著者
坪井 良子 津曲 裕次
出版者
筑波大学教育研究科カウンセリング専攻リハビリテーションコース
雑誌
筑波大学リハビリテーション研究 (ISSN:09178058)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.3-14, 1996-03-29

大隈重信は1889年10月18日暴漢の投げた爆弾によって右脚を失う事件に遭遇した。大隈の負傷は、当時の最高の医学と看護で回復することができた。大隈はアメリカA.A.マークス社製の義足を装着して社会復帰した。当時のわが国は義足製造の ...

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 3 favorites)

大隈重信の右脚切断手術と義足生活、セルフケアについての良い論文がござる。「<原著>大隈重信の切断手術から健康生活へのセルフケアに関する研究」坪井良子・津曲裕次 https://t.co/DtlsP69y4x

収集済み URL リスト