著者
金澤 由佳
出版者
長崎国際大学
雑誌
長崎国際大学論叢 = Nagasaki International University Review (ISSN:13464094)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.135-147, 2018-03

『犯罪白書』には精神障害者による犯罪という項目がある。そして、「刑法」「医療」「福祉」を中心にこれまでに多くの学際的な研究が『犯罪白書』を引用し、精神障害者の犯罪率は一般刑法犯に比べて低いこと、一方で特定の罪種についてはより高い犯罪率を示すことなどを指摘してきた。精神障害者による犯罪は『犯罪白書』が刊行された当初より、継続して語られてきた重要項目の1つであるが、時代をさかのぼって『犯罪白書』をみるならば、刊行当初は「精神障害」という用語が示す定義自体もあいまいであり、一般刑法犯に占める精神障害者の比率やその罪種別の割合も示されていなかった。そこで、本研究では、『犯罪白書』における精神障害者の定義や精神障害者による犯罪率の変遷について着目し、全57冊の『犯罪白書』を概観した。『犯罪白書』を引用する場合は、本研究で明らかになった『犯罪白書』における定義や特徴を念頭におき、誤解や偏見を招かないよう留意する必要性があると思われた。

言及状況

Twitter (57 users, 61 posts, 68 favorites)

こんなのあったけど https://t.co/5ojan24DkK
精神障害者となれば不起訴 → 警察は検挙しない → 検挙率は低くなる…って言う流れは否めない。そして調査表によれば、罪名によっては高いものもあり、一概に言いきれないのではないか。 https://t.co/MbAMQAQR99 https://t.co/vJTdfEAl3V
@emiemi14 @tono9215 精神病患者の方が人口の3%程度として、放火の検挙者が全体の18%ならやはり多いのではないですか。人口比で6倍です。この論文でも放火がもっとも多いというデータがでています。https://t.co/Q7YTWP2hFv
@haruhimemo その点に言及している論文がありますね。 金澤 由佳 (長崎国際大学論叢) 『犯罪白書』で述べられる「精神障害者等」による犯罪 ―昭和35~平成28年版『犯罪白書』全57冊の分析― https://t.co/nQxt0TCZpp
https://t.co/rCxEcoPVvQ
@53_gomi_0 @d493iA8ZmvJMRLj @Tqv3xpOAxyg4RGs @x18008fxxkoff @XaoToi @CHRONOWA @shabondamacoron @kikikikikiwwwww… https://t.co/SSBMU5fuhX
「犯罪白書」精神障害者の犯罪率について https://t.co/iltSumwgKR https://t.co/lZRcZyqVM7
@d493iA8ZmvJMRLj @shabondamacoron @gomikusamushi @showyan12 @jo_ta_haha @5D3CwKvMXz2tZW0 @shiitake_house わざわざ、論文まで持… https://t.co/75442eGjbB
@aruimirea48w @hirobeisutazu https://t.co/UWtGPn0dGB みんなどころか精神障害者犯罪率は寧ろ低いのですよ 犯人が精神障害者だと自ら言ったり弁護士に言わされたり弁護士が主張するから先取り報道なんでしょう
精神障害者と犯罪の統計の関係についての詳しい論考。 『犯罪白書』にあるのは精神障害者「等」の犯罪率で、 『精神保健福祉法』第5条に規定する精神障害者の犯罪率はその半分強で、 一般刑法犯より結局は低いのでは?という指摘。 https://t.co/KvLWYuHkFA
@det_kirigakure https://t.co/lxbr85p5Lp (PDFのダウンロード)こちらで詳しい分析をされています。当研究の内容は包括的ですが「精神障がい者」の犯罪率の根拠として扱うのは間違いとのこと。 有病… https://t.co/1Hz2A98eNv

収集済み URL リスト