著者
渡辺 澄夫
出版者
物性研究刊行会
雑誌
物性研究 (ISSN:07272997)
巻号頁・発行日
vol.97, no.5, pp.1145-1161, 2012-02-05

この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

言及状況

Twitter (23 users, 30 posts, 49 favorites)

統計的推測の問題が物理学と似ている構造を持つのは、単なる偶然なのでしょうか。それとも、 観測から真の分布を推測する、ということは物理学の一部なのでしょうか。|構造の観測における物理学と数学 ー 東京工業大学・渡辺澄夫 https://t.co/gvslnm4zTs
https://t.co/jm0JqBM4d9
https://t.co/VI2NRuFu07 これおもしろい
物理学を学んだ人が統計学を現実の問題に適用するとき、「なんだか怪しい感 じがする」のは、実現可能かつ正則な場合の理論が、そうでない場合にも使われているからではない でしょうか。 https://t.co/rCYekXOy2g
統計的推測の問題が物理学と似ている構造を持つのは、単なる偶然なのでしょうか。それとも、 観測から真の分布を推測する、ということは物理学の一部なのでしょうか。 https://t.co/rCYekXOy2g
物理学科の学生向けに推測統計学を統計力学の言葉に翻訳して解説している。①想定している統計モデルでは真の確率分布は実現不可能、または、KLダイバージェンスのヘッセ行列が正則でない場合は、一般的な推測統計学の手法は適用できず留意が必要。 https://t.co/gvslnmmaL0

収集済み URL リスト

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/172045/1/KJ00007905533.pdf (23)