著者
安藤 正人
出版者
国文学研究資料館
雑誌
国文学研究資料館紀要 = The Bulletin of The National Institure of Japanese Literature Archival Studies (ISSN:03869377)
巻号頁・発行日
no.01, pp.51-61, 2005-03-28

本稿は、20世紀の戦争や植民地支配がアーカイブズに及ぼした影響についての研究の一環として、第二次世界大戦期に在外公館文書の押収等をめぐり日英両国の間に繰り広げられた確執の問題をとりあげるものである。ただし、日本側の史料については、まだほとんど見ていないので、今回はもっぱらイギリス側史料の紹介を中心とし、詳しい分析は次の機会に譲りたい。まず「はじめに」で、外交施設や外交官の記録文書をめぐる国際法について概観したあと、第一章「開戦前におけるイギリスの在外公館文書保護策」では、第二次世界大戦前、イギリス外務省が在外公館に発した指示や規程類のうち、記録文書の保存・廃棄等に触れている主要な指示や規程類を紹介する。開戦時の中心的な規程は、1939年7月31日付外務省回章「戦争指令」である。続いて、開戦前のヨーロッパならびにアジアのイギリス在外公館の状況を、各在外公館との往復文書などから明らかにする。第二章「開戦後における在外公館文書の捜索・押収をめぐる日英の確執」では、日本によるイギリス在外公館文書の捜索・押収の事実と、それをめぐって日英間に繰り広げられた確執に関する史料を中心に紹介する。事例として、在東京イギリス大使館をはじめとする日本国内ならびに日本植民地のイギリス在外公館、ついで上海などの日本軍事占領地、最後に非占領地としてバンコクのイギリス在外公館の状況をそれぞれみる(以上『史料館研究紀要』35号に掲載)。イギリスによる日本在外公館文書の捜索・押収については史料が乏しいが、ロンドン、シンガポール、インド、ベルリンなどの状況について若干の史料紹介を行う(本号)。The present essay deals with the discord issues between Japan and Britain concerning capturing or looting diplomatic and consular archives in the World War II period. Because of the short age of time for consulting Japanese sources, the present essay only introduces British sources avoiding detailed analysis accordingly. After referring the international law regarding the immunity of diplomatic and consular archives briefly, the author introduces some important instructions to the British diplomatic and consular posts a broad issued by the British Foreign Office before the World War II concerning the protection of diplomatic and consular archives at the event of armed conflicts. Then, the conditions of archives at some British diplomatic and consular posts in Europe and Asia before the outbreak of war are revealed by the Foreign Office records such as correspondences. The following chapter is devoted to introduce British sources regarding the looting of British diplomatic and consular archives by the Japanese in the main lands, colonies and occupied territories of Japan, after the outbreak of war. In the last part of the essay, the issue of capturing Japanese diplomatic and consular archives by the British authorities in such places as London, Singapore, India and Berlin, is dealt with.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

敗戦時にサンフランシスコ領事館の職員が書類を廃棄したのか。 敗戦後の交渉に不利な証拠があるのかもしれないと。 在英の話のはこちらにあった。 https://t.co/55FwDKBK35

収集済み URL リスト