著者
荒島 康友 加藤 公敏 熊坂 一成 河野 均也 古屋 由美子 池田 忠生
出版者
日本大学
雑誌
萌芽的研究
巻号頁・発行日
2000

1.東京地区の大学病院におけるCoxiella bumetti(Cb)感染の状況の把握について:慢性疲労症候群(CFS)の患者138名について、Coxiella burnetti(Cb)DNAの検出をnested PCR法により行った。その結果、30例(21.7%)が陽性となった。健康人対照52例では5例(9.6%)が陽性となり、CFSで陽性率が有意に高かった(P=0.027)。また、CFSの基準に満たない、発熱、倦怠感等の不定愁訴を示した患者48名中20例(41.7%)がCb抗体価陽性となった。2.Q熱患者における抗生剤の投与方法や投与期間など治療法の検討:この20例に対し、MINOを中心とした抗生物質で治療を行ったところ効果の発現まで1〜3ヶ月と、個人差は有ったものの、20例の全ての患者に解熱、倦怠感の改善が認められた。3.登校拒否児についての検討:登校拒否児の症例は、研究協力者が転勤となったために、積極的な協力が得られず、4症例ではあった。しかし、1例が抗体価が陽性となりMINOの投与により症状が改善した。4.患者飼育ペットの検討:3症例の患者のペット(イヌ3頭)の検査を行ったところ、2頭がPCR陽性となった。また、1頭はMINOによりPCR陰性となった。5.学会発表:以上のCFSについては、第7回慢性疲労症候群研究会において発表を行った。また、3月の日本内科学会で発表予定である。さらに、招請講演において、今回のQ熱に付いて広く理解を得るべく説明を行っている。6.論文発表:現在、今回の内容でCIDに投稿中である。7.マスコミ報道:NHK2002年3月4日クローズアップ現代、8chアンビリーバボー以上、現在までの研究の概略を述べたが、予定の約80%には達していると考えている。

言及状況

Twitter (3 users, 9 posts, 3 favorites)

荒島康友先生ら 2001年 #Q熱 研究 健康人対照52例では5例(9.6%)が陽性となり #CFSで陽性率が有意に高かった(P=0.027) #CFS の基準に満たない #発熱 #倦怠感 等の #不定愁訴 を示した患者48名中… https://t.co/AhS9ge2Lgy
#Q熱 #コクシエラ 荒島康友先生 2001年研究 東京地区の大学病院における #Coxiellabumetti( #Cb)感染の状況の把握 #慢性疲労症候群( #CFS)の患者138名について、Coxiella burnet… https://t.co/E98voc5VHU
こんな研究ありました:新興感染症・ズーノーシスとしてのQ熱:Q熱による不定愁訴・登校拒否に関する研究(池田 忠生) http://t.co/jcHILeJ3Zb
こんな研究ありました:新興感染症・ズーノーシスとしてのQ熱:Q熱による不定愁訴・登校拒否に関する研究(池田 忠生) http://t.co/GfrOJ32Nlx
こんな研究ありました:新興感染症・ズーノーシスとしてのQ熱:Q熱による不定愁訴・登校拒否に関する研究(池田 忠生) http://t.co/GfrOJ32Nlx
こんな研究ありました:新興感染症・ズーノーシスとしてのQ熱:Q熱による不定愁訴・登校拒否に関する研究(池田 忠生) http://t.co/GfrOJ32Nlx
こんな研究ありました:新興感染症・ズーノーシスとしてのQ熱:Q熱による不定愁訴・登校拒否に関する研究(池田 忠生) http://t.co/jcHILeJ3Zb
こんな研究ありました:新興感染症・ズーノーシスとしてのQ熱:Q熱による不定愁訴・登校拒否に関する研究(荒島 康友) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/12877391

収集済み URL リスト