bra-ketくん (@mac_wac)

投稿一覧(最新100件)

@phasetrbot 調べてみたら森岡正臣,佐藤織枝「高校生の数学に対する意識調査結果について」(2003)というのがありますね。やや古いですが。 https://t.co/7jc3LaRCLG 仙台市内の女子校で「数学を学ぶことと、教科書に載っている公式を暗記することは、同じだと思いますか。」の4件法で「時々思う」が過半数の回答。
RT @MathEdr: TLでしばしば見かける"「教材研究」とは何なのか"問題ですが,数学教育学では,算数・数学教育における教材研究の方法それ自体をテーマとした博士論文があります。まずは本文pp.33-37らへんを読むと「教材研究」についての全体像をつかみやすいかと思います。…
儀式的行事の教育的意義については一体これまでどのように論じられてきたのだろうか。ぱっと検索した限り、水口(2013) https://t.co/uXZDM2Ydzy くらいしか目ぼしいものは見当たらない(そして、本論文のハイライトの論拠が自著の引用なので……)。
その問いそのものではないにしても、社会経済的地位と公正世界信念の関係とか、社会心理学的には古典的なネタなのではなかろうか。 実際にこの論文では心理学実験を行い、通説に対して否定的な結果が得られた様子。 https://t.co/qvXkn91rNx https://t.co/qmNWRLk8j7
@t1k4p @zatukun 鈴木 https://t.co/BzaUq7phAT によると、「①2力のつり合いと混同する,②一方を作用,もう一方を反作用として,遅れて作用すると考える,③弾性力と混同する」あたりの誤解がよく見られるそうです。
RT @SotaKimura: いじめ裁判における家族への帰責の変容 ――判決の内容分析を通して―― 西村 幸浩 » Japanese Journal of Family Sociology 30(1): 72-84 (2018) https://t.co/TRA7rN7AhV
色々ぼんやり考えてて、ナイーブな功利主義は優生思想を肯定するんじゃないの?その辺功利主義はどのように回避(あるいは開き直り)してるの?とかふと思って調べてみた。やっぱりそれなりの議論の蓄積はあるのね。 https://t.co/EovzzhT1Ne
RT @Shusaku_SASAKI: 上野千鶴子さんの祝辞を読んで思い出したのは、下の論文と一連の先行研究: https://t.co/sTsyfTWR7l https://t.co/iJTxRtBBSq
RT @MathEdr: 現行の学習指導要領で「行列」が数学活用に移された際の、日数教学会誌での説明部分。 >CiNii 論文 -  高等学校数学科 新学習指導要領で目指すもの https://t.co/3jUTD16uro #CiNii https://t.co/CGuQ4…
センターのリスニング導入に伴い、大学新入生のリスニング力が大幅に向上したことが推定されるが、ちゃんと調べた研究ってあまりないのだろうか。 https://t.co/iqKnVnI4sV とか、あとは直接的ではないが https://t.co/ILo88L9pzY とか。
センターのリスニング導入に伴い、大学新入生のリスニング力が大幅に向上したことが推定されるが、ちゃんと調べた研究ってあまりないのだろうか。 https://t.co/iqKnVnI4sV とか、あとは直接的ではないが https://t.co/ILo88L9pzY とか。
この論文自体も面白いし(寛容性について更なる調査が求められるが)、Google Scholarでこれを引いてる論文調べてみたけどどれも面白そう。 / “CiNii 論文 -  格差社会と小・中学受験:—受験を通じた社会的閉鎖,リ…” https://t.co/VnP6J05rdh
RT @tera_sawa: CiNii 論文 -  格差社会と小・中学受験:—受験を通じた社会的閉鎖,リスク回避,異質な他者への寛容性— https://t.co/Je8JEGwyEf
教室の様々な場面で教員によって行われる評価に児童がどのような戦略をもって適応していくかについての社会学的分析。 / “教室における評価をめぐるダイナミクス―子どもたちの行動戦略と学校適応―” https://t.co/O6ugZ6xULU
RT @isaactruth: 教育学研究も教育社会学研究も2000年代の教員の多忙化メカニズムをずばり明らかにした研究をなかなか出せていない。一方で、そこに入ろうとする研究者がなかなか立ち入ってこれなかったことも事実。そんな両面の問題意識は以前に現場論文で書いた。https:…
@kz_kiyoshi そちらも、選抜制の高い大学に関しては(指定校とかでバンバン取る私大はもちろん除く)僕の知る限り相関を肯定する調査はなかったと思う。例えば北大の調査。 https://t.co/iGbA7zAwyO 一次資料は見当たらなかったけど、広大でも同様の話は聞いた。
RT @hahaguma: 「いじめの苦しみ」の一般的な表現形態が「自殺」であるかのような認識構造が成立していること(http://t.co/Pq9hYODyzK)は大きな問題であり、たとえば鬱状態にあるという診断を得ることが自殺の機能的等価物になりうるように現実や言説を変えて…
RT @sasa3341: @mac_wac @ayumu_sugita @kz_kiyoshi 参考までに、(ご存じかもしれませんが)、これを紹介します。http://t.co/IIl13SRAy4 この本にもこの書評にも影響を受けました。僕が博士課程が学生のときです。
RT @IWKRterter: この論文やべぇなwまぁ自明な結論だけどwwww 「丸刈り強制率の高さは地域の家庭および学校の教育能力の低さや、文化水準の低さを表す指標となる得ることも明かとなった」(東海大学紀要. 課程資格教育センター 3, 69-77, 1993)htt ...
なぜこの8分野なのだろう。 RT @hiromiyokoyama: 【基礎科学の研究者の皆様へ】素粒子も含めた8分野比較を行いました。ご参考になれば幸いです。http://t.co/Z1pgulvt

