Hiroki MORI (森 裕紀) (@HirokiMori)

投稿一覧(最新100件)

RT @s_kajita: 梶田「ヒューマノイドロボットはただの機械ですが?」 日本ロボット学会誌 vol.31, No.9, 2013 https://t.co/7bALm8qsd5
30年前、鉄腕アトムに憧れてロボット学会を作った面々は学会誌の特集にかこつけて手塚治虫と対面してロボット雑談をするのであった。→「鉄腕アトムの世界とロボット技術」 https://t.co/KGAHwjhwCb
著者ですが、適用範囲がどこまで適用可能か絶対的な確信があるわけではないです。RT @AmadeusSVX: https://t.co/G6g2mgONSj モデル化の範囲・規模が自分の想像を遥かに超えていて、結果が妥当なのかどうかすら正直理解できて無いですorz
ロボット学会学会誌第一巻の森政弘先生の論文は圧倒的にニヤニヤしてしまう。こういう前のめりで突拍子もないことを書きたくて学会を作ったんだろうなぁ→「ロボット制御への身体図の導入」Vol. 1 (1983) No. 1 P 13-16 https://t.co/xvhcMxNooI
RT @kikumaco: 「阪大生のためのアカデミック・ライティング入門」 http://t.co/ChLBDlUlDw
お約束ですねw→ 「鴨川河川敷における人々の空間占有について : 人の集合に関す研究(1)(建築計画)」 http://t.co/mMqZr9Bpmg RT @tociss: 等間隔だ(鴨川) http://t.co/HCw29rVZ2w
RT @hideman2009: この論文をどっかのお医者様が今日読んで,宝物に出会った,と言ってくださったらしい.嬉しい.日本語の論文でも書いておくものですね. http://t.co/UruVbkoA55
RT @masmt: 細谷暁夫先生の自伝風随筆。 / “CiNii 論文 -  戦後に生まれ、物理を志して” http://t.co/94FF41o5
いまさら… RT @dododohondo: おっぱい! http://t.co/Ok3ZvagU
@parosky0 すでに胸では行われている. 岡部和代・黒川隆夫「ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性」 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003166950
RT @G_boxes: 「走行中のブラジャー着用時の乳房振動とずれの特性」という論文を見つけた。/ http://ci.nii.ac.jp/naid/10016428104
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 「人体の不思議展」の倫理的問題点について(末永 恵子),2009 http://id.CiNii.jp/gIrCL 「人体の不思議展」は、プラスティネーションという技術で作製された人間の死体の標本を有料で一般公開する ...

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(858ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【律令のお勉強(展開編)】法史学の概説書は中々ありませんが、数少ない一つが水林・大津・新田・大藤『法社会史』(山川出版社・2001年)です。私が紹介するより、書評を一つ挙げておきます。https://t.co/3Tw1Wo0udx
【法史学の散歩道】刑法新律草稿は、高鹽先生は忘れられた法典として紹介して居られますが、忘れられたことについては有力な反対意見があります。神崎直美『「刑法新律草稿」に関する一考察』(https://t.co/jdKTvcW7X1で本文が読めます)がそれです。
@ryu_software パーティクルフィルターで歩容生成できますよ→ 「パーティクルフィルタを用いたスムージングによる2脚歩容生成法」寺田ら,ロボメック2006, https://t.co/uhySvkHAwl
【法史学の散歩道】刑法新律草稿は、高鹽先生は忘れられた法典として紹介して居られますが、忘れられたことについては有力な反対意見があります。神崎直美『「刑法新律草稿」に関する一考察』(https://t.co/jdKTvcEx5tで本文が読めます)がそれです。
【社会心理学研究・掲載論文】野口ら(2014) 宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか:身体定位、認知、対人関係の変化を中心に https://t.co/KYTPTwuE3Z
【法史学の散歩道】刑法新律草稿は、高鹽先生は忘れられた法典として紹介して居られますが、忘れられたことについては有力な反対意見があります。神崎直美『「刑法新律草稿」に関する一考察』(https://t.co/jdKTvcW7X1で本文が読めます)がそれです。
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 衛星放送受信に見られる太陽雑音妨害によるC/N特性(池田 論ほか),1997 https://t.co/4AgFLqtfj3
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 赤外線タグ付きマイクロホンを用いた講義における発言者の追跡撮影(川野 晃寛ほか),2008 https://t.co/nRbU4oRlay
【社会心理学研究・掲載論文】杉浦ら(2014) 集団と個人の地位が社会的支配志向性に及ぼす影響 https://t.co/du9swk3mbi
戦時中、飛行機や自動車のフロントガラスの防曇用ヒータにというのが開発目的だったんですね。永らくそのイメージで「膜型抵抗体」だったのが「(配線用)導体」に変身! https://t.co/O4SFkLaL4j https://t.co/luZYO83qLg
RT 「情報管理」Vol. 59 (2016) No. 5 p. 331-335 視点 人工知能はみようみまねマシンの究極形 https://t.co/aY3uHKnDXv 情報・システム研究機構 統計数理研究所 樋口 知之
【律令のお勉強(展開編)】法史学の概説書は中々ありませんが、数少ない一つが水林・大津・新田・大藤『法社会史』(山川出版社・2001年)です。私が紹介するより、書評を一つ挙げておきます。https://t.co/3Tw1Wo0udx
【社会心理学研究・掲載論文】原田ら(2013) 社会的自己制御における高次/低次解釈と熟慮的/遂行的マインドセットの効果 https://t.co/z7WguFcEZ9
【社会心理学研究・掲載論文】佐藤ら(2013) 公共的意思決定場面において当事者性と利害関係が信頼の規定因に与える影響 https://t.co/A2fjpoIY1p
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn
CiNii 論文 -  恋人関係における自己呈示は自己確証的か自己高揚的か https://t.co/3Wwp5jWiBL #CiNii

フォロワー(1017ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
@ryu_software パーティクルフィルターで歩容生成できますよ→ 「パーティクルフィルタを用いたスムージングによる2脚歩容生成法」寺田ら,ロボメック2006, https://t.co/uhySvkHAwl
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0t10aZ
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUxmbg ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMUi5K
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOsB7A
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
RT @genkuroki: #数楽 メモ https://t.co/DX5IQ5QNIP 粕谷英一、生態学におけるAICの誤用 : AICは正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない (2015) 結構最近。赤池情報量基準AICを使ってはいけない場合に関…
RT 「情報管理」Vol. 59 (2016) No. 5 p. 331-335 視点 人工知能はみようみまねマシンの究極形 https://t.co/aY3uHKnDXv 情報・システム研究機構 統計数理研究所 樋口 知之
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
ハンガー反射で歩行ナビゲーションする研究の一歩目の論文です.B4の頃の研究成果が詰まってます. https://t.co/fSkGsEbcQk https://t.co/SefZJ78Wbr
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
CiNii 論文 -  恋人関係における自己呈示は自己確証的か自己高揚的か https://t.co/3Wwp5jWiBL #CiNii