著者
田中 哲朗
雑誌
研究報告ゲーム情報学(GI)
巻号頁・発行日
vol.2009-GI-22, no.3, pp.1-8, 2009-06-19

「どうぶつしょうぎ」¹⁾ は 2008 年に女流棋士の北尾まどか初段によって考案されたボードゲームである.将棋に類似しているが,将棋と比べて非常に簡潔なルールになっている.「どうぶつしょうぎ」 は二人完全情報零和ゲームであり,すべての局面の理論値 (勝ち,負け,引き分けのいずれか) が決定可能である.本論文では,後退解析 (Retrograde analysis) をベースにしたプログラムを用いて初期局面から到達可能なすべての局面の理論値を求め,初期局面が後手必勝であり勝ちに要する手数が 78 手であるという結果を得た.また,「敵陣へのひよこ打ち」 が有効である局面が存在することなど,いくつかの興味深い性質を確認することができた.

言及状況

Delicious (1 users, 1 posts)

「どうぶつしょうぎ」 の完全解析

Google+ (1 users, 2 posts)

『「どうぶつしょうぎ」¹⁾ は 2008 年に女流棋士の北尾まどか初段によって考案されたボードゲームである.将棋に類似しているが,将棋と比べて非常に簡潔なルールになっている.「どうぶつしょうぎ」 は二人完全情報零和ゲームであり,すべての局面の理論値 (勝ち,負け,引き分けのいずれか) が決定可能である.本論文では,後退解析 (Retrograde analysis) をベースにしたプログラムを用い ...
『「どうぶつしょうぎ」¹⁾ は 2008 年に女流棋士の北尾まどか初段によって考案されたボードゲームである.将棋に類似しているが,将棋と比べて非常に簡潔なルールになっている.「どうぶつしょうぎ」 は二人完全情報零和ゲームであり,すべての局面の理論値 (勝ち,負け,引き分けのいずれか) が決定可能である.本論文では,後退解析 (Retrograde analysis) をベースにしたプログラムを用い ...

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

Twitter (19 users, 19 posts, 14 favorites)

どうぶつしょうぎ なかなか奥が深い 「どうぶつしょうぎ」 の完全解析 https://t.co/UDhOkCdP8K
https://t.co/Q52WpU4KMM 「敵陣へのひよこ打ち」のジワリティが極めて高い
「どうぶつしょうぎは後手必勝である」という結論を出した論文があるらしい https://t.co/5nRIs9kN9S
あれ、どうぶつしょうぎ全解析されてたのか https://t.co/ZfoCWtZClX
ちなみにどうぶつしょうぎ完全解析の論文だと各マスの状態が11種類(4bit)で12マスあるので4*12=48bit,持ち駒が3種類*[0,1,2]*2人=12bitで計60bitで表現している https://t.co/7ExTYGqaig
「どうぶつしょうぎ」 の完全解析 http://t.co/Ez3AjgtxUN
@naonza0 https://t.co/Rv8wD9Qivt から、田中先生の論文がダウンロードできますね。 メモリー16GB、クロック2.6GHzで、5.5時間かかったということのようです。 私の「64GB」は記憶違いでしたね。
「どうぶつしょうぎの完全解析」情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/7Auis9WK3W
あった! https://t.co/qTy9YvYbQt
「どうぶつしょうぎ」 の完全解析 https://t.co/BAwikytWue
「どうぶつしょうぎ」 の完全解析  読んでる。面白いなー。 https://t.co/5SsQwWR5AE
@sscrisk できる。このへん参照。 https://t.co/6xSTcp9gB9
どうぶつしょうぎは後手必勝なのかぁ https://t.co/kIzJJFB5Jw

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

収集済み URL リスト