著者
松本 勉 岩村 充 佐々木 良一 松木 武
雑誌
情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)
巻号頁・発行日
vol.2000, no.30(1999-DPS-097), pp.13-18, 2000-03-21

計算量的仮定に基づく暗号による電子署名方式は,技術環境が変化すれば,十分な安全性をずっと保ち続けられるとは限らないという性質を持つ.よって,本来自分だけが持つはずの暗号的署名生成機能を他のエンティティが持っているという状況が生じえる.このため,自分が署名した覚えのない電子文書が提示されたとしても,自分は署名していないことを調停者に対して証明できること,すなわち「電子署名アリバイ(電子署名の非生成証明)」を実現する機構が求められる.我々は,署名生成者の署名履歴?これには他のエンティティの署名履歴との交差が含まれる場合もある?に依存して署名生成を行うという「ヒステリシス署名」とそれを基礎とする電子署名アリバイ実現機構を提案する.

言及状況

Twitter (9 users, 11 posts, 61 favorites)

@crypto240 これですー https://t.co/lTZLTFoKn7
@kawainu24 これです! 4人の名前で出されたブロックチェーン以前のデジタル署名「ヒステリシス署名」についての代表的な論文で、著者の1人に岩村先生がおります 岩村先生はヒステリシス含め暗号学に精通しているので、ビットコイ… https://t.co/XaSgk3lRjn

収集済み URL リスト