著者
西堀 佑 多田 幸生 曽根 卓朗
雑誌
情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)
巻号頁・発行日
vol.2003, no.127(2003-MUS-053), pp.37-42, 2003-12-21

被験者に発音タイミングの異なる2つの音を提示し、どちらの音が早く発音されたかを回答させることで、どれくらいの音の遅延を認識できるのかを調査した。その結果得られた最も弁別し易い音(スネアドラムとピアノ)を用いて、楽曲中に遅延を発生させ、演奏にどのような影響をもたらすのかを分析した所、30ms以上の遅延だと認知され、50ms以上の遅延だと演奏が困難になることが分かった。また、遅延時間の提示方法により弁別能力が変化することが分かった。これらの結果を元に、遅延のある演奏系でのリアルタイムセッションの可能性について検討した。

言及状況

Twitter (14 users, 14 posts, 17 favorites)

あーるさんの言ってたのこれか https://t.co/6LuKM8gvTh 2003年の情報処理学会
40msecぐらいなら演奏可能なのかな yamaha > https://t.co/xop1uPwJYt crest > https://t.co/FZqrzDCKVs
"30ms 以上の遅延だと認知され、50ms 以上の遅延だと演奏が困難になることが分かった" https://t.co/mwtKRbn14C 厳しいよなぁリモート演奏。誰か解決してくれないものか。
それっぽいものがあったわ(まだ読んでない) https://t.co/amZCiJ4eql

収集済み URL リスト