著者
岩井 茂樹
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 : 国際日本文化研究センター紀要
巻号頁・発行日
vol.31, pp.69-114, 2005-10-31

現在、能といえばすぐさま「幽玄」という言葉が想起されるほど、両者は固く結びついている。なるほど、世阿弥が残した能楽書には「幽玄」という言葉がたびたび使われている。だが、「幽玄」は、能の世界では長らく忘れ去られていた言葉であった。それでは、能と「幽玄」は、いつから、どのようにして、結びついたのだろうか。本論稿はこの点を明らかにすることを目的とする。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

"大正末期から昭和初期にかけて能楽と「幽玄」の関係がさかんに論じられるようになり、昭和初期にかけて能楽と「幽玄」の関係がさかんに論じられるようになり、昭和一〇年代にそれが固定化" →新しいな

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

能はいつから幽玄になったのか? 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/M2Q3ryq5qd

収集済み URL リスト