著者
清水 習 Shu Shimizu
出版者
同志社大学政策学会
雑誌
同志社政策科学研究 = Doshisha University policy & management review (ISSN:18808336)
巻号頁・発行日
vol.19, no.1, pp.245-259, 2017-10-10

2007年から始まる未曽有の金融危機を契機に、新自由主義の批判的な見直しが欧米政治経済研究において、一つの潮流をなしている。学界・一般を問わず、新自由主義を論じる際、「新自由主義 = 市場原理主義」という一つの公式として捉われがちであるが、実際の議論・研究における「新自由主義」の意味は非単一的であり、複雑である。本稿では、新自由主義の定義の多様性を、系譜的に見直し、最終的に、新自由主義研究の発展の可能性を批判的に考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 9 favorites)

「新自由主義」の思想を政治経済思想と政策の二つにわけて整理してくれている論文を見つけた。オーストリア学派とシカゴ学派以前の歴史も扱っていて非常に助かる。 「新自由主義研究とは何か」 https://t.co/NbIdUDCF6Y

収集済み URL リスト