著者
梁 姫淑
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
博士論文(埼玉大学大学院文化科学研究科(博士後期課程))
巻号頁・発行日
2014

序章はじめに一.張赫宙の生涯と日本語作品二.先行研究三.研究目的*第一章 戦後の出発はじめに一.「日本の国民に訴ふ」二.親日行為に対する弁明―「民族」三.在日朝鮮人文学者の嚆矢―金達寿四.民族の戦いを歌い上げる―許南麒おわりに第ニ章 在日朝鮮人民族団体との関わりはじめに一.戦後の歩み二.在日朝鮮人との関わり三.マスコミによる朝鮮人攻撃と張赫宙四.心の相剋とその行方おわりに第三章 実存的不安をめぐる作者の軌跡―「脅迫」論はじめに一.現実的不安と内的不安二.自己認識①―「弱気な自分」三.自己認識②―「母国語を持ってない異質な自分」四.実存的不安へ五.新しい文学への挑戦―児童向け著作おわりに第四章 日本語への回帰―「私の文学」を求めてはじめに一.占領下の児童文学二.張赫宙の児童向け著作三.児童向け著作における新しい興味性(可能性)四.「新しい文学」の志向性おわりに第五章 祖国に対する愛情のゆれ―『鳴呼朝鮮』論はじめに一.執筆背景及び同時代評二.祖国朝鮮の真実の姿三.変えられた結末四.愛情のゆれおわりに第六章 祖国を離れる者の願い―『無窮花』論はじめに一.朝鮮取材とルポルタージュ二.「民族的哀しみ」の本質三.「無窮花」と「毒の花」四.祖国を離れる者の願いおわりに*結章一.帰化後の自伝小説について二.習俗として残る民族の残滓―「異俗の夫」三.おわりに四.本論文の成果と課題初出一覧参考文献張赫宙戦後著作年譜

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 7 favorites)

埼玉大学に提出された博士論文。梁姫淑「張赫宙戦後研究 : 終戦から帰化まで」。 https://t.co/hCrRHx9WkK

収集済み URL リスト