著者
三輪 宏
出版者
東京海洋大学水圏環境教育学研究室
雑誌
水圏環境教育研究誌 (ISSN:21882851)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.35-44, 2012-09-15

日本の釣り人口は2009年のレジャー白書によると2008年で1120万人といわれている。その釣り人が使うオモリは鉛製であり大量の鉛製オモリが釣りの現場で使用され,失われているものも多い。しかし,失われた鉛製オモリの多くは回収される事なく海底に放置されている。レクリエーションである釣りによって水圏中に多量に放置された鉛製オモリは,生態系に影響を与える可能性が高い。鉛の毒性は非常に強く,鉛の摂取による急性鉛中毒は脳疾患となって現れ,また,非常に微量でも連続して摂取すると中枢神経などに慢性中毒をおこす事が明らかとなっている。そのため,大気中や土壌における鉛の排出や移動に関しては世界的に厳しい規制が定められている。しかしながら,我が国においてはこうした毒性の強い鉛に対する認識が不足しており,鉛の知識や理解を含めた水圏環境リテラシーを高めるための水圏環境教育プログラムの開発が急がれる。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 20 favorites)

自作オモック気に入ったけど鉛製やめた 【釣 ,鉛製オモリ,生態系への影響】 https://t.co/zp404yEx0F 値段が高くても生態系や人体に有害ではない素材を使いたい ※鉛に触れた手指が鉛色になる…充分に洗浄しないで顔に触れたり、おにぎりやサンドイッチ等食事をすると健康被害の危険性があります https://t.co/IY7hHzVzYn
@nekton27 すみません、動画見てないのでずれた話になったかもしれません。 ただこのような研究↓もあるので、既存のルール改善を含め、周知していくことがゆくゆくは事態の改善につながるのではと思いました。 三輪宏(2012)鉛製オモリの現状と今後の課題 https://t.co/EzXKvCaeUM

収集済み URL リスト