったけど、広大でも同様の話は聞いた。

収集済み URL リスト