お気に入り一覧(最新100件)

TLでしばしば見かける"「教材研究」とは何なのか"問題ですが,数学教育学では,算数・数学教育における教材研究の方法それ自体をテーマとした博士論文があります。まずは本文pp.33-37らへんを読むと「教材研究」についての全体像をつかみやすいかと思います。 https://t.co/VCSggpb3nX
KT転移は、高橋和孝さんの「相転移・臨界現象とくりこみ群」の講義ノートがわかりやすいのだが、今は出版準備中でオンラインにない。他はこの修士論文のレビューパートかhttps://t.co/iZvnHwLxUA
@mac_wac @ayumu_sugita @kz_kiyoshi 参考までに、(ご存じかもしれませんが)、これを紹介します。http://t.co/IIl13SRAy4 この本にもこの書評にも影響を受けました。僕が博士課程が学生のときです。

フォロー(466ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @keisoshobo: 【書評】栗田真広著『核のリスクと地域紛争』の「アジア経済」に掲載されたの書評がJ-STAGEで公開です。評者は濱村仁さんです。 https://t.co/kFS9brKPUk 研究者が研究対象に影響を与える可能性の問題や、無限に複雑な現実を理解可…
科学技術と NPO の関係についての調査 科学技術・学術政策研究所 2001年 これはNPO法人を立ち上げようと思った時に読み込んだ資料です。 個人で活動して潰されてしまった(研究室を追い出された)私は、政府と個人の間にあるNPOに活路を見出そうとしました… https://t.co/2OuMuG8BOP
石代十兵衛 こくだいじゅうべえ(ヴォルフガング・ミヒェル氏) https://t.co/gXhiNwzE7R いししろじゅうべえ(CiNii) https://t.co/PapJlhurUg https://t.co/DoTVSn3XOx

1 1 1 0 OA 医用器械図譜

石代十兵衛編『医用器械図譜』1885年、156、157頁 覆鼻呼吸器、無髯小呼吸器、有髯呼吸器、硬護謨〔ゴム〕製吸入用呼吸器 https://t.co/0zJMrC6qqM https://t.co/gQADokrkdT

