著者
鍛代 敏雄
出版者
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
雑誌
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館年報 (ISSN:21862699)
巻号頁・発行日
no.12, pp.51-69, 2021-06-23

本稿は、国指定重要文化財「石清水八幡宮文書」の中の未刊史料「當宮縁事抄」について、影印を掲出し、既刊史料と未刊史料の対照をおこない、主に史料の現状、形態、伝来、文書内容に関し、書誌学的な解説を付して、その重要性を論説するものである。本史料の調査・研究によって、石清水八幡宮所蔵史料の新たな史料情報を斯界に提供するとともに、古文書学・文化財学・博物館学・アーカイブズ学などの諸分野にかかわる基盤研究を報告し、これら諸学を総合した協働研究の一助にしたいと考えている。とくに博物館資料論の研究を進展させるために、また古文書学の観点からも、あらためて問題提起するものである。あわせて、本学の学芸員資格における担当講座の充実をはかっていきたいとおもう。

言及状況

Twitter (8 users, 8 posts, 8 favorites)

https://t.co/XfFv6OGO3D これ、目録載ってないのは著作権的な問題なのかな、、
PDF公開。鍛代敏雄「石清水八幡宮所蔵「當宮縁事抄」の解説と影印:中世文書のアーカイブズ学に関する基盤研究」(『東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館年報』12、2021年6月)※リポジトリ版では影印と古文書一覧表が非公開。未刊史料も含まれるらしい。https://t.co/RwTSS0dIq7 #こんな論文がありました

収集済み URL リスト