著者
石幡 浩志 庄司 茂 島内 英俊
巻号頁・発行日
2003 (Released:2003-04-01)

本研究の目的は齲蝕等の病変および補綴学的要求により、歯科学的術式によって歯の歯髄が除去された状態、すなわち失活歯の内部に生ずる歯髄腔内に、微小な無線通信媒体を設置し、これに内蔵したセンサーによって生体内情報を計測する基本的手法を確立することである。今年度は動物(犬)を用い、実際に歯内に無線通信媒体(RFID)を埋設し、埋設した装置と実際の通信が可能であるかどうかを検証した上、その耐久性と生体に対する安全性を評価し、さらにこれらの手法を実際の生体計測に利用するための具体例を提示した。まず、生体内に設置した無線ICタグ通信媒体との通信を想定し、制御を実施するために用いる電波として、硬組織および軟組織を同時に透過しうる短波領域を用いた。この帯域をカバーするRFIDチップ(ISO/IEC15693 chip 13.56MHz : SRF55V10S, Infineon Technologies)をもとに無線ICタグを顕微鏡下にて製作した。ビーグル犬の右側犬歯を抜髄、根管充填を実施したのち、試作ICタグを根管内に埋設した。リーダー(FPRH100, 500mW, Feig, Weilburg, Germany)と試作ICタグとの通信距離は口腔内への設置前で30mm、設置後はおよそ25mmであり、短波領域では、軟組織、硬組織を通じて生体が著明なバリアーとはならなかったことが示された。一方で、埋設された通信媒体は一両日後には機能を停止した。口腔内にRFID等の無線通信媒体を設置する手法は確立したと思われるが、これを長期にわたって運用するには埋設する無線通信媒体に高度の耐久性を備える必要があると思われる。口腔内に設置した無線通信媒体を用いた生体計測として、温度、pH、圧力等を利用することが挙げられる。本研究では、歯周外科治療の歯周組織の治癒および組織再生を促すための術後におけるリハビリテーションを効果的に行うために、これら無線ICタグを生体内に設置する方法が有意義であると考え、実際に生体にレーザー照射による物理的刺激を加えた際の生体反応をシミュレーションし、生体内に設置した計測システムの利用法を模索した。その結果、生体に可視短波長領域(緑色)レーザー照射実施すると、抗アポトーシス効果が生ずることが明らかとなった。すなわち、歯周治療における組織の細胞死を抑止する手法としてのレーザー照射が有用であり、その際、歯周組織生体に対するレーザー光の照射量を正確に計測する方法およびその後の組織反応を経時的に把握するため、無線通信媒体を歯周組織内に設置する手法が有用であると思われた。

言及状況

Twitter (23 users, 25 posts, 9 favorites)

@neo_samael あるとすればこれじゃない? https://t.co/MRMLaQDXtx
こんな発表があります。 https://t.co/VVOMRZ7Lyl 電子回路というからには電源が必要だが、ICチップ内臓のいわゆる「電子タグ」というものは外部から照射された電波を電源にして固有のIDを放射する。  そのさい… https://t.co/5SaniBkYTv
@kyounomiyako1 @mitdue こんな発表があります。 https://t.co/VVOMRZ7Lyl 電子回路というからには電源が必要だが、ICチップ内臓のいわゆる「電子タグ」というものは外部から照射された電波を… https://t.co/RH0Fzr87d5
KAKEN — 2004 年度 実績報告書 https://t.co/KdckaC8mt7
歯の中にマイクロチップだと?恐ろしい話よ。 非接触型ICチップの歯内埋込みによる生体計測 https://t.co/zrmjH12e5g #マイクロチップ #共産主義社会 #監視社会 #IoT #歯の中に監視装置 https://t.co/gr26Lf5hO2

収集済み URL リスト