著者
伊賀 淳一
出版者
愛媛大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

うつ病患者の白血球におけるセロトニントランスポーターの遺伝子多型、遺伝子発現、遺伝子メチル化の関係性を詳細に検討した。遺伝子多型についてはプロモーター領域にあり、うつ病の病態との関連を繰り返し報告されている5HTTLPRをPCR法を用いて確認した。遺伝子発現はTaqman probeを用いたreal-time PCR法で測定した。遺伝子メチル化は研究実施計画に基づき、これまでに発現に影響を与えることが報告されており先行研究も多い部位を選択しpyrosequencerを用いて解析した。未服薬のうつ病患者28名と性年齢の一致した健常対照29名を解析した。初回エピソード22名、反復エピソード6名であった。うつ病患者の白血球におけるセロトニントランスポーターの遺伝子発現は健常対照と比較して有意に上昇しており、抗うつ薬治療後には健常者よりも減少していた。治療前のプロモーター領域のメチル化率は健常対照よりも上昇していた。5HTTLPRは患者においてのみメチル化率に影響していたが、発現には影響していなかった。うつ病の臨床症状の重症度とメチル化率には相関がみられた。以上の内容をHum Psychopharmacol Clin Exp 2016;31:93-199に報告した。また5HTTLPRが日本人におけるうつ病の発症年齢に関連している可能性についてもJ Affect Disord. 2015 Sep 1;183:156-8にも報告した。幼少期ストレスとセロトニントランスポーターの遺伝子発現、遺伝子メチル化との関連についてはまだ解析できるほどデーターが集まっていないが、これから症例数を増やしていく予定である。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 4 favorites)

野村俊一 mansaqu #うつ病 患者における幼少期ストレスと白血球 #5HTT遺伝子 発現と #DNAメチル化 の関連 https://t.co/duRHH7fv7x #DNAメチル化 を用いたうつ病診断バイオマーカーの開… https://t.co/2ADglp8lkp
広島大学 うつ病 血液検査 メタアナリシス 斎藤環 統合失調症 ◆ 野村俊一 mansaqu #うつ病 患者における幼少期ストレスと白血球 #5HTT遺伝子 発現と #DNAメチル化 の関連… https://t.co/cBJRfAIcQm
その後の追加情報です #うつ病 患者における幼少期ストレスと白血球 #5HTT遺伝子 発現と #DNAメチル化 の関連 https://t.co/XXuBKOgecO #DNAメチル化 を用いたうつ病診断バイオマーカーの開発… https://t.co/NBsY0KwNlW

収集済み URL リスト