1 1 1 0 OA 医用器械図譜

石代十兵衛編『医用器械図譜』1880年、23頁 鼻口帽、口帽、エフライ〔Jeffreys氏〕口帽 https://t.co/Xdo9ulyBVc https://t.co/DoTVSn3XOx https://t.co/rZl0vukvjr
RT @khargush1969: 小林雅夫(2008)「古典古代の奴隷医師(シンポジウム 古代地中海世界における病・癒し・祈り)」『地中海研究所紀要』6: 45-54. https://t.co/FuGSgARrzr (たまたま見ての興味本位のクリップだが)ローマでは医学が自…
インフルエンザの場合は、全国に約5000箇所の拠点病院というのがあって、そこから週1回の報告を受け、データとして公開されている。 インフルエンザのデータ、分析の事例、中谷友樹「インフルエンザの時・空間的流行モデル」『人文地理』46巻(1994)3号、pp.254-273. https://t.co/1FqnTHtkxW https://t.co/SqkJfe344l
情報科の先生にエールを送る, #IPSJ 情報処理, Vol. 61, No. 10, p.1053 (2020). https://t.co/P3ziiHLYIu #jnsg https://t.co/MCTkXqgMio
高等学校専門教科「情報科」 ―現状とこれからそして我々ができること―, #IPSJ 情報処理, Vol. 61, No. 10, pp.1054-1057 (2020). https://t.co/vgc7p3mdtf #jnsg https://t.co/k7TEYoquaE
「キミのミライ発見」取材を通して見た高校の情報教育の歩み ~2012年に描いた未来図とともに, #IPSJ 情報処理, Vol. 61, No. 10, pp.1058-1061 (2020). https://t.co/8aNmcVcGlj #jnsg https://t.co/S4l3mrR0rh
RT @MizukiNakagoshi: 社会心理学の差別やステレオタイプ研究に関心のある学部生には、まずこの論文を読んで欲しいです。 差別・偏見研究の変遷と新たな展開 —悲観論から楽観論へ— https://t.co/MsXqn67KOE
インフルエンザの場合は、全国約5000箇所の拠点病院というのがあって、そこから報告を受け、データとして公開されている。 出典:中谷友樹「インフルエンザの時・空間的流行モデル 1988~1989年におけるわが国の流行を事例として」 『人文地理』46巻(1994)3号、pp.254-273. https://t.co/1FqnTHtkxW https://t.co/1a6YSx0Da8

7 1 1 0 OA 医術用図書

RT @sumidatomohisa: 日本におけるマスク 1877(明治10)年 石代十兵衛編『医術用図書』23頁 https://t.co/sZTiV5IICG https://t.co/xDOzRM6oCS
RT @change_academia: 経済的支援の有無で博士課程院生を分けて中退率を調べると、「学費の免除」の有無で大きく変わっているという。今年5月に出されたNISTEPの調査結果。 https://t.co/Ln8kKQgusK https://t.co/nz1xthn…
RT @change_academia: 経済的支援の有無で博士課程院生を分けて中退率を調べると、「学費の免除」の有無で大きく変わっているという。今年5月に出されたNISTEPの調査結果。 https://t.co/Ln8kKQgusK https://t.co/nz1xthn…
RT @iwasakiw: 2019年フランスG7サミットに向けてパリで開催された「Gサイエンス学術会議」への参加・議論に関するエッセイが、『学術の動向』誌の2020年4月号オンライン版で公開されました。 https://t.co/3RVLhIY2pu (なお、取りまとめた声明…
不確定性:ハイゼンベルグの科学と生涯 https://t.co/6ElYYJZCvU の「不確定性原理」の章には、Kennard, Robertson, Schrödingerも出てこずハイゼンベルグとボーアの論争に終始。その章だけに限定すると https://t.co/WzjxKWyUrQ の方が面白い。
@etsukoitou それもできるとよいのですが、ここにあるようなのり代の通信をどうやってるかを知りたかったのでした。 コンパイルをうまいことやるとできそうな雰囲気はあります https://t.co/O3m49n2Byn
RT @lilika_toyama: 【リポジトリToRepo】 『2018レポートの書き方講習会』(講師:人間発達科学部/宮城信)の当日配布資料を公開しました! (2018年5月23日 開催) https://t.co/MotKi01yYG

フォロワー(676ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)