著者
山本 志乃
出版者
国立歴史民俗博物館
雑誌
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History (ISSN:02867400)
巻号頁・発行日
vol.155, pp.1-19, 2010-03-15

旅の大衆化が進んだ江戸時代の後期、主体的に旅を楽しむ女性が多く存在したことは、近年とくに旅日記や絵画資料などの分析から明らかになってきた。しかしながら、講の代参記録のような普遍化した史料には女性の旅の実態が反映されないことから、江戸時代の女性の旅を体系的に理解することは難しいのが現状である。本稿では、個人的な旅日記を題材に、そこに記された女性の旅の実態を通して、旅を支えたしくみを考える。題材とした旅日記は、❶清河八郎著『西遊草』、❷中村いと著「伊勢詣の日記」、❸松尾多勢子著「旅のなくさ、都のつと」の3点である。❶は幕末の尊攘派志士として知られる清河八郎が、母を伴って無手形の伊勢参宮をした記録である。そこには、非合法な関所抜けがあからさまに行われ、それが一種の街道稼ぎにもなっていた事実が記されており、伊勢参宮を契機とした周遊の旅の普及にともない、女性の抜け参りが慣例化していた実態が示されている。❷は江戸の裕福な商家の妻が知人一家とともに伊勢参宮をした際の日記で、とくに古市遊廓での伊勢音頭見物の記録からは、旅における女性の遊興と、その背景にある確かな経済力を確認することができる。❸は、幕末期に平田国学の門下となった信州伊那の豪農松尾家の妻多勢子が、動乱の最中にあった京都へ旅をし、約半年にわたって滞在した記録である。特異な例ではあるが、身につけた教養をひとつの道具として、旅先の見知らぬ土地で自ら人脈を築き、その人脈を故郷の人々の利用に供したことは注目に値する。女性の旅人の存在は、街道や宿場のあり方にさまざまな影響を及ぼしたと思われる。とくに、後年イギリスの女性旅行家イザベラ・バードが明記した日本の街道の安全性は、女性の旅とは不可分の関係にあり、江戸時代後期の日本の旅文化を再評価するうえで、今後さらに女性の旅の検証を重ねていくことが必要である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 6 favorites)

こちらも面白い。 https://t.co/yhChuK5H80
面白かった。江戸時代後半の女性の立場についてもよく分かる。形骸化した法制度や世間体という抑圧はあっても意外と自由さもあったという話。PDFですぐ読める。→山本志乃著「旅日記にみる近世末期の女性の旅 旅の大衆化」への位置づけをめぐる一考察」 https://t.co/qYoMxiPdW8
風車の弥七並みに荒唐無稽と思ったら、手形無しのリアリティはあれだけど、江戸時代も下ると女性の旅はそれなりにあったのか。(゚з゚) そう言や香川の鎌田共済会郷土博物館で、四国旅行を中心とした女性の日記が取り上げてあったな。 旅日記にみる近世末期の女性の旅 (PDF)→ https://t.co/s2LISfHloB

収集済み URL リスト