著者
西本 寮子
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

本研究は、大内氏の文化的事績の一部を受け継いだ毛利氏にあって、その継承と発展に大きな功績を残しながら活動の実態が十分に把握されていなかった大庭賢兼が残した文化的功績を視点として、毛利氏及び吉川氏の文化的事績の整理と再評価を試みるものである。27年度は当初から年度後半からの開始としていたことに従い、大庭賢兼(宗分)が関与したことが明らかな資料についての情報収集と整理に努めた。具体的には、以下のとおりである。1)山口県文書館に収められ、順次公開されている大庭賢兼関係資料について、新たな情報を中心に情報収集を行った。また、新たに公刊された関係資料及び研究集会等での研究発表などから知見を得た。なお、国文学研究資料館所蔵の資料・情報の整理については十分に調査が及ばなかった。2)吉川家文書のうち吉川元長自筆資料を読みなおすことにより、毛利元就没後の大庭賢兼(宗分)と吉川氏の交流、関係構築について再整理を行った。その結果、『古今集』の補修、『源氏物語』(宗分抄)の作成、『伊勢物語』諸注集成のみならず、吉川家に伝わった資料に大庭賢兼(宗分)が関与した痕跡があることに気づいた。また、吉川元長との関係が鍵になると推測されることから、元長の事績についても再整理を行うため、吉川本太平記について精査する必要があると確信するに至った。資料所蔵機関とはすでに調整を開始している。なお、山口県文書館のほか、現在知られている関係資料所蔵機関に出向いての調査は若干遅れ気味である。しかしながら、新たな知見、研究の広がりについての手掛かりが得られたことについては、今後の本格的な研究開始に向けて大きな成果であったと考えている。

言及状況

Twitter (3 users, 6 posts, 6 favorites)

内容的には、この研究の現時点での成果を踏まえたものだったように思います。 https://t.co/Ikfqfqsxwp
就忠&赤川講座もレアすぎてやばいけど西本先生の大庭賢兼講座とかもヤバイ… 個人的にずっとこの研究内容が気になってただけに…… https://t.co/Ikfqfqsxwp
西本先生のこの研究ずっと気になってるんだけど成果を心待ちにしている… https://t.co/Ikfqfqsxwp
西本先生の現在進行形のこの研究テーマめっちゃ気になる…… https://t.co/JOBDC3K93d

収集済み URL リスト