著者
村山 孝道
出版者
京都文教短期大学
雑誌
京都文教短期大学研究紀要 (ISSN:03895467)
巻号頁・発行日
vol.59, pp.13-24, 2021-03-01

PTA の必要論・不要論の実態を明らかにするために、アンケート(n=948)の分析を行った。必要37.4% に対し不要が55.9%と過半数を上回った。自由記述の分析の結果、不要論に強い影響を与えたのは「存在意義・効果への疑義」「選出方法・強制感・理不尽さ」「人間関係・人権問題」であった。「負担感・不公平感・非効率さ」は要・不要論の双方が指摘しており、理念的な取り組みだけでは不十分で、具体的な業務改善が不可欠であることが明らかとなった。

言及状況

Twitter (10 users, 10 posts, 14 favorites)

2015年の朝日新聞の行ったアンケートのデータを使って踏み込んだ分析をされています。 「PTA は持続可能か?(Ⅰ)―必要論・不要論の実態を探る―」2021 村山 孝道  京都文教短期大学研究紀要 https://t.co/WD1W1ITqyf
残念ながら、内容的にショボいな ⇒ PTA は持続可能か?(Ⅰ)―必要論・不要論の実態を探る― 京都文教大学 村山 孝道 京都文教大学学術機関リポジトリ https://t.co/VvSF0UFlrz

収集済み URL リスト