著者
平岡聖也 奥村紀之
雑誌
第76回全国大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2014, no.1, pp.159-160, 2014-03-11

現在,推理小説には多くのジャンルが存在し,読みやすさという観点からの難易度も非常に幅が広い.推理小説を読もうとしても,読み慣れた人とそうでない人では読んで面白いと感じる難易度に差が出てしまう.推理小説における難易度は,トリックを暴いて犯人を当てる難易度と直結している.そこで,文脈解析を用いて推理小説を解析し難易度を判定することができれば,読み手の小説の取捨選択を支援することができる.本研究では,青空文庫の推理小説を対象に文脈解析を行い,犯人推定やトリックの解析結果から小説の特徴や難易度を判定する.加えて,読み手の求める条件から推理小説をランキングする手法を検討する.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

漫画村代替サイト(嘘)、GoogleScholar使ってたら面白い論文見つけた。まだ最初の一歩くらいだけど、発想が既に面白い。「文脈解析による推理小説の犯人推定と難易度評価」 https://t.co/AsxVnXkfHI

収集済み URL リスト