著者
富沢 大介 池田 心 シモンビエノ
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.53, no.11, pp.2560-2570, 2012-11-15

囲碁における定石や将棋における定跡は,主にゲーム序盤で用いられる決まった手順の互角の応酬であり,長い時間をかけて研究・洗練された人智の結晶である.テトリスやぷよぷよなどの落下型パズルゲームの多くでも,展開を有利にするための定石形が存在し利用されている.これらのゲームを囲碁や将棋と比較すると,自分と相手双方に盤が存在し邪魔は間接的にしか行われない一方で,操作対象の与えられ方(俗にツモと呼ばれる)にランダム性があり,状況に応じて用いる定石や配置順を変えていかなければならない難しさがある.本論文では,関連性行列という形で状態と定石を表現する定石形配置法を提案し,これをぷよぷよにおける連鎖の構成に適用することでその有効性を示す.

言及状況

Google+ (2 users, 2 posts)

ぷよぷよの論文、新作が出てた。pojeの人らしい。 https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=87071&item_no=1&page_id=13&block_id=8
ぷよぷよの論文、新作が出てた。pojeの人らしい。 今までになく実用的な論文みたいです。 落下型パズルゲームの定石形配置法とぷよぷよへの適用 https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=87071&item_no=1&p ...

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

先日の芸術情報概論では「ぷよぷよはNP完全」について触れましたが、情報処理学会論文誌特集「ゲームプログラミング」で「落下型パズルゲームの定石形配置法とぷよぷよへの適用」が今日掲載された。研究報告でなく論文になったぷよぷよ物はこれが初では? http://t.co/fMVYHSb4

収集済み URL リスト