著者
鈴木 博之 四郎翁姆
出版者
言語記述研究会
雑誌
言語記述論集 = JOURNAL OF KIJUTSUKEN(Descriptive Linguistics Study Group) (ISSN:2432244X)
巻号頁・発行日
no.9, pp.23-42, 2017-04-30

This article presents a story named Origin of highland barley’s seeds narrated in the Lhagang dialect of Minyag Rabgang Khams Tibetan with linguistic glossing, translation, and annotation. This story is not transmitted in the speech community of Lhagang Tibetan, but well known as one of the Tibetan traditional oral stories in Chinese, circulated as a part of books as well as online articles. The present version is artificially composed: after memorising several Chinese versions, the second author, native speaker of Lhagang Tibetan, narrated without referring to the Chinese text. Therefore, it is of an experimental nature as a linguistic material and we will examine how the narrative style has been influenced by the translation process other than a general analysis of a narrative.The analysis shows that:● this narrative version lacks a hearsay marker, probably because it is not orally transmitted;● aorist is a default TAM marker in the narrative; and,● irregular use of the ergative marker is attested.

言及状況

Google+ (2 users, 2 posts)

総合地球環境学研究所の論文  鈴木 博之・四郎翁姆(2017)『言語記述論集』 カムチベット語塔公[Lhagang]方言による翻案物語『裸麦の種子の由来』—訳注と語りの特徴—  の注釈1で語られている、出版物「君島(2013)(日本語版)」というのは、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(君島久子 文、後藤 仁 絵/岩波書店、2013年発行)を指しているのですね。  こんな専門的な ...
総合地球環境学研究所の論文  鈴木 博之・四郎翁姆(2017)『言語記述論集』 カムチベット語塔公[Lhagang]方言による翻案物語『裸麦の種子の由来』—訳注と語りの特徴—  の注釈1で語られている、出版物「君島(2013)(日本語版)」というのは、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(君島久子 文、後藤 仁 絵/岩波書店、2013年発行)を指しているのですね。  こんな専門的な ...

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

総合地球環境学研究所 カムチベット語塔公方言による翻案物語『裸麦の種子の由来』の注釈1で語られている出版物「君島(2013)(日本語版)」は、絵本『犬になった王子 チベットの民話』(君島久子 文、後藤 仁 絵/岩波書店)の事ですね… https://t.co/xB45o2yTLF

収集済み URL リスト