著者
和田 博夫 伊藤 潔 大見 士朗 岩岡 圭美 池田 直人 北田 和幸
出版者
京都大学防災研究所
雑誌
京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B (ISSN:0386412X)
巻号頁・発行日
vol.42, no.B-1, pp.81-96, 1999-04-01

1998年8月7日飛騨山脈上高地付近において群発地震が発生した。衛星通信システムの導入によって周辺観測網のデータが得られるようになった最初のイベントであり, 8カ月間に10, 000個以上の震源を求めることができた。活動は, 上高地付近の東西に帯状の地域, 穂高岳から槍ヶ岳にかけての南北の帯状の地域及び野口五郎岳付近の南北に帯状の地域に発生し, これらの活動域を移動, 再帰する現象が見られた。決められたH・2以上の地震約300個のメカニズム解は北西-南東方向に主圧力軸をもつ横ずれ型が卓越し, 群発地震の南北, 東西の並びと調和的である。また隣接する焼岳の火山活動との関連が注目されたが, 火山活動を示す現象は観測されなかった。なお, 今回の活動に関するデータを, 地元岐阜県上宝村へ随時提供して災害対策の基礎資料とした。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[earthquake][earthscience][volcano][nagano][gifu][hida] 1998年飛騨山脈群発地震

Twitter (27 users, 27 posts, 0 favorites)

飛騨山脈では1998年に地震が1万回以上観測(最大Mj5.4)の群発地震があり、また、群発地震の起きやすい地域もして知られています。以下の論文参照。 http://t.co/lc0crDcmQC 備えをするのはよいことですが、安直に東日本大震災と結びつけるのはやりすぎかと。

収集済み URL リスト