著者
樋口 勇夫
出版者
名古屋学院大学総合研究所
雑誌
名古屋学院大学論集 言語・文化篇 = THE NAGOYA GAKUIN DAIGAKU RONSHU; Journal of Nagoya Gakuin University; LANGUAGE and CULTURE (ISSN:1344364X)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.45-86, 2015-03-31

幾つかのJ-POP広東語カバー曲では,オリジナル曲の楽音の高さを,ある特定の音符だけ個別に変えてあり,それはその音符に対応する歌詞の漢字の声調と関係がありそうである。 拙稿「J-POP広東語カバー曲における声調の楽音への影響」(1)~(5)にて,1984年から2010年のJ-POP広東語カバー曲,計50曲を例にその様相を探った。本稿ではそのまとめを行なう。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

J-POP広東語カバー曲における声調の楽音への影響(1)~(5)まとめ(その1) https://t.co/FztCoQ29Ag 名古屋学院大学論集 言語・文化篇 2015-03-31
樋口勇夫 (2015). J-POP広東語カバー曲における声調の楽音への影響(1)~(5)まとめ(その1) https://t.co/09HaJjvmZQ https://t.co/zMIQCmvwVQ

収集済み URL リスト