著者
神谷 拓
出版者
宮城教育大学
雑誌
宮城教育大学紀要 = Bulletin of Miyagi University of Education
巻号頁・発行日
vol.52, pp.191-200, 2018-01-31

The purpose of this study was to identify the problems, i.e., distortions and misunderstandings of the reference materials cited in Atsushi Nakazawa’s author titled “Changes of Extracurricular Sports Activities from the Postwar to the Present: Why are Sports Activities Connected with School Education” by focusing on it’s the procedures of hypothesis setting. To this end, I analyzed Nakazawa’s process of setting hypothetical viewpoints in this book, specifically those such as:(1)sports activities and school education have got connected after the war(; 2)“children’s autonomy” plays a role in connecting sports(games)and extracurricular sports activities with school education;(3)a paradox exists on the issue of “children’s autonomy”. Then, I disclosed the fact that Nakazawa’s distortions and misunderstandings of the reference materials actually resulted in these viewpoints.

言及状況

Twitter (4 users, 9 posts, 2 favorites)

中澤篤史@naka_AT_sushi著『運動部活動の戦後と現在』における引用資料の曲解―仮説設定の手続きに注目して―https://t.co/qdZcYLp0VZ
@ma85003 https://t.co/qdZcYLp0VZ 批判論文があるということは幸せです。黙殺されていないことですから。ですから、これは愛情かと思いますね。
https://t.co/qdZcYLp0VZ この論文は@naka_AT_sushiに対する愛情なのかもしれない。私は批判論文書けないもんな、恨まれるのが怖くて。無視できないというのは、実は本質をついているとかね。
部活関係の書籍はこちら。 https://t.co/qicffeWUkl 部活を専門に研究している研究者は少ない。 神谷拓氏の中澤篤史氏への批判論文が出ています。 中澤篤史著『運動部活動の戦後と現在』における引用資料の曲解―仮説設定の手続きに注目して― https://t.co/TukEy3xhTa
@ma85003 まだ全部把握しきれてないですがhttps://t.co/qdZcYLp0VZ なにか興味をそそられる方ですね。前衛的というかですね
神谷拓「中澤篤史著『運動部活動の戦後と現在』における引用資料の曲解ー仮説設定の手続きに注目して-」宮城教育大学紀要52巻。https://t.co/g4zyAKnsqP これはじっくりと読み込まなければならない。

収集済み URL リスト