著者
小山 順二 都筑 基博 蓬田 清 吉澤 和範
出版者
北海道大学大学院理学研究院
雑誌
北海道大学地球物理学研究報告 (ISSN:04393503)
巻号頁・発行日
vol.76, pp.129-146, 2013-03-19

2011 年3 月11 日マグニチュード9.0 の超巨大地震が東北地方太平洋沿岸をおそった.この地震は過去千年以上にわたる日本付近で発生したどの地震よりも大きな津波を励起し,地震動災害ばかりではなく歴史に残る甚大な津波災害を発生させた.従来,このような超巨大地震が日本付近で発生することは,地震学的に想定されてこなかった.我々は,この超巨大地震の発生を考えるうえで,今まで見過ごされてきた超巨大地震の発生場には二つの異なった特徴があることに気が付いた.それはAlong-dip Double Segmentation(ADDS)とAlong-strike Single Segmentation(ASSS)という異なった地震活動である.我々はこの考えに基づき,世界中で発生した超巨大地震を調べなおし,超巨大地震の発生場を,地震活動の特徴(ADDS/ASSS),地震メカニズム,破壊様式,沈み込み帯の形状,上盤プレートの性質や背弧海盆の活動といった性質から,明らかにする.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 3 posts)

「超巨大地震」自体、正式な学術用語では無いので厳密な定義はありません。M7以上が大地震で、M8以上は巨大地震と何となくマスコミも科学者も漠然と用いてきた。その流れでM9(M9はモーメントマグニチュードの考案によってはじめて登場)以上は・・となっています。それも曖昧です。 海溝沿いのプレート境界地震は通常M8クラスの巨大地震となることがしばしばありますが、中には隣接するM8クラスの巨大地震の震源 ...
あなたが習った、"沈み込み角"が浅いほど巨大地震が発生しやすいと言う理論は 1979年に上田誠也と金森博雄が提唱した「比較沈みこみ学」です。 1960年チリ地震や1964年アラスカ地震など超巨大地震がこのようなところで起こっているという事実から導き出されたものでした。 しかし、超巨大地震は20世紀以降では高々数個しか例が無いため、2011年東北地方太平洋沖地震 ...
大まかに言えば、どちらもプレート間に蓄積していた歪みが解放された、低角逆断層の巨大地震という点では同じです。 詳しく見れば、この二つの地震は違います。 1960年チリ地震は、低角(10°程度)の沈み込み帯で発生した地震で、もともとこのような南チリのような底角の沈み込み帯は、プレート間の固着が強く歪みエネルギーを蓄えやすく超巨大地震が起りやすい場所と考えられていたところです。 ...

Wikipedia (6 pages, 9 posts, 4 contributors)

編集者: X-enon147
2019-11-28 19:28:27 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: As6022014
2017-03-11 11:23:00 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト